FC2ブログ

格付けの旅 コンスは止めろ! 船越の悲劇

 ヨウツベ……それは世界初と成る動画共有システムの事。これが登場した事で様々な情報の円滑化が促進された。高い金を払ってみる事が出来るあのアニメやドラマもこれ一本で無料で見れてしまう。そんな素晴らしい素晴らしい動画共有システム。その為、著作権業界は一層繊細且つ神経質に様変わり。特にブラック企業の代名詞たるアニメ業界はこのシステムのせいで益々苦境に立たされる羽目に。だが、このシステムのお蔭でテレビジョン及び新聞や週刊誌の欺瞞が白日の下に示されたのも事実である。特にエヒメ―王国の元国王『カトちゃん』ですらもテレビや新聞よりもヨウツベの方が真実を伝えていると主張するのだからな。最近ではヨウツベで再生数を稼ぎ、合間合間に広告を入れて小遣い稼ぎする『ヨウツバー』という芸人達も誕生してヨウツベは益々活気高まる。それでもこうゆう業界は栄えあれば衰えもあるので金稼ぎをしたい諸君は黙って汗水たらして普通に働くように。そっちの方がヨウツベで稼ぐよりも遥かにお金が稼げるのだから。
(前回までのあらすじは何だったかな? あ、そうそう。俺とアルッパーはGネスαにてα・グネを倒しにやって来て命懸けのパチンコを繰り広げて来た。その過程で徳川秀美や鯨仲間のレオと出会った。それからGOと呼ばれるパチンカス歌手との戦いで少々アンフェアなやり方で勝つと今は亡きマイマイとの戦いも同時に起こる。奴はアルッパーを指名して総理大臣将棋を始めるも面倒臭く成ったので俺は勝手にα・グネを倒してGネスαでの戦いは幕を閉じるも今度はマイマイの遺言に従って次の舞台はフミヤ大宇宙。
 俺は其処の支配者であるRホウとの戦いで黒軽部と出会う。まあいわばあの大宇宙で権力者みたいな事をしてツイッター弁護士みたいな討論の真似事もしたんだっけ。ま、忘れたけど。兎に角、何だかんだあって俺は金集めに成功するもRホウを倒すには外貨建てでRホウの弱体化を図るしかなかった。結果として次の戦い以降も弱体化を強いられる事と成った。
 次の戦いがヒッスアモト大宇宙。そこで黒軽部と共にゴールデンマンゴンの一味と戦ったな。外貨建てで少し呆け気味の俺ではあったが何やかんや言ってそこは気合でカバーして来たのよ。それから何だかんだ言ってカルト四天王の二柱を倒した訳だ。そして俺達は<トーイッチ超宇宙圏>にある<セイチュウ大宇宙>に入って『パウロンタモッツ』という大学のサークルで良く見掛ける南新羅の息が掛かったカルト集団の集まる所まで入った訳だがな。そこで俺達は如何ゆう訳か、右村河内攻に依ってヨウツバー銀河にある『カズヨ太陽系』に飛ばされてしまった。
 カズヨ太陽系……それはマツイ棒と清潔度によって力が決まるとされる恐るべき太陽系。其処で繰り広げられるのは毎日朝に太陽系の支配者である『カズヨ』の両横の狭い動画を見せられ続けて何だか『フナコシ』の悪口を聞かされるという物。しかも支配者『カズヨ』のその悲痛な訴えには吐き気を催し、正常な奴等にとっては毒電波以外の何物でもない。それでもこの太陽系のルールでは素直に清潔感を高めて更にはマツイ棒を大量に持参する事でしか力は示されない。残念ながらそうゆう事だ。
「困った事に成ったわ、デュアン」白い方に居た筈の夢叶真黒が気が付けばデュアンと共にアルッパーの背中に乗っかる。「私達はマツイ棒持ってないよ」
 ってか何でお前が説明なしにさらっと出て来てんだよおおおう--アルッパーのツッコミは最もである。
 とその時、三者三様にある悲痛な叫びを聞く。それは唐突の彼らの眼前に映し出される。支配者『カズヨ』が三者を認識して両横の狭い動画で訴え始めた。
 --S・O・S、S・O・S……私は騙されたのです。あの<ヨウツバー銀河の支配者>である『サイコ』に依って。あの『フナコシ』は私を騙したんです。あの『バイアグラ』は私に酷い事をして来たんです。私に黙って--
 これ以上は余りにも醜いので割愛する。
 サイコ……それは加減も知らずに再生数を稼ぐ事に命を懸けたエラの中で有名らしいダンサー。その再生数の荒稼ぎは最早洒落というのがわからず、とても褒められた物ではない。黒い方ではリアルタイムが大好きなので敢えて乗せると平成29年08/12現在では何と三十億再生まで後少しとの事。尚、あれだけ水増ししたにもかかわらずに水増しもしない動画にトップの座を奪われたらしいな。全くこれだから『富井飲み』をする奴らを信用出来ないんだよ。
 カズヨ……それはかつては女優だったおばさん。元から頭がおかしい事は『フナコシ』の父エイイチロウが証明する話。何故なら猛反対しようとも一度むくろに成ると誰でも悲しんだり或は悲しまなくとも余計な事は言わないのが人という者。だが、このババアは事もあろうに「あのジジイが死んでせいせいしたぜ」みたいな事を夫や前の夫と出来た息子の前で言ったとか言わなかったとか。それならば個人と個人の関係で済むと擁護すればそれまでの話だ。だが、本番はここからだ。『フナコシ』と結婚して以降は少しでも『フナコシ』が女の匂いを付けて帰宅しようものなら本人の気も知らずに顔の形が変形するくらい殴ったり携帯電話を折ったり、挙句には包丁突き付けて脅したりと恐妻家の域を軽く凌駕する所業をやってのける。それだけじゃなくてプロレスラー夫婦の妻の方であるアキラが癌で大変な時にわざわざ彼女の名前を使って売名したり、後は全身がワインで出来たミスナオミが死んだ時に場を考えずに『フナコシ』の浮気相手は彼女だったと告げたりなど流石にもうこれで我慢の限度を超えた『フナコシ』は息子の後押しもあって別居。離婚に向けて活動する事に。自分から出た物なのにまるでそれを知らんとカズヨはこのように動画でトチ狂った行動へと突入。最早誰も擁護出来ないまでに落ちぶれるとはな。
 突然、三者を囲むように巨大マツイ棒が数万と押し寄せる。
「駄目じゃないの、デュアン。本当の事を言ったせいで『ロックイズミヤ』みたいに個人攻撃を仕掛けられたよ」
「あのババアめ、俺達を本気で殺す気だなあ!」
「あのなあ、今の俺は外貨返済で余裕ないんだぞ」
 とデュアンは主人公とは思えない事を言って弱音を吐くとは!
 --この大宇宙の支配者である『パウロンタモッツ』様の為にもお前達は死ねえええい!--
 繰り出す巨大マツイ棒の数々。デュアンとアルッパーは攻撃を受け続けて別々に飛ばされた。一方の真黒はお金を持っていた為に全て細切れに処した。
「私の『ATM』には亡き伯母様の無尽蔵とも言えるお金があるわ。そう簡単にやられてなる物ですか!」
 ATM……それは現金自動預け払い機の事。昔は実物のお金を預けるという面倒な作業で行われた銀行郵便預貯金も今では電子マネー化を果たした。すると如何成るのか? 札束を数える作業が面倒に成って徐々に実物の伴わないお金に浮かれる時代へと突入。果たしてそれは正しいのか正しくないのか? 何が言いたいかって……詳しい事は何らわかってないって事だよ。御免ねえ、作者が無能でえ。
 --まさかお前が『フナコシ』の不倫相手かあ、不倫相手かあ!--
 さあ、ね--と煽る魔性のヴァイオレンス真黒。
 --おのれええ、おのれええ、お前は『ヒットラー』だな!--
 ヒットラー……それは『ユダヤ人』大量虐殺者として今も世界中の人間から侮蔑の対象とされるナチスドイツの首魁。別にナチスドイツの創設者じゃないから気を付けてね。だが、黒い方だからこそタブーに切り込んで少しだけ説明するとヒットラーの捉え方こそが戦後の世界を大きく歪ませたと言える。如何してなのか? それは大きな言論弾圧を気付かぬ内に世界中の人間は行う事を知らなければ世界に於ける本当の歴史を知らない。まあ、今言えるのはそれくらいだな。
 さて、真黒は現在もカズヨの攻撃を捌き続ける。だが、彼女のATMが今も無事でいられる保証はない。

 その頃、デュアンは<家計簿太陽系>に飛ばされるや否やエヒメー星にあるカトちゃんアイランドにて島の主である『カトちゃん』に保護された。
「ウググ、こ、ここは?」
「き、気付いたかなあ。えっとそこの若い人や」
 デュアンは高級ベッドに寝かされた状態で目を開けると皺の多い八十代の眼鏡を掛けた老人が私服姿で妻と共に奴を見つめる。
(この男は確か……ウググ、外貨建ての借金を早く払いたい。でないと一切合切の能力を思う事使えなくなる日も近い。その前に状況の整理をしよう)
 マツイ棒の一斉攻撃に依り、デュアンはアルッパーとは別の方向に飛ばされた。それがここ<家計簿太陽系>にある第三惑星エヒメー星。其処にあるカトちゃんアイランドの主の『カトちゃん』は安穏と暮らす……表向きは。
 何、『貧困調査』だって--『カトちゃん』から聞かされたのはエヒメー星である天下り官僚が獣医学発展を妨げようと暗躍している事だった!
「済まないねえ、若いの。この歳に成るとわしは不安で不安で堪らなくてついついあんたの荷物を見てしまったんじゃ。昨今のあの後輩の暴走を止められるのは若いのしか居ないんじゃないかってこんなつまらないお願いをしてしまったんじゃ」
「それで『貧困調査』中のあの『ビーチマエカワ』と『タマキード』を止めて欲しいとお願いした訳か」
 ビーチマエカワ……それはとある天の川銀河にある太陽系の第三惑星地球のある島国で起こった東日本大震災に於いて被害者遺族をないがしろにした事で有名な南新羅大好きで女子高生好きの天下り眼鏡の事。前事務次官で何を血迷ってかKY新聞と手を組んで家計簿学園問題を引き起こした張本人の内の一人。しかもそんな問題のある男を英雄視するマスメディアもマスメディア。これにはミスターの七光り息子が異議を唱えるのも無理はない。こんなエロジジイを英雄視する『イソコ』や『ムロイ』や、それから『テラワキ』といった連中は万死に値する。
 タマキード……それは学園物で急速に名を挙げた利権大好きなネオ・ブーメラン党の絶望の星。日テレにパイプを持ち、バンキシャーで偏向報道をするという狡いやり方をした阿呆。獣医学会と結託してKY新聞やビーチマエカワと共に家計簿学園問題という問題にすら成らない問題を大騒ぎした張本人。レン4辞任に伴う代表選で数集めに失敗して辞退する恥ずかしい男。こんな男を当選させた有権者達は恥を知れ。
 カトちゃん……それは家計簿問題に於いて獣医学部新設がどれほど重要なのかをあの声の枯れた状態で閉会中審査会で訴えた偉大なる前知事。しかも獣医学部新設が軌道に乗り出したのは政権交代したブーメラン党最初の政権の時だって我々に教えてくれた方。なのにこの老人の報道を極力カットしたマスメディアは万死に値する。ビーチマエカワのような胡散臭い人間を大々的に取り上げるよりもこの老人の魂の答弁の方が百倍も千倍も重要なのに!
「成程な。エヒメー星を無茶苦茶にするビーチマエカワとタマキードの討伐を俺に……良いだろう、少し脱線するが引き受けよう」
「有難う御座います。貴方にお願いして助かりました。お礼ではありますが、是非ともわしらの--」
「駄目だぞ、カトちゃん。それは使ってはあんたの立場も危うい。老後の生活を充実させる為にもそれはあんたら夫婦の為に使え」
 こうしてデュアンはハンデを背負った状態で出会い系バー城へと赴く……

 一方のアルッパーは<籠の子太陽系>に飛ばされ、第三惑星<友達百人出来るかな?>にある『真宮寺是清学園』に飛ばされた。
 真宮寺是清学園……それは評価が三百六十度変わった民俗学者ではなく、ネトウヨとレッテルを貼られた者達ホイホイな『教育勅語』を教える由緒正しき学園。そこで育つ子供達は将来国を担う国士として立派に育ち、問題なく教育が行き届く筈だった。ところがその学園長が詐欺師夫妻にして通名使いに成ってからはその学園の風習を利用され、挙句には土地問題へと発展。しかもあの『バイブ』や『タマキード』にも政治利用され、挙句にはパヨパヨオールスター軍団が結託して反サイボーグ叩きに利用される事と成った。しかも学園物なのに何故か政府叩きと成る。元々は土地問題を巡る話だったのに何時から反体制勢力に様変わりしたのか? 何れにせよ、平成二十九年度の初頭から起こる偏向報道第一弾がこれだからマスゴミ共は救われないな。
 イデデ……起き上がって直ぐにあいつの解説を聞く羽目に成るとはな--とアルッパーは何が何でも出しゃばるデュアンをやっぱり快く思わない様子。
「おやおや、ここに君のような鯨が来るとはネ」
「全くだよー。神様はこう言ってるよ。鯨は速やかに食べてしまえって」
 寧ろ俺が聞きたいぞ--とアルッパーは籠の子夫妻が気が付けば民俗学者と美術部に成ってる事に質問をぶつけたく成っている様。
「ここへ来たわね。覚悟しなさい!」
 とそこへ『バイブ』が『ミズポ』と共にアルッパーの左右を囲んだ!
 バイブ……それは元エンゲルススターリン党の党員。権力欲しさにブーメラン党に移ったという尻軽なババア。その呼び名はバイブと共に映る写真が原因。まあもう少し語るとしたら奴は反天連。その証拠に皇室を蔑ろにする発言を過去に行っていた模様。故に国賊として断罪されても誰も文句言えないでしょうな。
 ミズポ……それはありもしない『従軍慰安婦』をでっち上げた一味の一人。かつてはエンゲルススターリン党の党首を務めた頭の悪そうな喋り方が特徴のブーメラン党政権の足の引っ張り役。こいつの存在も又、日米同盟の悪化を招いたと言えるだろう。しかも彼女は愛称のミズポの他にも『牛歩』に専念し過ぎて何とか牛歩と『三島一八』に呼ばれる程の牛タンに塩を振るパフォーマンスの持ち主。努々こんな大人に成らないように。
 とミズポの背後を突如として風神拳からの即死コンボ、そしてレイジアーツに依る一撃で仕留めるヨウツバーが現れる。
「お、お前は『チャンネルチェリー』の『三島一八』!」
 最近台湾から帰って来ていきなり本人の許可もなくいきなりこんな頭のおかしい所に飛ばされたよ、一体何なんだ--とユーザーから毎度下履いてないと言われ続ける『三島一八』がここに見参!
「ちょっと待て、黒軽部に続いてこいつまで勝手に出演したら流石に全包囲から訴えられるぞ!」
 大丈夫、本人と口癖が似てない可能性もあるし……それからアルファベット表記じゃないから問題ない--本人はそんな事言わないだろう、というような事まで言わせた作者……如何成っても知らんぞ、オイ!
 三島一八……それは熊とかデビルとか出て来る異色の3D格闘ゲームの主人公やラスボスを務めた悪のプリンス……ではなく、ヨウツベ及びエガエガ動画で人気を博す政治系チャンネルの主。その溢れる知識と年を追う毎に巧みに成る喋りで政治系チャンネルという登録者数が稼ぎにくい分野で何と六桁もの登録者数を記録するなど若手のホープとして地位を向上させてゆく。しかもチャンネルは通常の三島一八チャンネルだけじゃない。三島一八チャンネルGXと呼ばれる生放送番組を持ち、其処では彼のみならず相方で一桁も二桁も人生の先輩である……あ、そこは如何でも良いか。兎に角、今宵も三島一八は皆様に向かってサンデイブレイクしてゆくぞ!
「己、ネトウヨめ。籠の子夫妻、こんな不逞な輩共はこの私のバイブクンフーで仕留めて見せるわよ!」
「まあ期待しないけど、邪魔しない程度にお願いするヨ」
「大丈夫だよ、バイブ。焦らずゆっくりやって良いのよ、だってバイブレーションをした神様が見守ってるよ」
「ところでそこの鯨……えっとアルッパーで良かったな?」
「てめえも俺をそんな呼び方をしやがって!」
「いや、だって『テロップ』で紹介されてるからさ」
 くそう、黒い方は何処まで俺を虚仮にすれば良いんだあああ--とアルッパーはアルッパー呼ばわりされるこの物語を酷く呪った!
「それよりも何の話だ?」
「いや、あの二人は何を元にあんなキャラに成ったのだ?」
「それは白い方の話だ。だから白い方出演の際に説明しても良いぞ!」
 いや、俺は白い方に出演出来ないんだけど--と各章のルールがどれだけ厳格化を表すのかを示す三島一八の呟きであった。
「喰らえ、千裂脚!」
「させるか、ホワイトホエール!」
 アルッパーの技は……今回は決まった。バイブは学園の頂上に突き刺さる!
「あちゃあ、バイブったらスケキヨされちゃったよ」
「全く困ったおばさんだネ。あれ程、邪魔しないように、と言ったのにこれじゃあ『タマキード』に何を言われるかわからないネ」
「やるな、其処の鯨」
「俺は超強いんだぞ」
「それ何のネタ?」
「五月蠅い!」
 この後、アルッパーと三島一八は並み居る真宮寺是清学園から湧き出る刺客達を持ち前のフィジカルで撃退する事に成功……だが、アルッパーは忘却する--強さにはお金が掛かる事を!
 籠の子夫妻が用意した刺客とはゲートオブワインセラーを所持する『ワイン桜井』と事務所費にキャミソール代を入れる『キャミソール荒井』、そしてクイズの名人にして亡命予定の『コニシキ』と言う錚々たるメンバー。
「最初と三人目はわかるけど、真ん中は覚えていないな」
「マニアックな奴を持って来るとは作者は何を考えてるんだああ!」
 ワイン桜井……それは家計簿学園問題と言う何処が問題なのかわからない問題にて家計簿学園のある設計図にワインセラーがあるとかほざいて喚いていた『ブタ崎岳志』と並ぶネオ・ブーメラン党野次会議員の一人。ところが調べてみるとワインセラーなど何処にもない事が判明。じゃあ何の為に喚いていたのか……攻撃材料だと睨んで喚いた。それだけ。やはりネオ・ブーメラン党は下劣極まりない。
 キャミソール荒井……それは事務所費に少女漫画やキャミソール代を入れるという旧ブーメラン党お遍路政権の国家戦略担当大臣だった変態議員。少女漫画は五十歩譲ってもわかる。キャミソールを購入する意味が理解不能。その結果、キャミソールを着用するコラが流出して一時期スレ住人を歓喜させたとかさせなかったとか。そのおっさん顔でキャミソールを着用するコラは彼を変態紳士の仲間入りさせる程のインパクト。全くネオブーメラン党に成る前からブーメラン党の奴等は人格に問題あるのが多いなあ。
 コニシキ……あれ、こいつって亡命してなかったか? おかしいな、共謀罪ことテロ等準備罪が可決されたら国外亡命を本気で考えるとか言ってなかったっけ? なのに如何して今も日本に居るのかな? そんなコニシキを解説する気は毛頭ない。
 全く俺を呼ばないなんてお前らは何考えてるんだ、ブヒイ--遅れるようにして『ブタ崎岳志』が到着。
 ブタ崎岳志……それはあの『クラヤマ』がチャンネルクララが立ったに識者として出演させたという今にして思えばあの国際法のプロを自称する眼鏡が見込んだ議員らしいのだが、野次の件といい不遜な態度といい……あの眼鏡の見る眼の無さは『チャンネルチェリー』の柔道デブ……いかんいかん一応は柔道体型の社長とタメを張るレベルではないのか? まあそんな細かい悪口は置いといて、このブタの野次は先程紹介したワイン桜井と同じく酷いレベル。品性を疑うレベルと言っても過言ではない。因みに彼はあるペンネームでライトノベルも執筆してたらしい事がわかった。まあそれについては彼のwikiでペンネームを調べて実際に読んでみる事を勧める。作者はまあ、流儀の関係上は目を通さないので評価は下さないが。
 何気に酷い解説してるようだけど、その『クラヤマ』さんには俺……お世話に成ってるんだけど--と本物の三島一八ならそういうんではないかと想定してそんな台詞を言わされる。
「この俺も舐められた物だな。崩壊寸前の野党の四人を寄越されるなんて--」
「そうかい、じゃあ俺と勝負しろや鯨のあんちゃんよお!」
 突然、二人に襲い掛かる中華ファングの数々。アルッパーは全弾命中した上に七本もガンマナイフの原理で突き刺され、ノックダウン!
「何、まさかそんな!」
「ハッハー、加勢しに来たぜえ!」
「あれまあ、傭兵だよ。『紅の傭兵』がやって来たよ」
「これは意外な援軍だネ」
「何、『紅の傭兵』だって!」
 如何した如何したあ、ヨウツバーの兄ちゃんよお--中華バスターソードを三島一八に突き付ける『紅の傭兵』!
「俺の知ってる『紅の傭兵』じゃない!」
 紅の傭兵……それは戦後ワーストスリーに入る程の売国政治屋。その外国の勢力に加担したような数々の売国政策と実績は今も日本国を苦しめる劇薬。その劇薬の中でも酷いのが『紅の談話』であり、主に『マユゲ談話』とセットで語られる事が多い悍ましい談話。ありもしない『慰安婦問題』の謝罪はどれ程の損失を齎したのか。兎に角、奴は引退した後でも足を引っ張るような発言ばかりして困る。大人しく引退して貰うのが一番だよ……因みに戦争中毒者にしたのは一回やってみたら実際の本人とは大きく乖離するような好戦的なキャラ付けが作者の中でヒットした為に以降も彼を出す際は戦争中毒者ならぬ平和中毒者として出す事に。実際の本人はこんなに好戦的なキャラじゃないぞ、誤解するなよ諸君!
「チェックメイトだ、ヨウツバーのあんちゃん!」
「まさかこんな事に!」
 アルッパーと三島一八は敵の手中に落ちる事に。

 一方のデュアンはついさっきカズヨを倒してきた真黒と合流。
「早いな、仕事」
「情けないね、デュアン。外貨建てに困るからってあんな三下にあっさりやられるなんて」
「仕方ないだろ。現実はやはりお金が掛かる。お金が掛かる以上はお金の量が戦闘力を左右する物さ」
「お金……ところで『ビットコイン』でも使ってみる?」
 結構だ--デュアンは信用性の薄そうな『ビットコイン』を躊躇った。
(うーん、まさか息子が親の意向に反してあんな外交するから腹いせに親父が出て来るとは思わなかったな。ま、今はこの出会い系バー城に居るあの助平を如何にかしなくちゃな)
 果たしてデュアンと真黒に勝機はあるのか!



 NEXT PAGE 愛の心にて正しき空間を断つ……名付けて偏向報道剣、やああってやるぜええ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR