FC2ブログ

一兆年の夜 第七十五話 最高官のお仕事(史)

 午前十一時二十九分十四秒。
 場所は中央官邸最高官第一執務室。
 カラッ佐はテオディーが来るまで改めて歴代最高官達について振り返ってゆく。
(ばっバレルバーの後を継いで第四十三代最高官に就任したのがタゴラス駱駝族だったが十の年より前にボルティーニ駱駝族に帰化した林原コブ八平はちへいで彼は二期目の二の年目でで重度の病に依って辞職。引っ継ぎを任されたのが第四十四代最高官にしてコブ八平の妻であるコブ光代みつよで初めてのメス最高官だったが、彼女はそれ故に共和青空党との一騎打ちに敗れた。きよっ共和青空党にしてボルティーニ蝶族のバタフレイ・メロウリで彼は五十一歳という恒例の中で第四十五代最高官として任期満了まで政務を務め、つっ次に第四十六代最高官に成ったのが史上二名目の雌最高官に就任するアリスト牛族の北条ブルで彼女は二期まで務めるも雌ゆえの問題点が彼女の代で問題と成ってその後は自由党に政権が戻る事に。そっして第四十七代最高官に就任したのがアリスト馬族のロデルデ・ヴェロウドで彼は最高官に臨時以外での雌の就任を禁止する法案を通した物の僅か一期務めるだけで新興政党である海洋連合会で海洋種族である党首にしてエピクロ鯨族のワルシェード・ホエンラドンに敗れて下野する事と成った。こっこまででICイマジナリーセンチュリー百五十三年からICイマジナリーセンチュリー百五十九年。
 だっ第四十八代最高官に就任したのは海洋連合会の副党首であるエピクロ百足族のムカンダ・笹原で地形の都合上はワルシェードは党本部の党首として活動しないといけないらしいですな。そっれでもムカンダは国民からの支持が高い程に者柄が良かった事もあって二期までしっかり政務を熟した。だっ第四十九代最高官に就任するのはルケラオス象族で剛力党の二十二代目党首マモリモルナル・アダルネスの先祖であるマモリモラヒムで彼は共和連合でストテレス鬼族という新興鬼族のギガントル・ダッジェルドとの一騎打ちに敗れてしまった。だっ第五十代最高官に就任するギガントルは共和連合の結党理念とは反対に力による平和を掲げた事もあって強硬な姿勢で政務に励んで巨大な財政赤字を抱えてしまう物のそれでも二期まで務める程だった。ぎっギガントルの跡を継いで第五十一代最高官に就任したエウク鳩族で柊家から独立した問題児である鳩山ポざんは逆さまに平和路線への回帰を目指すも財政赤字の解消が十分じゃないままに自由党で神武鬼族のカゲヤマノイタジンドウとの一騎打ちに敗れて下野。こっこから先は長いカゲヤマノ一族による交代及び独立政党に依る支配が始まる。こっこまででICイマジナリーセンチュリー百五十九年からICイマジナリーセンチュリー百六十五年。
 だっ第五十二代最高官のイタジンドウは任期中に共和青空党及び海洋連合会を合併させて更には自身の政党から数名程離党させて新たに鶴翼党を結党して二期目が掛かる選挙で自由党及び開発党の代表と激しい選挙戦の末にこれを撃破して二期目まで務める。だっ第五十三代最高官に就任したのはイタジンドウの弟であるイタドノオで彼は世襲制度を認める法案を通してこれを圧倒的な数の力で可決させていっては二期まで務める。そっれから第五十四代最高官でイタドノオの第二子であるイタドノカで二期、だっ第五十五代最高官にしてイタドノカの第一子イタゼンドウで二期、だっ第五十六代最高官にしてイタゼンドウの弟のイタゼルドで二期、最っ後のカゲヤマノの最高官にして第五十七代最高官でイタゼルドの第五子で弱弱しい印象のイタロウトは一期まで務めるも選挙戦略を大きく変えた自由党の候補に敗れてカゲヤマノ一家による支配の時代は幕を閉じた。こっのようにカゲヤマノ家に依る一族支配が可能だった背景には真正神武が喰われて古式神武も真正神武最後の最高官だった七弓なゆみ様を斬弥きるみが迎え入れる事で古式神武は変革を始めた訳だ。そっうなると何時までも頭の入れ替えをしてるだけでは纏まらないという安心出来ない思いが国民に共有されて行き、そっこに行き着いた訳ですな。こっこまででICイマジナリーセンチュリー百六十五年からICイマジナリーセンチュリー百七十六年。
 こっこから先は剛力党が出来るまでの間に自由党の第二黄金期が始まったと言っても過言じゃないだろう。何っ故なら自由党以外のほとんどの政党が既に政党としての体力もそれに代わる有力な政治団体も出来なかった時代だ。さって第五十八代最高官に就任したのはゼノン人族で飛遊家から独立した足尾未踏あしお みとうで二期も続いた。だっ第五十九代最高官に就任したのも足尾家で未踏の双子の弟である未到みとうで彼は二期務めながらカゲヤマノ家の支配を思って世襲制度を廃案に導いた。だっ第六十代最高官に就任したのはゼノン人族の飛遊三刀弥ひゆう みとうやで彼は人族の一極集中を嘆いて一期務めを果たした後は辞任する。そっれから投票なしに近い形で他を圧倒して第六十一代最高官を勝ち取ったのがゼノン百足族の紐梨ムカ蔵で彼は無事に二期まで務めた。だっ第六十二代最高官はメデス蟹族の蟹江カニ六で一期までしか務めないがここから先はずっとそんな感じで一期しか務めない最高官が後を絶たない。そっの理由はムカ蔵が再選制度を廃止したからだそうだ。さって、てっテオディーが着くまでに一期ずつ務めた最高官達を簡単に説明しようか。だっ第六十三代最高官はメデス闘牛族のバッファゼ・松岡、だっ第六十四代最高官はゼノン猿族の猿丸ウキまさ、だっ第六十五代最高官はエウク燕族の沖田スラ九十九つくも、だっ第六十六代最高官はエウク蜥蜴族の小林トカ郎、だっ第六十七代最高官は武内鼠族のネズマサ、だっ第六十八代最高官は雄略河馬族のカバカズ十九代、そっして再選制度を復活させる立役者の一名である第六十九代最高官でボルティーニ栗鼠族のリリオ・リッサール、もっう一名の立役者で法案を施行させたのが第七十代最高官でボルティーニ鹿族の木下シカッ造で彼は二期まで務めたな。こっこまででICイマジナリーセンチュリー百七十六年からICイマジナリーセンチュリー百九十五年。
 お、そっろそろ来たな)

 午前十一時四十三分一秒。
 齢二十三にして二日目に成るボルティーニ栗鼠族にして第六十九代最高官リリオの子孫である女性リリーナル・リッサールは戸を三回叩いて尋ねる。カラッ佐は返事をして彼女を入れさせる。するとカラッ佐の鼻に届くテオディーの香ばしい匂いはお腹の虫の活動を活発化させてゆく。
「あら、最高官ともあろうん御方が空腹にまで苦しめられるんなんて」
「まっだ昼まで早いだろ?」
「心配は要りませんよ。既に妹のリリーエにお願いしてあるんだから」とリリーナルは用意が良い模様。「それで歴史について調べていましたの?」
「そっそうだ。なっ何なら続きを口にしようか?」
 ええ、是非とも--とリリーナルは育ちの良さを示すように品質の良い肌と神のような微笑みでカラッ佐に下心を誘発させる所だった。
(いっけないな、こっれだからリリーナルはとんでもない雌だな。さって続きだ続き!)
 そこから先はカラッ佐自身の口から語られる。第七十一代最高官を務めるのは自由党でカラッ佐の曾祖父である烏丸カラッひこで彼が務めたのは僅か一期まで。第七十二代最高官も同じく自由党でネズマサの孫である武内鼠族のネズゾウリで彼は二期まで務める。第七十三代最高官はゼノン雁族のデッザイヤ・ダリッキャで彼は二期まで務める。ここまでICイマジナリーセンチュリー百九十五年からICイマジナリーセンチュリー二百年。
 この時代より力道党及び力道会の流れを汲んだ剛力党が結党される。当初は弱小政党の一つとして数の年で消える物だと誰もが思われたが真古式神武がいよいよ大変な時期に入ると一気に勢力を拡大。自由党一党独裁体制に終止符を打つ事に成ろうとは誰が思ったか、とカラッ佐が熱弁する程。
 先ずは力道党政権に成るまでの七代を紹介すると次の通り。先ずは第七十四代最高官であるルケラオス熊族のクレッセルト・グリーズで二期、第七十五代最高官であるアンモ蜊蛄族のザーラレス・ガニーダで二期、第七十六代最高官である同じくアンモ蛙族のケロルト・ジネンダで二期、第七十七代最高官はエピクロ熊猫族の日暮パン世琉ぜるで二期、第七十八代最高官はゼノン雁族のデッゾウ・ダリッキャで一期、第七十九代最高官はアリスト猫族の猫目にゃんまるで二期、最後の自由党の最高官は第八十代で蘇我獅子族の蘇我シシ蔵で二期務めた。ここまででICイマジナリーセンチュリー二百年からICイマジナリーセンチュリー二百十三年。
「--そっれから剛力党のマモリモルナル・アダルネスが党首で初めて最高官を務めた訳だ。しっかも二期まで。次っに就任したのは俺の恩師でありますボルティーニ栗鼠族のリリーゼ・リッサール……君達姉妹の父親ですなあ。そっして第八十三代最高官を務めるのはこの俺、カッ烏丸カラッ佐様ですな」
 でも選挙に敗れてもう直離れるんでしょうん--実は既に任期満了で二期を務めない模様……最高官とは何時までも慣れる職業ではない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR