FC2ブログ

別に駄目大人党シンパじゃないからこいつを大いに馬鹿にしても問題ないよね?

 どうもdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さて、工作員チェックも出来ずにヒステリッたあの話題の人でも馬鹿にして見ますか。

 全国騒音おばさん対決が始まるぞ!
「引越ししなさい、引っ越ししなさああい!」
 先ずは実況を務めるのは頭がパーンした老夫婦の数限りない嫌がらせに耐え兼ねて暴発し、一方的にマスゴミに依って加害者にされた殿堂入り騒音おばさんミヨコ。
 解説はとても精神科医とは思えない異常者染みた行為をする事で話題のリカちゃん。今回も試合の度に中指立てて解説してくれるぞ。
 では作者の知力不足もあって参加するのは四人。最初はやはり与党出身だったあの人から行きましょう。
「このハゲええええええ、違うだろう、違うだろオオオウ!」
 工作員疑惑浮上の元秘書に依ってヒステリックな一面を全国に知らしめた駄目大人党魔の二回生でもあるマユユ。決して小林よしのりの好きなアキバのマユユじゃないよ!
「日本は必ず大暴落を起こすんだから!」
 紫ヘアーと如何にも地獄から来てそうな面構えの大学教授紫ババア。今年も日本経済大破綻本を出してくれる事をファンは願って已まない!
「あの眼鏡禿げにレイプされたんだよ。もうね、どれだけ夜も眠れなかったかわかるウウウ?」
 とベトナムでのライタイハンについて載せようとしてツインバードストライクに事実上解雇されてしまった眼鏡を潰す為に送り込まれたアバズ……失礼シオリ=サン。
「悩み無用、あたしの歌きっと売れて来るうう!」
 御存知芸能界の御意見番を自称するエラ具合が良く、。そして何時もヒステリーな事を撒き散らす和田アキオ。
 本当ならネオ・ブーメラン党のレン4やバイブ、そしてオザー党のユウコリンも出したかったけど、そこは忖度する事にしました。だって今回の主役はマユユなのでこいつらが出てしまってはマユユよりも目立ってしまうじゃないか。そうゆう訳で早速ですが第一試合であるマユユVS紫ババアの一騎打ちをどうぞ!


 永遠に続きは描かれないバキ風トーナメント出場実況のパロをお届けしました。何かなあ、刃牙道は武蔵つえー描写がうざ過ぎていい加減終われって思うんだよな。やっぱグラップラー時代の雰囲気に戻して欲しいよ。そしたら面白さを戻すしさあ。
 と板垣への文句はここまでにして今回やった理由はあの有名な暴言テープ。頭が良いんだけど、それ以外は頭が悪い人間に見られる兆候……何てレベルじゃねえ。幾ら秘書が工作員か何か知らないけど、あれは駄目だろう。その録音テープ聴いて思わず噴いたな。間違いなくこのババアは頭いかれてるって。何だよ、ミュージカル風罵倒って……どうしてそんな所に頭を使うんだよ(嘆)! 全く駄目大人党もあれだよなあ、あんな問題児を採用しちゃって……まあ最も党の人間なんて手駒を少しでも入れたいからなあ、だからこそ魔の二回生だのなんだのが出て来るんだよなあ。特に酷いのは酒の嫁さん。流石にあの行為はあの世で酒が泣いてるぜ。
 とはいえ、党のせいにするのは構わないがだからといってこいつらみたいなのを理由にこの党に入れないっていう安直な考えで票を投じるのは止めよう。基本的に票を投じるのは一番良いのを入れるのではなく、一番マシな所に入れる事。自分も出来れば駄目大人党以外に入れるべきだと思うんだけど……日本第一党或は維新政党新風が枚方の選挙区に立候補してくれないかなあ? そしたら左が支配する事で話題の大阪も少しは頭がパーンな奴等の支配から脱却されてマシに成るんだけどなあ。
 因みに時事ネタの人選が如何してああ成ったのか? 騒音おばさんは殿堂入りなのであれだしな。そしてリカちゃんは話題に成る度に医者の不養生を見せてくれる訳だし、こいつらはやっぱり実況と解説に向くだろう。出したら即優勝してしまうからな。マユユは説明の通りだし、紫ババアは本のタイトルもあれだし、このババアもアレだからこそ出場する意味はある。シオリ=サンは最近話題だったのを受けて急遽捻じ込んだ。サイボーグ叩きの為にわざわざ御用記者を貶めるってのは流石にねえ。最後の和田アキオはまあ……思い付くのが居なかった事もあったんだよ。だってマユユ以外の国会議員は流石にインパクト強過ぎて駄目じゃねえか。なのでアキオを出した。
 そうゆう訳で時事ネタの解説を終わらせる。

 第七十四話の解説でもしましょうか。五回も続いた天同優央のお話は幕を閉じた。息子の躯伝の話はもう暫く待て。何しろ奴は新天神武を大きく変えてしまうからな。だからこの後の話はずっと短編で行く。つーか人族以外の話をしたいからさあ。
 えっと本編ではほとんど戦いばっかりのお話に終始した。後はシレンデン以外の真正なる五式を描きたかったって言うのもある。あるにはあるけど、やっぱりシレンデン以外はあんまりキャラ立ちしなかったなあ。強さを一応示した事は示したんだけど……なあ。他には滅んでゆく状況よりも如何にして脱出してゆくかってのを描くばかりでしかも蓋を開けてみれば都合よく地下通路あって……ねえ。そこが書き終わってみてからの反省だったな。バッドエンドこそないとは言ってもこんな終わり方って言うのは正直自分としては失敗したなあと今でも思う限りだ。一体何時に成ったらうまい物が描けるのか、自分は本当にもの解として三流だよ。まあ本編でさんざん言ってるように悔いる暇があるならそれを糧に前に進むしかない。自分にはそれしか道はない。
 という訳でこれからも一兆年の夜はブログの主旨に従い、精進してゆく所存さ。そうゆう事なので第七十四話の解説を終えるぞ。

 さあ、お約束の予定表だぞん。マユユ風のキチガイ口調をリスペクトスル~形~デ~。

 予定日六月二十六日~七月一日 第七十五話 最高官のお仕事           作成日間
     八月予定       第七十六話 道真は藤原氏に復讐する       作成日間
                第七十七話 赤松は何故足利に反旗を翻せたか   作成日間
                第七十八話 利休の闇を見て秀吉は手を下す    作成日間

 因みに第七十八話のタイトルだけど、一説に依ると信長謀殺に千利休が絡んでるんじゃないかって逸話もある。それを知った秀吉があの利休を斬首したんじゃないかってな。あくまで逸話だ。どの道、それで秀吉を良いように褒めるのも短絡だと自分は思う。まあ秀吉支持者の自分ではあるけど。
 それじゃあ今回はここまで。海老蔵の嫁さんの訃報を楽しそうに街頭インタビューしようとする記者の倫理観は一体!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR