FC2ブログ

試作品は日曜に更新するのは億劫なのでそろそろカレンダーの作成も考えないとな

 どうも今更カレンダーなんかを考えるdarkvernuです。
 基本的に自分は消極的で他の奴らと違ってそうゆうのは後回しに考える性分だったが……流石にそろそろアクセルを踏む力を少しだけ入れて大きく前進する時がきたみたいだ。
 因みに『格付けの旅』の青魔法の章03が無事終了し、白魔法の章04が始まりました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>及び<白魔法の章>をクリック。
 さてさて、雑文の体裁は整えないとな……えっと知らない間にゴールデンマンゴンとオザーリンのお友達であるノリエガ将軍さんがお亡くなりに成られましたな。まあそれをやるかどうかは今日二回目の雑文で確認して下され。

 まさかそこまで腐ってるのか、この番組は……どうもアンチジャーナリストの土岐永智宏。今回はネットサヨクの張本正一氏とある事柄について議論してゆくつもりです。早速当の張本氏がお目見えしましたな。
「あれはどう見たって浦和が悪い。挑発なんかするからいけないニダ」
 では早速私は議論を始めて行こうか。
「確かに浦和は悪いですね」
「そうでしょう、済州が怒って当然ニダ」
「ええ、済州の一部選手以外を人間として扱った事がね」
「コラ、何勝手に人外扱いしてるニダ」
「だってそうでしょう。本当に人間だったら控室の選手が飛び出してエルボーなんかしませんよ」
「お前挑発か?」
「一応議論のつもりです。ところで張本さんにお聞きします」
「質問に質問で返すなニダ」
「申し訳ありません。ですがさっき質問の答えを返しましたよ。これは議論です。もう少し答えらしい事を言うならばそれを挑発と受け取るのなら今まで済州を始めとした南新羅の選手が行って来た数々の野蛮な行為について……私から見ればあれは挑発でしょう。浦和の選手がゴールする度にやるガッツポーズなどを挑発として捉えるなら--」
「話が長いニダ。もっと短くせんか!」
「申し訳ありません。要約するとあれを挑発と捉えたら今まで南新羅のやって来た国旗を立てる事を始めとした政治的メッセージも挑発と成りますが……では質問。今までの政治的メッセージなどは挑発でしょうか?」
「ウヌ、あれは、えっと、その……がアアアアウ、ウリ達は被害者ニダ!」
「スポーツの話に誰が加害者で誰が被害者という話を持ち込まないで頂こう。それ議論と何の関係もありませんよ」
「五月蠅いニダ。日本人はウリ達を虐めて来たんだ。朝鮮出兵で耳や鼻を削がれ、韓国併合でウリ達のアイデンティティを根こそぎ奪ったんだ!」
「だからその話は他所でしなさい。今はどうして国際試合で最終の一部選手以外が暴れたのかについて議論してるんですよ」
「五月蠅い。朝鮮出兵と日韓併合の話に対して答えを言わないと議論に応じんニダ」
「はあ……その答えは単純明快で朝鮮出兵のお蔭でキムチが誕生した上に当時の貴方方を支配した明はその後清に依って滅ぼされたでしょうが!」
「キムチを秀吉のお蔭だと抜かすかあ!」
「後は日韓併合……あれは安重根が併合反対派の伊藤を射殺しなければもしかしたら併合しなかったのかも知れませんよ」
「ふざけるな。義士を侮辱したなあ!」
「侮辱も何も安重根は日韓併合賛成派のスパイですよ。でないと伊藤を射殺しようなんて考えたりしませんよ」
「五月蠅い五月蠅い!」
「はあ、さあ今ので全て質問に答えましたので議論を戻しましょう」
「五月蠅い五月蠅い五月蠅い五月蠅い。はあはあハハハハハハハあぎゃぱアアアアファヴォおおおおん!」
 どうやら気が狂ってしまいましたね。そもそもまともに話が通じない相手と一体どうすれば議論が成立するのでしょうか? 皆さんも気を付けるように。


 という訳でツインバードストライクで悪名高い朝のサンモニがスポーツでもやらかしたな……はあ、これは流石に止めを刺しちまったな。折角のスポーツで一応大目に見られた評価点だったのにハリーがやらかしたせいでもうスポーツ面でも完全に見限られたな。というかあんなのどう見たって浦和に全然非がないだろう。なのに何浦和にまで喝を入れてるんだよ、ハリーめ。全くこれだからお前は現役時代にノムに九センチ(具体的な言葉は違うが)と言われて発狂されるんだよ、馬鹿者め!
 はあ、政治ニュースは見るに堪えない内容だけどスポーツはギリギリだったサンモニだったが……今回の件で完全に見限ったね。もうあんな番組は見る価値なし。益々テレビ離れを加速したね……折角スポーツを楽しんでいた奴らに対してあんなふざけたコメントを出した以上はもう(怒)!
 以上で時事ネタの解説を終わらせるか。

 さて、折角の二回目の雑文なので青魔法の章03の解説をしましょうか。今回で魔導学園の話は終わり、これからはフロンティア目指してデュアンは外の世界を旅していくのさ。果たしてデュアンに待ち受ける者は一体!
 しかし、伏線をある程度残したのは良いけど『マギ五大魔法』の伏線をすっかり忘れてしまったな。あれは何だったのかを本編で明かしたかった。でも魔導学園から離れるからな……さて、どうしよう?
 という訳で青魔法の章03の解説を終わらせます。

 先週に引き続き今週も二回連続で雑文を出した。理由はわからん。どうも最近は……いや良いか。
 という訳で今度こそここまで。市子ちゃんは多分、明日やるかもな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR