FC2ブログ

雑文特別編 神様の超推理

 どうもやはり公の予定表に縛って自らを律する方がやる気が芽生えると考え始めたdarkvernuです。
 さて、今回は少しだけ頭にこびりついてるのでこんな物でも書こうかと踏み込んだまでさ。

 この世に神が居るとしたらそれは誰にも気付いてくれない人間の事だろう。
 さて、川見猿間(かわみ さるま)は本物の神様。伸びたヘアーで身長173の体重62の中肉中背。格好の良い顔付かと思えば全国のイケメンを合成して出来た特徴のない顔付きと言う余り面白みのない顔付。そんな彼はある時、あるネットテレビ局のボクシング規格のアルバイトをしてる時に偶然にも『亀梨浩二に勝ったら千万円』の企画が始まる直前ににて殺人事件に出くわす。
 被害者は最初の挑戦者にして喧嘩最強を自称するホストペンネーム蟷螂パカン(27)。午後三時十五分……専用の控室にて仰向けに倒れてる所をアナウンサーと彼の助手三人が突撃取材してる所にて発見。直ぐに医療スタッフが駆け付けるも既に死亡が確認された。死因は毒殺。口から泡を出して倒れている事から医療スタッフ達はそう判断。彼らの検死は確実で実際に駆け付けた警察の鑑識もそう判断した事から裏付けは十分。だが、死亡推定時刻は午後一時から二時の間。死亡する前の午後零時五十六分に蟷螂と面識のあった通い客の戸羽佐滑瑠奈(とわさ なめるな)さん二十二歳の証言から明白。彼女自身のアリバイは十分であり、被害者と別れたのも同時刻。更にはそれ以降は観客席に居たお笑いコンビロンドンマーチのビリー管(28)と死体発見時間までお喋りしていた事から発覚。もう一つ付け加えるなら彼女の持ち物には一つも毒薬又はスポーツドリンク類は発見されておらず、それから途中で買い物等の退出もない。依って彼女は容疑者リストから除外される。
 では容疑者は誰なのか? 全部で八人居る模様。一人目はたまたま観客として応募して当選した大阪府H市出身の現役女子高生市丹香美(しに かみ)さん十七歳。彼女は死亡推定時刻の一時間前から死体発見時間までのアリバイがない。ずっと関係者以外の立ち入りが禁止している現場以外の散歩をしていたと証言するが、彼女を目撃した人間は一人もいない事から偽証の可能性が高い。
 二人目は本物の神様である川見猿間(自称30)。彼はアルバイトスタッフとして死亡推定時刻の二時間前から死体発見時間の三十分前までトイレに籠って仕事を放棄していた模様。だが、彼は和式便座の中に居た上に誰も彼の姿を目撃した事を確認されていない。故に誰かと入れ替わって被害者を殺害した可能性が高く、アリバイらしいアリバイに繋がらない。
 三人目はこの企画の中心人物の一人である亀梨浩二(かめなし こうじ)三十一歳。元プロボクシング世界チャンピオン。亀梨三兄弟の長男。様々な疑惑の対戦をし、そして勝利の数々も疑惑が多い。そんな彼が引退して二年後に企画したのが今回の番組の企画。さて、それは後程説明するとして彼のアリバイについて説明すると次の通り。死亡推定時刻よりニ十分前から被害者と接触してる模様。何かを手渡す所を三人以上に目撃。その現場は彼の個室前。しかもある目撃者の証言ではスポーツドリンクであった模様。被害者の死因はラベルなしのペットボトルドリンクを口にしての毒死。しかも亀梨が渡したのは正しくそのラベルなしのペットボトルドリンク。疑われても仕方のない話。
 四人目は亀梨に挑戦する現役ヨウツバーのペンネームジューブログ(28)。高校時代にボクシング部に所属する元アマチュアボクサー。その経験を買って企画に応募し、見事合格。二番目の対戦相手として予定される模様。さて、彼のアリバイは死亡推定時刻の十分前に害者の控室前を歩き回るのを四名以上に目撃され、内一人から左手にラベルなしのペットボトルを持っていた事が目撃される。故に彼も又、疑われても仕方がない。
 五人目は亀梨に挑戦する現役高校教師の稲葉亮(いなば りょう)三十三歳。三重県A市出身の高校に所属する体育教諭。しかも競輪部の顧問を務める経験から企画に応募して合格。三番目の対戦相手として予定される模様。アリバイは死亡推定時刻の三十二分前に被害者と口論に成ってる所を十名以上に目撃。特にある目撃者の証言に依ると右手で害者の胸座を掴んでる上に左手にラベルなしの薬瓶を持っていた事が確認された。故に疑いは十分。
 六人目は亀梨に挑戦する元暴走族でアマチュア裏格闘技に所属するリングネーム海賊狩りの中川(30)。裏格闘技の戦績は五勝五敗。その経験を活かして企画に応募して合格。最後の対戦相手として予定される模様。アリバイは死亡推定時刻の一時間前にラベルなしのペットボトルを二つ、右手に持ちながら被害者と睨み合ってる所を三名以上に目撃。故に疑わしい模様。
 七人目は実況を務める元テレビツインバードのアナウンサー淀川長安(よどがわ ながやす)四十一歳。常に亀梨兄弟の試合の実況を請け負い、彼ら寄りの実況が目立つ曰くつきの実況者。今回も四戦とも実況を務める模様。さて、アリバイとしては証言は次の通り。死体発見まで一度も被害者と会ってない。死亡推定時間のニ十分前から死体発見される時間まで八人目の容疑者と共に打ち合わせをしていたと証言。互いがアリバイ証言者である上に二人を目撃した人間は十人以上である故にアリバイは十分だと思われるが、それ以前のアリバイが共にない為に容疑者リストから外すのは難しい。しかも持ち物は会場にある局に入ってからの持ち物検査では薬瓶と思わしき物が三つ。ところが死体発見以降の検査ではそれが一つしかない為に疑いの目が強い。
 最後はゲストの一人である元プロボクシング世界チャンピオンの幕ノ内徹(まくのうち てつ)五十歳。実績あるプロボクサーであるが故に今回のゲストとしては十分。さて、七人目のアリバイ証言と同じくそれ以前のアリバイがない。しかも持ち物の中にラベルなしのペットボトルが四つ以上。しかも事件後ではそれが一つしかない事から疑うに十分。
「とこのように名探偵川見君にそれぞれのアリバイについて話したのだよ」
「ですから吾輩は名探偵ではなく、神様ですぞ」
「何を言ってますか、川見君。君のお蔭で様々な事件は解決してるじゃないか、其方の香美ちゃんと一緒に」
「あのですね、警部。どうして僕が容疑者リストに入るの?」
「だって君が訪れる場所は何時も死体が発見されるじゃないか。もしかしたら本当に殺人を犯したんじゃないかって疑うじゃないか」
「ううう、また死神扱いを!」
「それにしてもみんな怪しい連中ばっかりだな、鎗間(やりま)君」
「だから警部と呼べって、川見君」
「だから吾輩は神様だ。何度言えばわかるんだ!」
「それよりも誰が犯人なの?」
「それを調べるのが吾輩達の務めだろうが、死神君」
「だから市丹香美だって!」
「有無有無……ところで警部」
「何だ、あの犯行予告か?」
「ああ、何だろうな……この犯行予告とは?」
 神様が気に成る犯行予告とは即ち警部鎗間小四郎(やりま こしろう)が出した一枚の『殺人予告』。そこに記されるのは次の通り。
『偽善者共に告げる。

 この企画を起ち上げたのは亀梨を祭り上げる為じゃない。お前達四人を血祭りに上げる為だ。沖山、金、稲葉、そして根津。お前達全員にはあいつが受けた悲しみを全て浴びせてやる。覚悟しておけよ。

 殺人ボクサー 蘭丸より』

「集英社の青年誌に昔連載してた漫画あったな」
「漫画、知らんな?」
「川見さんは知らないんですか?」
「神様と呼べ。知らないならいいや」
 神様は嫌な考えを浮かべる。それは--この事件はまだ続く--と。
 だが、その考えは的中した。神様と市丹が鎗間から許可を貰って死体発見現場を調べてる途中で第二の事件が発生。二人は現場に直行する羽目と成った……


 と言う訳で実験作『神様の超推理(仮)』をお届けしました。こちらは現在進行形シリーズでも未来形シリーズでもなく、普通に独立した世界観でお届けします。なので出て来るのはただものとおかもとしか出ませんね。ジョニーマンもピーポン君も東京番長も出ませんのでお気を付けを。
 さて、別に八百長三兄弟やらパチンカスの偽物八百長やらへと当てこすりではないよ。単純に舞台設定をたまたまつい最近の茶番に合わせただけ。彼らを馬鹿にする為ではなく、普通の殺人事件物として設定してるだけなので深く考える必要はないぞ。因みにこの場合は『ボクシング企画殺人事件』という題名に成るのかな?
 ではこの物語の趣旨はいわば主人公が現役の神様で最近の神の安っぽさに激怒して現実世界に現れ、自分こそ本物の神だと売り込んで様々な場所で痛い事をしてる所を偶然にも死を呼び寄せる高校生市丹香美と出会う事で様々な殺人事件に出くわし、神様独自の超推理で事件を解説するお話。なので越神探偵達美と同じく本格的なミステリー物を期待してる読者には申し訳ないが、諦めて下さい。超推理を展開するので金田一やコナンみたいな比較的論理且つ矛盾の少ないトリックや推理は自分はやりませんのでマイペースに超トリックを展開し、マイペースに超推理を展開していきますので気を付けるように。
 それじゃあ何故こんな物を書くのか。冒頭にも書き殴ったように頭に残ってる内に記しとこうと思って披露したまでだよ。因みにこの事件の犯人は実況。被害者は三人。四人目は寸前で止められますのでネタバレ嫌いな皆様には申し訳ありませんが、予め結末を記しておきます。
 以上で解説は終わり、今回の雑文特別編を終わらせたいと思います。第六十九話の解説は雑文で行いますので六十九話の解説を期待した皆様には申し訳ありません。ここは実験作を披露する場であって各話の解説を行う所ではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR