FC2ブログ

情けないと思った矢先に出すマジック……こ奴はサイボーグと同じだ!

 どうもdarkvernuです。
 あのネタを始める前に『格付けの旅』の青魔法の章03の一ページ目が日曜日に終わり既に二ページ目に入っています。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 それじゃあやってみましょう。

 世界各国はこぞって米国のドナルド・マクドナルドを馬鹿にした。ノッチケアの代替案が挫折し、諸々の内政が上手く行かない事を受けてこぞってドナルドは無能だと馬鹿にした……筈が!
「ドナルドマジック……トマホーク!」
 シリアにミサイルを撃ち込みやがったぞ、あのピエロは!
「あのジジイめ、暗に俺を無能だと示すようなミサイルを撃ち込みやがって!」
「アイヤー、ハンバーガーだけを作ってる女好きかと思ったら全然違てたよ」
 露のウサビッチと那の習字男は一斉に悲鳴を上げた。特に後者は渡米して直ぐにドナルドと会見。するとドナルドはこんな事を口にする。
「ドナルドはね、嬉しくなるとつい……やっちゃうんだよ」
「あのー、もう一度お願いします」
「実はね、君がわしの元に来た時には既に何もかも手遅れだったんだよ。愛すべきシリアの子供達がテロリストによって次々と殺され、挙句にはシリアの無能政府は何もせずにアブドゥルの手下にして行くんだ。だからそんな彼らが裏切り合い、殺し合い、睨み合う様を思うだけで悲しくて悲しくてつい……トマホーク五十発も撃ち込んでしまったよ、テヘ!」
「……あの、ちょっと用事が出来ましたので暫く待ってくれませんか?」
 習字男は内心笑えなかった……


 という訳で落ちも減ったくれもないな。書いてる人間しか面白いと思えない時事ネタでした。何が言いたいかって。それは内政で良い所がないと思っていた矢先にドナルドさんがやってくれた事ですね。そこは前の大統領ノッチとは違う。ノッチは何事にも後手後手でとても強いアメリカを見せてはくれないからな。幾らテキサス州知事の後釜とはいえ……だ。ところがドナルドは違った。僅か四ヶ月で行動で実行しやがった事に関しては褒められるし、何よりも頼りない一面を披露しつつも油断してる所でいきなり我々を興奮させる事を行うのだから彼も又、日本国の現総理サイボーグと同じ匂いを感じ取れるよ。
 え、サイボーグと同じ匂いって? 実はサイボーグは愛国政策を実行すると同時に売国政策も実行するという評価の難しい事を今もし続けるからな。今だってそうだ。共謀罪成立を急ぐ一方で幾ら向こうの情勢が危機的状況とはいえ、大使を領事館に戻すという事もしてるからな。まあ、細かい点は違えど見方を大きく変えたらサイボーグも又、こちらが失望してる時にいきなり褒められる事をやってのける強かさを持つと見れる訳だよ。
 てな訳で時事ネタの解説を終わらせて貰うぜ。

 第六十三話はあくまで主人公ギッジェ・キシェールの話を基に構成されるため、タイトル通り真実と幻想が入り混じった構造となる。まあどんな事が起こったかははっきり記すとご都合主義が三度も発生して流石に現在の時代に照らし合わせると流石にこれはないだろう、といった事が起こったとしか書けない。なのでギッジェはそう言った物を信じずに最後まで創作的な出来事に変える事でそれらを真実から追い出してしまったと言っても過言じゃないだろう。有無、今回も解説らしい解説に成らなかったな。それと謝罪しないといけない事がある。ちゃんと名前を覚えてないのは創作者としては致命的だと改めて思った。なのでサルートをサルーイと記した事についてはお詫びします。申し訳ない。
 以上で第六十三話の解説を終える。

 青魔法の章03の一ページ目の解説を始めるぞ。一ページ目はトーナメント中に戦うであろう人達を大まかに紹介し、戦闘は適当に終わらせました。なので全生命体の敵であるゴリアテさんは全くと言っていいほどに良い所はありません。それならマリックの子分であるウササギの方がまだ見せ場があったと言えるだろうな。まあ子分達については解説の内に宣言するが、良い所ってのは期待出来ませんので流し読み程度で散り様を期待して下さい。
 たったの四行程度で青魔法の章03の一ページ目の解説を終わらせます。

 ではでは予定表をどうぞ!


 
 予定日四月十日~十五日     第六十四話 烈の闘い 藤原大陸の謎篇    作成日間
      十七日~二十二日   第六十五話 烈の闘い 明かされる星の系図篇 作成日間
      二十四日~二十九日  第六十六話 烈の闘い 烈闘の最後篇     作成日間
    五月一日~六日      第六十七話 ???? 前篇         作成日間

 第六十七話のタイトルは第六十九話が終わるまで明かされませんのでお気を付けを。
 んん? サイボーグやドナルド、それからウサビッチに習字男にノッチは誰だかわからんって? 何度も説明するけど、サイボーグと呼ぶのは大和田秀樹原作のムダヅモなき改革を読め! そしたら自分がどうしてサイボーグで読んでるのかわかるから。それからドナルドなのはフルネームで直ぐにわかる。後ウサビッチってのはキャラデザイン及びウサビッチの国籍で直ぐにわかる。後習字男はフルネームで最後にノッチはどうしてノッチなのかは誰でも知ってる筈だ。ノッチがノッチである理由を知ればな。という訳で今日はここまで。天願和夫ネタは面白いんだけどイマイチ黒幕としては納得いかないんだよなあ。何故ってそれはゼツボウスレイヤーや由々しき家政婦やボクサーやヒロシや七十六期生組や舞台版苗木と違ってキャラの掘り下げがイマイチだからどうしてそこに行き着いたのかがさっぱり見えないんだよな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR