FC2ブログ

疑惑の総合商社さん再び

 どうもdarkvernuで御座います。
 では何時も通り始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 さて、あの有名な疑惑の総合商社に次なる疑惑が浮上。それについての時事ネタを付け焼刃ながらやっとくか。

 かつて巨人には松井秀喜という天才かどうかは判断付かないが、チームを勝利へと貢献する広角打法と的確な狙いを付けて球を飛ばすバッターが居た。彼はメジャーに行ってもチームの勝利に貢献し、更にはチャンスに強いバッターとして次々と走者をホームへと向かわせていった。但し、そんなバッターにも突然の転落は訪れる。それがWBC参加拒否。これに依り、彼の選手生命は坂を転げ落ちるように転落。そして日本球界に戻る事なく引退。
 松井秀喜はそれ以降、ツイッター率いる維新勢力の誘いを受けて政界に参戦。そして現在はツイッターの後を引き継いで大阪府知事の座を勝ち取り、更にはツイッター政界引退後は維新の顔として引っ張っていく。
 そんな彼はツイッターが居なくなってから様々なメディアに徐々に存在感を露にしてゆく。例えば沖縄のデモに参加する者達の野蛮な行為についても苦言を呈し、更には最近話題のある学園の問題で胡散臭いしばいたろっか出身のエセジャーナリストについても発言してネラーからも徐々に支持を集めて来た。
 そんな彼が何と……こう言ったのか!
「(ほとんど省略)マスゴミ関係者は完全にネオ・ブーメラン党の傀儡ですよ。あいつらに言われてバイブの事を報道しない姿勢を貫いてやがるぜ! そうゆうのは俺としては悪い忖度じゃねえの? え、何がって? だって首相はもっとわかりやすく説明すべきだね。忖度をはっきりしないとマスゴミ共は取り上げる。首相は忖度がはっきりしてる。その忖度に違法性はないな」
 ……あれ? まあ良いか。松井秀喜はこれからも野球人としてではなく政治屋として活動してゆくだろう。


 申し訳ないが、あの松井と知事の松井は別人なので鵜呑みにしないように。これは時事ネタで本当の事も確かに書くけど、大抵はこちらの勘違いやら何やらで一部フィクション化してる事を重々気を付けて下さい。フィクションなのは最初の野球選手の松井から政治屋松井にはつながらない事をお気を付けを。
 さてさて、かなり付け焼刃だし実際の会見は三十数分掛かる程長い奴なので興味あったら其方で詳しい内容を聞いた方が早いしな。つまり何が言いたいかって……ふざけるな、糞マスゴミっっっっっと! 政治屋に言われたから報道するな……とか何時からお前らは悪の手先みたいな連中に成ってんだよ! いや、前々からか……じゃなくて一応第四の権力をほざくてめえらが何あんな二重国籍野郎が党首のクソ野党の言いなりになってんだよ! ほっときゃあいいんだよ、あんなバイブクソババアなんか……失礼、幾ら何でも言い過ぎた。兎に角、あんなクソみたいな野党の言いなりになってあんな疑惑の総合商社を庇う理由がわからん。あんな奴は前にも秘書給与天引きなどで逮捕されたじゃないか。そんな前歴のある奴を庇ってどうするんだよ。しかも大臣でも何でもないのにどうして一々メディアが庇わないといけないんだ? それが意味不明だよ。あいつ居なく成った所で別に大問題に発展すると思うか? 自分は思わないね。何時も通りにトカゲのしっぽ切りでもすれば良いんじゃないか? 自分はこう想うな。ひょっとしてそれが党首様や関係各社にとって何か重大でとんでもない事態に発展するから庇いたいのかな……まあそんなのは憶測だし、陰謀論めいてるのでそれ以上はツッコまないけどね。
 何が怒りたいかって……こうゆう事ばっかりやってっからマスゴミは支持を失い、そっぽ向かれてゆくのをいい加減気付いてほしいもんだ。いや、気付いてても宗主国様の命令に逆らえない以上はどうしてもあの真宮寺是清学園長の友達百人計画に……冗談としてあの嘘吐き学園長を取り上げて少しでも有事に関する議論を遅らせたいんだろうな。全くそれだからウルトラマンダイナはあの呟きをするんだろうが。
 さてさて、来週の雑文までにこうゆう話に幕を閉じて欲しい。確かに雑文では時事ネタを扱うけど、基本的にアレな時事ネタがあるという事はつまり世の中はまだまだルーピーが罷り通るという証拠なんだよな。
 という訳で付け焼刃な時事ネタの解説を終える。

 さて、第六十一話の解説でもするか。気が付けば第六十二話に繋げるお話に成ってしまった。ああ、第六十二話は実質これの続きだと思って下さい。
 さあ、久し振りにバッドエンドに終わった。但し、希望はある。そうゆう意味じゃあまだまだ意味のあるバッドエンドだと自分ではそう思ってる……自分ではな(悲)。と言ってもバッドエンドは前にも書いたような気がするけど、ハイリスクハイリターンな部分があるから気楽にやれる物じゃない。その証拠に一兆年の夜では大体がハッピーエンドで終わらせてるからな。その理由はハッピーエンドの方が妥当だという安易な考えがあるしな。それだけにバッドエンドは狙いを絞ってやらないと痛い目見るからな。
 本編の内容は単純に偉大なる先祖が主人公でそんな彼はどう足掻いても死ぬ運命から逃れる事が出来ない。逃げるという選択肢は既に船に乗った時点で死ぬ運命と変わらない。かと言って黙って死ぬ選択肢も前向きじゃない。故に前向きに選んでひたすら食い下がる展開が続いてゆく。最後は予告通り喰われて終わり……タイトル名に偽りはない。退いても死、進んでも死……それが前門の虎、後門の狼。それでも主人公ザリスと彼の仲間達が命を懸けて切り開いた道は無駄じゃない。それは次の世代に繋げるバトンとして光り輝いてゆく。おっとポエムるのは余り好きじゃないな。解説するとこんな感じだ。まあ碌な解説をした事がないけどね(辛)。
 と簡潔に説明して第六十一話の解説を終わらせるね。

 それじゃあ何時も通り予定表と行きましょう。


 
 予定日三月二十七日~四月一日  第六十二話 天上天下唯我独尊        作成日間
     四月三日~八日     第六十三話 玉と石は混ざりて交じり     作成日間
        十日~十五日    第六十四話 烈の闘い 藤原大陸の謎篇   作成日間
       十七日~二十二日  第六十五話 烈の闘い 明かされる星の系図篇 作成日間

 四月中にやれるかな、これと並行であれとかあれの作成とか。でも初めての商業用だから出来れば誤字脱字零で生きたいけどな。まあ前に働いたあそことかあそこみたいに責任以ってやるのはかなり難しそうだが。
 あ、序にあの野球人の松井についてだが……自分は大嫌いの部類に入るな。だからこそああゆう風に書けるという事をここに告白する。それからあいつが日本代表監督とかやるのははっきり言って反対だね。何故って……WBC蹴ったのを忘れん。蹴っときながら日本野球代表監督だなんて……どうゆう洒落だよ、ってな。これはまあ今後の大谷にも言える事だけどね。
 それじゃあ今回はここまで。トワイライトアクシズまでアニメ化……か。サンダーボルトやジオリジンといい、最近のサンライズ及びバンダイは精力的だな!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR