FC2ブログ

それで上手い事言ったつもりか、Yは!

 どうも今回は雑文だけは比較的早い時間帯に投稿するdarkvernuです。
 始める前に何時も通り『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 さて、アッキードとかほざいた阿呆を少し馬鹿にした時事ネタでもやるか。

 どうも私はアンチジャーナリストの村上太郎と申します。遂に捏造情報を真実のように小説に記したエロ小説家と在日何とか人夫婦の妻の方を事件の名前にした元俳優を足して二で割った名前をする者ですが、彼らとは何の関係もありません。
 今回はその元俳優で自分の名前を政党名にした阿呆とそのエロ小説家について馬鹿にしたいと思います。あ、ッ早速そのそっくりさん達が来ましたね。
「俺の名前は原田左之助(仮)だ。よくも俺の考えたネーミングを馬鹿にしやがって」
「いや、まだ馬鹿にしてませんね」
「という事はこれから馬鹿にしようと画策するのですか、そうですか」
「おや、似てるけど第一声の表現力が本物に相応しくないな」
「作者の表現力が稚拙ならこちらの表現力のレベルもそれに下げざる負えないとはこの事を意味しようか」
「済まない、時々富野由悠季語も絡めさせて」
「良いって、本物はあんな作者のような小物に興味も眼中もない」
「そんな事よりもアッキード事件の何処が馬鹿にされるような呼び方だ! 上手い喩だろ?」
「えっと藤原鎌足というお笑いグループのえっとツッコミの嫁さんの仇名と被りますね」
「違うだろ。サイボーグの寒流大好き嫁の名前を捩ってるんだ。ロッキード事件級の大事件だろうが!」
「聞いた事ないね。というかアッキードなんて大塚明夫を馬鹿にしてるじゃないか」
「その例えだとガトー少佐役の大塚明夫本人を馬鹿にしてるように聞こえますね、どうですか?」
「無理してエロ小説家の上手い文章に似せようとしないで下さい、作者」
「それよりもこっちの話に集中しろよ、お前。でも例えは兎も角、あれは駄目大人党最大の不祥事でモリユウで政権は倒れる事間違いなしだろ! どうだ、今までの事実を鑑みても」
「でも松原一誠が写真に写ってますよ、沼爺と一緒に」
あ、れ、いや、これは偶然でしょう。たまたま通りががった所で集合写真を呼びかけられて撮った写真だろ!」
「でも支援してますよ、しかも松原さんだけじゃなくて作者が済んでる地区選出のブーメラン党出身のヒラコーさんと一緒に」
「ウグググ、だから何だ! それでもアッキーエの名誉校長の線は消えんからね!」
「どうやら反論に窮したみたいですね。ここは表現の上手い私が相手しましょう」
「君の場合は別件ね。最新作は読まないのでそれについての評価はしない。でも戴けないとしたら南京事件の件でしょう。あれは流石に支那の主張を鵜呑みにしてるとしか言いようがありませんが」
「それについては本人に直接訴えて下さい。そっくりさんである私に文句言うのは乱交パーティーの画像を見てパーティーに参加しない短小のする事ですね」
 という訳でそっくりさんは去っていきました。
「じゃあ代理として君にあのエロ小説家を馬鹿にして良いか?」
「俺も読んでないから」
 原田左之助(仮)が本当に読んでないかは兎も角としても村上春樹は何故あのような記述を小説に載せたのか? その意図は何か? 文学賞から遠ざかる彼の運命や如何に?
「オイ、俺を忘れてんじゃないだろうな!」
「やっぱ流行ってないから、アッキード事件なんて。つーか訳わからん事言うな、馬鹿野郎!」
 どうやら馬鹿に出来たのは原田左之助(仮)のみでエロ小説家に関しては読んだ事もない以上は深く馬鹿にする事が困難でしょう。それだけ作品を論ずるのは難しい訳だ……


 基本的には作者本人を馬鹿にするのであって作品自体を馬鹿にする場合はそれ自体を知らないと意味がない。そんな時事ネタで御座いました。まあ春樹村上の小説は自分の小説を書く上でのスタンスもあって読む機会はほとんどないでしょう。それでも自分は万人の評価に因んで彼の手腕を高く評価するだけ。といっても文句言うとしたら南京事件の記述だけ。これに関してはお前も井上ひさしや大江健三郎と同じ穴の狢だったんだな……まあ今更だけど、今更でもこれはなあ。まあ左寄りの小説屋はこいつらだけじゃなくて大好きなスペースオペラ小説を書いた田中芳樹も独特の親鸞観を表した五木寛之も後は生草坊主で有名な瀬戸内ジャクソンも同じだけどね。というか芥川賞及び直木賞受賞者の大半は石原のクソジジイと同じようにぱよぱよちーんで溢れてるからな。だからこそこの空気を打破する必要もあるが、自分は日本の小説界を打破する気は一切ないのでそれは誰かに任せる。
 さて、本題はそっちじゃなくて政治屋に成ってからずっとぱよぱよちーんな行動が話題の元俳優さんを馬鹿にするのが狙い。あくまで春樹村上はおまけ。つーかこいつ程一貫性のない野郎は何処に居るか。今退位が騒がれてる陛下に対して手紙を渡そうとした行為といい、突然の無投票を投じたり、後はまあオザーリンと組んで自分の名前を冠した政党を作って一切合切訳わからん事したりと……ホントねえ、そんな事するくらいなら黙って俳優業に専念してれば良いのにな。政治も知らんのに知った被るのは止めて欲しいよな。まあその責任は全てのマスコミにあるんだけど。勿論、自分はそんなマスコミにまんまと踊らされた(今でも踊らされてる可能性は無きにしも非ず)者の一人だからこそマスコミはいったん解体に向かった方が良いと思う。
 何、ローカルニュースだけで溢れる? どうかな? 前にも書いたが安易なグレートリセットは取り返しがつかないけど、マスコミに関しては一旦グレートリセットする方が上手く行くと自分は思ってる。何故ならその方がより日本の為に、それから平等を謳わない様々な主張が可能で尚且つ外国に擦り寄るジャーナリズムの欠片もない工作員共を一掃出来るからさ。ま、ローカルニュースだけで溢れたならこれで少しはネットで情報集める奴ら(自分も含めて)も外に出て情報集めに奔走するでしょう。お、そうか。これは良い案だな。早速ウルトラ・スーパー・デラックスマンを召還して日本のマスコミ全てを灰にして貰わないとな(それ以外は御免だけど)。
 という訳で時事ネタの解説は終わらせて貰う。

 第五十八話の解説をしますと……正直この話は良くないな。馬鹿を表現しきれなかった上に何がしたいのかわからない内容に成ったな。というか主人公はカメレオン族の生命だけど、彼の答えも正直答えに成ってなかったりと自分の中ではこの話は失敗作の一つに数えて良いな。何よりも幾ら何でも無理矢理過ぎたんだよ。馬族の真似をする鹿族と良い。しかもその理由が何の説明もなしだからどうしろ、と! 後は前後両足が不随に成ったのに矯正器具付けただけで戦えるとか……あ、それはほとんどのキャラに当て嵌まる理不尽な設定だな。
 とまあ褒める点とすれば……あるかな? うーん、自分は何の為に書いたんだろう? やっぱり失敗作だな。特に夜に作業する程何がしたいのかわからんくなるのは流石にどうかと思う。という訳で明日から朝に書くとしよう……出来ればな(怯)。
 という訳で今回も解説らしい解説もせずに第五十八話の解説を終わらせる。
 さあ、何時もの奴をするぞ。

 
 予定日三月六日~十一日    第五十九話 最強の矛と最強の盾       作成日間
      十三日~十八日    第六十話  犬猿の仲           作成日間
      二十日~二十五日  第六十一話 前門の虎、後門の狼       作成日間
     二十七日~四月一日  第六十二話 天上天下唯我独尊        作成日間

 六十二話のタイトルは誰もが知る釈迦が誕生した時の台詞。そんな言葉を放つあいつが……と言ったら全世界十億人以上の仏教徒に総攻撃されるので控えよう。
 え、石原が保守だって? これは何時も思う事だけど、どうして大半の保守を名乗る奴らは節穴かと! あのクソジジイはスナイパー元総理を漢字が出来ないだけで宰相の資格がないと言ってのけたんだぞ。後は天皇陛下に対しても酷い言葉を浴びせたんだぞ。東日本大震災で被害を受けた彼らの死を馬鹿にしたんだぞ。後はこいつのせいで今の都知事の時代に成ってあの問題が浮上したんだぞ。それからもともとこいつは保守でも何でもない。元々学生運動参加者であるこのジジイがそう簡単に保守に転向すると思うか? 西部の爺さんにだって当て嵌まる事だが、それでも西部の爺さんはまだ最低限の一線は踏み止まってる。こいつの場合はそれすらない。その証拠に陛下を侮辱した発言を鑑みても今だってその傾向は残ってる。そんな奴が保守な筈がない。つーか保守と崇めるのはどれだけ「自分は節穴です」と宣言してるのかよく考えろ、保守を名乗る阿呆共が……おっと少し書き殴り過ぎた。
 という訳で今回はここまで。別に自分も節穴である事は多々あるけど、それでも自分の見る目は他の阿呆共に比べればまだ冷静だ……まだな。

 追記
 済まん、アッキーナは藤原鎌足のツッコミの方の妻じゃなくて南明奈の方だったな。藤原鎌足の妻の方はユッキーナとか言う鬼女にぼろくそ言われた方だったな。済まん、阿呆な事を書いてしまって。
 さて、話は変わるけどモビルアーマー事件でリークした真犯人はあの支部長だったのか……まあ予想でしかないが。だとしたらマッキー完全に詰んだな。まさか頼みの綱が富竹の間者だったとは。さて話は変わるけど、あのままフラウロスは退場して厄災戦バージョンはプラモ再現だけに成りそうだな。これで修理して富竹或はイオク様が搭乗為さったら……終わるな、鉄華団! まあ厄災バージョンフラウロス登場の予想は大方外れるけどね。だって自分はこうゆう所では奇をてらって予想するからさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR