FC2ブログ

ツインバードストライクなどが良くてガルベルスがいけない訳は何?

 どうもやる気の無いdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 今更なネタをどうぞ。

 どうもアンチジャーナリストの辛ラーメンです。自分は珍しくペンネームで出演しますね。元ネタは辛いだけで大して売れないあの国の国産ラーメン。実際には被災地では他の商品が売れたのにこいつだけは売れ残ってる画像が出回るほど酷い売り上げですぜ。
 とあの国のあの会社の商品の悪口はここまでにして早速ですが、ここで質問。
「彼のツインバードストライクはテレビ番組で取り上げる筈だった坂本弁護士一家があるカルト団体に批判するインタビュー映像を放送前に何とある団体の幹部連中に見せていたという報道機関としてあるまじき行為をした問題。これについて皆さんはどう思われますかな?」
 この答えは不問。厳重注意は為されても放送免許の取り消しは去れなかった。
 では次の質問はこれだ。
「彼のカンテレは古畑任三郎第一期の二話の犯人が司会のあるある番組で事実とは誤解の情報をさも健康的であるように放送した事を受けた問題。当然、ニセ科学の元と成る問題だ。これについてはどう思われますかな?」
 先程の質問と同じように厳重注意で済まされるのか? 答えは放送免許の一時取り消し……あれ?
 では次の質問。
「かのウジテレビは既に消滅した言いともを始めとした番組でさも日本人があの国のどう考えても売れる筈も魅力的でもない筈のスターに熱狂してるような報道が為された事。しかもランキングでさえあの国特産の辛い物で一杯であり、さもそれが好まれるかのように報道された件。酷い時には原作漫画のドラマでごついおっさんが原子爆弾ファットマンのシャツを着て出てきたりとまるでソフトバンク戦法を仕掛けて来た事だ。まあ、パッチギの主演男優であるTが少し不満を呟いただけで事務所を解雇された事でデモにまで発展した社会問題。さて、これはどう思うかな?」
 因みにこれの答えはお咎めなし。うーん、制作のカンテレは一時期放送免許停止処分受けたのにこれは?
 時間がないので最後の質問。
「とあるマツコで有名なマグネイト・テン或はモデルエックス、又は東京ガルベルスはニュース女の子で沖縄の基地反対デモに参加する人達は金を貰ってるとか外から来た人間とかありのままに報道した。なのに辛いスゴイおばさんらに訴えられた。これについてどう思う?」
 因みに答えはガルベルス内で色々責任取ってるらしい。本当の事を伝えただけなのにこれは一体?
 他にもあるんだが、時間がないので後は勝手に調べてくれ。以上、辛ラーメンこと土岐永智宏でした……
 
 済まんなあ、今更な時事ネタを紹介して。補足するならマグネイト・テンに食らいついたのは辛いスゴイクソババアだけじゃない。KY新聞も頭狂新聞もその他ぱよぱよちーんな一味が反応してましたね。黒軽部や保守活動のシュウヘイのデモなんかは小さく取り上げる癖にこうゆう所に関しては奴等は誇大表示で取り上げるんだから救いようがない。おまけに放送機関として故意兵に事実を取り上げろとか偉そうにほざく奴らも居たとか……いや、お前らは鏡見てそれ発言しろよ。ホントねえ、ふざけるな……と。あれを大きく報道するんだったらお前らの悪行をより大きく取り上げないと意味ないだろ? 何でそうゆうのは問題ないつもりで居る訳? 本当に日本の報道機関は一旦灰燼に帰してやらないと正常化しないんじゃないかって思うんだよな。そのせいで暫くはローカルニュースしか流れなく成っても自分はそれで良いと思うんだ。だって自分は日本を始めとした世界各国のグレートリセットは反対でもこうゆう時代遅れのマスゴミ機関の完全なグレートリセットは賛成してる訳だし。まあ鬱が極限まで進行したらいっそ地球のグレートリセット……さて世界中の核を使って出来るかな? まあアインシュタインもノイマンもオッペンハイマーもそれを想定していたかどうかは怪しいが。
 と意味不明な呟きをして時事ネタの解説を終える。
 
 第五十四話の解説でも行くか。自分は少しずつ勘を取り戻してゆくつもりだ。まあ当初よりも大きくそれても覚えて居る箇所だけは何とか変えないつもりさ。何とか……な。序に主人公の斬弥と七弓の寝所の場面を入れたのは一重に保険。いざという時、自分は主人公すら殺しに掛かるからさ。そしたら連続性とやらが危うくなるしな。後は次回に合わせて色々と準備をしてる描写を入れたかったが、それを思い付いたのは今日この頃。駄目だな、自分は。さて、鯨体型とは本編でも記される通り新天神武のある学者が考案した尺度。要はヘクタールを表す物だと覚えておけばいい。但し、ヘクタールと違って狭い土地しかはっきり示す事が出来ないので後で新たな尺度に交代する模様。そう、ミリバールからヘクトパスカルに尺度が変わるように。さあ、この後斬弥と七弓はどう成るか? それは五十五話でお楽しみ。
 という訳で何時も通りなんかすっきりしない位で第五十四話の解説を終えまーす。
 
 さあ、恒例の次回予告と行きますぞ。

 
 
 予定日二月六日~十一日      第五十五話 再誕の火 火は日を呼び寄せる  作成日間
      十三日~十八日     第五十六話 再誕の火 再誕の灯火      作成日間
      二十日~二十五日    第五十七話 狐と狸の化かし合い       作成日間
      二十七日~三月四日   第五十八話 鹿を指して馬と為す       作成日間

 中篇物が終わったら軽い短編物で行く予定。だって人族ばっかり焦点を当てていたら書けるもんも書けないからね。まあ人間中心の話が最もやりやすいけど、それじゃあ下ネタが多くなるから嫌なんだよな。
 さて、今回はここまで。いやあケツアゴの末路見てすっきりする自分は悪の心で染まってるかな? どっちみちケツアゴは馬鹿様だけを頼りにした戦略を立てる時点で既に敗北は決まったようなもん。やるんだったら自分の所を思う存分有利にした状態でやらんといかんのに……それで命乞いとは情けない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR