FC2ブログ

連載四十年目にして設定変わるとか

 どうもタイトルの意味はこち亀に出て来る四年の一度(たまにその約束を破って暴走させてるが)出て来るオリンピック警官日暮について一言呟いたdarkvernuです。
 タイトルと関係ないショートストーリー始める前に『格付けの旅』は既に三ページ目が終わり、四ページ目に入ってます。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 早速ですが、タイトルと全く関係ない話をどうぞ。

 どうも俺ッチはアンチジャーナリストの木村正広さ。媚びうるイケメン括弧笑いと女絡みで何かと噂が絶えないリーダーを足して二で割った名前だが、そんなの関係ないね。
 さて、今回はSNAP!?解散騒動から一年と経たずに解散発表。彼らは今後どうなるかに注目しておこう。先ずはSNAP!?の関取マンことチョー・ナンカンさんのインタビューから。
「僕が吉田沙保里だったらあんなアメリカ人なんかお稲荷さんで瞬殺ね」
 いや、レスリングの話ではなくて貴方達の解散についてお聞きしてるのですぜ。
「全く福原愛なんか最初から精神コマンドである愛を多用し過ぎて敗れるんだから。まあ福原声の選手は数多く居るんだけどね、例えば裸の付き合い--」
 止めましょう、脱線してる上に金メダル取れなかった選手達を次々と冒涜する発言が目立ちますので。それではにやけたおやじマンこと歌下手糞さんのインタビューを。
「内村航平なんか大嫌い、死ねば良いさ」
 いや、体操の内村の話は置いといて下さい。
「どうしてあんなに良い嫁さん貰っといて俺には一人も嫁さんが来ないんだよ! あの内村なんか懸垂の練習で誤って滑って頭打って死ねば良いんだよ!」
 どうやら己の女遍歴の悪さを出汁に内村選手を個人攻撃してる模様ですね、全然関係ない話ばかりして。では次も多分オリンピック代表選手の悪口を言ってそうなアームマンこと道路交通法違反さんにインタビューしますね。
「シンクロナイズドスイミングなんか嫌いだ。僕の走りの方がどれほど美しくて人を魅了するのかわかるか?」
 やっぱり……但し、水泳競技の一つと車の走りは関係ないと思いますが。
「いいや、関係あるね。特にあのババアコーチを--」
 いや、井村コーチの耳に届いたら真っ先に殺されますから言葉を慎むように。では……えっとピノピー男マンことシンゴーママにもインタビューしますね。
「武道マン!?がずっと嫌いだったんだ。解散して清々したよ」
 ようやく関係ある話に成りましたね。どんなところがお嫌いですか?
「だってあいつの方が演技巧い演技巧い五月蠅い上に何時も何時も俺の事を馬鹿にしてるんだよ! ずっと殺したいくらい嫌いだったんだよ。尻を掘りたかったんだよ! なのにあの野郎は--」
 途中から自棄に危なそうな話に成りましたので最後に彼のインタビューでも行きますか。えっと武道マン!?ことキムタカさんをどうぞ。
「だから言っただろ、シンゴーママは生意気だって! あいつのせいで解散したようなもんだろうが! 俺が海外旅行言ってる間に勝手に取り決めやがって!」
 あ、こちらも関係ある話をするそうですね。
「それよりもあのエセ日本人は許せんよなあ、ボルトと接触して大喜びしやがって! 俺だって本気を出せばボルトと接触出来て--」
 どうやら五人中四人は解散した経緯よりもリオオリンピックの方に話をすり替えて現実逃避してる様子が窺えるぜ。こりゃあ相当に重症だね。では最後に一言どうぞ!
「仮に変態であったとしても変態という名の紳士だ!」
「俺のビッグマグナムは太くて固くて暴れっ放しなんだよ!」
「あの作者め、車漫画から似合わない女子野球漫画なんか描いてやがるぞ!」
「クソウ、モノクマをTARAKOに取られたならモノミだけでも就職先を確保してやらんと!」
「剣道漫画も将棋漫画も結局は打ち切られてやんの、だっせえ!」
 と全方位喧嘩を売りながら解散の真実を追求するインタビューを終えます。どうも有難うな。


 あ、書いといてあれなんだが申し訳ない。というか本人達は絶対そんな事言わない事だけはここに付す。一応こいつらに関しては自分の中では煽てる気は全くない事を告げておく。それは前の雑文を調べればわかる事だと思いますが、かなり失礼なキャラ付けして面白おかしくしてる所から見て明白。但し、仇名に関しては一応間違ってない事は確かだよ。だってSNAP!?自体があれをパロディにした連中だからな、ラッキーマンを読めばすぐわかるし。
 えっとこんな時事ネタを紹介したのは単純にネタが思いつかなかったというのが最もな理由。まあ収集を怠ったと思えばそれまでだが、中々時事ネタも集めるのが大変だからな。特亜ネタなら思い付いてもいい加減うんざりするし、ブーメラン党ネタもそれでうんざりする物ばかりだし。という訳でこいつらを馬鹿にする話が決まった訳さ。
 えっと狂信的なファンの反撃が恐いって? まあまあ、それは既にわかってる事だよ。つーかそいつらが猛攻撃をして来たら下手すると記事削除して逃亡するかもな、ハハハ(脅)。
 という訳で時事ネタの解説は終えます。

 白魔法の章03の三ページ目の解説でも行くか。元ネタは虚無戦記へと続く虚無戦史MIROKUさ。それでも途中から何が何だかよくわからん事に成って挙句にはあんな超展開に成るなんて読者は呆れて物が言えなかったと思います。そこは素直に謝罪しましょう、自分は勢いで言葉を連ねるからね。兎に角、サーヴァント戦は途中でソードマスターヤマトの如く一気に終わらせたらいきなり一ページ目から続く伏線を回収しに掛かったかと思ったら唐突に最強キャラが出て来てデュアンとアルッパーは大変な事態に陥る。さあ彼らの運命は如何に!
 こんな感じで白魔法03の三ページ目の解説を終えるぜ。

 流石はスーダン2の裏主人公様だぜ。変態妹はもとより残念姉を片手一つでカウンター一蹴なんて公式チートだけあって恐ろしいぜ。流石に桜ちゃんに勝てるとは思えないが、どうかな? まあ出会った当時だしこの後がどう成るやらねえ。後は一気にアニメーターが怪しく成ったな。何で惹かれたかわからんが、多分攻撃を受ける度に誰かが被害を受ける体質に己の求めた絶対的な絶望を感じたのでしょう。だって変態妹は腐ってもキチガイと同じような思想だからな……終始ブレてるかぶれてないかの些細な違い以外はね。それでも奴が襲撃者とは思えんがな。何せ襲撃者は斑井の一人の首をコキャる程の腕力だからあいつにはそれが出来ない……但し、襲撃者以外の可能性なら有り得るが。
 という訳で今日はここまで。まさか霊長類最強の女で男に産まれてたら試合で人を殺していただろうと豪語した彼女が敗れるなんてなあ、世の中何があるかわからんもんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR