FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第十七話 トロンベよ、火炎瓶を打ち破れ!

 どうもコニシキとか陳とか白とかが体を張って政治力を行使しようとしたのを元自衛隊のヒゲが集団的自衛拳で現実に引き戻した事を感謝する自分darkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』の黒魔法の章02の二ページ目が終わり、三ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 では勝手にトロンベ化された着物の良く似合う人に暴れて貰いましょう。

 安保法案は無事可決。野党による妨害にも屈せずに自民党は審議を尽くそうとしたが、反対するだけしか能がない上にいざ採決が迫ると表の世界にも人知を超えた政治力を表に出そうと試みた。それが小西ひろゆきに依る小西ティックボディプレスという無数の手技を駆使する事で迎撃しながら鴻池祥肇に圧し掛かる殺人技を仕掛けたので佐藤正久は元自衛官という並外れた身体能力と政治を学んだ事で身に付けた集団的自衛拳を披露する事で政治力という人知を超えた力を表に出す事を阻止した。この事態に発展する程に近衛文麿の売国の政治力は拡大の一途を辿る。
 今夜、塩川正十郎の死と共に国会を火に包み込もうとする日本赤軍の残り火が一人……売国四天王千葉景子が火炎瓶を両手に参上。これに対して自民党が投入するのは稲田朋美……既にランチェ・カノーネを両手に迎撃へと向かう!
「佐藤は何処じゃあ!」
「佐藤議員は忙しい。お前のような輩に構ってる暇はない」
「良くも小西による鴻池抹殺攻撃をあんな形で防ぎやがって!」
「国会はあのような方法で政治力を振るう場所ではない。退け、下郎!」
 退く物か--千葉が睨み付けると、稲田が首を右に倒さなければ発火していたであろう!
「ファイアースターターだったのか!」
「これが私の政治力。燃えろ燃えろ燃えろ!」
 何と千葉景子は火炎瓶を駆使しなくても相手を睨み付けただけで火を点せる化物だった! それに対して稲田朋美はローラー奪取を駆使して火炎の元をランチェ・カノーネによる狙撃で全て撃ち落としてるではないか--何故かTrombeが周囲で強制的に流されるように!
「ええい、煩わしい音楽を止めんかああ!」
「フ、私とトロンベの」何と稲田朋美は馬に騎乗するかのように駆け抜けるではないか! 「絆は何人たりとも断ち切れん!」
 千葉は得意のファイアースターターによる狙撃が困難と判断した。これにより、彼女は持参した火炎瓶による波状攻撃を開始。何と千葉の火炎瓶は自身を炎の魔神イフリートに変質させ、ありとあらゆる稲田の射撃を無効化するではないか!
「ハハハハ、これを防ぐ手立てはないぞ」
「ウグウ、渡部会長が居れば人馬一体が可能なのに」尚、この物語では政治屋以外の人間が出る事は許されない。「仕方ない、奥の手を駆使する!」
 稲田が行ったのは自ら炎の魔神と化した千葉に急接近する事!
「抱き付いて殺しちゃる!」
「トロンベよ、今が駆け抜ける時!」
 何と稲田朋美渾身の技法シュツルム・アングリフが炸裂--炎すら突破してガン=カタの技法たる銃弾を避ける術を炎を避ける術に変えながら合気道の如く相手の力を自らの糧にして最終的には暴風と化して千葉景子に無数の風穴を空けたではないか!
「馬鹿な、こんな小娘相手にこの千葉景子があ!」
「塩爺に喪を服す時なのにそれを邪魔する輩は因果地平の彼方へと消えるが良い!」
 千葉景子と思われる火は宙に浮きながら霧散し、フィクサー争いから退場した。
「何とも」稲田もまた至近距離から奥の手を駆使した為に全身を政治力による火傷を覆う。「辛い勝利よ」
 その時、稲田の額に穴が空く--と同時にうつぶせに倒れ、フィクサー争いから強引に退場したではないか。
「フ、この程度か……音楽を支配する力を持ちながら」
 アーマーマグナム……そうか、稲田が呆気なく退場したのは売国四天王最強にして異能生存体と思しき元社会党党首片山哲の為せる業なのか!
「成程、稲田議員を倒したのは貴方ですか!」片山哲の前に集団的自衛拳を抱えた佐藤正久が配管工の姿で登場。「裏永田町ではこれが私の正装なのさ!」
「本気で安全保障を支持するのか、つまらない」
「貴様を倒して国会内の全ての裏永田町の闇を葬り去る!」
 佐藤はわかっていた--稲田を一撃で仕留める片山に勝てない事を!
 それでも彼が恐るべき化物に挑むのは一重に日本を守る為……そして池田勇人一行が到着する為の時間稼ぎをする為だった!


 第十七話に登場した政治屋は稲田朋美、千葉景子、片山哲、佐藤正久。
 第十八話『ヒゲの隊長が危ない! 異能生存体に挑むのは共に戦う冥王ともう一人の小物界の大物……間に合うか、池田勇人!』に続く……

 済みません、昇一のじいちゃん。一身上の都合で残念ながらあなたの出演をお断りして。兎に角、千葉を倒して瀕死の状態である稲田を背後から一撃で仕留める片山哲……千葉景子以外はみんな本人とキャラが大きく違う。え、千葉景子も? いやいや、あの婆さんは寸分変わりないでしょう(笑)。それから安保法案をめぐる乱闘で大活躍したヒゲを急遽参戦。彼は本人と寸分違うか注目。それからもう一人の小物界の大物は……わかるでしょう、よくテレビに出るあの馬鹿を。ちなみに冥王は大きくキャラが違う。

 では黒魔法の章02の二ページ目の解説でも行きますか。無断で許さんぞおの会会長様を出演させて申し訳ない。後は反安保デモに参加したノーベル文学賞受賞者にも無断で出演させた。兎に角話は進まない。進みだしたのは気分よくノーベル文学賞受賞者が唐突に出た時かな? 取り敢えずはどうゆう風に進めるか書いてて悩む。それが今回の話が他に比べて大きく迷走してる姿からも確認出来よう。全く黒魔法の章はタブーは多いけど、いざ角と成れば以外に……進まんもんだな。
 以上で解説は強制終了。

 それにしてもコニシキとヨシフは本当に失せて貰いたい。あれで鴻池の爺ちゃんが意識不明の重体に成ったら責任取れるのか? ヒゲが自衛拳を駆使しなかったらコニシキ……政治生命断たれていたぞ! ヒゲに頭を下げて感謝しろよ、少しは(怒)! それからヨシフ……もう呟くな、沈黙しろ(哀)。
 そんじゃあ今日はここまで。配管工にして申し訳ない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR