FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第九話 アレの帰還と最短政権争い

 どうも頭が回らないせいで更新が遅れたと言い訳するdarkvernuです。
 始める前に土曜日更新で『格付けの旅』白魔法の章02が終わり、黒魔法の章02が始まりましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>或は<白魔法の章>か<黒魔法の章>をクリック。
 そんじゃあ行こうかな。

 羽田孜は裏永田町から見える火星の衛星フォボスで東久邇宮稔彦と石橋湛山と出会う。
「あ、アレか? えっと--」
「お前と一緒にするな。いくら最短記録だとか何とか言おうが」東久邇宮は座り始める。「命を投げ捨てる物ではない」
「俺の場合は岸に嵌められたんだ、本当だって!」
「岸さんがそんな事するはずないでしょうに」そこにまた一人、歴代五本の指に数えられるほど任期が短い男が現れる。「だから常に明鏡止水を心掛けよ」
 四人が並ぶ時、それは最短最速対決の始まりでもあった。先に仕掛けたのは戦後の中で最も古い最短記録保持者二人だった。東久邇宮は激流に身を任せる戦法で石橋に反撃する隙も与えない。しかし--
「ウロボロス発動」何と石橋はストライダーと成ってサイファーが炸裂! 尚且つ激流に身を任せるという東久邇宮の意見も聞かずに一方的に自分の意見だけを述べて逆に東久邇宮の反撃を許さない! 「貴様にそんな玩具は必要ない」
「どうかな」突然抵抗を止めた東久邇宮は座りながらサイファーの切っ先を掌で受け止めた……ではなく掌から光が放たれた。「せめて痛みも感じずに死ぬが良い」
「な、その力は--」
「華族有情退場拳」で石橋の心を安らかにさせて攻撃の意志を止める。「せめて痛みも感じずに死ぬが良い」
「あ、お前だったのか……俺を止めさせたのは」
 石橋は脳梗塞に陥れた相手は岸ではなく東久邇宮だと知って安らかにフィクサー争いから退場した。
 東久邇宮と石橋の激流とも思える戦いの傍で羽田と宇野の醜い男の争いはヒートアップを迎える。互いに徒手空拳を繰り出す物のやはりはっきり物事を言う宇野から繰り出される流派ロン・ヤス不敗の前では分が悪かった。
「怒りのスーパーモード化と思ったのに!」
「そうゆうお前は隙間から赤い物ではなく緑の物を出してるじゃないか、ウラウラウラ!」
 流石の羽田神拳も本物の格闘家の前では無力だったか……あまりにも手数の多い宇野によるラッシュの前で防戦一方。更には少しでもガードを解くと襲い掛かるのは宇野スラッシュタイフーンによる斬撃の嵐とそれによって体勢を崩して油断してる所に宇野の手が黄金のように輝き始める--止めの瞬間だった!
「俺のこの手が光って唸る、勝利を掴めと轟き叫ぶ」体勢を取り戻す前に羽田は顔面を握られて……「爆熱宇野フィンガー……」羽田の背に見える地球の景色と共に全エネルギーが放出された! 「ヒート……エンド!」
 最も新しい者同士の戦いは宇野が制し、羽田は意識を失うと同時に宇野によって地球にある裏永田町まで送り還された……「さらばだ、羽田孜」

 羽田は裏永田町に帰還した時、意識を取り戻す……「ここは?」
「随分傷だらけじゃないか、何があった?」
「関係ないな、わしらはこれから吉田先生に池田先生、それから拡散を討伐しに行くんだ……数が揃った以上は手伝ってもらうぞ、羽田坊!」
「イデデ、金丸さんも無茶を言うもんだね……アレか?」
 小沢が寝てる傍で始まる戦い……勝利の女神はどちらに微笑むか?


 第九話に登場した政治屋は東久邇宮稔彦、石橋湛山、宇野宗佑、羽田孜、渡辺恒三、金丸信。
 第十話『角栄軍団全員集合』に続く……

 実際にこの四人は百日も任期が続かず、速攻で退陣したのですからそれに合わせて彼らの特性と発言などを含めてそんな風に改変しました。その中でも東久邇宮のおっさんはキャラクターを病人にしたけど実際はその病人よりも健康児で何と百二歳(正確に調べてないけどね)と歴代総理の中で最も寿命が長いんだよな。GHQのせいで短命政権に成ったのにな。ついでに湛山のおっさんは病気で辞めざる負えなかったのを忘れずに……でも病気を治してからは結構長く生きたから何だか不遇だよね。宇野はまあ……ちょうど団塊の連中が力を持ち始めた頃もあって選挙に惨敗して更にはその責任を取らざる負えないんだよな。んで羽田のおっさんはまあアレだ……連立政権の歪みをもろに受けた感じだな。そんな訳で宇野にこそ敗れたものの、アレのお蔭で地球に帰還した訳だ。ンで次回予告では角栄軍団は集結する予定。
 以上で解説を終わらす。

 それじゃあ白魔法の章02の解説をするとまあどこにでもある教師物なんてやりながら一方で前の話で紹介したZランク戦士に関する伏線を消化しようとして結果はごちゃごちゃに。そんな状態で次の議題に入るもんだから03も多分、グチャグチャしそうだな。やっぱ白魔法の章は難しいな。他の章と違って版権キャラにそっくりな奴らを無闇に倒す事が出来ないという縛りもある。デュアンは兎も角、アルッパーは何回やられたら気が済むかわからん。なので何時公開されるかわからないが、03からは彼らをディケイド或はエクストリームガンダムしてやるぜ……もう批判とかどうでも良いわい!
 速攻で白魔法の章02の解説を……まだあったな。ついでに生徒達はその場その場で見せ場を作ると思うからよろしく……要らない子だと言われたら可哀想だし。
 今度こそ解説を終える。

 ダウンタウンのボケ担当はたまに良い意見を述べるから安易に批判しにくいんだよな。まあたまにしかないのであんまり参考にしないように。ついでに安保の件でウルトラマンダイナは当たり前の事を言ったのに批判する意味がわからない。彼は別に政治に詳しい訳でもないし、サイボーグや駄目大人党に加担してる訳じゃないのにさあ。本当に安保反対派の大半の脳味噌はどうゆう構造で出来てるやら……ねえ。
 という訳で今日はここまで。角栄の子分や弟子のほぼ九割は売国奴だよね、本当に角栄はいらん連中を残し過ぎた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR