FC2ブログ

格付けの旅 カンターレファイト 格付けの男

 宗教……それは自分の思想を他人に共有させる事を生業とした恐るべき洗脳機関。
 冒頭でいきなり危ない事説明してる場合かああ--とアルッパーの叫び声がここ『フミヤ大宇宙』に木霊する!
「五月蠅いなあ、こんな音が逃げてゆく宇宙空間内で大声出してよお」
「何だよ、その解説は」
「別に良いだろ? 黒い方なんだからさあ」
「メタッてる場合か、そんな事よりもここは何処だ?」
 フミヤ大宇宙……それはS・フミヤの宗教の宗教による宗教の為のいたこ世界。そこでは様々な序列があってなあ。
「ど、どうした?」
「くそう、早速俺の『守護霊』に憑依して来たな」
「何だよ、『守護霊』ってのは!」
 守護霊……それはフミヤ大宇宙の真の支配者たるRホウが得意とするイタコ。それは死んだ人間だけでなく生きた人間にさえ無許可で呼び掛ける事が可能なRホウの極めていかれた能力の一つ。更には出身地や言語を超越してRホウの言語に変換して口に表わされる為、翻訳機能もチートと呼ぶに相応しい性能であろう。だが、仮に守護霊が居たとしても本当にそんな事を言う保証は何処にもない。
「嘘臭いな」
「俺達は何故この大宇宙に来てるのかわかってるのか?」
「マイマイの遺言だろう?」
「ああ、そうだ。奴は末期癌でこの世を去った。奴によるとここにもまた『マオ』が浮かぶとの事」
「でもRホウは核武装だとか色々公約に--」
「そんな物はハッタリだ。かのα・グネが所属した三色旗も最初それを掲げて国会入りを果たした途端に左寄りに成ったんだぞ。何故か? 票が欲しいからさ、かのオザーリンと同じく『参政権』をちらつかせてな」
 参政権……それは本来その国の国籍を有する国民の物であって国籍を有しない或は国に縋ろうとする在来の者ではない選挙権の事。税金を払ってるだとか長い事暮らしていたとかという理由があっても国籍を有しない場合は参政権付与には繋がらない。にも拘らず国籍条項を無視して外国人にも参政権を付与しようとする動きも存在。仮にもしも外国人に参政権を譲った場合はどう成るか? 間違いなく国は崩壊する。それだけではなく、国を二分する事にも繋がるしそれを巡る事件だって続発する。まあ詳しくは語らないが参政権とは簡単に与えては成らない権利であるのを理解して貰いたい。
「誰だよ、オザーリンって?」
「壊し屋だ……が、喋ってる場合じゃなくなった」
 彼らは戦闘態勢に入った。
「初めから本人が出て来られるのは都合……良いのか?」
「珍しく意見が合ったな、二本足」
「力の差を弁えるようだな、外来種よ。私こそ偉大なる『カンターレ』に選ばれし聖職者成り」
 カンターレ……それは現在調べている所。多分、唯一神か何かだろ?
「ここで自らの限界にぶつかる者に救いはない。魂の安らぐ場所にこそ--」
「ああ、わかったわかった。俺はどうせ誰にも救われない哀れな魂だよ」とデュアンは開き直る振りをして次にはこう言い返す。「だが、『カンターレ』だけは潰してやるから待ってな!」
 それは何たる愚かな行為を実行しようとするか--Rホウは突然、誰かを宿す。
「な、何だ……急に独り言が」アルッパーはRホウの恐るべき念仏に自ら宇宙空間に潮を吹く。「体外に塩分が放出されるこの感覚は!」
「ああそうだ。Rホウは『宮本武蔵』に憑依した」
 宮本武蔵……それは剣豪一の詐欺師と謳われる自称最強の侍。そもそも現代まで武蔵が最強と謳われるのは弟子達が書き記したと思われる出自不明の五輪の書やあの有名な吉川氏の代表作だろう。そもそも武蔵は本当に強かったのか? 佐々木小次郎を初めとした有名な剣豪達も怪しい噂が飛び交って胡散臭さを増してゆく。最近では格闘漫画の皮を被った……そこは白い方の話題なので省略。
「その話が本当ならどうして俺が塩分を放出しなくちゃいけないんだよ!」
「何故か? 奴が憑依した武蔵は万人が最強と思い込む方だ……なので現代語訳された状態でしかも宇宙空間にも対応出来る最強の武蔵だぞ、気を付けろ!」
「如何にも」現代語訳が完了されたRホウは武蔵(フィクション)に憑依された状態で話し始めた。「我こそは宮本武蔵……相手してやるぞ、白装束と鯨の若造共」
 この宮本武蔵は何と刀を近接専用の武器として使わず、投擲用武器として使ってるじゃないか--しかも光速の十二分の一の速度で!
「俺達の想像した武蔵とは偉い違いだ!」
「残念ながら白い方に引っ掛かるので思い付いた突っ込みが出来ない!」
 メタってんじゃねえぞ--といいアルッパーは放射能熱線で全て焼き尽くす!
「やるな、この武蔵の技を」
「刀の正しい使い方を理解してないな」
「いや理解してる、こうして」武蔵は二本の刀を取り出すとそれを両手事刀と融合し、新たなる物質を作り上げる。「これぞ物干し竿を破りし二天一流!」
「オイ、俺の知らない武蔵を見せられたぞ!」
「これがあの有名な『化学結合』か」
 化学結合……それは学校で習う異なる原子同士が混ざり合う事で全く新しい分子を産む事を呼ぶ。別に化学の授業以外でも化学結合はある。例えば白い方に引っ掛かるが、マドマッグスと燃えよドラゴンで良かったかな? それらを組み合わせると漫画北斗の拳が産まれる。ヴァンパイアハンターDと様々な分野に登場した物同士が組み合わさるとブラッド・ザ・ラストヴァンパイアとトリニティブラッドと月姫などが産まれる。では三次元の例を取り上げよう。未曾有鵜の大地震とマルクス党のトップと当時の兵庫県知事が組み合わさると阪神淡路大震災の死者が膨大に膨れ上がるという化学結合が誕生。それに対して未曾有鵜の大地震と駄目大人党のトップという条件下が組み合わさった場合は被害が最小限な新潟中越沖地震で済まされる……一体この差は何なのだろう? まあ大昔に設定するなら関東大震災と第一次世界大戦後とニューヨーク株価大暴落と更に浜口井上体制などの緊縮財政政権が組み合わさると昭和恐慌が生まれ、様々な社会問題が産まれる。このように悪い事だらけの化学結合ではあるが、良い例があるとすれば刺身とマヨネーズの組み合わせは魚臭さが取れてより味が引き立つ。牛肉と醤油の組み合わせはより肉の味を引き立たせる……等々。化学結合とは使い方次第では生活の向上に役立つので覚えておこう。
(白い方のネタだからあの突っ込みは出来ない。しかし、二天一流ってあんな物だったか?)
 とデュアンはそう思考して前に出た。すると武蔵の放つ化学結合の刀はデュアンロールを一部斬り落とした!
「あの二本足め、この切れ味は一体!」
「炭素を上手く制御したな、日本刀独自の切れ味の秘密で!」
「だが、俺の皮膚は」アルッパーは不用意に体当たりをかまして、動体を真っ二つにされた! 「クソウ、肉体が離れてる事は気付けても感触がそれを感じさせないなんて!」
「これぞ日本刀……しかも相当な業物と見た!」
「どうした、外来種? 信心が足りないせいで一頭沈んだぞ」
「一頭? アルッパーの生命力を甘く見るな!」
 二本足の分際で--何とアルッパーは真っ二つにされた肉体を填めて戦闘続行!
 しかも強引に胴体をくっつけさせる事で空間転移と同時に放射能熱線を応用したソニックホエールを繰り出す! 思わずRホウは守護霊を解放してしまう!
「どうだ、ペテン師!」
「これが反捕鯨によって生まれた鯨外の鯨か! ならばお前が恐れる鯨に成ろう」
 何とRホウは突然人以外の守護霊に化けてしまった--それも有名なあの怪獣に!
「う、うわあああ!」アルッパーはその守護霊が何者であるかに気付いて一目散に他所の銀河まで逃亡! 「俺は御先祖様だけは苦手なんだあああ!」
「てめえ、折角活躍する場があるのにそこで逃げてどうするんだよ!」
「流石に神を越えた鯨も『原爆』で誕生した猿と鯨の融合物には恐れ戦くか」と既にRホウは有名な怪獣の守護霊を解放した後だった。「そうだ、私は人間以外の守護霊も呼び出せる」
 原爆……それは日本人にとってはトラウマ物の非人道兵器。広島、長崎、そしてビキニ環礁かどうか知らないが三度も原爆の被害に遭った日本人。それ故に左巻きの人達は原爆を持つ事も使う事も入れる事も作る事も反対の立場にある……が、待ってほしい。それを仮に所持しなかった場合はどうする? どうやって日本を守るのだ? ゲッターロボ? ガンバスター? そんなオカルト染みた物を日本は所持してない。確かに原爆を始めとした核兵器は人類にとって禁忌に等しいあの破壊力。けれども日本にとっては原爆以上に恐るべき兵器がある……それは自然災害。それに比べたら原爆なんぞ一瞬でしかない。大地震や津波、そして火山噴火の方が遥かに恐ろしい事をどうして左巻きを始めとした奴らは……長く成った。兎に角、原爆は所持する事は別に問題はない。使う方が問題であろう、その事を忘れないように。
「つまり怪獣ゼットンやダークザギも呼び出せるのか?」
「白い方の話題だ。それにダークザギとは何だ?」
 知るかよ--デュアンは不意打ちの火系拡散魔法を放つ!
 それを何とカンターレバリアで防ぐRホウ! 両者共に次元のガラスを割って打ち合いを繰り広げる!
(守護霊憑依しなくても十分やれるだろうが! それにしてもだが、マイマイの遺言書にあった大量のお金を戦闘力に変換しなかったら俺もアルッパーもここまで戦えなかっただろう。それにしても強いぞ、このペテン師!)
 デュアンのストックは残り少ない。空間転移で多くの資金をドブに捨てながらマイマイの遺産を惜しみなくRホウを仕留める為に消費! だが--
「食らえ、ディバインドライブだ!」極限魔法はRホウに命中したはずだったのに自分に返って来た! 「ウガア……まさか因果、応報?」
「流石にお金を力にする事は信者から毟り取るのが得意な私でも苦戦は必至。だが、覚えておけ小僧……強豪新興宗教の教祖というのはお金と一心同体であると」
 どん、な……理屈か--デュアンは敗北し、爆笑銀河デタラメ太陽系第三惑星<ピカリ>に落下!

 一方のアルッパーはDタウン銀河ハマチャ太陽系第十五惑星<ワラッテハイケナイ>に落下! そこでアルッパーが見たのは笑いによって支配された惑星だった。笑いの度合いによって住人に罰が与えられ、軽い物でお尻に鞭打たれるだけで済む。だが、最高刑の場合は衛星その物が襲い掛かる……とてもお尻どころではなくなる。では肝心の中身は何なのか? それは住人達がシリアスに生き抜き、少しでも笑い転げるような光景が日常茶飯事に起こる。そう、ここは笑いのバトルコロシアムだった!
 無論、落下したアルッパーもその舞台で笑いに堪えないといけない。出ないと笑った罰として尻に鞭が打たれること必至--逃亡は可能だが、執行者達の速度は時として光に到達する事さえあるのだから果たして?
 ではデュアンとアルッパー……どちらの方を優先するか? それは主人公のデュアン……ではなく、最近噛ませ犬を演じるアルッパーに向けよう。その鯨はワラッテハイケナイで手厚い歓迎を迎える。歓迎するのはアルッパーと同じく鯨。しかも歓迎する者の中に以前出会ったレオが混じる事にアルッパーは気付かない--何故なら全員鯨なのに『鰻』の格好をしてしかも顔全体が『鰻』のマスクを被ってる以上は判別しようにも無理があった。
 鰻……それは日本人が土用の丑の日に食べるのに欠かせない魚。しかも普通の魚ではない。何と自力で滝登りが可能な得意な肉付きをする。それだけでなく鰻の表面は美人が欲しがるほどにスベスベしており、素手で捕まえるには工夫が必要。そんな鰻を仕留めて捌いて焼いて、タレを掛けてからご飯に乗せて食べるうな丼は極上の一品。それからこれは常識だが、お客さんに出すまでタレを掛け続けた上に炭火で焼いた物は絶品の一言。これには日頃から鼻血何て風評被害を提供する料理漫画に載ってる内容でも思わず納得。但し、最近は自然という人の力ではどうしようもない概念が鰻達の繁殖を妨げに来たからそれを食べる機会が年々減少傾向にさせて来るだろう……いつまでも食べたい物だな、鰻というのは。
 アルッパーは鯨共が鰻の格好をしてる事はわかっても何故歓迎するか理解出来ない。その為、彼は何度も尋ねる。すると彼らが発した一言は何と--マ、マタンゴ--だった。鰻の格好をしていきなりギャグなのかわからない返事にデュアンなら笑わないだろう。しかし、アルッパーは爆笑した--爆笑罪でアルッパーはショベルカーのバケットで尻を叩かれる事を意味する。
 アルッパー、アウト--そのアナウンスは突然耳に届く。
「な、何だ?」
 アルッパーは同朋に羽交い絞めされた。しかも尻を向けるような状態でされる物だから彼も理解が追い付かない。そこにアルッパーよりも巨大な水上ショベルカーが音速で迫り、アルッパーの尻目掛けてバケットを振り下ろす--その衝撃にアルッパーは悲鳴を上げた!
「な、何故こんな事を!」
「御免ね、アルッパー」
「そ、その声は……レオ!」
 やあ、久し振りね--レオは鰻の被り物を取って右羽を振る。
「どう成ってる! 俺は何時から二本足がやってたガキの使いの笑ってはいけない何々の星に飛ばされたんだよ!」
「気を付けてよ。ここは惑星<ワラッテハイケナイ>よ。ここではどんな日ジョでも何故か住人はギャグをトバントスするんだから」
「お前も何を言ってる?」
「あ、メンゴマンゴー。唯一神『イタオノヨメ』が私達の会話を支配してる。だからオムロストローム……このように……訳わからない……会話に成るわ」
「この程度のギャグで俺が笑うか」
 だが、アルッパーは次に放たれるレオの--眉毛ボーン--という誰が考えても笑えないギャグに爆笑してしまい、またしてもショベルカーによる攻撃を尻に浴びる事に!

 一方のデュアンは爆笑銀河デタラメ太陽系第三惑星<ピカリ>にあるサンデーじゃぽんの永田町に落下。そこで意識を取り戻すと状況の整理で暫くはこの星の文化について学んでいた。何とそこでは『憲法九条』と呼ばれる物が全てを支配していた。
 憲法九条……正確に説明すると日本国憲法第九条の事を指す。何が書かれてあるか? それは戦力の不保持がそこに書かれてあり、陸、海、空軍などを所持しては成らないと定められる。何故か、第一項で国権によって発動される戦争を永久に放棄する為らしい。俺は基本的に法律に詳しくはないが、九条を要約する事は出来る。つまり戦争放棄の為に自国に軍隊は要りませんよと書かれてるんだぜ……だが待てよ。ここで矛盾が発生する訳だ。じゃあ警察予備隊を始めとした自衛隊の前身は何故作られたんだ? それは後程解説されると思うが、警察予備隊は明白に憲法違反じゃないのか……これがまた違うんだよな。だって警察予備隊も保安隊も自衛隊も陸軍や空軍、それに海軍じゃない。だから保持は可能なんだぜと様々な解釈が為されるんだ。いやあ本当に素晴らしい解釈だ。と九条信者を代弁してみたぜ。でもなあ、九条信者。この憲法には陸海空軍その他の所持は出来なくても宇宙軍の所持は可能である事はちゃんと示される。その他に宇宙軍も生物軍等々含まれると書いてないんだから。え、第一項? 国権の発動たる……だから国の権利以外の発動だったら別に問題ないだろう? 要するに向こうの国の権利で発動される場合は国際紛争を解決する手段として問題ないんだよ。だって向こうは憲法九条はないんだし。え、武力の威嚇又は武力の行使を禁じるって? その場合は暴力の威嚇又は暴力の行使は認められるんだから良いんじゃないのか? だって九条は暴力を禁じてないんだから。全てを要約すると……こんな馬鹿らしい条文をわざわざ守る必要が何処にあると。だからこそ改憲論が巻き起こる事を理解して貰いたい。
 その憲法九条によってサンデーじゃぽんは何故か平和が実現され、更にはデモによる暴力や呪殺は認められるというおかしな矛盾も孕む。
 果たしてデュアンはそんなじゃぽんで力を取り戻せるのか? そしてアルッパーは笑えば罰せられる惑星を何とか切り抜けて見事R・ホウにリベンジを果たす事が出来るか……



 NEXT PAGE 二十四日テレビ 金は宇宙を救う

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR