FC2ブログ

※時事ネタだよ

 どうもかのKY新聞が炎上し続ける事に悪意ある心が躍ってワクワクしてる自分darkvernuです。
 物書きの練習を始める前に『格付けの旅』の赤魔法の章01の二ページ目が完了しましたので読まれたい方はカテゴリ覧の<格付けの旅>或は<赤魔法の章>をクリックして下さい。
 では早速物書きの練習と共に時事ネタを始めるぜ。

 材料を紹介する。
 ノーガードマン、悪の政府星人、日本、国民、サイボーグ
 これらを使って小学生風、中学生風、高校生風、大学生風の文章とストーリーを書き上げる。厳しいなあ。でもやるしかない! 先ずは小学生風から。

『悪の政府星人の頭領サイボーグは日本を侵略してます。たくさんの国民を苛めてます。そんな時、平和の戦士ノーガードマンが現れました。ノーガードマンのノーガード精神は国民を立ち上がらせました。立ち上がった国民の力は悪の政府星人をやっつけました。そしたらサイボーグが日本から去りました。こうして日本は平和に成りました、めでたしめでたし』

 うーん、小学生? 次、中学生風の文章。

『サイボーグは日本を侵略し、世界への復讐戦争を虎視眈々と狙う。それを阻止すべくノーガードマンは立ち上がる。彼はキュウジョービームで洗脳されてる国民を解放し、サイボーグの戦争が出来る精神を植え付けられた悪の政府星人を次々と倒してゆき、とうとうサイボーグとの戦いに突入。だが、サイボーグは戦後レジームと呼ばれるバリアで国民を次々と屈服させてゆく。最後の戦いでノーガードマンはサイボーグに平和の尊さを訴え、とうとう根負けしたサイボーグは地球から去ってゆく。こうして日本は平和を取り戻す……めでたしめでたし』

 多分、合ってる。次、高校生風で。

『サイボーグはやるにやりきれん思いがあった。それは祖父のキーシ・ハワードと父シンタロウが遺した戦後レジームの脱却。それを果たすべく彼は日本の頂点に返り咲く。それが許せないのがノーガードマン。彼は悪の政府星人だと主張し、国民を扇動する事でサイボーグを追い落とそうと躍起に成る。だが、日本はあるべき方向へと向う。いくら悪の政府星人だと叫んでもノーガードマンの心は国民に届かない。とうとう、無気になったノーガードマンは暴行事件を起こして牢屋の中に入った……めでたしめでたし』

 ……最後は大学生風で。

『日本はかつて左に向いていた。だが、ブーメラン達の失政と東日本大震災の無策、そして原子力発電所への杜撰な対応によって国民は右に傾いてゆく。そして、ブーメラン達はサイボーグ率いる悪の政府星人に敗れ去った。そんな現状に不満を抱くノーガードマンはサイボーグを打倒しようと下ネタ攻撃、秘密保護法反対キャンペーン、集団的自衛権反対キャンペーン、ヘイトスピーチ規制法案制定運動……と様々な平和的活動を行うも全てが悉くサイボーグの掌。とうとう手も足も出なくなったノーガードマンが仕掛けたのがKY新聞とアジア各国星人への助力……だったが、彼らも無視を決め込む。結局何も出来なくなったノーガードマンは日本を出て行き、祖国へと帰りました。こうして日本はサイボーグの下で愛国と売国の板挟みに遭う時代に突入しましたとさ……めでたしめでたし』

 うーん、文章は大学生風なのか疑問だが。

 という訳で様々な文章でお送りしましたが、どれが風味にあってると読者は思いますかな?


 済まない。中学生風の文章に自信はあるが、それ以外は本当に合ってるのかわからん。とにかくこれは物書きの練習と称してあのテレビ局への嫌がらせを行いましたさ。一応、サヨク共を嘲笑うかのような内容ではありますが、そっちは自分が示したい物じゃありません。自分が示したいのは文章。自分のような稚拙でもテロ朝の代表するあの報道番組の稚拙なテロップはないだろうと思った。いくら投げ槍であってもあんな恥ずかしいテロップをオーケー出すディレクターは頭おかしいとしか言いようがない。チェック体制どう成ってるんだよ、マスゴミは(怒)! 済みません、怒りが出てしまって。とにかくあんな稚拙なテロップにオーケー出すようじゃあこの先テレビは益々インターネットに取って代わられると自分は思います。というかもう滅べ、もうネットテレビの時代に入れ。それかホロスクリーンテレビでもいいからもう冬眠しろ!
 とまあ自分の稚拙な解説をお送りしました。ちなみに謝罪しときます……全世界の小中高大の皆様、本当に申し訳ありません! 以上で時事ネタの解説を終えます。

 では赤魔法の章01の二ページ目の解説に入ります。ノイズンというキャラは今後青魔法の章にも出て来ます。まあ何年後か知りませんが(笑)。とにかく彼女の予言は悉く当たりますので注意して下さい。アイド・ウエドについてですが、これはアフリカのある神話に登場する超弩級の神様ダからパクッて来た物です。しかも彼は自分なりに試行錯誤した結果ラ……に成りました、どんだけ自分はケン・イシカワに憧れてんだか(苦)。一応、アイド・ウエドは『神々の咆哮』にも登場します。まあ宣伝に成りますのでどこ出てくるかは教えません。ついでにサイズですが、あれは別にゲッターエンペラーをパクッた物じゃありません。どちらかというとガンダムセンチネルのあの量産機をパクッた物です。なので「ゲッターエンペラーかよ」という突っ込みは正しくありません。正確には「センチネルのゼクシリーズパクッてんじゃねえ!」という突っ込みが正しいかと。まあ銀河連合をアージュのあの奴等のパクリが正確じゃなくてガイナックスのあの化物共のパクリが正確なようにですね(苦)。
 途中から宇宙語に成って申し訳ありません。ちなみにデュアンがどこにノート仕舞ってるのか? 懐は四次元ポケットでは済みません。正確にはある魔法で自分専用の書物に保管してあります。それはどこにあるかはまだ判明しませんが。とにかくデュアンは長い年月を移動するまでに様々なノートに自分なりの考察を入れて格付けしてます。その度にインク或は芯が切れ、四苦八苦します。物書きも大変な職業だよ。何せいくらパソコンに撃つ作業に移行しようともペンを持つ行為だけは捨てられませんので(笑)。
 以上で二ページ目の解説を終えます。

 さあ、赤魔法の章01は果たして三ページで終るんでしょうか? こちらは無事終るんじゃないかな、本編だから思い付く事が中々出来ないからね。
 それじゃあ今日はここまで。来週こそ普通の時事ネタを送れるかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR