FC2ブログ

富一の野望 売国伝

 どうもdarkvernuです。
 時事ネタを始める前に『格付けの旅』が数行程更新されましたので読まれたい方はカテゴリ覧<格付けの旅>或は<黒魔法の章>をクリックして下さい。
 じゃあ早速タイトル名とは違うが、内容はほぼ同じ物を始めます。

 売国奴はいついかなる国でも必ず存在する。ここ裏永田町でも同様。永田町を支配する権力者は霞ヶ関を守るのと同じように裏永田町を支配する権力者は売国勢力を守る。
 裏永田町を支配する者はマイオス。盟友ブッダの宗教を政治家向けに改良(或は改悪)し、様々な工作を駆使して日本を解体しようとしていた。売国奴とは日本を解体する手段としては在日K国人並に優秀なツールである。そんなマイオスはここ裏永田町に名誉売国奴達を呼び寄せる。左から紅の傭兵、ノナー、マユゲ、そしてタカコ。
「マ、マイオス様。何故我等を呼んだのでしょう?」ノナーは震え声でマイオスを見上げる。
「決まってるだろう? 近々、わしの最も気に入らん奴が日本に来る」
「はっっはあ、こりゃあ平和が来るなああ!」彼の名前は紅の傭兵。平和大好きな傭兵。別名平和中毒者。
「山が動いた。しかもとてつもなく大きな山が」彼女はタカコ。元キュージョー遵守党党首。近年、子飼いであったミズポが党首を引退。
「いやはや、一体誰でしょうな。マイオス様を困らせる愛国者は」彼はマユゲ。かつては内閣総理大臣を務め、紅の傭兵に匹敵する程の売国力を備えた上位売国奴。
「いや、奴は愛国者ではない。寧ろ親日家と呼ぶ方が正しい」
「また親日家ですか! 台湾のドンといい、どこまでマイオス様を困らせますか!」ノナーは親日家を極端に嫌う。戦争反対の上位売国奴。
「オモシレえじゃねえか、マイオスさんよお! んでそいつの名前は何て言うんだああ!」紅の傭兵は平和の為ならいかなる売国行為もやってのけるC国の工作員兼上位売国奴。息子の紅のタローも売国行為では父に負けない。
「皇帝ブラックレイピア……恐らく去年十二月、サイボーグ晋三に靖国参拝を促したのはそいつだ。奴は自分以外全てを玩具と考え、好きなように弄ぶ最低の存在。なのに日本に対しては親友なる思いを寄せる変わった外道」
「外道? マイオス様も人の事は……ヒイイ!」外道とか一連の事よりも人と同列に扱われた事に対してノナーを睨み付けるマイオス。
「まあいい。わしはお前らを含めて全ての者を好きなように扱う事に関しては誠に正しい行いだと思ってる。だがなあ、気に入らんのだよ! わしだけがそれを行うんだよ! グランドマスターだろうとガーフォスだろうと、ブロンズだろうとわしはそのようにして良い許可はない! 全員永遠に塵一つ残さず消えればいい……が政治協力なら自由にしても何ら差し支えはない」
「えっと、山同士仲良くしましょうと仰り……ヒイイやあああ!」マイオスは友達という言葉を政治的に利用してもそれを自分に適用されるのを嫌う。なので失禁させる程の気当たりをタカコに放った。
「要はまあ、その気にいらん内の誰かとはどこかで提携してるのですなあ」
「その通りだ、マユゲ。わしは政治家。貴様等死んでも政治家にすら成れん売国政治屋共とは違う。政治的判断を第一優先としてあらゆる工作を数千年も行ってきた。アレクサンダーの遠征を止めたのはわしだ。元老院にカエサル暗殺の流れを作ったのはわしだ。勿論、十字軍遠征を仕向けたのもわしだ。わしは世界の全てを政治的判断によって左右させてきた。
 なのに日本はわしからの贈り物を平然と払いのけてきた。そこへ来て今度は暴君が上陸するとなれば……期待してるぞ、君達には」
「ですが、ブラックレイピアを直接暗殺出来れば--」
「わかってないな、ノナー。奴はわしと同じ。たちまち暗殺者が屍として還る。仮に成功しても奴は生き返る。そうゆう奴だ」
「で、ではどうすればいいのでしょうか?」
「マユゲよ、簡単な話さ。貴様らがもっと売国行為を行えばいい。現在はゲイツの馬鹿野郎とヒロユキとかいう両親が上納金支払ってる癖に引き籠もりだか何だか知らん連中を野放しにしたせいで愚民共は愛国精神に目覚めつつある。今頃に成って小林よしのりがわしに泣きついても遅いというのに」
「つまりこれからも売国活動を行え、と?」マユゲは巨大な眉毛を弄りながら質問する。
「そうゆう事だ。全てはいかにして日本の根幹である霞ヶ関を解体するかだ。言っておくがカズーロのようにグーグルアースでブラックレイピアや愛国者を見つけようとするのは愚行だ。グーグルアースで全てがわかったらわしの政治的判断だってお見通しだろうに」
「成る程。グーグルアースという山を使わず、様々なネットワークの山を動かして日本を解体するのよね」
「気合いを入れろよ! ブラックレイピアが上陸すれば奴の知的好奇心による行動で瞬く間に愛国者が息を吹き返す! そうなれば貴様らも終りだ! わしはもう貴様らを見放す! その為には都知事選で健闘したタモリやそれを支えるちゃんねるチェリーと三つ子の赤字神、それにやしきたかじんの霊が眠るそこまでいって委員会に加え、独立総合研究所のボスやユルサンゾオの会、そしてヒロユキが好奇心で築き上げたツーちゃんねるとエガエガ動画のあらゆる愛国戦士共などを叩き潰せ! そうすればさすがの奴だって本気は出せなくなるぞ!」
 かくして売国奴共は愛国戦士達に最終戦争を始める……久遠の日々に終りを告げると共に!


 とまあ自慰行為を絡ませながら『スーパー政治家大戦 マイオスの野望 売国伝』のプロローグをお送りしました。言っておくがこれを本格的に書こうとは思いませんよ。只のお遊びで書いたのですから。
 えっと説明しておきますが、これを書いた理由はどこぞの歴代最悪の三本指に入る総理大臣への嫌がらせのつもりです。大体わかるだろうに、尖閣諸島は日本の領土くらい(怒)。というかこんなクソジジイが日本の総理大臣を務めていた時点でよく日本は生き残ってるなあと感心します。まあ、ポッポやお遍路、それに片山やミキティー及び近衛や大隈とかが総理務めても生き残れるという奇跡の国日本ですから。
 それはそれとして、ショートストーリーに出てくるマユゲは現実にいるあのマユゲがモデルです。マユゲは戦後二度目(ポッポ祖父が本格的に結党したのは片山が総理になる前だったか後だったか調べるの忘れた)の凋落を果たした駄目大人党の時代だったかな? 都知事選で千葉にメガソーラーの建設を公約した熊本の殿様、オザーリンの先輩、の次に駄目大人党以外の党で総理になったのがあのマユゲです。こいつが引き金になって現在のキュージョー遵守党はあんなに落ちぶれたのですよ。
 まあ話を戻しまして、このマユゲはどさくさに紛れて紅の談話の次に売国的な談話を発表。更には自衛隊の当時のお偉いさんとかの更迭など無茶苦茶な事をしでかしましたねえ。んで最もやってはいけない事をしたのが阪神・淡路大震災での杜撰な対応。記憶に新しい東日本大震災における人災に比べたらとは言いますが、あれも酷い有様だぞ! バイブ女のビラもそうだし、ツインバードストライクのアナウンサーで地獄に堕ちたあの糞野郎の温泉街発言といい、一体何万人が死んだと思ってるんだよ! しかもどうして小指詰めた連中の方が対応早いんだよ、バッキャローが(怒)! とまあ当時小学三年生(?)だった自分は燃えさかる建物の映像を見て雨が降る事を願ってました。そんなのはいい! いい年してからは阪神・淡路大震災の事をちょこっと調べる内にあのマユゲとか当時のマスゴミとかへの怒りが今でも込み上げます! あいつが自衛隊のお偉いさんを更迭しなきゃこんな大事(おおごと)には成らなかったんだぞ! とまあ教訓を得た事もありましたが教訓を得る為なら人を犠牲にしていいのかと言われたらそれはないと自分は思います。教訓を得るような状況を作ってはなりません。いついかなる時でも教訓を得る環境にしないのが重要ですから。
 ちなみにマイオスとか一部のスーパーチートキャラは架空ですが、紅の傭兵とかノナーとかタカコは紛れもなく実在の人物がモデル。紅の傭兵は言わんでも明らかな売国奴ですが、ノナーやタカコは北の拉致被害者家族への仕打ちを考えたら相当屑野郎だとわかります。えっと、ちなみに紅の傭兵は名称も相まってヒロシに成りましたが本当はあんなにはっちゃけていませんので御注意下さい(笑)。
 以上で時事ネタの解説を終えます。

 おめでとう、タイトからツカヂに進化しました。ええ、もう諦めようぜ。お前さんがいくらスタンドを訴えた所で名誉は取り戻せないんだからさ。つー事でさっさと罪を認めてお縄に付く方が身の為だよ、ゴウチ!
 何て書いて今日はここまで。因果応報とは自分も含めて必ず訪れる物ですぜ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR