FC2ブログ

法則発動するからやめろ!

 どうもゲスはゲスでも銀英伝のフォークみたいな精神疾患持ちではないという自信はあるdarkvernuです。
 今日はダレタ身体を解したいのに話題にしたくないあの国の話題をまた時事ネタにしなくちゃいけなくなりました。やる気フル零ですがどうぞ!

 私は現在、あの国の法則について研究中。あの国は正直相手にしたくない。けれども学ばなければならない所はある。
「よお、ストライグ。ロームズやジェーニスというライバルが居ながらよく歴史を研究するよなあ」
「君は確か鈴木君だね。どうだい、ウジテレビの買収は進んでいるかな?」
「モチの論」彼の名前は鈴木。とある企業の株主だが、ブラック化を薦めない企業方針故に系列は巨大ではないが。「法則を存分に受けたところほど買収はやり易い」現在ウジテレビの買収を着々と進める。
「そうか。ウジテレビもまたあの国に深く関わった為に自滅したテレビ局の一つ」
「かの弁護士一家殺害事件に関わったツインバードストライクも変態記事を世界中に垂れ流した変態新聞も通名報道ばかりを繰り返したKY新聞もみんな俺が買収した。
 その結果は徐々にあの国に関わらず、なおかつ自国の為の報道機関に変わりつつあるが、労働環境に関しては未だに改善の余地はあるな--労働者に出来る限りゆとりを持たせるという意味では」
「まあまあ君の企業はこの際後にしてだ。ええと、あの国に関わった所は禄な事がない。夏目漱石は支那と同様、まあこの際南北を一緒にして語ってもいいが、そこの国にも生まれなくて良かったと呟く」
「それ知ってるならどうしてお前の歴史書に人名がないんだ?」
「その話は今度にしよう。それよりもあの国に関わったものの中には学んだ者も居る。それはホンダの創業者。まあこの際は出回っている情報を精査すればいい。とにかくあの国に関わればソニーやシャープのように一時期斜陽企業になる。それからあの国の言葉を鵜呑みにもしてはならない。スマトラ地震では大言壮語しながら国の規模以下の義援金しか払わない以上は」
「ああ、あれか! それ以上に悪質なのがあるぜ! あいつらのせいでリーマンは倒産したんだ。噂でしかないとは言えどのみちあいつらが関わってたのは事実だ。それから元寇の特に後期はあいつらがフビライに進言しなければ起きなかったんだぜ……実質元を滅ぼしたのはあの国だよ!」
「そう言えば桃山時代で日本が支那への進出の為にあの半島に出兵したのを思い出した。あのせいで関ヶ原の切っ掛けにもなったし、事実上豊臣家の滅亡を早めたのも事実」
「白村江だって古事記に載ってたあの国のことだってみんな事実だろ! つーかもう関わるのは止めようぜ、ウジになるからさ」
「エリートも民も見るに堪えないレベルの低さ、かの音楽詐欺師に似た妄言吐き、口元を左手で隠して水を飲むくらい自らの卑しさ、盗んだ技術を昇華することさえせず自国発祥を主張する下劣さ、すぐに血液が回る沸点の低さ、高須が怒るくらい節操のなさ、そして何よりも擦り寄る卑しさとそれを誉めた者達は必ず破滅の道を辿る東原級の不運さ……良い所は関わらない方が幸せしかないじゃないか!」
「もう一つ忘れてたぜ、それは創氏改名やハングルにも見られるように強い者には媚びへつらってくれる。それなら弾避けになるという点がな」
「だが、付かれた方は必ず破滅する……軍国主義に激走してしまった旧日本と朝鮮戦争以降くじ運を使い果たしたアメリカのように」
「法則は恐ろしい、いっそ半島ごと消滅してしまえば世界は安泰するんじゃないか?」
「そうなれば第二第三のあの国が出来上がる。それに何も法則はあの国だけじゃない。英国スパイだったムッソリーニが首相を務めた国も国ごと国内総生産を捏造したゼウスが眠るあの国もそうだろ」
「ウググ、世界は一体どうすれば歪みなく安泰するんだ?」
 歴史とは必ずしも真実を載せるとは限らない。けれども例えどんなに捏造が上手い国でも歴史に足下を掬われ、平伏す定めにある……


 あの国とは勿論K国です。とにかく架空の歴史学者ストライグと若手ホープの起業家鈴木との会話を紹介しました。えっと補足しますが、ウジはあの国のスターをテレビに出し過ぎた為に柔道の達人であるチャンネルチェリーのフィクサーや許すさんゾオの会の軽部といった面々、それに鬼女集団等に猛攻撃を食らいました。それからあいつらを出す番組だけ何故か視聴率が大きく下がったり、明らかにランキングを捏造してクレームを受けたりしてます(笑)。つーか、それが功を奏したお陰でウジはツインバードストライクやテロ朝以下のテレビ局に成ってしまったね、おめでとう(嬉)。他には本来日本の報道機関は「日○」と表記する所を「○日」とする所は最早活動の価値すらないね(怒)。
 そんじゃあどうしてこんな時事ネタをしたか? それはケーブルかどうかは知らないけど馬鹿が日K合同のテレビ局を創設した(情報合ってるかな?)んだよ、しかも笑顔で! 本当にやめろって! あいつらの法則は歴史が証明してるだろうによお! どうして奴等はここまで学習しないんだ? サル以下なんてレベルじゃないだろ、愚者ですら経験から学ぶのにそんな愚者以下の馬鹿共は本当に人権を与えずに剥奪して強制収容所に収監した方が良いんじゃないか? まあそんなのはやっちゃあいけないので例え権力あってもやりませんけど。
 ついでに今の都知事はK国出身者ですよ。彼の父と彼の過去の発言、それから彼の口元が卑しいというあの飲み方を見れば明らかです。というか日の丸を退けるくらいならいっそ……おっと誰か来たみたいだな。
 という事で圧力に屈した形で時事ネタを終わらせたいと思います。

 とまあこんな具合に書くことがありません。もう一度試作品でも書こうかな?
 んじゃあ月に一回(今決めた)ではありますが、一兆年の夜を再開する時に書くであろうタイトルを載せますね。

 予定日不明    第五十三話 再誕の火 真正神武最後の最高官 作成日間
            第五十四話 再誕の火 男女は運命に導かれて 作成日間
            第五十五話 再誕の火 火は日を呼び寄せる   作成日間
            第五十六話 再誕の火 再誕の灯火        作成日間

 再開するのはFC2小説でやってる物が完結するまで。まあ完結するまでやる気を維持出来るかが問題ですが。
 ではこの辺で……まだ話がしたい? 何だろうかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR