FC2ブログ

今更ながら成人式のお話

 どうも休載ライフを始めたdarkvernuです。
 全くニュースを見てるといろいろあるが、敢えて期限切れの時事ネタをやるぞ。

 私は104市市長である井筒行貴と申す。あの俳優殺しの監督と間違われるが、こう見えて市長に就く。それで私は何をしているか? それは今更だが成人式を執り行っている。
「ええ、ともかく新成人の皆様。おめでとうございます。これからは胸を張って--」
「オラオラ、新成人のお通りだああ!」やっぱり来たか!
 毎年この市では馬鹿成人が出てくる。しかも何て格好してるか! 今時もろこしヘアーなんてめんどくさい!
「お前が市長さんかえ? 随分偉そうじゃねえか、ア!」
「まあまあそのくらいにしようじゃありませんか。私には迎えるだけでも将来性があるという事でいいじゃないですか」
「はあ? 市長がそんなに偉いんか!」もう酒にありついて酔っぱらってる。
「いくら成人になったからってすぐに酒を一気飲みするのは止すんだ、君達!」
「ハア? 俺を誰だと思ってるんだ!」知らないよ、君達全員を把握してないんだよ。
「いい年して挑戦飲みしてんじゃねえぞ、売国奴!」ハア? 私はコップを片手で持ち、口元隠さず飲むというやり方だが。
「市長さんよお、あんまり調子こいてるとマッドギア使って脅すぞ!」私はハガー市長ではないんだが。
 他には酔拳披露する新成人も居たり、スマホを硬球代わりに投げる新成人も居たりと今年の成人式も無茶苦茶だ!
 ま、そんだけ暴れるんなら世の中も安泰……だよな?
「さあさあメインイベントのお通りだああ!」最後の最後に何か来た!
 何だって……ウワああああ、会場が壊れる!
「ヘヘヘ、クレーン車で一度でもいいから入場したかったんだよ。どうだい、楽しんだか老害ども!」楽しめるか。お陰で会場先である104小学校体育館が大破したじゃないか!
 やっぱり新成人に期待するのは良くないかも?


 すみません。書いてて凄くつまらないと本気で思いました。
 とまあ市長の名前はとある腐れ縁から勝手にとってきました。あいつはどこにでも居るちょっとぐれていた時期のある男なのでこんなブログを見るとは思いませんが、書いた後にこんな事をしてどうかはともかくなんですが申し訳ないことをしたなあ、とここに謝罪の意を表します。
 ええ、話を戻しまして成人式は毎年一月十三日くらいに行われる国民的行事。本来ならば成人という者はこんな神聖な場では毅然としなくちゃいけないのに毎年どっかで馬鹿新成人が新聞沙汰になるような騒ぎを起こして老害どもの嘲笑の的になります。今年も例外ではありません。ツイッターで千葉市長に喧嘩を売るような新成人も居たり、今時特攻の拓の仲間が会場に入り込んできたりと無茶苦茶です。全くそんなんだからお前らは老害どもから「最近の若いもんは~」何て言われ……ありゃあ、いつもの事だな(笑)。
 ちなみに自分が初めて成人式に行った時はニュースでやるような事態にならなかったなあ。自分には事件を呼び起こす力が無くて良かったと今日でも思っている限りです。ただし、当時の成人式で祝いの言葉を贈った市長はその後談合での容疑で手錠をかけられるとは微塵にも思わなかったなあ(悲)。確かその事件で逮捕された人の中には初田なんとか郎もいたっけ? もうこれ以上はヒントを出しません。
 以上で時事ネタを終わります。

 では第五十二話の解説にいきます。今話では珍しくパートを数字で表しませんでした。理由はあまりにも長すぎる序章のせいだと自分でも思ってます。
 とにかく五パート続けての序章はある意味今後の一兆年の夜における展開を予想するにはもってこいです。何しろ……『龍道』が出たもんだからそれだけで読者の想像力を掻き立てるのに貢献したんじゃないかと。ついでにオオクニヌシ銀河については第十二話で名前だけ出てます。読み返すのは大変でしょうから他にも名前の出た銀河を挙げると八十神銀河、ヤマタノオロチ銀河、ブラフマー銀河、ヴィーシュヌ銀河、シヴァー銀河、ただもの銀河、おかもと銀河。本当ですよ、そこは。
 とまあ話を戻しますが、あるキャラはその銀河から来た生命です。ただし、時系列まで同じかと言えば……です。ネタをばらすほど作者は懐は大きくないよ。とにかくわかる事は序章があまりにも長すぎたことと只でさえ都合が悪いとファンタジー色を濃くする傾向が更に強まったことだけは確かです。つくづく引き出しの少なさには呆れるばかりです(辛)。
 ただし、他人が見るとまだまあ甘いと思われるよ。けども残り二パートで納得のゆく終り方が出来たと自分では思います。確かにご都合主義が強すぎますよ。でも、空が歪んだままでは折角訪れる休載ライフを満喫出来ないじゃありませんか。そんな訳であんな終り方にしました。
 とこの先、全生命と銀河連合の戦いはどうゆう局面を迎えるかを想像しながら第五十二話の解説を終わらせます。

 久々に午前中に雑文が完成したぜ。これから先の雑文は時事ネタと試作品をほぼ交互にやりながら自分をさらけ出せたらいいなあと思います。ただし、圧力がかかればかの孫海王に喧嘩を売ったブログ主みたく全記事削除の憂き目に遭います。そんな覚悟もままならない中でいつか再開するであろう予定を載せますね。

 予定日不明    第五十三話 再誕の火 真正神武最後の最高官 作成日間
            第五十四話 再誕の火 男女は運命に導かれて  作成日間
            第五十五話 再誕の火 火は日を呼び寄せる    作成日間
            第五十六話 再誕の火 再誕の灯火         作成日間

 取り敢えず書ける事はFC2小説で書いているあれが完結次第、再開しますのでどうか期待(?)しながら待ってて下さい!
 そんじゃあ今日はここまで! 明日はここへ来ても一兆年の夜最新話は始まらないからね。再開は雑文にて逐一報告致しますぜ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR