FC2ブログ

一兆年の夜 第四十四話 コペルニクス・ガリレオ・ケプラー

 ICイマジナリーセンチュリー百三十七年十一月百十九日午前三時二分五秒。

 場所は新天神武鬼ヶ島中央地区新武烈聖堂観測室。
 一日はおよそ二十四時間で構成される。だが、二十四時間も活動する生命は稀で
ある。生命は元々分刻みで睡眠をとらなくてはならない。その為なのか年齢にもよる
が、生命が必要とされる睡眠時間はおよそ七の時。これより上回ったり、下回れば
身体への重荷が大きくなる。なお現在の生命の大半は活動時間が長く、睡眠をとる
のは一日の活動時間の終りと同時に行われる。故に上手く寝付けられない生命は
不眠症に悩まされる。
 それでは現在の生命活動時間の種類が朝方なのか夜型なのか。一般的には朝方
である。大抵朝六時に起き、仕事を始めるのがおよそ朝八時。九時間勤務を厳守す
るならば休憩一時間を追加してもおよそ夜六時に仕事が終り、就寝に至る時間はお
よそ夜十時となる。なお、この場合は睡眠時間が一の時程余計になる。けれども、
無意識下に入るには大体三十の分以上掛ける必要がある為、妥当。ただし、この時
間をきっちり守る生命はほぼ皆無で大抵は二の時以上もの残業に追われるか、ある
いは帰った後に家事や明日の準備作業に追われたり、やりたい趣味に没頭して就
寝に入る時間は大体夜十一時から深夜の二時くらいになる。
 長々と前置きを説明したが、今回出てくる生命は夜型の者。お日様が出るまで
星々を眺め、出る頃には仕事を終え、帰宅してゆく。彼の名前はホーラウス・フォー
ディー。齢二十七にして五日目になるエピクロ鷹族の青年だ。彼は現在、望遠鏡で
星々を眺めていた。
「いくら仕事とはいえい、どうして何の得にもならない太陽系の星々を観測しなくちゃ
ならない! あーあい、さっさとお日様は顔を出せばいいのにい!」
 彼は今就く仕事を快く思わない。それでも仕事は真面目にこなす。彼の功績こそ目
立つ物は見られないが、星は円軌道に動く事を示す論文の手助けになったり、星が
自転する事を証明する手助けになったりと調査報告の精度は高い。
 けれども彼はその事を快く思わず、いつも仕事に満足出来ずにいる。
「んい? 少しだがい、歪んだい? そういやこの頃い、新天神武各地で発生する流
れ星で思ったことがあるし。歪みは必ず銀河連合と何かしらの繋がりがあるんだし。
まあい、どこまで本当かは……どうやら俺の仕事はここまでだい。
 さあてい、さっさと片付けを済ますかい」
 素早く望遠鏡を元にあった場所へしまうと一の時もかけずに東地区にある一階建
て木造民家へと飛んで帰った--日輪と月光を背に掲げて!

 午前七時二十二分二十五秒。
 場所は鬼ヶ島東地区一階建て木造建築。東地区で三番目に小さな一階建ての家
にホーラウスは住む。彼は夜型故に朝型の者が出勤する様子を眺めては不平不満
を呟く毎日。
「あいつらにとってお日様は目覚めの光でも俺にとっては眠りの光だよい。あーあい、
どうして夜勤を選んだんだろうし、俺い」
 これもまた彼の職業における病であった--星々を眺める技術も気がつくと早朝
出勤する者がどのような表情であるかを眺める事に使われる。
(とまあ俺は眠たくて仕方ない。そろそろ報告書を書こうし。えっと……あれい?
 先月に比べて歪みの発生件数が増加して……おやい?
 仕事外ではあるけどい、歪み発生件数と流れ星発生件数がほぼ……一致し! 
間違いない! 一致しているし! 年月の誤差はい、あるけどい! こい、これはし!
まさに歪みは……流れ星発生件数と比例……もしやい、銀河連合の認知発生件数
も調べようい! えっと……あったい!
 こい、これは……資料が少なすぎるぞい! これじゃあどうしようもない!)
 ホーラウスは流れ星が銀河連合に繋がる事はわかっていた。だが、それを統計的
に証明する資料が今まで現われない事も知っていた。理由は時代が古すぎる事と、
かの藤原マス太の一族でさえ直感による調査を頼りにしたのが原因だ。
 だが、今の時代は三国統治による平和社会。昔よりも銀河連合に悩まされる時代
は過ぎ、平和による産物は生命に統計学の発展に繋げてゆく。
 それは、今以上に最新技術の情報が集めやすくなった事に起因。印刷技術の革
新が起こった事も関係する。従来のそのままの文字を大胆に書き写す時代から文字
一つ一つを組み合わせながら印刷してゆくという効率の高い物に取って代わった。こ
れがきっかけで本の生産個数は上昇し、大幅な値下げを産む事と成った。ちなみに
革新が起きたのはICイマジナリーセンチュリー百十年七月一日の古式神武にある雄略大陸大泊
瀬地方長谷町で始まり、現在に至る。
(流れ星……知れば知る程探したくなってきたぞい! ああーし、俺はとうとうやりた
いことを見つけたぞい!
 早速夜から行動開始!)
 ホーラウスはそれを探す為に有休届を出そうと決意する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR