FC2ブログ

通名といい他所様にいって悪口といい、奴等は本当にどうしようもない

 どうもdarkvernuです。
 時事ネタ始める前に『格付けの旅』が数行程更新されたので読まれたい方はカテゴリ覧の<格付けの旅>をクリックして下さい。
 それじゃあ何回ネタにすればいいかわからんが、クネクネを擁するあの国への嫌がらせの為にまた時事ネタやります。

 俺の名はない。
 いっつも俺は名前を変えて生活してる。今日は『桜坂真』という名前に変えようとブローカーに頼んでみたが--
「ああ! てめえそれ、どうゆうこっちゃ!」
「無理なんだ! 団体の力が急速に弱まったせいで『桜坂真』どころか『桜木花道』という名前さえ変える事が出来なくなったよ!」
「ディスってんじゃねえよ! いつも通り区役所に脅せば済むだろ!」
「それがそこの地域の区長が俺達に厳しいのがなってやりづらくなってしまった!」
「じゃ、じゃあ『中井貴一』で通れば--」
「昔、『福山雅治』の通名を使った奴が逮捕されただろ。あれのせいで有名人の通名が使いづらいんだ!」
「ふっざけんだ、バッカドー! 爆弾で脅せば--」
「だから無理だって言ってんだろ! 区役所にそんな事をしたらまた俺達の評判が--」
「たかが日本人から評判悪かろうと大した事ねえんだぼ! 日本は世界から--」
「それは逆だ! 寧ろ俺達の方が世界から--」
「大統領の尽力をディスるなよ! EUで日本の悪事を証明し続けてんだろうが!」
「それは違うぞ! ヨーロッパに行ってまで日本の悪事を言って彼等が納得するはずが--」
「もういい! テメエは国賊だ!」
「は、早まるな! また--」
 『桜坂真』本名不定の男はブローカーを鋭利な刃物で刺し、殺害。その後、区役所で時限爆弾を仕掛けようとした所を通りがかった警察官に取り押さえられ、逮捕。
 調べに対して男は「通名を変えようとしただけなのにあの役立たずは拒否したから殺したんだ! 悪気なんてねえよ!」と供述。時限爆弾設置については「区役所を脅せば通名が使えると思ったんだ。殺すつもりなんてねえよ!」と供述した。


 とまあフィクションはバッドエンドに終わりましたが、奴等はこんなフィクション物の事を平気でやります。何回もネタにしたくないのにまたネタにしてしまう自分も奴等を悪く言える立場ではない。けれども嫌がらせをした以上は説明するしかありません。どうしてネタにしたかを。
 えっとまあ旧宮家の人が許さんぞおの会を一部擁護しただけなのに叩く馬鹿野郎に対して少し怒りが湧いたのと、後は通名を使って詐欺をした奴が逮捕された事やクネクネが他所様に言って日本の悪口しか言わん事への怒りがあったのでネタにしました。
 旧宮家の人については原発への姿勢やその他一部で自分とは一致しない部分はありますが、基本的にあの方は正しい事を言います。なのでそれを批判するんだったらよしふ・スターリンが擁護するテロレイシスト集団の行動はどうなんだよ、と言いたい訳! あいつらは「仲良くしようぜ」と言いながら中指立てて舌出すような下劣な行為のみならず、手を出すという法を平気で無視する事までやります。そんな連中の方こそ許さんぞおの会よりもゲスでしかありません。まあ許さんぞおの会がどうなろうと自分は知りませんが、無くなりそうなのは寂しい限りです。
 次に通名による犯罪についてですが、この場合は通名に関する事について自分なりの考えを表明します。とにかくKY新聞やテロ朝を中心とした報道テロリスト共は全ての外国人犯罪者に対して本名で報道しないといけないと思います。通名で報道すれば必ず割を食らうのは日本人です。確かに日本人で凶悪犯罪を犯す物が居るのは仕方ありません。人間誰しもサイコパスになります。自分だってアニメ『サイコパス』の槙島のような犯罪者になるか、映画『悪の教典』で伊藤英明が演じる蓮実聖司のような快楽殺人犯になるやも知れない。それくらい人は犯罪者に成りやすいのです。
 話を戻して何故通名は日本人が割を食らうのかについて説明すると、かのルーシー・ブラックマン事件で逮捕された容疑者織原城二は日本人ではありません。なのに日本国内では一部を除いて全ての報道機関が通名で報道してます。こんなので割を食らわないとしたらどこで割を食らうと言えますか? 正直むかっ腹に来ます!
 通名は別に名乗っても良いですが、罪を犯してまで通名でいこうとする連中は世程日本を貶めたい連中だよ。そうゆう連中が居るからこそ最近通名を使った詐欺事件が起こったと言えるでしょう。
 自分なりに考えるなら通名報道はそいつ自身や国の為にもならないので止めて欲しいと思います。つーか、犯罪者の権利は弁護士呼ぶかその他限られた行為しかないだろ! 遺族が可哀想だよ。
 最後にクネクネの悪口外交について短く纏めます。とにかく悪口言う前に国を何とかしろって話。何とか出来ないからこそ伝統芸能の悪口外交に傾くんだろうね(悲)。
 以上で時事ネタの説明を終えます。

 じゃあ四十一話の解説に入ります。今回は四十話に比べて緩い話になりました。
 前話まで名前以下登場しなかった美世がどんなキャラなのかを表したり、星季と恵弥の対立を明確に示したりと読者にとってはいつもの退屈な話運びになります。ただ、全てが退屈でもありません。二つの別離という物も描かれており、その影響は後々にして七達を動かしてゆきます。
 ちなみに三つの国家は現代のように同族争いをする為に興しておりません。遠い過去ではいずれ一つに纏まる為に敢えて三つに分かれております。彼等が武器を向けるべき相手は三つに分断されても変わらず銀河連合なのです。同族に対しては決して矛を向けません。何故なら彼等はそうゆう風に産まれた時から出来てます。それが遠い過去の常識なのです。
 それから三つの国家形態について参考にした国があるとすれば『真正神武』の方は知らないうちに参考にしているかもしれませんが思いつかない。『古式神武』は今の日本やイギリスの政治体型を参考にしてます。ただし、日本やイギリスと違って首相にあたる最高官になるのが非常に大変な登り道となります。『新天神武』は勿論アメリカの政治体型が基になってます。ただし、三つ目の関門だけは大きく異なっていてアメリカでそんな事をすれば予算がいくらあっても足りません。なので三番目の存在は最高官になるのを険しくさせます。
 ただし、『真正神武』と『古式神武』に於いて共通する事は最高官及び象徴は男系となります。女性が象徴になる場合は中継ぎでないと意味を為さない。その辺はイギリスの国王制度と違います。
 まあこんな感じで第四十一話の解説を終えたいと思います。

 未だに『格付けの旅』はプロローグを終えないでいるよ。そろそろ深夜でもいいから終わらしにいこう。ただし、気が向いたらね。
 んで三兄弟物語は次で終わります。これ以降は作者自身長い冬眠生活に向けて話を作って参ります。それじゃあ今後の予定をどうぞ!

 
 十一月
 十一日~十六日     第四十二話 三兄弟物語 三つ星は今      作成日間
 十八日~二十三日   第四十三話 選ばれしは凡庸なり         作成日間
 二十五日~三十日   第四十四話 コペルニクス・ガリレオ・ケプラー  作成日間
 十二月
 二日~七日       第四十五話 フェルマーは笑う           作成日間

 自分は何かに嵌るとそれをパクッてゆきます。そして現在は数学に嵌ってますので数学的な無駄知識で物語を作る予定です。ただし、プロやアマチュアのような難解な方ではなく、簡単な数学なので宜しくお願いします。
 じゃあ、これにて。ワイルズは本当に偉大な数学者だよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR