FC2ブログ

諸悪の権化M・S・K・M

 どうもそんなタイトルを出しながらK・Y新聞の一面を見てるdarkvernuです。
 時事ネタを始める前に『格付けの旅』が数行程更新されましたので読まれたい方はカテゴリ覧の<格付けの旅>をクリックして下さい。
 さあてと、故人に哀悼の意を捧げる仕方が下手な自分はとりあえず三つ子の悪である連中に嫌がらせのつもりでショートストーリーを書きますぜ!

 東京ドームの地下にある闘技場で最強を決めるトーナメントが開催されようとしていた!
「さあ始まりました! 最強のマスゴミは誰か!
 全マスコミ入場!

 ワットナーベの為なら巨人も大連立もナンボのもん!
 かつては右だったゴミウリ新聞!

 説明不要のアサヒりぶり!
 御存知通名報道のK・Y新聞!

 変態記事を全世界に垂れ流して昇進?
 在日の巣窟なら変態新聞!

 保守の為ならスカトロ呼ばわり!
 けれども全新聞社ではましな部類に入る計算新聞!

 数多くの中小企業の社員を地獄に叩き落とす経済音痴!
 名前負けもよいところだニッケイ新聞!

 ガクブルな組織によるガクブルな記事!
 何が面白いのかわからない四コマが載るピューリタった新聞!

 こと経済に関してはまともな事を言う政党による機関誌!
 だが油断は禁物だ新聞エンゲルス!

 扇動政治の恐怖体験からして気がかり?
 地方新聞界からネルフ新聞のご登場だ!

 アベするを流行語?
 地方新聞界のドラゴンチューニチ新聞だあ!

 集団自決はここから始まった……
 御存知洗脳記事オンパレードなゴーヤータイムス!

 ジェネラル・ヘッド・クォーターも恐れる保守力!
 草の根の活動が今ここにタケルノミコト新聞!

 椿事件は現在も続く……
 御存知ウソバスターな嘘を吐くテロ朝のご登場だああ!

 オウムも亀田もこいつらが仕掛けた!
 あの温泉街発言をした哲也の魂が今も蠢くツイン・バード・ストライクがやってきた!

 会長はもはや第二の電通豊!
 K国に魂を売り、視聴者総スカンな蛆テレビ!

 辛抱次郎も募金詐欺もお手の物!
 中川昭一を殺した真犯人Nテレのお通りだ!

 海老ジョンイル死すとも反日死せず!
 受信料をテロ報道に使う反逆放送局日本引きこもり協会が来るなんて!

 ここも緊急特番すれば日本崩壊のシグナル!
 高橋名人を普通にインタビューさせることに定評なテレっ東!

 保守と騙れば何をやっても許される?
 柔道の黒帯を持つと噂されるワンマン社長率いるちゃんねるチェリーが緊急参戦!

 ジブリ社長が虎視眈々と乗っ取り始める……
 けれどもユーザーの七割以上がエア本信者なエガエガ動画!

 たらこに始まり、たらこに終わる!
 小林よしのりから頭がパーンまでを網羅する日本の影なる支配者ツーちゃんねる!

 済みませんが全マスコミを出すおつもりが作者の知欠により主な数社しか出せませんでした! それらは後日リサーバーとして出場する予定で御座います!
 気を取り直して全二十社がいかにアサヒ技とごり押し力と報道しない自由な心を駆使して相手を降すことにかかります!
 解説は二名おりましてマスコミ殲滅計画を推進中のテロリストただものさんとマスコミを我が物にせんと陰謀を働いておりますニートのおかもとさんです! 二名ともどうか宜しくお願いします!
 それからゲストも二名おりましてソレスタルビーイングのように紛争根絶を掲げる正義のヒーロージョニーマンさんと未だに出すタイミングがわからないどうでもいい事で無名な北川某さんです! 二名もどうか宜しくお願いします!

 でゃ早速一回戦の第一試合K・Y新聞対計算新聞を始めるようです!」

 トーナメントの結果はどうなったかは千年後に改めて記されるであろう……


 つまりどうでも良いってことですよ(笑)。とりあえず解説をしますよ。
 そもそもどうして今更諸悪の権化たるマスゴミをネタにするかは台風の被害で伊豆諸島に住む住民が数十人死亡したりするニュースがありました。実は台風の被害も凄いけどそれ以上に救助活動を堂々と妨害するマスゴミのせいで死者が増えたと言っても過言じゃありません。本来は救助に当たって住民の声とかを聞き取って位置特定しなきゃならないのにマスゴミは温泉街発言からさっぱり成長せずに堂々と妨害してやがってます。本当にあの悪名高きツイン・バード・ストライクの悪名高きネウス23の哲也が墓の下に埋まってもテロリスト根性は死なないとはもはや話になりません(怒)!
 まあ実際は話解かないといけないのが自分達の辛い所ですよ。まあ愚痴はここまでにしましょう。
 さてと、そもそも何故マスゴミが三つ子の悪かを説明する前に三つ子の悪について改めて説明します。ちなみにこれは自分自身の思想が結構に含まれますのであまり鵜呑みにしないように。
 まずは過去を喰らう悪から説明しましょう。過去を喰らう連中とは過去を蔑ろにし、自分達を正当化することの熱心な豚共です。思想を挙げるなら稀代の変態ルソーと頭が良すぎた髭親父マルクスの思想。実行者は有名な奴等を挙げるならジャコバンのロベスピエール、ソ連のレーニンとスターリン、C国のマオさんと嫁含む四人組、クメール・ルージュの細菌兵器使いで旧名サロット・サル、そしてブーメラン党の下衆共と旧社会党の一味、そして赤軍の森恒夫と永田洋子、それと南北K国全て。ジョージ・オーウェルが最も嫌う連中ですよ。
 次に現在を破壊する悪について説明しましょう。こちらはいわば無駄絶対悪の思考と借金絶対悪の思考、それと公共投資絶対悪と民間全肯定などが重なってアカと双子の兄弟のようなイカレタ思想に成ってくれます。主な思想を挙げるなら新自由主義しかもフリードマンらシカゴ学派寄りの。江戸時代の自称インテリである新井白石や暴れん坊将軍の孫だけど尊敬出来ない駄目老中定信に家斉のせいでつけを払わされた苦労人水野忠邦にアメリカ国民を虐殺したと言って良い悪名高き財務大臣アンドリュー・メロンに青年将校を生んだ原因を作った嘘つき礼次郎に井上準之助、それとアカを盾に新自由主義を押しつけたミルトンさんと考えは共感出来るが新自由主義の欠点をもう少し説明しておくべきだったフリードリヒ・アウグストさんに財政危機を煽る切っ掛けを作った社会党のスパイ鈴木のおっさんに新自由主義を輸入したヤスバーロやヨーロッパの優れない部分が仇となって現在を苦しめるEUのシステムに森元さん率いる清和会系の流れを汲む政治屋共と大阪市長であるツイッターのマスタークラスにTPP賛成する保守を騙る愚か者達に渡邊らブラック企業系の人でなし。こちらもオーウェルは嫌います。彼の著作を少し囓ればそれは本当だと解ります。
 最後に未来を奪う悪について説明しましょう。これは一見すると真実は正しいように感じます。ですが、限度はあります。フィクション作品で現実と同じような物語を読んで子供は楽しむでしょうか。或はケネディ暗殺の極秘文章を今から国民に知らせてアメリカは一致団結しますか? しないでしょう! それが真実の欠点のですよ。それを解らずに核持ち込みの文書を公開して大はしゃぎしたフランケンさんはもはや話になりません。まあフラン圏と構え通行許可証さんとか光のグーグルアースツイッター戦士さんとかあぐらのカイエーダとかもう誰も相手しないでしょう(笑)。脱線はここまでにしてとにかく日本書紀が偽りとか日本の歴史は二千年に王者にとかを国民に知らせても喜ぶのは一部の考古学マニアだけです。そうゆうもんですよ、真実の行き着く所は! ちなみにこの悪だけは解るように説明出来ないのであまり鵜呑みにしないように!
 三つを簡単に説明しましたが、マスゴミは三つ全てを内包します! 特に我が国のマスコミはヒドイなんてレベルじゃない! まずは南京大虐殺から従軍慰安婦に至るまでかの悪名高きK・Y新聞は平然と本当のように伝えます! ここに過去を喰らう悪が内包します。
 次に日本経済を崩壊させようと企む財務省の連中による借金大国のフレーズ、そして増税。このせいで日本は回復に向かうはずが奈落へと突き進んでゆきます。お金だけでなく労働環境までも! それにも拘わらず奴らは財務省の企みに乗って回復から遠ざけようと煽ってゆきます! ここに現在を破壊する悪が内包してます!
 最後は真実でしょう。本来は三つ内包なんてどこか一つと辻褄が合わなくなって有り得ないはずなのにマスゴミは核密約暴露とか汚染区域がどうたらこうたらとかの真実を考えずに国民に垂れ流し、国民の不安を煽りまくる! ここにこそ未来を奪う悪が内包します。
 正直言って自分はマスゴミの各社にのみ大地震がやってきて全員痛い目にあったらどうかと思ってる次第ですよ! まあ八百万の神々は連帯感を日本人に教え込む以上は都合の良い自身が起こるはずがないのが残念ですが。取り敢えず自分としてはツーちゃんねるとかタケルノミコト新聞とかエガエガ動画とかテレっ東があれば後はほぼ気に入らんので会社と社員全員を乗せて因果地平の彼方に旅してればいいと考える次第だよ(怒)。
 と言う訳で熱くなりすぎたのでここで終わります。

 では第三十八話の解説を短く纏めたいと思う次第だ! 今話では長男の星央が主人公を務めます。
 とにかく星央は二名の弟達と違って普通です。普通だからこそ家族を持ったり、仕事に励んだり、家族の為に領土の幅を広げてゆきます。ただし、普通故に彼は無謀なる挑戦をして最後はああゆう風になりました。
 ですが、彼の物語は終わっても本来の物語はまだ終わりません。星央の後を継ぐのは直ぐ下の弟八弥です。こちらは星央と違い、素行に問題の有り過ぎる男です。彼が星央の意志をどう継いでゆくのかが第三十九話で描けたらいいかと考え中! ってどこまで自分は無計画なんだろう? まあ教えちゃくれんわな。
 とにかく今話では一番下の弟七の日記と同時並行で進む形にしました。よって七の位置は今のところ深く関わらないようにしてます。彼を関わらせるのは三十九話になってもしないつもりでいます、多分(焦)。
 とまあこんな感じですが今話も前話と同じくオカルトチックな話をしてしまって申しわけありません。正直あれは勢いを出し過ぎた為にあんな描写になりました。なので今後あんな意味不明な描写があったら目障りと思ったなら下に素早くスクロールするか、もしくは……記さなくても良いね、それ(汗)。
 と勢い余って第三十八話の解説を終えたいと思います。

 いやあ時事ネタの元ネタを言うとケンガンアシュラの先輩に当たる格闘ギャグ漫画になってしまった『グラップラー刃牙』の最大トーナメント篇ですよ。あの入場の実況は漫画誌に残る名場面で今でもネット上ではコピペの参考にされてますね。まあ自分はいざ真似ようとすればどうしても自分の主張が前に出すぎる嫌いがあるんだから成長が期待出来ないよ(笑)。
 とまあそんな感じで予定をどうぞ。

 十月
 二十一日~二十六日   第三十九話 三兄弟物語 無限逃走の責務   作成日間
 二十八日~十一月二日 第四十話  三兄弟物語 八は輝き、七は動く  作成日間
 十一月
 四日~九日        第四十一話 三兄弟物語 七と奈々        作成日間
 十一日~十六日     第四十二話 三兄弟物語 三つ星は今      作成日間

 第三十九話から八弥が主人公をします。題名でもわかる通り彼は逃げてゆきます。ただし、逃げ方は一般見解で考えないで下さい。
 それじゃあここまで! 次回は都合により金曜に更新するよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

darkvernu

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR