FC2ブログ

今年一番の偏向模様でございます。

 どうも今年一番の自己陶酔を記録してますdarkvernuでございます。
 では時事ネタではないが、ショートストーリーをどうぞ!

 ある天気予報士は迷っていた。
(まずいわね! 今日この言葉を使うべきかしら?)
 彼女の予報的中率は抜群だ。百発百中というわけではないが抜群だ。だが--
(前にこれを言ったら明日になって苦情を受けたんですもの。下手に使いたくないわ……でも今日こそはそれ以上気温は下がらないわけだし)
 自分の予報は正確だ! それだけは自信があった。
 しかし、これだけは自信がなかった。何しろ自然というモノは人間の知恵ではどうしようもないからだ!
(よし、決めたわ! じゃあ行くよ!)
「今日の天気は○○は晴れのち曇り。所によりにわか雨となります。最高気温は8度と少し暖かい模様。最低気温は2度と今年一番の寒さとなります!」
 明日の最低気温は1度だった……


 天気予報で一番信用ならないことは「今年一番~」という言い回しでしょう。そもそも今年一番が当たった試しがあまりに少なすぎるからだよ! これと同じようにアニメ映画でよく聞く「~の前に史上最強の敵が立ちはだかる!」というのも当てになりません! だって次の映画ではまたこの言葉が使われてますから。まあ今更ですが。

 では第四話の解説に入りたいと思います。
 三話まで山間部が舞台でありましたが、今回は村を舞台にしました。
 更には世界観を広げるために零パートを追加。相変わらずわかりにくい年表を持ってきては偉人ならぬ偉生命が新しい発見をすると言う現代の我々には想像も付かぬ世界を堪能できなかったと思います(悲) だって藤原マス太なんだぜ! 鮭なんだぜ! とまあ自己嫌悪はこのくらいにしましょう。
 主人公はソウスブ・ブルホル。牛です! Kの奴らの名前のように感じるかも知れないが、牛です!
 四話からは人以外のキャラがよく出ます。人が話す言葉も人以外が話すと動物特有の訛りが出ます。なので会話を正せと言われましても一切受け付けません! まあ現在もコメント一つ無いブログでこんな事言っても不毛だけどね(悲) それから登場キャラは人間みたいに二足歩行してるんだろという考えは捨てましょう! 動物農場やイソップ童話ではありませんので自らの種族の誇りを捨てるなんてことが出来るはずもありません! ですので牛ならいつも通り四足歩行します。蹄もあります。手がない分器用さに欠けます。それが人以外の動物が未だに高度な文明を築けない原因なんですよ。とまあここまでにしよう。
 第四話を最後まで読んでくれた方なら分かると思いますが、第三話と同じく主人公は生き残ります。ただし、一兆年の夜名物のバッドエンディングで。
 とにかく読んでくれた方々は二話以来の胸くそ悪さを感じたかも知れません。勿論作者に対して得体の知れないモノ達に対して。まあ現代の我々なら奴等に対する手段は知ってますがこの世界は過去の世界です。ですので彼らがその手段に転じるのはまだまだ先になると思います。
 過去の者達はそうやって奴等との協調を図ろうと必死だったことは何となくではありますが、感じて頂けたら幸いですがまあ都合良くは行かないよな。けれども奴等はあざ笑うかの如く……とまあ最後まで読んでくれた方々以外に内容を言うわけには参りませんのでこの辺で。
 ちなみに第三話で説明するのを忘れましたが、成人体型についての説明をしたいと思います。
 成人体型とは一言で表すなら長さの尺度です。現実の世界ではメートル法や尺貫法と言ったもので長さを測れます。けれどもその方法が確立する前は「拳十個分の剣」だったり、「中指二百本分の距離」だったりと人によっては長さが違う単位で図らなければならなかった。この物語もまだメートル法も碌に確立されてません。なので長さを測る単位として成人体型という人族の成人の平均身長をベースにしたもので図ってました。ちなみにこの世界における人族の成人の平均は150㎝となります。なので一とコンマになら180㎝と表せます。そう考えると人型の奴の全長ってでかいもんだなあ(驚)
 以上で第四話の解説を終えたいと思います。
 
 
 なお、スケジュールは御覧の通りです。

 月曜~木曜 シナリオの作成
 金曜または土曜 シナリオの完成日。金曜に完成していれば、土曜は休日。
 日曜 時事ネタあるいは小説の解説などを書く予定。

 正しくは「シナリオの作成」というのをを「第一パート~第四パート以上の作成」に訂正。後は「シナリオ完成日」を正しくは「最終パート完成日」に訂正。
 まあ一ヶ月経った今頃になってやるのもどうかと思いますが(苦)
 さてこのスケジュールにした理由を説明します。

 第一に自分自身が物書きとして三流どころか未熟の域に達してないこと。
 第二に誰よりも遅筆であること。
 第三に必要最小限の上で無理をしないこと。
 第四に自分自身が目立ちたがり屋の癖して人前に出たがらない性質であること。
 以上である。
 
 書いた後に気付いたが、自分自身が三日坊主であるというのも理由だったよ。とまあこんな感じで小説及び小説の練習ブログとしての方向性を示したんじゃないかなと思います。まあ、未熟と言われるまではまだまだ練度は低いわけだし、筆を進めるスピードをいきなり「とある~」の作者並みにしろなど無理な話だし、かといって田中芳樹御大や佐藤大輔御大みたいにあちこちで仕事を持ちすぎて筆のスピードが遅くなるのもはっきり言ってやってはいけないしね。後は自分のペースで出来る限り無理をしないことですね。
 今まで読んでくれた方なら分かりますが、最後尾に小さく「~は今日中に完成予定。」という文字が入ってるじゃないですか。あれは今日はどれくらい時間に余裕があるかを自分なりに感じて書いてます。今日書くと言って明日書いたらそれこそ嘘つきです。なのでフィクションで嘘つきであっても現実で嘘つきになりたくないために最後尾にあれを書きます。
 それから木曜か金曜に更新した話の最後尾によく「~明日中に完成予定。」ってのをよく見かけますね。あれは家でアイロンかけるのが忙しいから余裕が無くなる可能性を考慮して書きます。後は土曜日にずれ込む可能性も考慮します。
 最後に私darkvernuはホームページを立ち上げた頃から一貫していることは自分自身が目立ちたがり屋で傲岸不遜の臆病者という点です。今でも今年一番を記録してます。ではこの辺で。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR