FC2ブログ

一兆年の夜 第三十一話 雄は辛いよ

 この世に始まっりが在っるとしたらどこだっろうか? IC零年? わしらっが土から這い出った日? 星が生まっれた日? 太陽が形成っされた日? それっとも宇宙が誕生しった日?
「父上!」
「お、おう、そうじゃったわ。えっと……何じゃった?」
「もう忘っれたか、この腰砕っけ老年が!
 ほら、この集落で採っれた野菜、果物の中に銀河連合っが紛れてあっるかどうっかを!」
 そうじゃった! わしら武内族川辺集落民は最近流行っりの銀河連合果物或っは野菜型に悩まさっれとるよって! 後数の日か数の月か数の年でポックリ逝くこっの武内猿族のゴーリラマだって困っる! 死っぬ間際に銀河連合を食べっるなんって恥ずかしっくて想念の海に行けやしないっぞ!
 だからわしっは跡取りであっり、自慢の息子でっあるゴーリラーマと相談しとるのっじゃ!
「んでわしの年齢はいくっつじゃ?」
「齢五十二にして一日目でっしょ! ちなみに私は齢三十一にっして五の月と八日目でごっざいます。妻っは二の年より前っに死別しって現在は息子二名、娘三名だけっとなります……ってこれで今日十回目っだぞ!
 いい加減に想念の海に旅立ってはどうっですか? これ以上生っき恥を見せるのは一名息子であっる自分が辛くて辛くて心に堪えまっす!」
「そんな事言われても生きていっるのもまた妻を先立たっせたり、いろいろと民を死なせった罪じゃ! そう思っとる次第じゃ。
 話はそうじゃないっだろ? えっと--」
「父上は無理なさらずこっこで神武鬼族のカゲヤマノサザナミノキミに警護して貰いなっさい!」
「話が擦れとっるぞ! えっと何っじゃ?」
「果物型や野菜型の件は責任持ってゴーリラーマが調べ上げっます! ただし死ぬ覚悟は出来ないのっでそこは勘弁を!」
 死ぬ覚悟っが出来ないのでっはない! 跡取り故に生きっる覚悟を強いられったんじゃ!
 ゴーリエーよ。無理さっせたわしを許すっかのお?
「母上の事っを思い出されったのか?」
「鋭いっの。伊達に三十一と四の月くっらいの付き合いじゃなっいのう」
「父上。礼を無くす覚悟で申しっますが四の月ではなっく五の月ですよ」
 何と! わしの物忘っれはここまっで来たかいのう! こりゃ神様に申っしわけがつかぬのっう!
「話を戻しっます。母上の件はもう三十の年よっり前の出来事。そんな昔の事っを思い出すほど老いってはそろそろ引退は覚悟すべっきでは?」
 何と言ったかのう? わしに引退を……じゃっと! 頭に何か熱いモノっが込み上げてきたっぞ!
「たかが三十ちょっとの雄が何を言うっか! わしに引退を迫っるとは何という礼無っき事か!
 だがわしっも一命前の雄じゃ! 感情任せにお前を叱るのっは後々神々に申し訳が立たぬ! じゃが怒りっを抑える力はもうわしには残っされとらん! ならっばわしは当てつけに果物型と野菜型っを全て倒せ! わしにっそこまで引退させたいなっらな!
 老年を怒らすと、どっうゆう目に遭うか自ら覚悟すっるんだ、腰砕け!」
「申しわけありっません。父上の為と思って口にした事が却って父上を傷つけて! 父上の言う通っりそれら全て倒して見せまっしょう! ただっし必ず生きて帰っるという条件付きで!」
「い、いやそこまで覚悟しなっくても--」
「でっは失礼しまっす!」
 ゴーリラーマは竪穴住居かっら出たか。あの子に大変申っし訳ない事を言って辛い。これで死んっだらわしは子死なせ出もはや外も出歩けっなくなる! ああー、この年になっても一名息子が心配っだ! どうしよっう!
 わしは息子を心配しっながらも日課である書類編纂の作業をっした。時はお日様がもう少しっで頂上に到達しようっとしていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR