FC2ブログ

地震、雷、火事、親父……後あったっけ?

 どうもdarkvernuです。
 ネタが思いつかなかったので礼のショートストーリーを適当に書いときますね。
 読みたかったらどうぞ。

 格付士……それは世界中のあらゆる物事を正確に定義づける者達。
 彼等は公式に格付依頼された物事しか定義づけない者もいれば、非公式に定義づける者もいて、更には公私問わず趣味の範囲内なら何でも定義づける者もいる。そうゆう連中に共通する者は居たってシンプルにレッテル貼り。物事を勝手に定義づけるという事故に皆から嫌われ、憎まれ、蔑まれる。
 そんな格付を存在意義そのものにする者が何の為に来たのかわからない宇宙に飛び込んだ。
(宇宙は絶対零度。この定義が崩されるとしたら恐らくは絶対零度の色はもわからぬ愚か者が現われる時……俺の事だな)
 彼は自らを愚か者と蔑む……いや褒め称えながらも生身で宇宙の内部に通じる入口を探る。
(実際は生身じゃない。俺の周りで蠢いている経典を御存知か? こいつには超高性能な顕微鏡で覗かないとわからない無数の魔術二進法が記されてある。そこに書かれている一部には宇宙空間に適応する魔術公式が記されてある。つまり--)
 体温も呼吸も宇宙放射線対策も万全--と思考しながら目当ての数ミクロン以下の入口を発見するや否や経典を高速回転させる!
「言葉も話せるという事も追加しとくぜ!」
 わずか一秒足らずで詠唱を終えると入口に巨大な火球を叩きつけた--穴は衝撃で彼が入る大きさまで開く!
「あと一秒で閉じる前に--」
 その中に入る--同時に穴は塞がれた。

 ここはドーナツ型宇宙……中心部はバニシングワールドで収められた歪な宇宙。ここでは円を描くように進むしか目的の銀河及び太陽系に到達出来ない。それ以外の方法で進めば瞬く間に一周するという非常に歪な構造。狭い故に一度ブラックホールが発生すれば逃れる術は極めて低い。
(俺なら簡単に脱出出来るがな。何たって俺は……ん?
 誰かの悲鳴か? しかもかなり遠く? 何光年先だ? 百光年? ちょっと計算してみるか!)
 経典を適当な所で止めるとそこに描かれる文字をそれぞれの人差し指で触れながら指定位置を割り出す!
(大体百二十から百二十一光年と五の光月か! しかも方位は宇宙南南西ときたか! ここがちょうど宇宙南西ならそこへ行くのに反対側に回るように進むしかないって事か! どうして真っ直ぐ進めないかって? それはな--)
 ブラックホール通行止め--ドーナツ型宇宙では日常茶飯事の現象。仮にブラックホールを突破出来たと仮定したならその影響は中心部のバニシングワールドに与えかねない。そうなれば目的地に到達する前に宇宙は崩壊する。
(さすがの俺もバニシングワールドを暴走させる訳にはいかない。他の宇宙にまで飛び火したら創造主達が黙っちゃいないし!)
 彼自身はブラックホール通行止めを無視出来る。しかし、バニシングワールドを止めるだけの力を使う余裕はない。
 よって反対方向に進んでゆく--アインシュタインを困らせる速度で!
(光年? 距離? あいにくそんな尺度はこのデュアンには通用しない! 門番というレッテルを貼られた者は光年だって丸一週間にする術を知ってる!)
 彼の名前はデュアン・マイッダー。歴代最強と呼ばれるに相応しい魔力を持ちながらも神を愚弄する存在故に神々から認定されなかった魔術師。今回のお話はそんな彼が自分と同じく神々から嫌われた者との出会いを描く……。


 続きは不定期に日曜日に公開されますので宜しく。
 以上でショートストーリーの紹介を終えます。

 それでは第三十話の解説にいきたいと思います。今回は十六話以来の主人公がナレーションを務めるお話だよ。
 今回は主人公である雌カンガルーのマンマーエが六年前に別れた元旦那との復縁までを描いてます。まあ一応ね(苦)。
 ついでに他の種族にも当てはまりますが、現代における生態が過去と必ずしも一致しないように子供カンガルーが育児嚢から自力で離れていく時期も一致しません。なのでそこは自分でも真実味は全くないと断言出来ます(辛)。
 なお主人公が母親である以上は今回出てくる者達も必然的におばちゃん連中になりますが、残念ながらおばちゃんに程遠いと感じます(笑)。いっそのこと大阪の鬱陶しいおばちゃんをもう少し研究すべきだったかな(苦)。
 では解説らしくいきますよ。今回の話で出た料理は舞台が暑苦しいところもあってかエジプト料理をある程度パクッてますよ。他は知らん。それから内職については遠すぎる過去の世界でも共通しますが、あれをやっても生活の足しにはなりません。そこはとあるテレビ番組を見ればよくわかります。それじゃあ主人公は何で日々の生活を安定させたかと言いますとまあ作中に出たとある……でお願いします(笑い)。
 ついでにカンガルー拳法は現代の世界にもありますよ。名前も異なりますが足技はありますよ。とにかくカンガルーの攻撃力は全盛期のフィリオと対戦して二十回やってフィリオの勝率が五割いくかどうかですな。何せ足技は一撃食らっただけで華奢な奴は即死ですから。ただしもう一つ異なる点はいくら逆立ちしても前羽の構えや天地上下の構えといった空手の極意は出来ませんので気を付けて下さい(出来たら今頃数多の武術家が裸足で逃げるぞ)。
 なお第六パートでのシーンはその後どうなったかという答えは出しません。妻は夫を送り、死ぬまで帰りを待つ以外にない以上語ったら無粋だと判断したからです(逃)。そんなラストシーンのある作品は自分の知る作品以外ではたくさんあると思いますよ(ちなみに自分の知る限りでは井上紀良先生の殺医ドクター蘭丸です)。
 最近適当ながらも以上で第三十話の解説を打ち切ります。

 えーとタイトルと全く関係ない記事になりましたが最近何があったかはお天道様に聞いてみればわかると思います。そんじゃあ今後の予定をどうぞ!

 八月
 二十六日~三十一日  第三十一話 雄はつらいよ      作成日間
 九月
 二日~七日      第三十二話 蛇の道は蛇         作成日間
 九日~十四日     第三十三話 蛙の子は蛙         作成日間
 十六日~二十一日   第三十四話 袋の鼠           作成日間

 そろそろ暗黒面を前面に押し出す時期が来ました。そんな不安定な状態で今日はここまで!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR