FC2ブログ

火病戦士ノムタン

 どうも久しぶりのweb拍手を貰い、少し嬉しい気分になってるdarkvernuと申します。
 早速ですがかの国をモデルにしたショートストーリーをどうぞ。

 時は世紀末。
 数十年にわたる核戦争で世界秩序が崩壊し、強者が弱者を殺すのが日常となった世界。
「ヒャッハー! K人皆殺しダアああ!」
「いやアアアア、助けてエエエ!」
 特に偉大なるK人の虐殺が絶えず、男は皆殺しにされ、女は揃って娼婦として働かされ、子供は洗脳教育で同族殺しを強要。
「死ね死ね! K人は人類の害虫だ!」
「やめろおおおおおおお!」
 そんな絶望的で高邁なるK人の味方がいた。
「お前は誰だ!」
「俺か? 俺の名前は正義の味方……ノムタンだ!」
「ノムタン? ああ確かK人だけを助ける正義さんがいたっけ? それお前だったのか?」
「どこまでも畜生な奴等だ!
 我等四十二億年の偉大なる歴史を持ち、いくら憎かろうと去った者の悪口を決して言わないK人を殺す尽くしやがって!」
「はあ? 聞いた事ねえぞ! お前らいっつも俺達J人の悪口言い続けた気が--」
「黙れエエエ!」
 ノムタンは問答無用でテコンドーパンチを放つ! 悪党は天高く吹っ飛ぶ!
「正義は勝つ! 貴様らJ人は我等の自尊心を傷つけた!」
「ありがとうノムタン! あんなツッパリを皆殺しにしてくれて!」
「それじゃあ身体を……いや報酬を頂こうか」
「ええ、私達の身体を--」
 こうして世界の平和は守られた!
 全知全能にして高邁なるK国人の味方ノムタンはノムタン王国を建国し、全世界の女を侍らせて幸せに暮らしましたよ。めでたし、めでたし。


 バッドエンドだね(笑)。ちなみにノムタンという名前は知る人ぞ知るネット界で有名なコメディアンですぞ。もう死んでしまったけど(悲)。
 話を戻すが、何でこんな話を作ったかと言いますとまあ晋遊舎の悪ふざけである雑誌で連載されてた「テコンダー朴」に影響を受けてだよ。あの漫画ではテコンドーととある国が世界最強だと主張しつつ、技名はテロリストや独立運動で活躍した人になってるよ。まああんなんで勝てるとは思わないけどね(笑)。
 しかし、残念なのはこの漫画は雑誌の廃刊と共に打ち切られたのよ。その先の展開とかをもっと見たかったな。他にも笑えるネタが出てくるはずなのにね。どこかの雑誌でいつか連載再開を望む。
 ついでに言っときますが自分は物語に出てくる悪党と同様にK国人はピーすべきでしょう。ただし女子供の扱いについては丁重にやらないと伊良部や高島弟みたいに酷い目に遭うからな。
 以上でショートストーリーの解説を終えたいと思います。

 第二十七話の解説に入ります。今回も舞台は海となっております。主人公は久しぶりに女にしました。名前は藤原マス太。度々名前だけ出てくる天体研究家だよ。ただし、短命で有名な鮭魚である為なのか内容もどことなく暗い。いや登場人物がほぼ全て死んでる時点で暗いか(苦)。
 まあともかく二十七話では主人公であるマス太が産卵するまでに何かを残そうと必死で抗います。まあ抗うと言っても研究者である以上は完成度の高い論文を作成してるんだけどね。他には次代の藤原マス太の育成とかですね。ただし内容を見たらわかりますけど……ここまでにしよう。
 今回出てきたアマテラス文字について簡単に説明しますとまあ自分が日本人である以上は日本語の仮名文字、日本漢字が基となります。他の文字が基だと日本人である自分の感覚からいきますとコツが掴めないのと、全種族それぞれの訛りが余計にややこしくなる為、出来る限りは使用しない方針です。いつか使用する日を心よりお待ち下さい(苦)。
 それから櫛灘彗星とは何なのかを説明しますと木星や火星の軌道と大きく異なるとある彗星の事ですよ。公転周期もほぼ似せてますのですぐに気付きます。ただし、重力関係については正直似せてない気がしますよ。何せ本当にそれほどの影響を出すかどうかは定かじゃありませんので。
 二十七話はバッドエンドです。これは鮭魚の性質を内容に繋げた以上は仕方在りません。しかし、希望はあります。そこは第七パートで少しだけ描かれてます。まあ出来る限りはバッドエンドは出したくないんですがな(笑)。
 以上で第二十七話の解説を終えます。

 さあ明日から前篇後篇が始まります。一つ一つは普通の長さですので安心して下さい(辛)。
 スケジュールをどうぞ。

 八月
 五日~十日       第二十八話 大樹の銀河連合(前篇)   作成日間
 十二日~十七日    第二十九話 大樹の銀河連合(後篇)   作成日間
 十九日~二十四日   第三十話  母はそれでも強い      作成日間
 二十六日~三十一日  第三十一話 雄はつらいよ        作成日間

 三十一話は別に渥美清が演じる寅さんが出る訳じゃないよ。かといって虎族でもありません。主人公は猿です。どの猿かは書くまでに決めときます。
 ではこの辺で。ファビョーン!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR