FC2ブログ

試作品 進行順調法 何処に需要があるのかわからない試作品(6/5)

 如何も……ワンパンマンの格ゲーは早速クソゲー認定されて、喜びを隠せない其れを購入したdarkvernuが居た。そう言えばダウンロードコンテンツではスイリュー、イナズマックス、番犬マン、ガロウだったな。ゾンビマン、フラッシュ、クロピカリは……可能性すらない侭流れるのか?
 さて、土曜やる予定だったが自分自身がサボった為に申し訳ない。約束は守らんとなあ。

 一ヶ月後、岩崎勲の別荘に強制捜査をする進行審査会。これには当の本人は激怒!
「お前達、誰の別荘を家宅捜索していると思っているのだ!」
「我々は進行審査会、貴方のように権力を笠に着た人間よりももっともそれに相応しいのですよ!」一聞するとそれは従来の警察、検察といった公務員を侮辱する発言だが、こうやって使用すると最早清々しいまでに爽快な皮肉と化す!
「そうゆう訳だ、爺さん。あんたの権力は別の犯罪に結びついて発動しないのさ」
「別の犯罪? 馬鹿を言うな、わしを誰だと思っている……天下のアニメーター岩崎勲なのだぞ!」名声を笠に着て尚も退かない岩崎。「そのわしをこんな目に遭わせるという事はそれこそお前達の天下を脅かす事に繋がる……その横暴を止めるのは今だけだぞ!」
「ええ、今迄ずっと岩崎さん……貴方の引き延ばしを知って居ながらも尚誰一人として止める者は居ませんでした。更には我々進行審査会に立ち塞がる組織として顕然と存在するサブカルを守る会……其処に貴方が所属しているかも知れないという疑惑はより貴方の権力を証明してくれます!」
「わしが所属しているという証拠はないし、そんな組織は何処にもない!」サブカルを守る会は陰謀論に極めて近く、例え所属していたとしても簡単に認める人間は居ない。
「まあその辺りの話は事件解決後に何とかしましょうかってなぁ。さあ、お前さんの別荘に何故俺達が強制捜査に乗り出す事が出来たのか? 答えは……そろそろ連れて来い!」
「了解しました、検察官殿!」
「連れて来いって? 馬鹿を言え、誰が来ようともわしは無敵なのだ……これでも学生運動時代は沢山暴れたのだからな。権力者共に屈するわしではないわ!」
「確かに貴方は他人への配慮が一切ないサイコパスの最も近い精神性でしょう。ですが、そんな貴方でも心を揺さぶる人間は一人位居るのですよ」
「そんなの居る訳……何、馬鹿なああ!」その人物を見て岩崎は絶句する!
「お祖父ちゃん、もう犯罪に手を染めるのは止めよう」それは亡き岩崎六郎の息子速雄(はやお)だった。
「卑怯だぞ、わしの孫をこんな所迄連行するなんて!」急に取り乱し始める勲。
「卑怯だぞ、わしの孫をこんな所迄連行するなんて!」急に取り乱し始める勲。
「卑怯ですか? 卑怯を貴方に言われたくありませんね。全部証言してくれますか、速雄さん」
「お祖父ちゃんがお父さんに自分の監督復帰を仕向けるように無茶苦茶な助言をした事も更にはアニメーターに無理矢理働かせて作画崩壊させるように促した事も更にはこの」速雄は亡き六郎が遺した手記を披露する。「お父さんのそれにちゃんと記しております!」
「うぐぐぅ、それは偽物だ。息子の人権侵害だ……そ、そんな出鱈目な筆記でわぁ、わしが、わしの罪を問うつもりかぁあ!」
「いや、本当なのだな。それは捜査期間中に何度も筆跡鑑定を行っている。捏造だって存在しない、何しろ第三者機関にこれを持ち運んでおりますよ……この通りですね」橋爪は第三者機関を証明する判子入りの紙を見せる。「あんたはそうやって息子の六郎を始めとして何人もの監督の作業を邪魔して自分の監督復帰の口実を作って来たのさ。まるで自分が居なければスタジオジブリールが経営難に成るというように、な」
「二十年以上前に亡くなった貴方と双璧を為す小幡俊監督も十年前迄後継者と称してもおかしくない米森博仁監督や若くして亡くなった沖田儀文もそして六郎監督もみんな貴方が潰したような物です。自分の権力を不動の物とする為に……もう終わりにしましょう!」
「黙れ、わしが居る限りスタジオジブリールは終わらん!」最早アニメ映画監督岩崎勲は其処には居ず、今はその成れの果てが強制捜査を抵抗するようにパイプ椅子等を投げ飛ばしていた。「お前等なんか死んじまえ、焼かれてしまえば良い!」
「オイ、今のって公務執行妨害に当たるよなぁ……島崎?」
「ええ、岩崎さん。スタジオジブリールに於いて今は亡き名プロデューサーの伊藤敏夫や貴方の物ではありません。貴方のような若い芽を摘む老人達のせいで彼等の才能は--」
「黙れぇ黙れ黙れ、死ねぃ死ねぇ死ねえぇえ!」既に老人の心は学生運動に依る呪いが満たされ、最早アニメ監督としての栄光は虚飾の衣に過ぎなかった!
「お祖父ちゃん、もう、もうぅ止めようよ!」泣くしかない孫の速雄。
 手記で判明した名監督岩崎の蛮行、そして判明する岩崎勲の正体。其れについては後程……


 済まない、八日も待たせた上に結局短い内容に留まった事を。因みに此の後の話は商業用のみでお送りしますね。因みに本物のあのカーネルサンダースのパチモノ髭がそんなあくどい事をしているとは思いません。つーか事実無根ですので此れを鵜呑みにしないように。
 まさかのワンパンマン格ゲーが北斗バスケゲーの後継者に成るなんて……やり込む奴はやり込むんだなあ、畏れ行ったぜ! では御詫びの奴は此処迄。取り敢えず来週から休載週間ですので一部を除いて一切更新しない事を宜しくお願いしますね。

tag : 試作品 進行順調法 小説

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR