FC2ブログ

前にもクリエイターの姿勢について述べたが……ヒロアカの作者はヒーローを偉そうに語るなら自ら其れを体現してみろって罵ってやる!

 如何もdarkvernuです……済まん、昨日新興宗教にようこそをやるとか言っておきながら新規の奴をしなくて済まん。
 さて、始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 今回はヒロアカ作者に何故ヒーローをテーマにした作品を作る癖に肝心の作者が悪に屈する精神なんだよ、反吐が出るね。ジャンプ編集部共々ヒーロー語る前に先ずはヒーローで在れ……と説教する時事ネタだ!

 作者は嘘吐き……故に出来もしない事を作品に籠める典型的な詐欺師。此れは間違いなく当て嵌まる。実際、北斗の拳の作画担当の原哲夫はケンシロウと言った男らしいキャラを描いておきながらも使えるアシスタントの独立を絶対に認めないように工作するとんでもないジャコウ気質な人間性を持つのだから洒落に成らない。そう、紛れもなく詐欺師なのだ。堀越と同じヒーロー漫画を描いていたガモウヒロシは読者投稿の人間が自分よりも絵が上手いと其れを跳ね除けて会長のデザインを自分よりも絵が下手な奴を採用するという実に最強男爵並にせこい性格の持ち主。だが、ガモウが唯一真実を描くとしたらラッキーマンに出て来るヒーローは実に人間臭いキャラばかりが集まる。主人公のラッキーマンはヒーローに相応しくない格好悪さ、会長はあらゆる悪の元凶、天才マンは自分の能力が及ばない処では誤魔化すせこさ、勝利マンは勝利の為なら時々手段を選ばない所……おっとラッキーマンの話は此処迄にしよう。
 さて、今回は作者に必要な嘘の許容範囲。其れは……即ち常にリベラルで在れ、という事!
「良し、完成したぞ。早速最新話を編集に見せてやる!」
「オオ……オイオイ、流石に正直過ぎるだろ。やり直しだ!」
「待て、もう三日しかないぞ。此処でやり直したらもう原稿落とすか下書きで紙面に載せるしかないぞ!」
「だから部分的にやり直せ。特に此の台詞は駄目だ。C国を支那とか流石に駄目だろ!」
「何言ってんだ。此の物語の時代背景は外国ですよ。普通に支那と呼んでも間違いじゃないですぜ!」
「良いや、駄目だ。此処は日本だ。ちゃんとC国と書き直しなさい!」
「駄目だ、現実に影響を受けたら其れこそ遡及法を適用しますぜ。此処は支那としましょう!」
「ううむ」
 さて、歴史学に忠実且つやると言ったらやる作者が此の後連載を続けられたかと言えば……次の通り。
「何、来週で最終回だって!」
「ああ、編集長も流石に社長からかんかんに怒られたんだ。とばっちりは俺に当たっちまった。此の侭、最終回にしないと俺をクビにするそうだ」
「漫画家の首を切っても会社を守りたいのか!」
「そうゆう事だ。やっぱ先週の奴はC国にするべきだったんだ!」
「たかが内政干渉如きで作者が屈してられっか!」
「俺達は屈しないと飯も食えない。会社が潰れたら責任取れるのか!」
「其の為に俺をクビにするとは……後悔するぞ!」
 こうして反骨心の高まる作家が描く作品は最終回を迎える事と成った。
「完成した。早速編集に見せてこようっと」
「何々……此処、良いねえ。じゃあ採用ッと」
 だが、次の日に海賊版を読んだ外国の読者が勝手にレビューを投稿。波紋を広げる。
「大変だぞ、最新話に関する批判で一杯だ!」
「ああ、そうだ。新キャラの東郷秀樹はA級戦犯の東条英機と被るからいけないらしいよ」
「ああ、読者の為にも名前を変えよう。そうだ、当山周五郎で如何だ?」
「其れは良いですね」
 こうして反骨心の薄い作家が描く作品は延命された。さて、此の後どうなるのか?
「何だよ、俺に何か用か?」
「早速だけど、君には我が社で出版されて在る漫画誌にて新連載をして貰う」
「え、ああ。でも書いているのは此れだけど」
「うーん、面白いが此の漫画誌の方向としては余りにも場違いだね。やり直しだ」
「チイ、全然わからん。其の雑誌を読まないと如何ゆう方向の漫画ばかりなのかわかんねえべ」
「此れだけど、読むか?」
「フムフム」
 反骨心の高い漫画家は其の後、別の会社で出版されている漫画誌にて新連載を持つ事が出来て再スタートを切った。
「えええ、拙いなあ。そんなの聞いてないよ」
「新キャラは魅力ないってクレームが一杯だよ。やっぱ東郷秀樹って名前の方が良かったんだよ」
「此の嘘吐きい、何で名前を変えるよう勧めたんだ!」
「其れは君のせいだろうが!」
 一方のクレームに屈した漫画家は名前を変更した事で其れに伴う批判を受けて人気を低迷させてゆく。今回もそうだが、果たして最後迄反骨心を持たない作家が記憶に残る作品を作れるのか?


 何が言いたいのかわからなく成ったが、取り敢えず……堀越さんよお、其れとジャンプ編集部はそんな内政干渉はムシムシ。自分のやりたいように漫画を描いたらいいんだよ。出ないとああゆう奴等は図に乗って来るからさあ。大体、そんなのグリーンピースが勝手に盗んで来た肉で「此の肉はおかしい!」と言ってるのと同じだぞ。いや、マジだ。実際、グリーンピースの奴が其の事件を起こして逮捕されたのが在るからさあ。其れと同様にジャンプ編集部は丸太云々言われて改名する前に「お前等発売前のジャンプを勝手に読むな」と反論出せば良かったのに……出来ない程にヘタレだんだなあ。マシリトが猛威を振るった全盛期に戻ってくれよお!
 前にも言ったが作家はリベラリストなんだよ、リベラリストである以上は自分の作品に訳の分からんイチャモンが来たら真っ先に「ああ、俺の作品を決めるのは俺なんだよ!」と跳ね返せば良いだけなんだ。特に堀越はヒーローを題材にした漫画を描く以上はヒーローらしく振舞わないと主人公(ヒロアカ未読者故にそう呼ぶ)やオールマイト(其れしかほぼ知らん)から文句を言われるぞ。自分が作ったキャラに文句を言われるという事もちゃんと考えないと駄目だぞ!
 「お前ヒロアカ読んだ事ない癖に堀越先生の悪口言ってんじゃねえ!」と文句を言われるだろうが、関係ない。内容がどうであれ、ヒーロー題材にする以上は悪に屈しない心で漫画を執筆するのが普通だろうが……自分はヒーローとかそうゆうの扱っている癖に肝心の作者が塵屑な精神であーだこーだ文句を垂れるのが尤も吐き気催すんだよ。其れでも……クリエイターかっての(怒)!
 但し、表現の不自由展はあらゆる古今東西のクリエイトに対する侮辱として断固として許さん……其処は譲らんぞ。だからさあ、許さんぞおの会や黒軽部さんよお……第二、第三弾を頼むぜ。えっとトリカエナハーレを!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 あ何とかって奴は前にセル百合子のあれに対して的確な返答をした事は記憶に新しい。だが、上から目線で各新聞紙の書評とか……あーあ、やっちゃったなあ。つーか大の大人が国会議事堂に何をやっとんだか。パコリーヌさんが文句垂れるのもわかるわ……そしてパコリーヌさんの議員辞職未だあ?
 という訳で今回は此処迄。先週二回目の雑文やるとか言ったが……余りにも疲れ過ぎて駄目だな。やっぱ三月初週に一週間休日(一部除く)を入れよっかな? 因みに新興宗教の奴は火曜日にやるよ……約束だ(嘘)!

tag : 雑文 ヒロアカ問題 内政干渉 瞬間安住

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR