FC2ブログ

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター 其の三

 如何も民主主義には懐疑的だが、其れでも他人を信じる事の素晴らしさに民主主義が在ると信じるdarkvernuで在ります。
 早速やって行こうか……ザ・ネゴシエーター!

 ネイキッズは如何も今回は宇宙に行って戻って来ないとミチルさんから連絡が入った。だから今回の案件は僕一人でやるしかないのか。でも出来るのか?
 其の前に場所と時刻を紹介しないと。ほら、5Wがちゃんとしてないと駄目だって良く言われるじゃないの。僕達は未だ未だ其れに関して未熟なのが残念。時刻は深夜の11時25分。場所はバナナ新喜劇のある漫才会場。通天閣の近くだとアバウトに紹介すれば少しはわかりやすいかな? 其処でお笑いコンビギースタウンのボケ担当大日本人さんを人質にする自称哲学者のグルメさん。然も会場全体はイナーシブル細胞で冒され、更には僕と大日本人さん以外は全員其れに呑まれて以って一時間の内に取り込まれてしまう。
「お前誰やねん! 何で俺を人質に取るのや!」
「五月蠅い、ネトウヨめ。貴様のような奴が居るから今の政権は調子に乗るのだ!」
「僕に集中して下さい。此の交渉者古崎清一が貴方の凶行を止めに来ました」
「B層の分際がこの私に話し掛けるなんて無礼だぞ!」
「何やねん、B層って--」
「死にたいか、お前のような扇動家が居るから此の国の未来は暗いのだ。民主主義が調子に乗るのだ!」グルメさんもイナーシブル細胞に冒されて何時でも最後の二人を呑み込むつもりでいるみたいだ!
「でも僕を取り込まないという事はつまり未だ僕をB層とは認めていない証拠ですよね?」
「当たり前だ。君は未だ愚劣で下賤なB層とは違うと見出している、ネゴシエーター古崎。民主主義の魔の手から解放する為にも是非、B層打倒に乗り出そうじゃないか!」
「出来ないよ、そんなの。こんな酷い事をする人がみんなをそうゆう風にレッテル貼りするのは人間のする事じゃない!」
「奴等は人間じゃない、B層だ。馬鹿に侵食された愚劣で愚鈍でネトウヨなB層なのだ。だからB層を滅ぼす為にエンドレスイナーシブルと契約したのだ!」イナーシブル細胞が強まっている……あの侭じゃあ更に支離滅裂と化すのは時間の問題か!
 とはいえ、僕の力で出来るのか? ネイキッズみたいに交渉に必要な圧倒的武力を持つ訳じゃない。何の力もない僕に? 其れに恐い、震えが止まらない。其れはあれが化物だからではない。化物みたいな人間との交渉に立ち入ったのは初めてでも何でもない。其れでも怖くて震えが止まらず涎が少しずつ口元から出るのは一体何か? 周りの人間が意味不明な黒い細胞に呑まれて苦しんでいる……いや、苦しむ事なく時を止められて死へと近付いて行くのを見ているせいか。だったら僕はどうすれば良いのだ?
「ひ、ヒイイ……お、俺は此処で死にたくないのや。はよ、此のデブ野郎を何とかしろや!」
「黙れ、お前みたいに『対案々々』と壊れた機械みたいに言って来る奴が居るから現政権は調子に乗るのだ!」
「ヒイイ……い、命は取らんでくれええ。で、でも対案無かったらどないするのや! そ、其れ独裁政治と、か、変わらんのやないかあ!」
「大日本人さんの言う通りですよ。対案以外に道はないのが--」
「黙れ、其れが調子に乗らせるのだ! 考えてみろよ、船長が豚でどうやって岸まで辿り着くのか。さっさと止めるか或は豚を殺処分する方が意味あるという事を!」尤もらしい事を言ってるようで実は違う!
「でも豚が船長でも最後には支えてくれる人達が居れば船は岸まで辿り着くのですよ。貴方は何が何でも現政権を扱き下ろす事に躍起に成って自らが馬鹿にされている事を気付くべきです--」
「ネゴシエーターの分際がああ、今直ぐに此の場で死ねええ!」僕は地雷を踏んでしまった--ま、間に合わない!


 という訳で今回は此処迄ね。続きは午後か或は明日かな?

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR