FC2ブログ

試作品 お金様 おまけ篇 ザ・ネゴシエーター其の一

 如何も約束通り金曜におまけ作業をするdarkvernu様だぜ。
 さあ、やろっか。因みに文章のあれは当時の自分自身の癖を基にしてやりますので『在る』とか『其の』とか出来る限り控えて執筆しますね。

 僕の名前は古崎(ふるさき)清一(せいいち)……何時までも作者が後篇を出さないから敢えてそれを後押しするようネイキッズに頼まれたばかりなのだ。何で僕が其の役目を押し付けられるのか全然わからないけど、やるしかないのだな。えっと一万文字を達成出来ればおまけ作業は終わって良いそうだね。どうゆう基準なのか全然わからないけど。
 あれは誰だろうか? と在るデパートにて六十代前半かわからない見た目の老婆が館内放送さえも出来る程にデパートを占拠しているのを僕は現場近くに待機中の警官から聞きました。依って僕は交渉しに乗り込んで行きます。
 え? 交渉者って何? 実は僕が登場する作品内ではネゴシエーターは立派な職業として普及しているそうなのだ。しかし、今の所はネイキッズとモールド・ヒカーン以外の交渉者を見た事がないという悲しい事情が在るのです。此れは由々しき事態の一つです。
 交渉者の紹介を続けます。交渉者は弁護士免許と同じく資格がないと名乗る事が出来ない職種でも在ります。だから無免許交渉者という交渉者も確かに存在はします。でも劇中でそんなキャラは一回も出た事は在りません。其れが悲しい事情なのです。話を戻しますと公式な交渉者はあらゆる問題事を解決する為に乗り込みます。犯人との交渉、企業同士との交渉、個人同士の交渉……作中では一番目の理由が挙げられてばかりなのか本当に公の職業なのか忘れる事ばかりなのが残念で成りませんが、其処は作者の自慰が影響していると諦めて下さい。ではそろそろ始めましょうか、次の段落から。
 其の老婆の所まで乗り込んだ僕は交渉を始める事に成ります。
「良くもわしを虚仮にしてくれたな、現政権は!」
「えっといきなり飛躍しましたね。えっと現政権への不満を漏らすのですね?」
「そうじゃ、良くもわしに恥をかかせてくれたな。というか若僧は何奴じゃ!」
「交渉者の古崎清一です。えっと貴方の名前は日向洋子(ひなたようこ)さんですね?」
「そうじゃ、現政権のモリカケ(※)の隠蔽の為にわしはある会社を辞めさせられたんじゃ。其の報復として此処でわしは決起するんじゃ!」
「いやいや流石に、ね」意味がわからない上に交渉するには余りにも難しい案件ですね。
「兎にも角にも此の爆弾で火の海にされたくなければ今直ぐに現政権はモリカケと自衛隊日報問題の事実の公表をするのじゃ!」
「いや、其れは、えっと……無理がありますので別の話にしましょうか」と僕個人の力では無理な話を逸らす事にします。
「何の話題じゃ? 現政権のモリカケ以外に何かあるのか?」
「そうですね、他の事よりも先ずは自分の事についてもっと詳しく成るというのはどうでしょう?」
「わしの事……そうじゃ、わしには孫が居たんだ。なのにあいつはわしをパヨクババアと言って全然聞いてくれないのじゃ!」
「其れは少し聞き捨てに成りませんね。どんな考えでも聞いてやるのが考えの村長に成りますのに」
「じゃからお願いじゃ、其処の若僧。孫を此処に連れて来てくれ!」
「そ、其れは」一転して僕は決断を迫られる事に成るよ。
 僕が悩む中である方は様子を窺います。「俺が出るのは未だ先だな」という風に。

 ※ この作品が完結した年度は平成三十年頃なので桜を見る会を始めとした其れ等は曲力出さない予定です。御注意を下さい。


 最初は短く、其れから午後には長くやるつもりです。では今回は此処迄。

tag : 試作品 お金様 ザ・ネゴシエーター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR