FC2ブログ

流石は人肉を食べる事を推奨する国から出て来た糞餓鬼……眼が最早狂人の其れだ!

 如何も、darkvernuで在ります。
 始める前に『格付けの旅』の赤魔法の章06の一ページ目が終わり、二ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 例のあの糞餓鬼だよ、今回の時事ネタは。セクシーコマンドー外伝凄いよシンジローさんは後書きの方に成るかな?

 さて、居酒屋では在る話題で盛り上がっていた。彼等二人は居酒屋で酒を飲みながら激しく議論を交わしていた!
「あれをゆたぽんだと主張する連中はゆたぽんを馬鹿にしている!」
「だが、スウェーデンの成長したゆたぽんで間違いない。不登校だし、親がパヨパヨチーンなんだから!」
「馬鹿いえ、ゆたぽんは子供の頃の盾ズのオクダだろ。決してあんな新興宗教の信者みたいな眼はしない!」
「オクダだって新興宗教の信者だろうが、考えが。新興宗教の信者ばかりがパヨパヨチーンに成れると思うなよ!」
 彼等の話題は例のスウェーデンの若き環境運動家グレたさんの事だ。決して女に騙されてグレた今井ではない。
「ってかあの女は環境問題訴える前に先ずは自分を何とかしろよ。余りにも病に罹っていて最早ゆたぽんの将来処じゃないぞ!」
「其れでもゆたぽんと同じだ。グレたには二酸化炭素が見えるらしいぞ!」
「有り得ん、見えているなら其れを効率よく使う術だってわかる筈だろうが……例え数学が得意でなくとも!」
「先ず何で二酸化炭素だけなんだ? 二酸化炭素見えるなら人間の塩素配基列の有り様とか一酸化炭素状況とか或は牛乳を流してカルシウムの流れとか」
「馬鹿、牛乳は有り得んだろ。あの餓鬼はヴィーガンだぞ!」
「ヴィーガンってベジタリアンだろ?」
「全然違う。ヴィーガンはベジタリアンの強烈版だろうが。自然資源の為なら牛から出る奴とか豚の素材で使った物とかも食べちゃいけないというヒトラーもドン引きしそうな食生活習慣だぞ!」
「と、兎に角そんなイカレタ食生活思想に嵌っている時点でもあの餓鬼は長生き出来んな」
「まあ寿命ってのは好きな物を食べて前向きに活動してこそ形成されるもんだしな。ヴィーガンとかベジタリアンみたいなのが大体寿命が短いんだよ。不健康か健康かは其の後で議論すれば良い話だしな。どっち道そんな極端な生活だからこそ二酸化炭素が見えるって話も嘘でもなさそうだ……幻覚が見えると同じならな」
「後は親も親だ。ああゆう時期の子供を学校に行かせない時点で間違っている。真理の為に学校に行かせない事が正しい筈がない!」
「そりゃあそうだろう、幾ら学校が洗脳教育だというレッテルを貼られても学校での生活は良くも悪くも人の成長に欠かせないもんだ。其の点、ゆたぽんはマシだ。未だ、道を糾せる時期が在る。最低でもオクダ位は矯正出来る筈だ……其の期限は中学生という不安定な年齢迄だろうけど」
「いや、ゆたぽんと同じだ。腐った大人達の玩具にされ、将来を棒に振るんだ。更には餓鬼の正論を正しいと思い込んでいるから余計に矯正が難しい。正論を吐こうと思えば誰だって吐けるが、其れに万人が出来る限り納得出来るような正論にするには其れなりの教養を必要とするからな……ゆたぽんもあの餓鬼も前者しか出来ないから悲しい将来しか浮かばん」
「悲しい将来なのはオクダを見れば一目瞭然だろうが。だが、其れでもゆたぽんとあの餓鬼を一緒にされるのが我慢出来ない。ゆたぽんはあんな恥ずかしい場に出さないよ。出す前に正体が知られて出る杭は打たれていくんだから!」
「其れでも将来のゆたぽんは国会前処かヤマシロとかいうテロリスト同様に国連に出て被害者面を演じるかも知れんぞ」
「でもオクダって国連出たっけ?」
「未だオクダを引っ張るのか!」
「お前等五月蠅いぞ、俺が奥田って事で馬鹿にしているだろうが!」
 尚、居酒屋の親父は奥田永輝だった……兎に角、居酒屋では此の様に素人政治議論が盛んだ。其のレベルが高かろうが低かろうが受け入れる者拒まざるが如し!


 という訳だが、補足しよう。あのグレたって餓鬼はネット上の意見を観る前から「此奴はヤバい、マジでお花畑どころじゃない」と思ったからな。一応、自分も他人の意見に左右されやすい人間では在る。其れでもあの餓鬼を見た時の感想は先程の通り。というか「誰か黒幕でも居るんじゃない」って言う誰もが思っている事を浮かべたなあ。だって十六歳で学校にも行かんのだぞ……別に行動する事は悪い事じゃない。けれども、学校に行かない奴が真面な事を述べられると思うか? まあエジソンや竜馬やダ・ヴィンチみたいに大成した人間は確かに存在するっちゃあするけど其れだって真面な教育を学校以外で出来るか否かに懸かっているからな。まあ斯くいう自分も中学二年迄は頻繁に不登校気味で学校に行くのが嫌だった位だな。まあ学校ではなく、クラスの連中の悪意が嫌で嫌で堪らなかったと表現しておこうか。まあ其の話は別の機会に或は昔から散々やったと思うから此処では紹介しないけどな。兎に角、学校にも真面に通わない奴がいっぱしの事が言える訳がない。然も顔付きを見ればわかるが、あれじゃあ甘ちゃんだよ。其れとあの眼の狂気……とてもじゃないが、ニュートラルに物事を観れるような冷静さはない。あんなのを国連の場に登壇させる連中には吐き気さえ催すなあ。あれをゆたぽんのスウェーデン版とかほざく奴等は居るだろうが……さっき紹介したショートストーリーに出て来る酔っ払いの一人と同じくゆたぽんと一緒にするのはゆたぽんに失礼だと思っている。ゆたぽんはどんなに悪く成長しても盾ズの偏差値二十八オクダにしか成長しないと思っている……まあオクダもあの糞餓鬼も五十歩百歩でしかないと言えば其れ迄だが、其れでもオクダは国連総会には登壇するような恥晒しはしないぞ。一緒じゃねえんだよ、ゆたぽんとは!
 因みに温暖化は嘘だし、温暖化の主要因は二酸化炭素ではないってのはパチンカス邦彦やダブルオーツネヤス等温暖化詐欺に詳しい諸氏方が証明している通りなんだよ。然もあの餓鬼は二酸化炭素見えるらしいぜ……見えていたなら先ず環境問題よりも先に興味の湧く事に集中している筈なんだよ。分子を見る事が出来る奴が環境問題なんかに注力しないっつーの、見え透いた嘘を吐くな……餓鬼の母親よ(怒)。其れに仮にも見えて更には環境問題に注力するなら母親の言っている事がおかしい事に気付く筈だ。温暖化の原因が二酸化炭素の其れじゃない事にも気付く筈だ。後は温暖化よりも先に寒冷化が進行中だって事を視覚だけで捉えている筈だろうが……色々な矛盾で二酸化炭素が見えるって話は嘘だって丸わかりなんだよ、バーカ!
 にしてもあんな餓鬼を持ち上げる腐った大人共はさっさと冥王星より外に出て行って欲しいわ。あいつ等こそ地球を汚していると自分は見ているからな。というかスウェーデン出身だろ、あの餓鬼は。あの餓鬼の国のどっかの偉いさんがとんでもないへ津減をしたそうじゃないか、環境問題の為に人肉を喰らえって言ってるような事を。レクター博士の予備軍を増やそうとする気か? 人食いアミンの予備軍を増やしたいか、或はスコットランドを恐怖のどん底に陥れたあのソニー・ビーン一家の狂気を人類に押し付けようとしているんだぞ……マジで正気じゃないだろうが、此の発言は(怒)!
 とまあ他にもいろいろ語りたいけど、時事ネタの解説は此処迄。

 赤魔法の章06の一ページ目の解説をしようか。こうゆうタイトルにした後が全然筆が振るわずに一体何を目的に筆を揮えば良いのか迷った挙句に大根のメサイアに救いの手を差し伸べてやっと筆が振るい始めた所かな? そうゆう訳で目的らしい目的もなく始まった06だが、一ページ目から躓いている状況だよ。果たして納得のいく結末を迎えられるか悩ましい限りだな。
 そうゆう訳で一ページ目の解説を終える。説明不足気味だが。

 セクシーコマンドー発言は一部の識者からは問題はない、らしいな。まあそうゆう意味でシンジローは嵌められたと捉えても過言じゃない。問題は其処じゃない。此の無能のしでかし感はやはりセクシーの使い方を誤った点だろう。何でも強力な言葉を並べれば良いってもんじゃないのはどっかのヨン様(錯覚、だ! の人)も言ってる通りじゃないか。あれだけ演説が上手いのに言葉の使い方が出来てないのはポピュリスト政治屋としては致命傷だな、シンジローは。確かに親父の轟盲牌も空虚に単語を並べる事なら天才的だろうが、其れは時と場合と勢いで乗り切る場面が何処に在るかというのを見極めた時期だけだ。そうゆう点で未だ未だシンジローは駄目だな、此の侭じゃあ……ゲルショッカーコースに転がり落ちる事間違いなしだな。後、あの糞餓鬼を凄いと良い方向に評価したのもマイナスだ。あそこは敢えて「下手をすると凄い人だ」と言うべきだったな、其処も大技に頼り勝ちがシンジローの弱点が露呈した点だろうな。
 其れじゃあ今日は此処迄。演説も格闘技と同じように小技を繰り出して大技へと繋げるようにしないと駄目だな。うん、そうだな。やはりそうじゃないといけないんだな。ま、未だ未だ物書き見習いな自分は訳わからんようにしか書き殴れんが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR