FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第四十二話 治安維持法の光と闇! 池田勇人、佐藤栄作、田中義一VS大杉栄、不破哲三、小林多喜二

 如何も……ゲイツの野郎に騙されて苦戦中のdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 其れじゃあさっさと済ませよう!

 丸山穂高が如何で在れ、竹島を巡る話は政治家を目指す者なら避けては通れない物だろう。彼が若しも政治家なら其れは今後の日本を左右する意味でも重要。若しも薄汚い政治屋ならば三億は何としても喉から手が出る程欲しがる物。何れにせよ、本気で領土を奪還したいので在れば問題提起して然るべき事だろう。
 さて、そんな領土奪還を未来の有望な政治屋の卵達に任せてしまった者達に焦点を当ててみよう!
「クソウ、全身が凍り付く……素早く動けば動く程、体を氷付かせる速度が速く成る!」大杉栄の恐るべき能力と相性が悪い勇人が其処に居た。「おまけに……何だ、此の不気味な数々の攻撃は!」
「俺と多喜二のコンビネーションは如何だ……俺がお前の足を完全に封じ、多喜二がお前の魂を少しずつ削るんだよ!」
「卑怯とは言わせまい。死に至らしめる以上は本気を出す」
「何方も凄い漢だ……」
 何時も思うが、何故不破の坊主は……上半身半裸で奇怪なポーズを取っているんだ--と不破哲三の奇妙なポーズも池田勇人を大いに苦しめる。
「そろそろ取り掛かる」
「待て、多喜二。此奴は俺が止めを刺す」
「邪魔をするな。最も近いのは俺だ」
「先に攻撃したのは俺なんだよ、俺が手柄を取って然るべきだろうがああ!」
「怒ったか? まあ良い、関係ない」過酷な拷問で死んだのか、生者の採る過剰な反応に対しても何の関心も抱かない小林多喜二は静かに魂を抉る右手刀を仕掛ける。「此れで終わりだ、池田勇人」
 其の時、四つの可愛い影が尸空成らぬ多喜二の盲目な視線を妨害する……「何、何だ?」生者の光を見つめるのか、其の四つの余りにも可愛くも素早しっこい動きに思わず足を止めてしまった--其の隙に多喜二の頂上に振り下ろされる栄作トマホークが炸裂……躱されるものの、此れで池田勇人は救われた!
「何い、貴様等は……其れに貴様は共産主義の敵、田中義--」
 其の名で呼ぶな……今の俺は陛下に忌み嫌われた存在、封印されし田中なのだ--事実だが、多分本人はそんな事は絶対に言わないと思われる。
「取り敢えず田中元総理、あの半裸の奴は俺が惹き付ける。あんたは其処の生気も欠片もない文学野郎を相手してくれ!」
「フッフッフ、まさか俺様が改正案を可決させた為に其れが原因でおっ死んだ男と此処で対峙しようとはな」尚、封印されし田中が死んだ後なので此の事実を知る由もない。「まあ良い、仇を取るなら今の内だぞ……プロレタリア文学者小林多喜二よ」
「そんなのは関係ない。封印されし田中と呼んだか、俺はお前が気に要らん」
 目障りなのは俺様も同じだ、貴様等共産主義が邪魔なだけだ……此処で息の根を止めてくれるわ--因縁の対決が始まる!
「行くぞ、不破哲三ウウ!」
「佐藤栄作め、此のヘイトスピーチがああ!」
「黙れ、俺はお前等新聞記者に守られている奴等が大嫌いなんだよおおお!」
 佐藤栄作と不破哲三の戦いも幕を開ける……「上弦の月で綺麗じゃないか、滝廉太郎が確か其れで荒城の月ってのを作曲したんだっけ? でもなあ、何で俺に言わせにくい月入らねえんだよおお、俺は吃音なんだぞ、ふざけるなふざけるなああ!」尚、大杉栄は余りにも重度な吃音な為に死ぬ迄下弦の月を恨んだと思われる。
「御互いに苦労しているなあ、俺なんか麦を食えと言っただけで袋叩きの目に--」
 お前と一緒にするなああ、俺をおちょくっているのかああ--こうして三者三葉の戦いが幕を開ける!
 其の陰で或る男も動き出す……「フオオオオオオオ!」其れは財務諸表に於いてスペシャルな能力を発揮したあの松方正義--大平正芳同様に人の言葉を話さないのは仕様だ!


 第四十二話に登場する政治屋は池田勇人、佐藤栄作、田中義一、大杉栄、小林多喜二、不破哲三、松方正義。
 第四十三話『今度はちゃんと決着を付けるぞ! 池田勇人、田中義一、佐藤栄作、松方正義VS大杉栄、小林多喜二、不破哲三、田中正造』に続く……

 田中義一は超高校級の飼育委員、松方正義はギルティギアのジャスティス。義一の方はまあ昭和天皇の逆鱗に触れた関係でそう成った。松方正義は正義繋がり。そんな感じだ。
 申し訳ない、ゲイツの野郎に苦しめられたせいだ。そうゆう訳で次回は今度こそ真面目に進めるから宜しくな!

 其れじゃあ今回は此処迄。田中正造は愛国者だから良いけど、原田左之助(仮)は国賊だからあの俳優上がりの活動家を令和の田中正造と呼んだら駄目だぞ、呼んだら田中正造に失礼だからな!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR