FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 第三十九話 LGBT論争に終止符を! 杉田水脈VS市川房枝

 如何も……そういやスプリガン再びアニメ化するって情報を今更知ったdarkvernuです。因みにシミュレーションすると二クール二十六話で収まると算出した。何、狂戦士とかヤーマとか修学旅行とか多分必要じゃないエピソードをカットすれば丸々収まると自分は見ている。まあネトフリだから何だかんだ言って他の処と違って地道にやってくれると思うけどなあ(其れでもセブンシーズみたいに糞アニメ判定された漫画原作アニメも在るから一概に良いアニメ出来るかは別だぜ)。
 悪ふざけ始める前に『格付けの旅』の黒魔法の章06の四ページ目が終わり、五ページ目に入ったぜ。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 早速やろうか、前と同じく短めに行くぜえ!

 南新羅はやってしまった……GSOMIAの破棄とか彼等に国防の大切さが理解出来ないのか? 出来る筈がない、何故なら文在寅は北新羅の工作員。奴は北新羅の統一の為に邪魔な協定を自分達で蒔いた種の癖に日本のせいにして破棄したんだから此れが文にとって最善の手段だと思っているだろう。だが、工作員ならもう少し自国民の生活向上の為にやるべき事が在ろうに。其れが無理なのか、経済政策でやってはいけない賃金の急上昇をやらかしてしまって失業率の莫大な増加を奴は招いた。内政も駄目、外交は最早工作員其の物……こんなのを選んだのは後にも先にもアツクナラナイデ、マケルワを突っ走る国民なのだから仕方ない。民主主義のルールに従ってお灸を据えられるのは何時だって南新羅人だ……其れが民主主義のルール。
 とはいえ、我が国も笑っていられない時期が度々在った。一回目は多分、片山哲政権だろう。幾らマッカーサーの傀儡だからって民法を改悪して家族制度を無茶苦茶にした罪は最早救い難い。二回目は恐らく角福戦争の頃だろう。角栄は国会議員としては文句なしだった……総理に成る迄は。そして三木武夫は最早救い難い悪意の塊で奴のせいで内閣法制局は暴走し、日本の国防に余計な制限を掛けた。其の後の福田赳夫に至ってはテロリストの要求に応えるという一トップの取る態度として最悪極まる事をやらかして国際的な恥を曝け出した。大平の時代では未だ前任者三人に比べて現実的な事をしたのに其れを不意にした無能の中の無能鈴木善幸。此れが二回目。三回目が宇野を如何でも良いスキャンダルで辞職させた後に就任したヘタレの極海部及び戦略眼が零に等しい宮澤喜一のダブルコンビのせいで初めての政権交代を実現させてしまった実に総理の器どころか政治屋の器すら相応しくない細川から村山迄の稚拙な政権運営だろう。河野談話から村山談話迄どれだけ日本は塗炭の苦しみを味わったか。おまけにこっそり増税を約束したせいで政権奪還した自民党は引継ぎを遂行して経済をガタガタにした。此れが三回目。四回目は記憶に新しい悪夢の民主党政権。此れは記述するには余りにも本編を開始しないにも程が在る位に枚挙に暇がない。
 という訳で悪夢の民主党政権の運営に少なからず影響を与えた一人があのLGBT発言でお馴染みの水田議員……もとい杉田水脈(すぎた みよ)議員と拳を交わし合っていた!
「やるな、差別主義者杉田よ!」
「貴女が菅直人の師匠に当たる女性運動家の市川房枝だね」今回は銀魂ではなく、別のキャラがインストールされる模様。「此のあたしのドラグスレイブを見事に受け止めたね!」
「ほざけ、はああ!」革命戦士モードで一気に間合いを詰めて右回し蹴りをお見舞いさせる恐るべし市川の打撃。「幾ら魔法でも間合いに入れば打てぬ!」
「お、重たいわねえ!」咄嗟にバックステップしながらダメージを半減する杉田。「ゲホゲホ、為らば此れで如何よ!」
 甘い--遠距離からのファイアーボール乱れ撃ちを全て弾く革命戦士モードの市川。
「甘い、間合いを取った……ギガスレイブ!」
「為らば押し切る!」
 最古の女性議員と最新の女性議員の対決……「グハアア、こんなに力の差が在ったなんて!」軍配は前者に向けられた!
「甘いのよ、此れでも婦人参政権運動の為に尽力して来たのよ。お前如きがそう簡単に私を倒せると思うな!」
 杉田水脈では勝てない相手、市川房枝。ギガスレイブも直ぐに応用して外す方法を編み出すジエンド(完成術)を持つ高度な政治屋市川を倒せる政治屋は果たして存在するのか?
「だったら神に誓いなさい」
「此れは此れは小村寿太郎、死にぞこないめ」
 あれは……ウググ、仕方ない--杉田水脈は小村に頼るしかない様子。
「此処でお前を倒して女性こそが至高だと証明してやる!」
「私が相手、違いますね」小村の背後には議員こそ成らなかった者の或る有名な女性が立っていた。「任せましたよ、与謝野晶子」
「フム、任せた」セーラー服を着たマッチョ与謝野晶子は孫の馨が墓に居る事を良い事に奇怪な姿と化していた。「勝負だ、市川房枝!」
「この女性活動家の恥晒しめ!」
 こうして昭和の国会議員と平成の国会議員の戦いは終わり、明治生まれ同士の激しい死闘が此処に開幕!


 第三十九話に登場した政治屋は市川房枝、杉田水脈、小村寿太郎、与謝野晶子。
 第四十話『最強女同士のフェミニズム論争! 市川房枝、平塚雷鳥VS与謝野晶子』に続く……

 杉田水脈は急遽リナ・インバースにした。与謝野晶子は大神さくら。理由は銀魂詳しくないのも在る。与謝野晶子は単純にノリだ……あの世の馨爺さんは凄い激怒しているだろうなあ(恐)。
 だが、ああゆう風に成ったのは単純にスレイヤーズをちゃんと理解しなかったせいでもある。申し訳ない、次からは気を付けたいと思う。

 黒魔法の章06の四ページ目の解説をすると……此れは完全に怒りの為すが侭にあの金髪横領野郎を断罪した。其れだけだ。序にタコとコスプレイヤーがああゆう決着なのはハヤトは死なずでやったから格付けの旅で再びやるのは如何かと判断しての事だ……白と黒はリアルタイム過ぎるからねえ。ただ今回はタイトル負けも良い所だった、申し訳ない。次からはそう成らないように気を付けたいと思う。
 以上で尻切れトンボだが、四ページ目の解説を終える。

 そう言えばみんな大好き破綻三人衆の一人フジマキ十造だったっけ? あいつは日銀破綻というタイトルで幻冬舎から出版していた事を今更知った。いやあ素晴らしいな……如何やって破綻するんだよ、其のお金は日銀が刷っているのに。内容は知らんがタイトルだけ見てこう評価する……取り敢えずお前は何もするな、浅井やパープルハマ同様にオオカミに丸呑みされに行ってこい(願)! 其れにしても千田祐樹を放出した幻冬舎だからな……絶対に晒し物のつもりで出版許可出したんだろうな。
 今日は此処迄……済まんな、段々と誠意が無くなって来て困るな。さて、初心に帰るとしようかな……ンで如何ゆう風に初心に帰れば良いかが問題だな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR