FC2ブログ

二回目の雑文は……大人気ないシリーズVOL.3 外国語は大学か専門学校で習え!

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 まあ何度もやっているテーマかも知れんが、取り敢えず英語はエロ本読める年齢に成ってから習った方が良い。小学生或は中学生の時期から習うのは却って時間の無駄!

 外国語は学ぶ物ではない、自然に身につく物……俺は英語の無い世界に来て初めて其れを知り始める。
「え、英語? 駄目だね、小学生の頃から英語を習うのは日本語の上達の妨げに成るよ」
「え、そうなの? で、でも英語を覚えると五十億人と話せるって--」
「いや、無理だから……金城武のコマーシャルは間違いだから!」
「何で?」
「だって母国語でしか表現出来ない事柄は如何やって英語に表すんだ?」
「あ、そうか!」
 英語を覚えるても五十億人とは話せない。其の根本的な理由は……母国語でしか表現出来ない物を如何やって英語に伝えるのか? 此れに尽きる。
「大体、福澤諭吉がどれだけ英語で伝わった様々な単語を日本語に訳したのかわかっているのか? オランダ語をマスターして直ぐにオランダ語では通じないとわかって必死に成って英語を覚えて見せた福澤だけに日本語に仕上げる作業は血の滲む思いだったぞ。血を滲む思いを英語に訳してみろよ!」
「えっと血はブラッド、思いはソウ、えっと滲む? あ、そう言えばググレ検索でソウトトゥブリードブラッドですね!」
「そりゃあ一般的なグーグル翻訳ではな。だが、其れを英語が当たり前の人達の前で話してみろ……笑われるだけだぞ!」
「ううう、そ、そうなんだ……確かに不自然だよな、えっと、如何やって文章に挿入しよう?」
「此れが英語教育の弱点なんだ。正しい文章として無理にやろうとするから笑われる英語に成ってしまうんだ。というか文法教育と英語教育を同時にやるな……だから意味が無いんだよ」
「お、俺が英語教育と文法教育を同時に? で、でも五単元とか--」
「其れが訳わからん。何で一々そんな如何でも良い事を覚えるの? 文型とか文法教育だろ? 其れよりも先ずは話せる英語を徹底しろよ……其れが出来ないのに如何やって英語が出来ると思っているんだ。あの世の諭吉はお前さんの五文型とか何とかを聞いて『そんなんで英語が覚えられるか!』と切り捨てるぞ!」
「というか学校教育に英語必要か? そんなのは大学か専門学校の領域だろう。先ずは日本語をまともに話せるように成ってからにしよう。日本人にとって英語は所詮、国語の延長線上で在って基本教育ではない。あれはいわば発展教育の一つ。お前さんがそうして英語を必死で習わせる姿はまるで『木造の机を作ってからノートを広げる』ではなく『ノートで机を作ろうとしている』ようにしか思えない。英語教育ってのはそんなんだろ、お前が言いたいのは?」
「ハッ……言われてみれば机すら真面に出来ないのに何で英語を覚えられると思い込んだんだ? 俺が間違いだった、だが……今更如何すれば良いんだよ!」
 そうして俺は元の世界に戻ると英語教諭を辞めて別の道を模索してゆく。其れは英語教諭をやった方が楽な程に周囲からとやかく言われる茨の道。其の御蔭で俺は教育に於ける一つの真理に辿り着く!
「先ずは積み木で机を作り続ける事に専念しよう」


 此れは僕が見付けた基本教育の哲学。基本とは机を作る事を意味し、机の上でノートを広げる事ではない。ノートを広げるのは机が作られて初めて可能に成る。後はノートで机は作る事が出来るのか、或は机の材料はどれにするのか……まあ其処で初めて発展へと至る訳だがな。
 いきなり訳わからん事を書いて申し訳ないが、つまり英語教育とは「スパイダーマンのフィギュアで机を作る」ような物……出来る訳ないだろ、そんなの。仮に出来てもノートを広げる事は出来ない。こんなの当たり前の事だからな。或はわかりやすい表現をすれば「固まってもいない砂で机を作る」ような物……要するに英語教育は砂上の楼閣って訳だよ。だから身に付かん、なのに馬鹿な文科省の連中は必至に英語教育を推進する訳だからな。其れじゃあ英語出来ない日本人が増えるばかりだよ。後、仮に英語教育したいなら文法教育は一切不要。貧弱に金棒が持てるか……貧弱なら先ずは腕立て伏せと腹筋と背筋とヒンズースクワットとランニングを継続させて必要最低限の体力をつけてから金棒を持たせるのが文法教育の基本だろうが。そんな事もわからんのか、こんな馬鹿過ぎる英語教育を推進する連中は(怒)! 仮に文法無しの簡単な英語が出来ても今度はさっきのショートストーリーで出て来た「血の滲む思い」を訳す時に問題が発生する。此れが英語教育の限界。じゃあ如何すれば良いか……英語の強化を廃して国語を徹底させれば良いんだよ。後は空いた分を数学とかやったりとか。というか……他の外国語教育同様大学か専門学校で習うようにしろ、早い時期からやらせるな(怒)!
 おっと、来週の二回目の雑文では基本、応用、発展とは何かについてのテーマが固まったな。丁度良かった……という訳でショートストーリーの解説を終える。

 成程、だから将棋が強く成れない訳だ。成程成程……でも、将棋の基本って何だろう? 勉強は「応用」だから……自分は昔、棋道部に入っていたからな。高校一年の時は上達したけど二年以降は上達しなかった真の理由がわかったな。其れは基本のきの字を教えてくれなかった……って事さ。やっと……理解すると同時に良くも教育者共に対して「基本のきの字も教えない粕は教師を輩出するのを止めろ!」って思うように成って来たな。本当に……そんな奴が昨今の屑教師を生み出したと思うと此れから出て来る教師達が益々前向きに教育に向かえないだろうが。自分は先生の悪口を言うのは大嫌いで気に入らんとかそれだけの理由で確かに特定の先生には良からぬ事は言うけど、だからって似非リベラリストみたいに「権力に立ち向かう俺かっけー」みたいな塵共は居なく成って欲しいと考えるからな。本当に権力に立ち向かいたいなら先ずは従う事の意味を理解しろ。この過程を経て初めて本当の反逆を理解するからな。自分の尊敬するオーウェルはそうゆう一面が在るからこそ資本主義にも共産主義にも敢然と反逆して真のリベラルを貫いた侭人生を謳歌したからな! そうゆう訳で先生の為にも先生を輩出する連中はみんな真っ当な教育に邁進して欲しい……ハイスコア競争に邁進する暇が在るなら今後百年以降を見据えて真っ当な先生を輩出する努力をして欲しいもんだ。続きは来週の二回目の雑文か或は……で!
 では二回目の雑文は此処迄。教育が企業をホワイトにもブラックにもさせるなら……企業の悪口を言う連中は企業の一員失格だろうな。まあ其れは散々前の雑文で記した事だしなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR