FC2ブログ

時事ネタはやらんが、取り敢えずロシアやフランスよりも先に実現した社会主義国家について紹介しよう

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 其の国とは日本……理由はあの忌々しい制度だよ。

 と在る日本史講座が在りました。其処では世界で初めて近代的な民主主義国家とは何処なのかを紹介しております。講師は歴史人物論争でお馴染みの司会『川村行末』教授。フリーの教授で決まった大学には所属しないフリーの歴史学専門の教授。生徒はただものとおかもと。
「え、日本?」
「そうだ、古事記や日本書紀の時点で日本は既に近代的な民主主義制度を確立していたのでごワス」
「無理矢理なキャラ付けだ、語尾にダッシュ並みにださい」
「違いますな、たまにしか付けない語尾でごワス。其れよりも重要なのは其処じゃ在りませんな。日本が民主主義国家な理由は国譲りの儀に在るのだ。本来なら世界的にも国譲りとは征服する国を完膚無き迄に叩き潰すのが礼儀。ところが国譲りでは何と天照大御神はわざわざ使者を送っては対話で何とかしようとするのがわかります。然も棟梁の大国主神を殺そうとせずに何と力の勝負でも負けた方の言い分を聞くという古代の世界では有り得ない事をしているでごワス」
「えええ、既に国際法を実践してるって?」
「有り得ない有り得ないな。そんなのきっと大国主の一族皆殺しをして然も生きているように偽装しているんじゃないの?」
「其れなら神社はないでしょう。ちゃんと此の頃から日本は国際法に則った行動を採っているのです。約束通り国の証を残し、彼等の為にも政治を前進させた証拠では在りませんか。此れを民主主義と呼ばずして何と呼びますか。此れが少数派の意見も大事にする証でごワス」
「無理に語尾を付けてキャラ付けしない方が良いよ」
「全くだよ、なあ」
「二人のどっちが喋っているかわからないよりもマシですな」
 尚、ただものとおかもとは喋りからして誰が誰なのか敢えてわからないようにしているだけ。理由は特になし。
「では最初に社会主義国家を実現した国は何処かわかるかな?」
「ロシア」
「違う違う、フランス革命後のフランスだろ!」
「二人共不正解。正解は平安時代末期の日本だよ」
「えええ、嘘だろ。平安時代なんて資本主義経済すら実現してない時代じゃん」
「そうだそうだ。資本主義の発祥はブリテンだろ!」
「違いますね。貨幣が誕生した時点で産業革命前から資本主義の雛形はどの国でも実現しているのです。だが、初の社会主義国家は日本なのです。何故なら平安時代末期の日本は源義朝との権力争いに勝利した平清盛が初めての武家社会を実現しました。ですが、彼は初めてという事で平家以外の人間には重要なポストに就かさずに平家独裁政治を実現します。其の一環として密告制度の禿を導入しました」
「禿……あ、そう言えばスターリンよりも先に密告制度をやったのって清盛だったんだな」
「其れが如何して社会主義制度に成るんだ? 清盛が虐殺とかしたのか?」
「虐殺はしない物の権力を握った清盛は先ず自分の娘を天皇に嫁がせて安徳天皇を産み落としてから譲位させて権威を我が物にしました。次に権力基盤を不動の物にする為に禿を導入して謀反の兆しが在る勢力を次々と力を弱めます。更には敵対勢力の源氏の者達に対しても巨コンとかを用いて自分の物にする事で口封じを兼ねたりもしたでごワス。そうして以仁王と頼政が決起する迄清盛は栄華を極めます」
「あ、そうか。確かに社会主義だわ」
「平家で在らねば人に非ずって言葉は平家に仕えれば其れなりの位を授けるって意味だったんだね」
「但し、平家の政権とソ連や今の支那共産党との大きな違いは未だ権威が天皇に在る為に完全な社会主義とは言えない所にあるでごワス。実際、清盛は好き勝手やり過ぎた為に原因不明の病に罹って亡くなる事に成るがね」
「まあ長男で優秀な重盛が早死にしたのが原因だしな」
「あれ、トハチェフスキーみたいにそろそろ危険だと思って謀殺したんじゃないの?」
「まあ其の辺の話は後にしても兎に角、如何して平家は栄華を極めたのか? 其れが貿易で荒稼ぎを下に他成らない」
「ああ、日本国王明記のあれね」
「ゼンガー昇一は別に其れは構わないって言うけど、駄目でしょ。天皇が居るのに国王表記は余りにも無礼千万だろ!」
「まあ何れにせよ、貿易で荒稼ぎしたのは良いけど登り詰めた者達のミスとして下々に対する処理を怠って平家一門は短い栄華の内に付いえる結果と成ったでごワス。とはいえ、社会主義国家の最初の国としては日本で間違いない。既に日本は社会主義の失敗を経験し、世界の何処よりも早く社会主義の実験を成し遂げたとみて間違いないでごワス」
「ううむ、未だ未だ語り切れない事が在りそうだ」
 歴史には経済が憑き物。だが、どの歴史教科書の中にも何故か私怨で行動を起こした事に成っている。其れでは歴史を正しく見れない。歴史には経済政策の失敗から国を変革する波が押し寄せる事を正確に記さないと歴史を誤解する結果に繋がる。誤解は結果として同じ過ちを何度も繰り返す事に繋がる。今は正しく平家の失敗を繰り返す一歩手前の時代……平家の独裁政治と金権政治が招いた失敗から何か学ぶべき事が在る筈だ!


 少し説明不足で申し訳ない。未だ未だ平家の政治が如何して初めての社会主義国家という理由付けに成るのか説明が足りなくて済まん。兎に角、平家は武家政治が如何ゆう物かを知らずに統治した為に同じ武家出身の者達の反感を買って滅んで行く訳だ。其れから台頭したのがあの源氏。だが、頼朝は余りにも平家を悪玉化して政治をした為に自分が死んだ時には息子二人だけに成って然も強大で争うという愚行を招いて僅か三代(公暁を入れれば四代だが)で滅ぶという美しさも減ったくれもない末路へと至ったんだよな。其の点、北条氏はちゃんと理解して政治を行ったからな。平家のように貴族化せずかと言って源氏みたいに平家を悪玉にして政治を行わなかったからな。二家の過ちを参考に第三の道を提示して尚且つ自分達は永遠のナンバースリーで突き進んだ訳だ……まあ、元寇を何とかする為に時宗がはっちゃけ過ぎた為に其の後の政治は無茶苦茶に成って後醍醐天皇一門に依って滅んでしまったんだがね。其の後は皆も知っての通り政治音痴の後醍醐天皇の恩賞のおの字も知らん政治のせいで大多数の武士達は足利家に集まって然も又しても後醍醐天皇が訳の分からん屁理屈を立てて朝廷を二つに分断するという失態をやらかしたせいで日本は前門の南北朝共食い自滅の道に後門の南北朝解決後の政治的立ち回りで何時の間にか第二の道鏡たる義満に依る天皇簒奪事件寸前迄陥った訳だからな。まあ後醍醐天皇の失態前から南北朝の芽は当時の北条政権がやらかした失態の一つだったんだけどな。其処については纏められるなら後で纏めて別の雑文で紹介するわ。
 兎に角、歴史ってのは時代毎に寸断されている訳じゃない。南北朝の芽は当時の北条政権の時に出来ていた事を知らないといけないし、南北朝を解決する事は即ち足利家に依る天皇家乗っ取り事件にも繋がるからな。然も其の原因を作ったのが政治音痴の後醍醐天皇で在る事も忘れては成らんし其の後醍醐天皇の原因を作ったのが当時の北条政権だったり、其の北条政権を築き上げるきっかけを作ったのが平家悪玉論に陥ったあの頼朝だし、其の悪玉論は清盛のハゲチャビンのせいだったり、然も其の清盛を狂わせたのが当時の院政の主で在る後白河上皇だったり其の院政のきっかけが白河法皇だったり、其の白河法皇を台頭させたのがあの藤原氏だったり其の源平合戦を招く武士団を興したのが藤原氏だったり……と原因を探れば必ず古代へと遡りキリがない。此の歴史の真理を社会科の教師はちゃんと教えないと駄目なんだよ。歴史に寸断はない。歴史は必ず……繋がっている事を知っとかないと意味がない。そして原因の芽を封じるだけじゃあ解決しない。何故なら原因は必ず遡り続けるのだから。ならば原因を解決するにはどうするのか……今出来る事を後回しにせずに解決し続ける以外に無いんだよ。此れが過去から未来迄続く社会人が為すべき事だよ!
 おっと話が大いに脱線したな。平家政権が社会主義政権で在るという事実は後で再び雑文でやるかも知れない。今は納得のいく内容には出来ないな。以上で雑文の解説を終える。

 社会主義は近代に始まったのではない。マルクスやルソーの前から日本には在ったんだ。此れを何故……どの歴史学者共も気付かないのか不思議で成らないか。此れこそが歴史教育最大の問題点だよな。密告制度は清盛の時代から在ったんだよ。スターリンは清盛をパクったんだよ……此れを教えてこそ日本は共産党の魔の手から逃れる術を身に付けられるというのになあ。義経とかいう天皇殺しの国賊を祭り上げる暇が在ったらもっと……あ、其れ無関係だったな(笑)。
 第一回目は此処迄。二回目は何時もの説教話だ。格付けの旅を執筆後に始めるぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR