FC2ブログ

二回目の雑文は……大声上げる奴には気を付けろ!

 如何も……今更トライタワーの作業再開をする糞野郎darkvernuです。
 早速だが、二回目の雑文恒例の説教話だ。

 と在る友人と名も知らぬ喫茶店という静かな場所にて在る事を教授される。
「何、急に大声を張り上げる奴は議論に成らないって?」
「ああ、そうだ。聞いた事が在るだろう、癇癪持ちは怒りが最大迄溜まると大声を出して話を遮るってのを?」
「ああ、そんな事も在ったな。んで其れが如何して気に成るの?」
「いや、お前の今後の為だよ。そうゆう奴には気を付けろって話だよ」
「え、何で?」
「うーん、何でかってのを説明するのは難しいんだな。で、でも良く人の意見を聞かない奴って居るだろ?」
「ああ、そう言えばそんな奴も居たな。どれ位居るかを数えた事が無いけど、『いやいや、ドナルドはリアルノッチと比べて優秀だ』という話を何度もしているのに明くる日に成ると『ドナルドはあかんな、あいつ!』で何故か振出しに戻るんだよ。まあ其れが如何して今回の話と関係するの?」
「いや、関係するんだよ。実は俺は在る仮説を立てたんだよ。其れが正しいと証明するには未だ未だ肉付けが足りないとは思う」
「良いから早く言えよ、話長いの嫌いだし」
「あ、御免。頭悪いから直ぐ話が長くなりがちなんだ」
 話が長い人間は頭が悪いってのは全世界共通。此れについては後程少しだけ紹介する。
「兎に角、人の意見を聞かない奴は自分に酔い痴れている。自分の考えが全て正しいと思い込んでいる。相手に論破されそうになると突然声を張り上げる。こう考えれば三つとも繋がらないか?」
「うーん……確かに、僕が今迄出会った事の在る人の意見を聞かん奴はみんなどっかしら『自分やっぱ天才』って具合に少し出来が良いと直ぐに粋がるよなあ」
「其れは俺達にも在るナルシストの一面さ。ほら、少しばかり良い案が出ると『俺やっぱ此れで有名に成るかも』って酔い痴れるだろう」
「在る在る。僕は直ぐ此れに成るんだ……でも此れと人の意見は聞かないは関係するの?」
「するんだよ、何故って……ナルシストは自分以外を無能だと思いやすいからな」
「うーん、君と出会う迄は確かに周りが馬鹿にしか見えんもんな」
「其れも十分ナルシストの兆候だぞ。俺だって其れは避けて通れない」
「そうすると何で意見を聞かなくなるの?」
「成るんだよ……何しろ、自分を高く見せたい為に相手の悪い部分を探すように成るからな。指摘された事在るだろ?」
「在る在る……あれ腹立つよね」
「其れは自分自身が間違っていると気付き始めている兆候なんだ。だから個人攻撃をしに来るんだよ」
「でも話を戻すけど、其れと大声張り上げる事って関係するの?」
「するんだよ、個人攻撃って徐々に声が大きく成る序章だからな」
「難しい言い回しは却って白い目で見られるよ」
「無理なんだ、簡単な言い回しは」
「でも確かに……そうだよなあ。個人攻撃して来る奴の声が段々大きく成るのはわかるわかる。ああ、そう思うと確かに人の意見を聞かん奴は間違いを指摘されると声を大きくするよなあ。本当だ、確かにそうだ」
「そうなんだよ、そう成ったらそいつとの会話は最早何が何でも俺達の意見を遮る為にあれこれと妨害手を使い出すからな」
「だから難しい言い回しは止めようよ」
「御免、俺ももっと勉強しないと駄目だな」
「まあまあ、僕も同じさ」
「だが、『だったらお前がやってみろ』とか『意味わかりませーん』とか急に無知のフリをしたり相手に実践させようとしに来るだろ? さっき迄自分も理論を掲げていた癖に」
「ああ、其れ本当に腹が立つよ。要は自分が行き詰ってしまったから相手の空論を攻撃するって奴……あ、僕も難しくし過ぎて済まん」
「良いって良いって、お互い様さ。急に実践を求めたり無知を開き直るなら未だ大丈夫。問題は急に叫び出したり暴力に訴えたら大変だぞ。そう成ると議論どころか健全な会話さえも成立しなく成るからな」
「言われてみれば大声出す奴って何か短気なのが多いもんな。然も怒った言い訳とかしているし」
「大声を張り上げる或は短気な人間は論理のすり替えをして来るからな。そうゆう奴に幾ら意見を述べてもまともに取り合ってくれない。何故なら自分に酔い痴れて他人から学習する習慣がない証拠だからな」
「大声を張り上げるだけで此れだけの仮説が生まれるんだあ……まあ、確実な理論として成立するには未だ未だ時間が掛かりそうだな」
 長く成るなら最初から話をするな……此れが話が長い人間が頭の悪い証拠!


 末尾の話が長い人間は頭が悪い理由はネットで調べた所に依ると「相手に合わせてない」とか「自分を大きく見せる」とか「意外と小心者」とか色々出るそうだ。確かにそうだと納得した事在るなあ。まあ、取り敢えず話が長い奴は頭が悪い……此れは確定事項。何故なら自分で何を言ってるのか最終的にわからなく成るから。まあ補足は此処迄。
 次に本題の声を張り上げる奴が如何して注意しないといけないのかって事だな。此れの補足は……まあ、本編で議論した通りでは在るんだが。只、自分なりに噛み砕くと……やっぱり「感情のコントロールが不十分」とか「かなりの弱虫か或は臆病者」とか「人間よりも恐れる必要がない昆虫類にビビる」とか、あ、三つ目は関係なかったな(恥)。というか自分はこうゆう奴は嫌いなんだよな。大抵言葉が軽いとか粋がっているとか其れ以前に「少しは怒りをコントロールする術を身に付けたら如何なんだ」って思う事が多々在るんだな。後、話したいのに途中で遮ったりするし。其れから言葉に詰まると言葉に成らない奇声を上げたりもするのが声を張り上げる奴の特徴だよな。奇声とか……餓鬼じゃ在るまいし、何時迄も怒りをコントロールせずに放置するな。そう言いたいけど、現実はそうは上手く行かない。つーかそうゆう奴は近付かないか相手をしないのが一番だよな。自分は必要以上に問題を避けたい人間だからこうゆう輩が出て来ると適当に流して適当に相手をするだけに留まるからな。つーか自分の意見を述べても採用されないんだったら最初から相手にしない方が一番だよな。
 とはいえ、大声を張り上げるのは何も外の世界だけじゃないんだな。内の世界じゃあ良く在る話で特にDVする奴は大体大声で婚姻者を攻撃するからな。全く、結婚時の誓いは何処行ったんだよ。こうゆう内側でここぞとばかりに弱い者虐めして来る奴は此の世から……おっと失礼。兎に角、DVとかいうのは前の雑文でも或はあの試作品でも紹介したように人間じゃありません。れっきとしたサイコパスです……全力で逃げるか警察に突き出す事を勧めます!
 又段落を変えるけど、こうゆう風に偉そうな自分も気を付けないといけないんだな。自分も又、最近は鳴りを潜めたか或はもう払拭したか知らんが相手に論破されそうに成ると大声を張り上げる傾向に在ったのは事実。暴力で訴えようとしたのも事実。だからこそ此の記事を発信する事で将来やらかした自分への特大ブーメランとしてネット上に残す事を此処に宣言しよう。いや、マジでやらないって保障は何処にもないのが世の常だしな(恐)!
 という訳で小話の解説を終える。

 人の意見を聞かない奴はマジで労力の無駄だからな。「此奴、成長する気ないだろ!」と思ってやる気が失せて行くからな。何の為に日本に住んでいるのか考えようぜ。日本では万機公論に正しい結論へと導くってのが基本原則として在るんだぞ。つまりは「例え後れを取っているかも知れない人間の中にも正道へと導く鍵は在る」って事だよ。自分は万機公論を知る前からこれを実践してきたと自負するからな……今後も自分の糧になるならどんな意見でも確実に吸収するつもりだよ。ま、吸収し忘れる事は多々在るけどね(笑)!
 其れじゃあ今回は此処迄。人の意見を聞かん奴に教授される事と言えば……こんな奴に成らなければ最後に勝つって事だな、覚えておこうぜ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR