FC2ブログ

ネタは探せば在るのに……其れを思い付かないと意味が無い

 如何も午後から投稿する寝坊気味なdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 取り敢えずやれるだけやるかあ。

 民主主義の欠陥は票を投じる人間一人一人の責任感の欠如に在り。彼等がそう成るのは常に専制政治の感覚を未だに民主主義の常識で当て嵌めるが為。民主主義で重要なのが票を投じた者達も御灸を据えられる事を念頭に入れないと忽ち衆愚政治と化す。其の結果が何気ない「子供を三人も生んで欲しい」と言っただけで問題発言として捉えられる事だろう。サクラダファミリアのこの発言の何処に問題点が在るのか誰も説明出来ない。願望を口にしただけでお願いをしたいと望んだだけの発言も許されないとしたら一体誰を代表として選んで国会議事堂に送らなければ成らない? 此れでは一向に衆愚政治化を促すではないか。言いたい事も言えないこんな世の中じゃあ……反町GTOのオープニングで歌われたあのフレーズを皆は思い出して欲しい。こんな世の中を誰が望む? こんな世の中に成らないように望むのが民主主義のいや政治の在るべき姿だろうに。
 さて、我々が如何して民主主義を専制政治と同じ感覚で捉えてしまうのか? 先程も紹介した通り、政治は上が無条件でやる物だと思い込んでいる事に在り。其れでは一人一人の意識が政治を動かす事への責任を感じずに一方的に政治を動かす者達への転嫁をしてしまう。此れで正しい政治が機能する筈がない。責任転嫁した先に待つのが古代ギリシャの都市国家アテネの末路。勿論、お隣の南新羅は間違った民主主義国家の一例として我々に示している。そして専制政治……いや、其れを遥かに超えて独裁政治として振舞う更に隣の二国の場合は最早民に責任の所在を帰結する事自体が烏滸がましい程に上の責任に帰結する。其れに比べれば未だ日本は民主主義のお手本として機能していると言えよう。
 だが……此れからもそうとは限らない。今は令和の時代……現政権が終わりを迎えた時には責任転嫁に塗れた戦後は終わりを迎えて一人一人への無知なる罰が下されるあの新しい戦前が始まる。そんな時でも戦後日本のように責任を政治屋共に転嫁し続けるとしたら日本国は忽ちハンニバルが憂いてでも守りたかったカルタゴの二の舞を演じるだろう。日本国民はチベット人やウイグル人のように蹂躙され、臓器工場の素材として奴隷のように働かされ、そして生命の尊厳を悉く踏み躙られるだろう。未だローマ帝国に奴隷として連れて行かれる方が遥かに人間らしい生き方を享受出来るというのに……誠に残念だ。そんな未来を我々が望むなら……最早此れ以上言う事はない。


 まあ取り敢えず繰り返すが第二次以降のサイボーグ政権が終わりを迎えた時、戦後日本は終わるというのが自分の考え。此れは決して良い意味で戦後日本が終わる訳じゃない。寧ろ、此れから何が起こるかわからない戦前日本が始まると自分は唱える。
 何故なのかを何時も曖昧に説明する自分では在るが、此れだけは言わせておくと戦後の終わりってのは各識者は高度経済成長の終わりを主張したり或は昭和日本が終わりを迎えた時代を指したり或は戦後五本或は十本の指に入るほど酷い熊本の御殿様の政権が始まった時に戦後日本は終わっただの果ては東日本大震災が起こった時に戦後日本が終わっただの色々と戦後日本の終わりは曖昧で定まらないんだな。いや、本当だよ。詳しくは其れについて語った識者……自分の記憶だと日下公人の著書の内のどれかにそんな旨の事柄が記されて在ると思う。まあ、どれかは紹介しないけどねえ(笑)。
 其れは其れとしても自分が第二次以降のサイボーグ政権の終わりが戦後日本の終わりだと主張する主な理由は……憲法改正、此れ! 轟盲牌の愛弟子のサイボーグは何が何でもやろうとするかも知れない。ひょっとすると悪夢の郵政解散選挙みたいにやらかす可能性も否定出来ない。郵政民営化の是非を問う解散総選挙は轟盲牌の宣言通り駄目大人党をぶっ壊してカクエーの遺伝子の殆どを野党に貶めた極めてエゲツナイ破壊力を戦後憲政史に残したと言っても過言じゃない。そして此の選挙は民主主義を著しく歪めた上に財政再建派と呼ばれるカルト的な派閥の独裁政治を確立させた極めてやってはいけない選挙だったと自分は見ている。結果、悪夢のブーメラン党政権誕生を促して日本の政治を大きく迷走させた訳だからな。そんな訳で今年中に憲法改正は実現するとは限らない……が、あのサイボーグ政権の事だから飯島のジジイを利用して上手い事メディア戦略を展開して憲法改正の空気を形成して憲法改正選挙の為の解散を仕掛けるかも知れん。そんな可能性が自分には過るんだよな。そうすると一体如何成るか……多分、此れで憲法改正は良し悪し関係なく実現するだろう。そして戦後日本はサイボーグが第一次政権で願っていた戦後レジームを見事に脱却するだろう。しかし、失う物も……きっと甚大ならざる負えない。
 只、憲法改正解散総選挙というシナリオが外れたとしても改元のジレンマに見るようにサイボーグ政権が今年で退陣するシナリオでもやはり戦後日本は終わる。馬淵のおっちゃん曰く危険性の高いガースー政権発足時に置き土産の憲法改正云々含めてあの安定感の高いガースーの事だから直ぐに実行して知らず知らずの内に成立するかも知れない。いや、マジで……するとやっぱり戦後日本は終わりを迎えて行く訳だ。其の後、ガースーがとんでもない政策を次々と実行しようとも或は馬淵のおっちゃんの杞憂に終わるみたいに早期退陣するか或は意外と良好な政権運営をするという可能性も無きにしも非ず。どっちでも戦後日本は幕を閉じる訳だ。
 んで問題は次の戦前日本が如何ゆう時代に成るか? 自分は楽観主義者なので悲観的に考えたくはない。だが、大阪攘夷の会がやらかした万博のどさくさに紛れて実行するで在ろう都構想の実現とかで生じる令和初の南北朝時代とか或は都構想に乗って愛知県知事のタコ野郎と名古屋市長のコスプレイヤーに依る中京都構想で図に乗った小室親子が小室天皇名乗って令和戦国時代を引き起こすという可能性も無きにしも非ず。そうすると外国人移民法とかアイヌ法の爆弾が大いに破裂して日本は生きるか死ぬかの壮絶な戦いの時代へと転がり落ちて行く。すると此の先の日本は一体如何成るだろうかねえ。
 はっきり言って自分は命を懸けたくないのでこうゆう新戦前は何としても避けておきたい。だが、いい加減戦後という上に責任を転嫁する政治感覚を止める時が既に訪れているんだぞ。政治を良くしたいなら自分達の力で政治を良くしないと何時迄経っても政治は良く成らない……此れは八百万の神が与えた試練なのだ。新戦前は既に我々の前に迫って来ているのだ……いい加減、他人に面白さを求めるよりも自分から面白さを提供する事を誇りにしろ!
 とまあ碌に自立した精神も持っていない自分が言うのも何だが……説教臭く説教話の解説を終える。

 今の野党は地方含めて何処も駄目。何故なら駄目大人党みたいに練度を高めた綱領とか党内規律とかが……無い。本来、政党も企業と同じで企業を起ち上げた際には経営の上手い企業の技術を盗んで其の企業以上に製錬した物に仕上げないと企業の意味がない。政党も同じだ……なのに政党の場合は其れが全く活かされていない。其の結果があの五十五年体制やら悪夢のブーメラン党政権やら十八連休やらをやらかす政党の体を為さない野党共の姿だぞ! 出来る筈なんだけどな、企業経営を参考にして政党起ち上げる際に他の政党から活かせる技術を盗んで其れをブラッシュアップする事位は……何で何処も其れが出来ないのか不思議なんだよな。やっぱどいつも此奴も数学嫌いか何かか? というか数学教師はいい加減、数学を扱う意味は手足のように扱う事に繋がるってのを教えやがれっつーの(怒)!
 という訳で今回は此処迄だ。ハヤトは死なずや二回目の雑文は……残念ながら在るぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR