FC2ブログ

格付けの旅 ゲルショッカーの奇妙な味方を後ろから撃つ旅 ビジネス保守達の鎮魂歌

 ビジネス保守……其れは普段から保守を名乗る連中の事を指す。或は売れている比較的保守呼ばわりされた者達に向かって「金儲けしているけしからん奴等だ、ビジネス保守に違いない!」と嫉妬して批判ばかりして一向に『南京の真実』の完成へと重い腰を上げない三流以下の映画監督の事も指す。兎に角、保守を名乗る奴には気を付けろ。そいつはきっとビジネス保守だからな。
 ってか久しぶりなのにいきなり宣言無視したなああ--アルッパーの叫びは今でも批判を止めないあの作者に向けられた物で在る……未だ根に持つか!
 尚、作者の在る保守のフリをしたパヨク勢力への敵意は尋常じゃない事は確かに真実。だからと言って一方的に糾弾するのはパヨクと呼ばれた連中みたいで醜い事は誰よりも理解する。故につまらん意地を張っていて大層けもフレを凋落させた一人で在るケロロの作者同様の精神構造と品性下劣で在る事を認められない自分が居る事も大層理解している模様。
(とまあナレーションが相変わらず何が言いたいのが良くわからん説明をしているのを理解した上で今の俺達が何処に居るかって事だよな。今の俺達は『駄目大人党』管轄の『裏永田町』とやらに踏みしめようとしている。言わば此処は右寄り型宇宙<ビジネス保守>と呼ばれた<デイハーヴェストコミュニティ銀河>に在る<タイガーゲートニュース太陽系>第三惑星<青にゃん>に降り立つ。
 此処には駄目大人党参議院議員の『フェアレデイ』が統治しているらしい)
 フェアレデイ……其れはフェアを出し文句に熱意在る報道を心掛ける熱血の男の事。数年前の参議院選挙で比例当選してからは国の為にわかりやすいように情報を提供し続ける。然も其の情報は極めて熱意と正確性に富んでいて多くの支持者を獲得していた……筈だったんだよな。だが、と在る動画を見てからは其の関連動画……まあアンチの面白おかしく編集した動画で此のおっさんがとんでもない非人道的な事をやっていたと知った。そしたら作者だって俺だって此のおっさんに憤りを感じざる負えんな。どんな事かは本編で語る。
「此処はあいつだな。あの野郎、『ブルーリボン』を売り物にしやがって!」アルッパーは鯨外生物なのに妙に人間臭い模様。「其れを擁護する信者共は考えた事ないのか、其れが良くない事だって……何故其の前提条件を見ようとせずに無茶苦茶な擁護をするんだああああ!」
 そうなんだよ、俺もそう思うんだよ……いい加減に信者共の下らない反論を聞きたくないんだけどな--其処へ現れたのはあの動画を出して以来、盲目的な信者共に連日のように悩まされる三島一八がデュアン達の前に現れた。
「久しぶりだな」各章が次の話に移る迄の感覚では久し振りで在る事は避けられない。「如何やらタモさんを陥れた奴等にも執拗に狙われているんだろう」
「其処は少し違うと思いますね」多分、本物はこう返事するだろうというような事を記した迄。「大体こんな事を邪推するのは向こうの思う壺だと俺は思うよ」
「いいや、此れは明確に批判しないといけない」デュアンは敢えて作者が確実に優先しないといけないと思う旨を代弁した。「奴等を完膚無き迄にぶっ潰さないと『所謂保守』共は一体化を成し遂げる事が不可能だ……奴らが足を引っ張るから先のセル百合子が知事に成ってあんな『ダサい被り物』が出来たんだろうが!」
 ダサい被り物……其れはセル百合子が如何ゆう議論を経てあれが一番かと疑いたくなる程に笠を基にして誕生したダサい機能笠。折角、ハゲ添がゴリ押ししたダサい衣装を却下したのにあんなダサい笠を採用したんじゃあ本末転倒も良い所だろうが。此れにはすっきりのメインアナウンサーを務める『コージ・カドー』も視聴者やネラー共を代弁するように「此れじゃあボランティア集まらないっての」というようなコメントを述べる程だ。いや、マジでどうかしているだろうが……所詮は『上級国民』様か?
 上級国民……其れは一般ピープルとは別に特権階級に甘えた連中の事を指す。現代では国家公務員よりも金周りが良い一部の地方公務員や腐敗極まる財務省官僚等々。古代では藤原氏でなければ人ではない常識から藤原氏の周りや平家滅亡前の平家の連中もそうだ。然も上級国民様は監視社会が大好きで大昔では清盛は『禿』と呼ばれる奇怪な髪型をした子供達を各地に派遣して告げ口させたりもしたからな。現代も変わらないらしく何でもネット社会を規制しようとする法案を通そうと躍起に成っている点からも上級国民様は甘い汁を吸う体質を守りたくて仕方ないのだ。そんな奴等が近年耳にするように成ったのはあの『飯塚幸三』とかいう人間の皮を被った邪悪の化身が交通事故を起こして親子二人を惹き殺しておきながらも逮捕されず悠々自適に生活している点だろう。此れには幾ら何でも許しちゃ於けないと思わないと両親を疑いたくなるもんだ。其れなら駄目息子を自らの手で始末した元農水省事務次官の方が十倍もマシだ……殺すのは余り勧められないが。兎に角、上級国民様は売国奴だ。国賊迄登り詰める奴は最早上級国民以前では在るが立派な売国奴として等号する。だが、気を付けて欲しい……上級国民様を批判又は糾弾しようとする我々も一歩間違えれば上級国民様に成る素質を持つ事を。勿論、俺だって其の可能性が高いし作者なら更に其の可能性を潜在する。其れ位に登り詰める事の蜜というのは麻薬や覚醒剤と匹敵する程に辞められない物なのだ。其れを忘れない事だ。
「いや、其処迄熱を上げなくても良いだろう」三島一八なら二つの用語の説明を聞かされた時にこう返答するだろう。「さ、流石に他の人が聞いたら長過ぎてなんのこっちゃか理解わかんめでしょ!」
「気にするな、其処の二本足。此奴は昔から如何でも良い説明が大好きだから--」
 俺としては喋る浮遊鯨の方が気に成るんだけど--此れも又、三島一八なら言うだろう。
「おお、デュアンにアルッパーじゃないか。三島一八君と一緒とは感心するなア」
「お前は千田祐樹……死んだんじゃねえのかよ!」
 何だか『タカス』先生の御蔭で此の様にロボット千田祐樹として復活したんやで--因みに『タカス』は美容外科出身で在り、整形外科ではない為に他人をロボット化する事は不可能だと捉えよう。
「無茶苦茶だ、ってか何時から先生はサイボーグ技術を取得しているんですか!」
 細かい事は気にするな、三島一八--とデュアンは黒い方の有り得ない現象について此の様に釘を刺す。
(其れよりも近付いているな。何処から来るか?)
 デュアンだけでなく、アルッパーも二体と二人を取り囲む何かを察する。彼等はデュアンロール或は鼻息でどのように攻めて来るのかをシミュレートしてゆく!
「待て、此処はフェアに挑む!」其処へフェアレデイが『寝不足』防衛大臣と共に二体と二人の前に見下ろすような位置から姿を現す。「良くも議論から逃げたな、三島一八君。君には天罰を与えるぞ!」
「来たなあ、体から金粉が出る--」
 手ですよ、手--細かい事が気に成って仕方ないフェアレデイ。
「フェア君、あの経典を高速回転させるのが例の格付師で在るデュアン・マイッダーか」パチンカス故に『寝不足』防衛大臣はαグネの仇を討とうと目から炎が出る。「良くもパチンコ利権を……必ず殺してやる!」
「何が必ず殺す、や。お前さんが非公式会談軟んかするのがいけないんや!」
「そうだそうだ。あんなの向こう側に蹂躙して下さいって言ってるような--」
 五月蠅い、日韓合意及び日韓基本条約に従ってわしはやっているんだ……彼等は立派な同盟国だから関係修復するのが当たり前だろう--と本人が言いそうな事を『寝不足』防衛大臣は口にする。
「其れよりも三島一八君。君は良くも僕の事を好き勝手言って来たな。此の『メタンハイドレード』ソードで断罪してやる!」
「やれるもんならやってみろ、俺は男塾名物のデビル化で対抗する!」本人は絶対に言わないだろう事を此の三島一八は口にする。「ハアアア、本当は巨人化したいけど……我慢しようか、チャンネル登録者の為にも!」
「じゃあわしも--」
「お前の相手は此の私だ!」
「なあ、コロッセオって殺ッセオに聞こえるだろう……千田祐樹よお!」
 何や、此れはああ--『寝不足』防衛大臣は対千田祐樹用に『プレジデントゴンザレス』と『セッコ政憲』を呼び寄せた!
「オイオイ、如何考えてもあの『寝不足』の敵だろうが……あの二人はああ!」
「如何かな? あの柔道体型は金の為なら平気で足を引っ張る事もするしな。其れにあのセッコは『友人の友人はアルカイダ』とか言ったおっさんがローゼン政権の或る大臣だった時に郵政公社のトップを解任する事を支持したのに其れが実現出来ないと筋の通らない批判をした事で有名だよ。其れに」『日本国紀』の批判者についてデュアンは序ながらこう語る。「あの二人はれっきとした『日本国紀』批判者だよ……然も如何でも良い事を批判して此れは駄目あれは駄目とはほざいているんだぞ!」
「うわああ、二人掛かりとか卑怯やで!」
「はい、竜巻落とし!」前回りからの三人分の間合いから急速接近する驚異的な吸い込みで『プレジデントミズシマン』は本物が言いそうな事を口にしながら空中横回り肩車で千田祐樹にダメージを与えた。「良くも売れやがって……此のビジネス保守が!」
「良くやった、ミズシマン……オラア、跳弾を応用した連続ラッシュだ--」
 虎ノ門ヘッドバット--其の禿げ頭は巌よりも固く、セッコのラッシュを止めた!
「ウグウ、何て石頭なんだよ……こ、此の野郎!」
「だが、お前達ビジネス保守の天下は此処で終わる」
 そんな風に言うからあんたらは凋落するんやで--と本人なら多分、言いそうな事を口にする千田祐樹。
 日本国紀……其れは本物のビジネス保守を見分ける上で必要な本物に日本人が愛読するべき初心者用の入門書。何故見分けるのに必要か? 別に完成度が高いとか低いとかじゃない。此の歴史書に対してコピペだの何だのと文句垂れている奴等には気を付けるべきだぜ。何故なら歴史ってのは遡れば『源義経』のパクリがと在るにも今の時代にも居るのにそんな事も知らずに歴史書に向かってコピペと糾弾する馬鹿丸出しが居るんだよな。阿呆が、歴史とは遺伝子が似通って当然だろうが。そんな事も知らずにコピペ批判するのか、売れない癖に僻んでんのか……と作者の悪い癖は兎も角としても此の日本国紀は完成度が高いし、百万部近くも売れている事から読者からの支持も厚い。然も悪い部分だけをピックアップせずに面白エピソードだけを抽出すると中々に勉強出来る事実も学べるんだぞ。なのにコピペだの何だのと言って批判したり或は無料で配布しろとほざくアーサー・グッドマン売国野郎が居たり或は保守を名乗るパヨクに転向した自称哲学者……失礼、未だ作者の悪い癖に感化され掛けてしまったな。兎に角、批判する奴は『利休』の動画見てお灸据えやがれ。東大で素人気味では在るが知性よく纏めて論評する姿勢は如何にコピペ批判が自分の馬鹿を晒すかを明確にさせるのだからな。あのな、著書が完璧な歴史書を執筆出来る訳じゃない。字数の関係とか頁の関係で断念せざる負えない大人の事情ってのは在るんだよ。其れでも此の日本国紀は俺が読んでも素晴らしい内容で溢れるし、刷る毎に不適切だと思われた部分をちゃんと修正しているんだぞ。其れをちゃんと理解しろ、素人染みた批判をする連中は!
 プレジデントミズシマン……今から感情的な項目に成るので不快だと思ったら迷わず次の段落に移るように。其れは保守を騙るパヨク電波業者。保守を名乗る癖に足を引っ張る時だけは何時もの十倍力を籠めるという尊敬されない人間性を秘めた糞野郎。確かにフェアレデイ同様に此の道に目覚めさせた貢献は大きい。けれども、其れはあくまでチャンネルチェリーを開設した意義に於いての事……此の男の実績は、はっきり断言すると無いに等しい。どれ位ないかはあのタモさん事件を起こした事で如実に表されている。そして選球眼が三流いや四流以下なのは昔『小林よしのり』を自分の番組に雇った時点でも明白。然も女系推進の糞学者を一年以上も好き勝手している時点で「此奴、辞めさせるなら初めから雇わなければ良いのに……経営者としては本当に経営下手を超えているだろう」と馬鹿にしてしまう程だよ。然も保守を名乗る癖に自分がやる番組名が「極言何たら」という極論を語ってはいけない保守の常識すらも知らない事丸出しな番組名だから笑えるぜ。そりゃあ優秀な人材が次々と別のチャンネルに移籍するのも納得するよな。こんな経営のけの字も知らない人間の屑の下で働いていられないな。というか……さっさと『南京の真実』という映画を完成させろ。映画監督でも在るならプロとして其の責務を果たせ。ネットで自分に都合の良いコメントを工作したり自分の動画で都合の悪いコメントやら批判動画を削除するエネルギーを使う暇が在ったらよお!
「デュアン・マイッダー。貴様は此の私を何だと思っているんだ!」
 人間の屑だと思っている--とデュアンはそう断言した!
「此の男め、俺が此処迄に築いて来たのかを未だ知らんか。先生!」
 呼んだか--ミズシマンは『シン・アスカ』を呼んで、フルウェポンコンビネーションを以てデュアンを撃墜した!
(選りにも依って『シン・アスカ』という学者が参戦するなんて予想外。あ、アルッパーの方は……何、『馬剣星』だとお!)
 グワアア……其のキャラに設定している作者は元の人物に謝れええ--とアルッパーは浸透水鏡掌の直撃を受けて奈落から落ちて行く!
「デュアンにアルッパーが--」
「良くも俺のパクリをしやがって……オアシスのラッシュだあ!」
 グワアア、メカ化したわしがあ--何という手痛い敗北……デュアンやアルッパーに続いて千田祐樹迄やられてしまった!
「千田さん--」
「喰らいなさい、龍馬さん直伝のさざ波いい!」
 俺迄……此れは、こう成ったらアリ猪木状態で--尚、三島一八は大のプロレスファン……寝転がりながら戦う戦術を知らない訳がない!
「三島一八君、憎き『くらら』を呼び出す為にも」プレジデントミズシマンの超銀河投げを喰らい、ノックダウン。「此れで血塗れに成れえい!」
 哀れ、彼等は全滅してしまった。此の侭、ビジネス保守と罵り合ってパヨク勢力の思うが侭にされてしまうのか?
「フッフッフ、馬鹿、ですねえ。思った、通りに、動いて、くれました、か」独特な相手を苛付かせる喋りをする謎の政治屋が此の騒動を面白おかしくしているとはまだ誰も気付かない。「此れで、私の、地位は、安泰。次期総理は、私に、転がり、ますよ」



 NEXT PAGE 一度は妄想するミズシマンとくららのスペシャルマッチ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR