FC2ブログ

雑文特別篇 ハヤトは死なず 第二十九話 折角だから日本維新の会の戦いに参加するぜ! 丸山と板垣征四郎VS維新の会VS阿南惟幾BIG

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さあ、やろうかな。

 倉山満曰くロシアは国際法を順守しつつも隙在らば無視して領土を奪いに来る恐ろしく戦略眼に優れた国。丸山穂高が戦争するべきかしないかを尋ねた際に何故此れ程迄に戦争でないと取り返せないかって主張したのかを知るにはロシアが如何に話し合いでは如何にも成らない相手で在るかを知る必要が在る。ところが戦後の日本人及び日本の官僚に政治屋共は日本国内の常識を海外に照らし合わせて外国と相手するという他人と話し合う時にやってはいけない事をやっている。他人は他人、自分は自分……此れは何も海外でも照らし合わせられる常識。特に国同士だと他国が必ずしも自分達と同じ筈がない。何時迄も自国の空気を慮る行動が必ずしも正しいとは限らない事を日本人全員は自覚する時で在る。其の時に初めて憲法改正の意味を知る事に成る。
 そんな丸山穂高の前に日本維新の会の精鋭が公開処刑する為に駆け付ける。先ずは全身黒ずくめの松井一郎がえげつない連撃で瀕死の丸山を依り傷付けて行く。
「見せられるだけの技術は披露した。後は君達に任せる」
 大阪市長として多忙な松井一郎は其の場を後にしてゆく……「何だ、こ、此れはあああ!」だが、スケジュール遵守の素早い行動に反応した阿南惟幾BIGが松井一郎を食べてしまった--開幕早々に松井一郎がフィクサー争いから退場するとは誰も思わなかった!
「此の怨霊……此処はわしが相手したる」静かなる虎の異名を持つ片山虎之助はぶってぶって姫こと岡山の恥姫井由美子との敗北から得た新たなる政治力を用いて阿南BIGを惹き付ける。「政治力滑りでも……攻撃を止めへん、とはな!」
「片山さんに任せて此の裏切り者は俺と足立君で叩き潰してやる!」
「速い攻撃……だが、ホダカチカカツカム!」
「そらあ……危ない!」渾身のホダカチカカツカムと呼ばれた十字攻撃は足立の二指目潰しで初動を止められた。「イデデ……お前にそんな大技を出させるかよ!」
「速い、速い……め、ぁ……!」
「此れぞ……四玉突き!」疾風の馬場の異名を持つ馬場信幸の超高速ロシア大使館乗り込み謝罪の技術を駆使した禁断の急所四弾突きを諸に受けて丸山穂高の両眼と咽喉仏、そして金玉二つは潰された。其れは筆舌尽くし難い激痛で今にも膝を付いて楽に成りたい程。唯でさえ瀕死の状態なのに四玉突きを諸に受けて今にも死にそうな四面楚歌の丸山!
「片山共同代表はあの怨霊に苦戦している状態だし……今が生意気な丸山の息の根を止めるチャンス!」
「確実に止めを刺してやる、丸山ああ!」
 万事休すか……其の時、二人にロックオンを示すカーソルが其々顔面中央に照らされる。だが、実態弾が発射された時は何故か二人を掠める謎の二連射--其れに驚いた二人は丸山の間合いから大きく離れる!
「何者だ、加勢して来る敵影は一体!」
「何だ、あの男はああ!」
 穂高あ、大丈夫かぁ--其れは余りにも不自然な抑揚!
 左右半対象のような立ち方をする何者かの声に対して……「……」要するに『ああ、何とかな』という声なき返事をする喉を負傷した丸山。
「ファイアああ!」其の左右半対象の軍服を着た男はロックオン通りに発射されない連射を繰り出す。「オーノー!」
「グああ……何で腹部にロックオンされて、居るのに!」股間に弾丸を受けた足立は右手を床に付けながらもう一方の手を股間を抑えるようにする。「あ、ぐ、ぁぁ!」
「何なんだ、此の射撃はああ!」右腕に照準が入った為に其れを避けようとしたら反対の腕を吹っ飛ばすという斜め上の射撃に馬場は悶える。「何で、実際の射撃が照準と此処迄大きくずれる、んだああ!」
「うぐぐ、ぅうぅ」漸く声が出る丸山穂高。「何故、助ける?」
「折角だから、君も関東軍に招いてやろうかと思ったのさ!」
「そ、そぅかぁ」
 こうしてコンバット征四郎の異名を持つ板垣征四郎に助けられた丸山穂高は無事に裏永田町関東軍の仲間入りを果たした。其れは此れから待ち受けるマイオスの私兵との激しい戦いの始まりで在る事を彼は知らない……


 第二十九話に登場した政治屋は丸山穂高、松井一郎、片山虎之助、馬場信幸、足立康史、阿南惟幾、板垣征四郎。
 第三十話『久々の主人公の登場! 池田勇人、佐藤栄作、田中角栄集結……立ちはだかるは平沼騏一郎、松岡洋右、小磯國昭』に続く……

 板垣征四郎はコンバット越前。声優のせいじろうの呼び方から越前康介にした迄だ。
 随分と投げっぱなしで終わったなあ。此の後、此の四人は如何成ったんだよ……まあ御察し下さい。解説すると何で照準と実際の射撃がずれるかって言えば……十年に一度のクソゲーデスクリムゾンの三大糞要素の一つとして挙げられるあのずれる照準を再現した迄だよ。だから顔面に狙いを定めたのに大きく外すのは其の為なのだ!

 まあ阿南にしろそうだけど板垣征四郎は絶対にこんなキャラにされる事を許さんだろうな。若しかすると銃殺する為に墓の下から這い出るかもな、ハハハ(苦)。そんじゃあハヤトは死なずは此処迄。未だ更新は終わらんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR