FC2ブログ

外道を庇うような世を作るな!

 如何もdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<白魔法の章>をクリック。
 さて、今回は人を二人も跳ね殺した上に轢き逃げしたあの糞ジジイを庇う連中が如何に悪の組織の人間染みているかを紹介しよう。

 と在る作家は言った。DV加害者は殺人者と変わらない、と。其れと同様に轢き殺して逃げした人間は轢き殺して出頭した人間よりも殺人鬼と変わらない。
 そんな訳で私は轢き逃げ犯を殺しに奴の自宅に乗り込んだ!
「貴様、わしを殺せば立派な犯罪者だぞ!」
「喧しい。佐代子と里奈ちゃんが居ない人生に何の未練もないんだよ!」私はシンプルに包丁を持ち出して今にも齢九十五の轢き逃げ犯を殺害しようと乗り出す。「二人の仇だ、死ねええ!」
「待ってくれ。わしを殺せば日本経済への影響は大きいぞ」其の男はとある新聞社の社長にして大物政治屋とも癒着するフィクサー。「ど、如何だ? 国の為にも、わしを殺すんじゃない」
「知るか、あの二人は如何ゆう想いで死んだかお前はわかっているのか。国の為なら轢き逃げしても良いのか!」
「馬鹿な事は止めるんだ。もうわしは老い先短いんじゃ。こんな事をしたら国は滅んでしまう」
「貴様如きが死んだ位で国が傾くか。国民を舐めるなああ!」
 そして凶行に踏み切る。すると私の体に無数の銃弾が四方八方に貫通してゆく。中には体内に留まって内臓出血或は抜けば内臓から液体が噴出しかねない銃弾も在った。そして俺は最初こそ激痛に苛まれるものの、頭部に弾丸が放り込まれた時には既に自分が何者で何故こんな事をして其れから如何して痛みが走らなく成ったのに身動き一つとれずに我から抜け出してゆくのか……此の感覚が全くわからない程に魂が外から抜けて行く。其の理由は即ち、頭部に埋まる脳の幾つかが欠損して自分自身を機能不全へと陥れた為なのだ。
「ハアハアハア……遅いぞ、何やっているんだ!」
「遅れて申し訳在りません。まさか厳重なセキュリティを潜り抜けてこんなにも接近を許してしまうとは!」
「もう心配は要りません。犯人は既に事切れています。もう身動き一つとる事も二度と叶わない位に」
「だ、だよなあ。ふう、此れで一安心だ。追い、此の粗大ごみを捨てて来い。序に畳が血で汚れ切っているぞ。さっさと張り替え作業に取り掛かれ。わしは別室で寝るからな!」
 命を懸けて乗り込んで迄実行しようとした復讐劇も轢き逃げ犯の心には響かない。どれだけ性善説を唱えようとも悪党には元々善なる心など何処にもない。彼は晩年を強者の壁で保護され、大往生を迎えて行く……


 胸糞悪い話を如何も申し訳在りません。だが、マジで悪党というのは犯罪被害者に対する態度は此れだからな。其れだけに昨今話題の轢き逃げ事件は胸糞悪いにも程が在る。大手団体のトップだからって「さん」付けされたり然も任意同行だけっていうのも胸糞悪いし然もマスゴミ連中は船場吉兆みたいにスクラム掛けたりしないという始末……何処が弱者の為の機関だよ、ふざけんなよ(怒)!
 話をあの糞ジジイの話に移すと奴は自分の話題に成ると自分が所属する何とかのHPを消して証拠隠滅を図ったりと悪党のやり方其のまんまの事をしてやがるからな。許せるか、こんな事を……自分は到底怒りが込み上がるんだけど。自分だけとは思えないしな、こんな怒りの感情は。早く此の糞ジジイを警察は牢獄にぶち込んで欲しいもんだ。つーか一回はぶち込め。「如何せ保釈金払って出て来るんだろ」という意見も在るだろうが関係ない。一度牢獄にぶち込めば其れだけであの糞ジジイの制裁へと繋がる第一歩だからな。何しろ金の問題で四度も逮捕されたゴーンはあれだけの制裁を受けたんだ。其れ以上にあくどい事をして来たあの糞ジジイは一度牢獄にぶち込んで死ぬ迄大往生が出来ない事を思い知らせないと誰だって気が済まないぞ。特に遺族何かあの糞ジジイへの殺意は自分達の思っている以上に渦巻いていると思うと如何にも居た堪れないと思うしな!
 兎に角、飯塚幸三には天罰を願います。法の裁きでも構いませんが、最も効果的な方法はやはり天罰でしょう。ま、天罰っつっても神頼みだしな。取り敢えず木村政彦が力道山を呪い殺したように我々も飯塚幸三という糞ジジイが大往生を迎えないように呪いましょうか……ま、呪いは効果の実証性が無いのでお勧めはしませんが(笑)。
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 官能的な筆でお馴染みの由良先生の空海本を読んで思った事は……今のチャンネルチェリーの他の所謂保守界隈の放送局への攻撃ってまんま最澄が南都仏教や空海の真言密教への攻撃と変わらんなあと感じた。だから七百年以上後に信長に依って焼き討ちされるんだなあ、としみじみ思ったよ。最澄で済めば良いんだけど、大体四百年以上経ってから日蓮という最澄のパクリみたいな奴も最澄と同じように他宗派攻撃なんてやらかしているからな。そりゃあ何とか正宗な何とかアモトさんでお馴染みの連中が荒れな宗教組織に成るのもうなずくわ。空海と最澄の対立を俯瞰すると大体歴史ってのは繰り返すんだなあ、と感じる今日此の頃。要するに、だ……何も生み出さんあんな放送局何かさっさと解体しろとは言わんが、少なくとも平成(令和)の最澄であるあの社長をとっとと引き摺り下ろさない限りは経営再建は無理だろう。其れ位に他の団体を攻撃する連中は最澄と比叡山が如何して信長に忌み嫌われていたのかを理解していないという訳だ。
 其れじゃあ今回は此処迄。ハヤトは死なずは少し間を置いてからやる予定だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR