FC2ブログ

テニスは知らんけど、錦織圭以外にもチート人材が日本テニス界に存在していたのか……今回は其れをネタにしないが。

 如何も大阪選手の連覇を心より題名で祝福するdarkvernuです。
 だからってアンチスポーツな自分にスポーツネタをやれって言われても無茶なので今回は敢えて大阪選手を讃えるのとは真逆にスポーツが生活習慣病を招いたって言うような考察話を紹介する。

 如何も、大阪なおみ選手の連覇達成おめでとう御座います……自分はアンチジャーナリストの千葉光一郎と申します。今回は大阪選手を讃えるのとは逆に自分が尊敬するイチローとは真逆にスポーツを批判するネタを提供したいと思います。
 何を批判するのか? スポーツこそが生活習慣病を招いている……そうゆう風に自分は捉えます。何故なのかは言葉足らずですが一つ一つ潰していこうかと思います。
 先ずはやはりサッカーもバスケもバレーもあくまで競技内でしか通用しない技術で在って、競技の外に成ると其れは無用の産物と化すという物。これに反論するとすれば「チームワークを養うだろう」や「体力の増強に繋がるだろうが」等という反論が寄せられる事間違いなし。でも考えて下さい、前にも雑文で紹介した通りスローイングは果たして社会で応用出来る技術なのだろうか? シュートは食品加工工場で出来る技術なのだろうか? ブロッキングは意味の在る技術なのだろうか? まあオフサイドやらは未だ応用の術は在るが。だが、ない。ないのだから此れ等の技術は社会生活では何の役にも立たない。スローイングもドリブルも始末書或はクビ宣告のレベルだからな。ブロッキングは却ってパワハラ或はセクハラの領域で在り、こんな技術は社会生活では不要と思っても良い(暴れる奴を止める分にはブロッキングは応用出来るだろうが、其れ以外だと不要)。故に競技内で通用した技術も一旦競技の外に出ると全く通用しない。此れが先ず一点。
 二点目が技術は手足と成るという諺にも在る様に一度手足に成った技術は競技内では上手く機能しても競技の外に出るとデッドウェイトと化す。此れは昔、ある番組で大神いずみの旦那元木大介が前に選手引退して激太りした話を思い出せばわかると思います。其れは野球で培った技術が野球の外に出ると突如として肉体を重く圧し掛かるデッドウェイトと化すのと同じだと考えた方が良い。つまり何が言いたいのか? 競技内では健全な食事量も競技の外に出ると食べ過ぎに繋がる。結果、現役時代に比べて体脂肪の増加に繋がる典型例である。其れを解消する為に様々なスポーツ専門家は筋トレやら節制を心掛けるようだが、此れは焼け石に水で在る。引退してからではなく、引退する前から引退後の体づくりを心掛けないと間に合わない。此れが二点目。
 三点目が姿勢。競技内では正しい姿勢も競技の外に出ると不健全な姿勢と成る。一見すると姿勢は生活習慣病と無関係に思えるかも知れない。だが、此れは浅はかな分析。真にダイエットを勧めたい人間は普段から歩く姿勢、座る姿勢を心掛けないと大変な目に遭う。此れは作者が仕事中に周りが腰痛に悩まされたりする理由を分析した結果で在る。腰痛に成る者達の特徴として無理をしているから……違う、腰痛に成る様な腰の使い方をするから腰痛に成る事が判明した。要するに普段の姿勢を心掛けない為に腰痛に成る。普段の姿勢を心掛けない為に太る。そう、太る原因は姿勢が悪い事に在る。そして、姿勢の恐ろしい所は引退後に必ずデッドウェイトとして圧し掛かる事に在る。例えばバスケではやや蟹股で腰を曲げた態勢を心掛けて低い姿勢からのスティールを防がないと成らない。故に首の位置も常に低めの状態を維持し、シュート或はダンクする時は勢い良く姿勢を高くしながらジャンプする。こんな事を繰り返した肉体が引退後直ぐに社会生活下での姿勢で居られる訳がない。結果、生活習慣病を患うケースが多々在る。此れが第三点目で在る。
 他にもスポーツに依る生活習慣病の原因は在りそうだが、自分が探せる限度は三点迄。其れでも十分スポーツこそ生活習慣病の原因で在る事を示すには十分。何よりも学校の体育の授業にスポーツを取り入れる事自体が最大の誤りで在り、本来は社会生活に役立つ物だけを取り入れてスポーツ選手に成る夢を持つ者はジム成りに通って大成するのが道筋。此れが日本に於ける生活習慣病の大半を占めると自分は考察する。反論が在るなら喜んで受けよう。だが、元近鉄の金村の生活習慣の悪さを考えるとスポーツが生活習慣病と無関係で在るとは思えない。寧ろ、スポーツが日本人を積極的に生活習慣病を招いているとさえ思えて来る。
 二度も言うが反論が在るなら如何ぞコメント欄に反論を!


 でもコメント欄には何時も記されないんだよなあ、別に良いんだぞ……コメント欄に気軽に記しても。「馬鹿」でも「無能」でも「中二病」でも構わんのだぜ、自分は許可するから。でもコメント返しの場合は返せるコメント出ないと無理だけどな(其れでも「馬鹿」や「阿呆」位は其れなりにコメント返しはするけどね)。
 さて、アンチスポーツの理由は過去の雑文とかを読めばわかるように自分は心の底からスポーツなんて滅べば良いと思っている主義者だからな。体育の授業にスポーツが在るから何時迄もスポーツ嫌いの子供が増えると思う位にスポーツ嫌いの人間だ……だが、スポーツで成功した人間はちゃんと称えるだけの余裕は在る。更にはイチローや大谷レベルに成ると尊敬に値するからな(但し、焼肉記者みたいな提灯記事を書くような記者をわざと出すような卑劣な松井秀喜のような幾ら実力が伴っても偽善臭溢れる奴は尊敬に値しないけどな)。其れでも自分はそんな彼等の神経を逆撫でするかも知れんが、スポーツに対して良い印象を持たない。寧ろ、スポーツこそ日本人の性根を腐らせる原因だと自分は考える。
 其の理由は他にも在って前にツインバードストライクの脳筋記者が器物損壊だったっけ? そんな罪で逮捕された報道が在ったじゃないか。あいつは学生時代にラグビーやっていたらしいな。だが、そんなラグビーの技術が結果として犯罪行為に繋がるならスポーツは何の意味もない。後はサッカーやバスケに必要なブロッキングの技術が結果としてパワハラの技術に応用されている事だよ。というかパワハラに繋がるならそんなの学ばなければ良いとさえ思える。他には三点ディフェンスが三点パワハラを招いたりする事だ。此の社員があの社員とこんな社員と結託してあの社員を包囲するというスポーツでは重要な技術も社会生活ではパワハラ委や犯罪行為と変わらない技術に転嫁されている事だろう。
 そう思うからこそ自分は履歴書欄にスポーツが在ると採用されやすいという社会の常識は如何もおかしいんじゃないかって思える。寧ろ、スポーツこそブラック企業を蔓延させる原因じゃないかって考えるんだよ。だからホワイト化を目指すなら寧ろスポーツを除外すべきじゃないかって思う。スポーツこそブラック企業を推進する悪しきツールでさえ考える。
 まあ、だからってスポーツを此の世から滅ぼして良い理由には成らんけどね(笑)。そんじゃあ考察話の解説を終える。

 スパロボDDの第二弾プロモでやっと新規参戦組のプロも戦闘が見られたなあ。成程、四つの世界から始まるのかあ、大胆な事をするよなあ。まあ一つに絞るって中々難しいもんな。其れでもレイズナー世界と鉄血世界の親和性は抜群だなあ(どっちも火星だし)。後はデビルマンが旧シリーズを参考にした世界に詰め込まれるってのも斬新だ(つーかスーパー永井豪大戦じゃん!)。まあ、スマホ持たんのでやれないかもな(笑)。
 其れじゃあ今回は此処迄。二回目の雑文はやるぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR