FC2ブログ

雑文特別編 ハヤトは死なず 最終話 第三部に続く決勝戦開幕! 安倍晋三VS池田勇人

 如何も……やっぱり池田勇人贔屓は無理でした、darkvernuです。
 さあ、最終回をやりますか。

「勝負あり!
 勝者……池田勇人!」
 決まり手、真ゲッターライガー式ゲッタードリルアーム!
「ガッフ……フハアアア!」
「岸さああん!」
 さあ、何故かビルが召喚されて池田選手は岸選手の右手を掴んだ。だが、岸選手は其れを振り解いたああ!
「フン……フハハハハハハハハハ!」
 まるでリアルバウト餓狼伝説最後のシーンを彷彿とさせる岸選手の最後の姿を拝めるとは!
「最後の解説は我々がやるのですか?」
「やるあるよ。つーか何で私は神楽あるか?」
 其れは此方の作品では実在の政治屋を面白おかしくするのが通例ですので和田政宗議員と杉田水脈議員はそうしておくように。では此処にファイナリストが集結。最初に登場するのが……何とメカガルガルガウのようにシルバーカラーで登場の現総理大臣安倍晋三!
「総理は最初から全力全開で挑みますね」
「でも勝てるあるか? 相手は作者が戦後ベスト1にしてしまう程に主人公補正が凄いあの池田勇人あるよ!」
 いや、擁護するようですが偶々池田勇人にしたのは贔屓だけじゃありません。丁度作者の大好きなスパロボ最新作で真ゲッタードラゴンが参戦するってプロモーションビデオで判明して更に池田勇人の勝利を決定付けた。まあ、池田勇人は確かに贔屓かも知れん。でも、吉田茂が勝ち上がっても或は岸信介が勝ち上がってもおかしくはない。何しろ、戦後トップスリーははっきり言って太刀打ち出来る戦後総理大臣はほぼ皆無に等しいからな(戦前だと伊藤や桂、或は……此の先はわからんな)。
「あ、出て来ましたね」
「あいやー、まるで佐藤栄作を憑依したかのように池田勇人はフル装備状態で登場したアルね!」
 さあ、真ゲッタードラゴン(ケン・イシカワ存命なら真ゲッターライガー姿だったかも知れん)の姿で登場した最終形態の池田勇人おおお!
「対に此の時がやって来ましたね、池田さん。宣言通り、全勝しますよ!」
「やってみるが良い、栄作の大甥或は岸さんの孫よ」
 さあ、共に東京五輪内閣。最も池田勇人が東京五輪で安倍晋三に劣るとすれば東京五輪を決定した内閣は前の岸信介内閣其の一点でしょう。さあ、戦後最強の総理大臣を決める決勝戦の主審は今回も安定のガースーでお馴染みの菅義偉が担当する事が決定しました!
「フウ、まさか現総理が決勝迄勝ち上がるなんて思いもしなかった。麻生副総理が二回戦敗退が決まった時はやはり今度も古い偉大なる総理大臣が勝ち上がるしかないのかと今を嘆きました。ですが、総理が角さんに勝利した時は驚きました。総理でも何時かは偉大なる戦後の総理達と肩を並べられる日が来るという事を。そして準決勝では戦後歴代最長の政権にして自らの大叔父に当たる佐藤さんに勝利した時は『神風が総理に吹き荒れる』と思いました。今なら確信を持ちます、勝てますよ!」
「未だわからんよ、菅さん。相手はあの池田勇人です。祖父の安保の流れを何と経済成長の流れに急転換させて成功に導いた上に若しも病に倒れなかったら吉田内閣以上に長期政権に成っている可能性も在りましたあの池田勇人であります。勝負に若しもは在りません。ですが、戦う以上は公平なジャッジをお願いします」
「わかりました、総理!」
「君のジャッジは素晴らしい。そして官房長官としても実に正確無比且つ一切の私情を挟まない。仮に微笑みが籠められても私情から離れてしっかりと受け答えが出来る。こうゆう場の審判を任せられるのだから其れは実に腕の良い官房長官である証だろう。だが、贔屓はするな。官房長官の時と同じように公平に行うように」
「わかりました」
 愈々、両者開始線に付きます。さあ始まる前からクライマックスです!
「作者の事ですので此処で終わりそうな気がします」
「アイヤー、何処の打ち切り漫画あるカー」
 そろそろ飽きて来たというのも在りますので其れは仕方のないという物ですよ。さて、そんな打ち切りが迫る中で両者は迷いがなく今にも飛び出しそうな雰囲気で在ります!
「準備は良いな……では、始めえええい!」
 さあ、決勝戦が始まりましたああ--







 そして、試合時間三百六十四日二十三時間五十八分五十九秒で決着。勝者は……
「フッフッフ、実に良い児戯だった。下らん余興は此処迄にしてそろそろ日本に止めを刺す為に戦前歴代総理大臣よ。近衛及び東条の弔い合戦をしようではないか!」

 最大トーナメント篇 完!


 特別編最終話に登場した政治屋は池田勇人、岸信介、安倍晋三、菅義偉、和田政宗、杉田水脈。オリキャラはマイオスのみ。
 まんま打ち切りエンドで申し訳ない。だが、ハヤトは死なずは基本、打ち切りエンドの方がしっくり来るからな。そうゆう訳で此のシリーズ定番のつまらん終わり方をしましたな。因みに第三期は未定ですよ。
 では今回は此処迄。さて、トライワールドでもやろっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR