FC2ブログ

モップ野郎の定義よりも自分のネトウヨ定義の方が遥かにマシだと思うぞ!

 如何も最近はやる気がなく無くて困っているdarkvernuであります。
 さあやるか、古谷の奴が意味不明なネトウヨの定義をしているから自分が定義付けとは何かを知らしめてやる!

 何でも元ネトウヨ(馬鹿)がネトウヨの定義が何たるかを全国ネットで紹介してくれたそうだ。だが、此れには一見すると頭良さそうに説明しているように見えて実は馬鹿丸出しである事が誰の耳にも目にもわかる。其処で自分darkvernuのゴーストライターを務める市丸代自ら古谷の馬鹿よりも遥かにマシなネトウヨ定義を紹介したいと思います。
 ええ、結論を先に言いますとネトウヨは此の世に居ません。昔も今もそうゆうレッテル貼りの攻撃は議論の妨げに成る事を覚えておいて下さい。では結論は敢えて端っこに置いといてネトウヨ定義と行きましょう。
 最初は支那を憎悪する事がネトウヨ定義……此れ外れ。あのね、支那自体は決して憎悪の対象じゃあありません。所謂ネトウヨとレッテルを貼られた者達が憎悪いや敵対意識を持っているのが支那共産党であります。基本的に支那人民共和国は国の上に共産党があるのが普通。なので古谷のモップが定義する支那を憎悪するのがネトウヨへの道だとすると此れは余りにも的外れな論理だと思っといて下さい。アシタノワダイさんも言ってるように今の支那は共産党に侵略された国だと捉えると国自体を憎んだ場合は共産党にとっては痛くも痒くもない話。寧ろ彼等にとって国とは全世界赤化にとって邪魔以外の何物でもないからですよ。寧ろ国が無くなる方が彼等は望ましい。こんな暴論を所謂ネトウヨとレッテルを貼られた張られていない以前に普通の感覚だったら恐くて仕方ないのが当たり前。此れを許してしまうと日本は無茶苦茶に成って自分達の今日明日だって無く成る。こう考えると支那を憎悪する事がネトウヨの定義……当て嵌まらないんだよな。ネット齧らない人間だろうと共産党が上に位置するような国と仲良く成れる筈がない。仮に九条護憲且つ今の生活を大事にしたい人なら確実に支那を好きに成れる筈がないでしょうね。
 次に南新羅を憎悪する事がネトウヨ定義……いやいや、お前は何か勘違いしていないか? 仮にも元ネトウヨを自称するなら南北新羅を合わせて定義付けするのが普通だろうが。つまり日本人を拉致した上にミサイルを撃って来るようなテロ国家北新羅を憎悪する事はネトウヨに当たらないって言ってるようなもんだぞ。つまり定義を決める前から破綻している。後は南新羅を憎悪するというよりも南新羅を散々ゴリ押しする蛆や日本引き籠り協会を始めとしたマスメディアを嫌う方が適切ではないかと考える。又、国際機関に於いてはサッカーにしろ、フィギュアスケートにしろ南新羅は金を積んで運営に甘やかしを強要。彼等が批判されるのは当然だろう。何しろ、日韓共催がなければ南新羅はあれ程までに全世界のサッカーファンから嫌悪の眼差しを向けられる事もなかった。あの時、浅田真央が公平に評価されていたら彼女は五個以上も金メダルを取ってもおかしくなかった。なのに運営の無茶苦茶な採点のせいで彼女は不遇の天才として引退する事と成った。其れから歴代の南新羅の大統領が告げ口外交何て外交に於いてやってはいけない外交をやったり、国際的な約束に於いて個人同士よりも国同士が優先される事を知らずに顔が変わっただけで反故にする何て事をさんざんやられたら国際的な信頼がガタ落ちに成るのが普通。あれ、此れだと日本以外はほぼみんなネトウヨに成らねえ? 要するにこの定義も当て嵌まらないって訳だよ。
 最後はKY新聞を憎悪するのがネトウヨ……いや、此の一つだけ駄目で変態新聞や頭狂新聞とか如何やねん。同列とは言えんが、とんでもない新聞社は日本中溢れているぞ。そいつ等を一つでも憎悪しないとネトウヨとは呼ばないんだ、凄い定義だな。こっちも出だしの時点で既に定義として破綻している訳だよ。さて、KY新聞は工作員養成所として様々な工作員が日々世に放たれる訳さ。今は亡き若宮と呼ばれる故三宅の爺さんとの対談で「サイボーグを叩くのが社是」成る事を言ってしまう程に中立公正とは掛け離れた事をしている訳だよね。勝一は南京大虐殺の捏造の推進、加藤工作員さんの場合は靖国神社参拝を政治問題化、上村工作員は詐欺師吉田清治の慰安婦強制連行を既成事実化に着手して紅の傭兵の談話とネオ喜一に依る近隣諸国条項の強化に努める働きを見せる訳だ。此れだけ強力な工作活動だけじゃなく、珊瑚礁の破壊に通名報道、富田文書の捏造に吉田証書なる物で無理矢理故吉田所長の尽力を逆撫でする行為、近年ではモリカケ報道……ネットを調べなくともKY新聞の悪行の限りは嫌わない事の方が難しい話でっせ。更には親日家のギルバート・デュランダルに依る慰安婦記事に於けるメタタグ問題に依って世界にKY新聞の悪行は徐々に広まりつつある。然も去年から流行語として活用されたフェイクニュース機関としてKY新聞は世界レベルで認知され出す……一片の良心さえあれば嫌わない方がおかしい。嫌わないとしたら全く知らない人間か或はローラ級のパヨクのみ。うーん、古谷よ……KY新聞は何も知らない人間でも普通に憎悪するぞ、此れは!
 という訳で古谷が考案した三つのネトウヨ定義は……ものの見事に破綻。後、奴の調べでは四十代から七十代で自営業者で……あれ、自分は三十代前半ですなあ。三島一八より一つ年上だから其のグラフだと当て嵌まらんぞ。此奴は如何ゆう統計をしたんだ? 此の時点でもやっぱり破綻してやがる。
 なので自分が古谷のモップ頭に代わってネトウヨの定義をしてやる。先ずは古谷が馬鹿丸出しをやらかした統計からだ。此処は敢えて駄目大人党支持者に絞って当て嵌めよう。二十代から三十代迄が男女共に高い支持率を誇る。一方で不支持者は六十代以降に向かって大きく出ている。こんな人達界隈を見てみると白髪白髪が多いのが良くわかるだろう。此れを念頭にすれば大体、ネトウヨとレッテルを貼られる層は二十代以下或は三十代後半迄に占められる。勿論、四十代五十代も駄目大人党及びサイボーグ政権への支持者は居るだろうけど、彼等は寧ろ拮抗していると思えば逸れ程でもない。職業についてだが、此方はほぼ当て嵌まらない。唯一当て嵌まるとすれば逆算でマスコミ関係はほぼパヨク呼ばわりされる連中で占めると思えばネトウヨが就く職業を割り当てられるってもんだ。勿論駄目大人党イコールネトウヨってのは安直な答えでしかないのも事実だが少なくともモップ野郎の時代遅れな統計よりかは信頼足り得る。
 次にモップ野郎がやって見せた三つの定義づけだが、darkvernuの要請に応えた自分市丸代は更にゴーストライターであるmogitounosensei氏に定義づけを依頼した。するとこんな定義付けが決定されました。
 先ずはネトウヨの条件としてまろゆきを小馬鹿にしつつもまろゆきの意見に同意する者達。まろゆきと言えば「嘘を嘘だと見抜けない人にネットを使うのは難しい」でお馴染みの二ちゃん(現五ちゃん)の元管理人。ジムカスタムとの大手掲示板の主を巡って現在も対立を深めている外国在住の男。悪く言えば頭がパーン教信者でグローバリスト且つ犯罪歴豊富な無法者。だが、其れに眼を瞑ればまろゆきの言う事は得てして妙且つ今も如何して平穏無事で居られるかがわかる。大体ネトウヨはまろゆきの犯罪歴や無法っぷりを馬鹿にしたり批判しつつも本能でまろゆきの支持者であると考えればネトウヨとは何たるかを絞りやすいだろう。
 次に消極的駄目大人党支持者。重要なのが駄目大人党の熱心な支持者ではないという点。此処に着目すると駄目大人党以外に政権を担える政党が居ないと諦めている者達がネトウヨだと思えば絞り込みやすい。此れは先程のまろゆきの意見に同意する者達の定義と同じで駄目大人党に失望しつつも何だかんだ言って駄目大人党の支持者であるという矛盾しているようで矛盾していない理論を以てすればネトウヨとはどの辺りなのかを探りやすい。
 最後は嘗ての小林よしのり支持者達。自分やmogitounosennseiやdarkvernuは今も昔も小林よしのりを嫌悪するので少し違う。但し、自分以外のネトウヨは大体ゴーマニズム宣言戦争論からネトウヨに成ったと思えば絞り込みやすい。後はこち亀やスプリガンといったミリタリー溢れる漫画や様々な小ネタを挟んだ漫画から一気に戦争論に雪崩れ込むか或は戦争論じゃなくとも山野車輪氏執筆の嫌韓流からネトウヨに雪崩れ込むという副次的な流れもある。要するに漫画やアニメ、ゲームをやっている層が政治に興味を示してネトウヨに成った。此の流れを知れば定義付けとしても楽に絞り込む事は可能。
 此れがmogitounosenseiが定義づけたネトウヨの条件。如何だい、古谷よりかは現実的で説得力が増す定義付けだろう。というかさあ……ネトウヨってネットで齧った程度のネット右翼って意味じゃなかったのかよ。何時から新聞テレビしか情報を得ない奴等迄ネトウヨに成ったんだよ……そんなのお前達がお前達の理論が通用しなく成ったからレッテル貼りをして自分達の身を守ろうという浅はかな行為だって気付けえい!
 以上でそんなネトウヨなんて此の世に居ない。其れとも何か、言葉での会話をしている連中にボディランゲージで通してきた世代は「こしこしこしこし(口先共には三つの定義があります)」とか「シリシリシリ(実は僕って昔は口先共だったんです)」って言ってるようなもんだぞ。古谷……ゴチャゴチャ言う前に先ずは自分の幼稚さを治しやがれってんだよ!


 済まないな、最後は暴言だらけで。因みにエラルド・コイルみたいに全員自分だから別人だと思わないように。其れにしても玉川の阿呆も何であんな幼稚な奴と対談したよな。ひょっとして其処迄形振り構わないとか? 誰かが言ってたけど、古谷はノイホイのように見えるって話。あれは多分、真実だろう。実際、ノイホイも右翼だったり左翼だったりと変遷しまくっている経歴の持ち主だからな。まあ、そんなノイホイと比べてマシなのが未だ……犯罪に手を染めていないという所かな? というかチャンネルチェリーを去ってゆく奴等はほぼみんな……こんな人達界隈に成ってない? 如何してあいつらは雇用という物をまともに出来ないんだよ、有り得んだろう(呆)。此れで日本文化って頭文字付いているんだぞ……中身は支那共産党クラスのブラック経営其の物じゃねえか。然も金回りが黒過ぎる上に折角、ローゼン政権の時に更迭されたタモさんを散々担いだ挙句に……しつこいな、もう良いか。でもタモさんを下した事でローゼン政権を批判した意味がほぼ消失し、タモさん論文の批判を正当化する事に成っているって誰も気付いていないのかなあ? ま、しつこいので此処迄にする。
 段落を変えて話を戻すと古谷にしろタモさんにしろ、ちゃんと手綱を付けて更には色々と勉強させておけば今みたいに奴等は迷走する事がなかった。イヌワーキも言ってるように所謂保守界隈の出版社も他の業界同様にレベルが低く成っているせいで教育が行き届いていないというのは正しいかも知れない。そう考えるとやはり自分が最近確信に至る「先ずは基礎を徹底して叩き込む」って思想は選り正当性を帯びて来るよなあ。やはり教育が行き届かないとまともに育たないって当たり前の事だからな。
 そうゆう訳で時事ネタの解説を此処で終える。

 第百三十六話の解説でも行くか。最後の最後にガリバー旅行記をパクった内容に成って申し訳ない。でも、水の惑星の前半の折り返しとして此の話は最後にやって良かったと思う。何しろ、ガリバー旅行記は一般的にはガリバーが小人の国に来て様々な事を体験するってのが通説だが、此れは違う。本当のガリバー旅行記は小人の国から馬の国迄読んでこそスウィフトが伝えたい事が見えて来るんだよ。ところが童話でも良くて巨人の国迄しか紹介しないし、酷い時は小人の国迄しか紹介しない。此れでガリバー旅行記だって……スウィフトの真価とは不健全を極める所にあるだろうが(怒)! 誰かやらないかああ、ハリウッドでも良いから真のガリバー旅行記を。ディズニーもそうだけど、スウィフトの下劣さを避けるように小人の国だけしかやらないしな。だが、本来のガリバー旅行記は水田議員のLGBT発言が健全だと思える位に女性蔑視だとか様々な侮蔑表現を網羅したとんでもない一冊だぞ。特に巨人の国でガリバーは女性の乳首がトラウマに成っているからな。其処にスウィフトの伝えたい女性像が見えているから赤裸々に伝えるべきなんだよ、ガリバー旅行記は。後は第百三十六話でも紹介したように小人の国では細かい事でねちねちと言って来るのが本来の小人共の気質で一方の巨人の国では体の大きさに合わせて器も大きいように描かれる。巨人の国から馬の国の間にも様々な国があるけど其れは流石にパクる事は叶わなかった。さて、最後の馬の国こそがガリバー旅行記の真髄でもあり、人間の本質を赤裸々に紹介した問題話でもあるからな。此れも何故か一般的には伝わってないからな。此れを語らずしてガリバー旅行記を語るなんて有り得ない位に凄まじいエピソードだと今でも思う程だからな。
 とまあガリバー旅行記について熱く語ったつもりではある。兎に角、幻想的に辻褄の合わない部分を補完してからライデンの物語に終わりを告げた。但し、ライデンが死んでも水の惑星の歴史は終わった訳じゃない。ライデン達の意思は次の主役を務めるレットに受け継がれる。まあ其れを紹介して第百三十六話は終わりを告げた。まあそうゆう事だ。
 以上で第百三十六話の解説を終える。

 一応予定表だけ紹介する。
は同時に俺が話の途中で其の場から逃げ出して気が付けば海に飛び込んでいた程さ。俺を見た馬族のある青年が泳いで俺を止める迄、きっと溺死していたかも知れない。そんな彼は俺の為に筏を作ってくれた。若しも泳ぎたいなら其の筏を使って海を渡れば良い……若しも馬島の生命が言うような)

   予定日不明    第百三十七話 新天地のレット 其れは未だ見ぬ島国          作成日間
            第百三十八話 新天地のレット 恋は突然やって来る          作成日間
            第百三十九話 新天地のレット 新たな最強の銀河連合降臨       作成日間
            第百四十話  新天地のレット 初孫を見て老いを知る         作成日間

 さて、連載再開までやるのが

 覇者の大地

 ともう一つ

 勇者の印

 だ。此れを最低でも二年は懸けるぞ。明日から『覇者の大地』始まる。勿論、FC2ブログじゃなくFC2小説の方だからな。どっちも全四巻で一巻当たり三百ページ相当で限界二千文字だから宜しくな!
 そろそろトライタワーミッチー編の締め切りだ。間に合うかなあ? 以上で今年最後の雑文は此処迄だ。ハヤトは死なずは今月十に最低でも二本はやるぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR