FC2ブログ

誰が最悪なのかを統計的にも判断は難しい。だが、クリキントンとリアルノッチが最近では最も酷いというのは倉山満のアメリカ本読めばわかる話

 如何も大分追い込まれながらも未だにやる気を出さないdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<青魔法の章>をクリック。
 昔の自分もかつてはブッシュ親子(親父の方は今月亡くなったけど)が最悪の大統領だと思っていた……が、それは反米評論家のマイケル・ムーアに依る巧妙なプロパガンダとわかってからは近年ではカーターやクリキントン、其れにリアルノッチの如何にも酷い政策の数々を知ってからは奴等(勿論、アメリカを滅茶苦茶にしたクリキントン達の事だよ)への怒りを益々募らせる今日此の頃である。早速、付け焼刃ではあるがやってみましょう。

 大昔、くららのアメリカ本を読んで感銘を受けた二人と未だに反トランプ反ブッシュ親子の攻勢を強める二人に依る議論が始まる。
「ドナルドが大統領やっていると戦争が起こるぞ……」等と日本のこんな人達界隈みたいな事を口にするのが山田洋次大学吉永小百合学部所属の教授村本エイエスエイ光氏。
「村本教授と同じだっぺ。ムーアも言っているようにドナルドはウォーカージュニア同様にアメリカだけじゃなく世界を壊すぞ……」等とワシントンポストやニューヨークタイムスみたいな事を口にするのは桂南光大学ハイヒール桃子学部所属の第三期生であるトミーズ英夫氏。
「マイケル・ムーアはアメリカ民主党支持者にしてキューバの回し者だ。其れに奴もフェイクニュースの加担者故に信用するのは駄目に決まっているだろう……」と主張するのは津川雅彦大学つるの剛士学部所属の講師立川千豊氏。
「アメリカを真に壊しているのはクリキントンとリアルノッチに決まっているッス……」そう断言するのが超高校級が何なのかわからない乱入者すしざんまい蘭太郎氏。
 此の四人で近年のアメリカ大統領の出来具合を語り合う。要するにネタがないので日本そっちのけでアメリカの大統領の通信簿を勝手に議論してゆく訳だ。
「お前等はリアルノッチを批判するようだけど、あいつが居なかったらウォーカージュニアのリーマンショックやらサブプライムは解決しなかったかも知れんのだぞ」
「そうだそうだ。リアルノッチの公共事業政策をする事でアメリカは豊かに成って行ったんだぞ」
「其れは違うっす。第一ですねトミーズさんに村本さん、リーマンショックの原因はある国がリーマンブラザーズを救済するなんて言い出したのに其れを待っていたら急に『実は助けられませんでした』と成って其れが結果としてリーマンショックへと発展したんっすよ。何処の国かは敢えて出しませんっすけど」
「そうだな、其れにサブプライムは抑々の発端はウォーカージュニアの治世下ではなく、あのクリキントンの治世下で大量にやらされた新自由主義的な政策だ。奴はありとあらゆる金融緩和政策やらトリクルダウン政策を取って貧困層から金を巻き上げる一環として後先考えもせずに始め……其の爆弾がウォーカージュニアの時に起爆しただけだ。此の事実を知らずしてウォーカージュニアを安易に批判するのは馬鹿のする事だ」
「で、でもウォーカージュニアの経済政策やら無用なイラク戦争のせいでアメリカは長期的に苦しんだのだよ」
「そうだそうだ。リアルノッチは無用なイラク戦争を如何するかで四苦八苦して来たんだぞ、其れからウォーカージュニアがやらなかった貧困層対策に全力を挙げてノッチケアしたんだぞ」
「其の経済政策で奴は同時にブレーキを掛けた事を知らんのか?」
「そうっすね、不法移民を放置したって事っすよね。あれじゃあ景気回復の妨げに成るっすよ」
「其れが如何して景気回復の妨げなんだよ。人が多ければ工場は良い物だろう?」
「わかってないっすね。あのね、外国から人を入れるってのは即ち賃金を安く済ませるっす。つまりですね、賃金が安いって事は国内で頑張っている人たちの賃金は相対的に安く成るっすよ。すると如何っすか?」
「あ、物を買うのに渋るじゃないか」
「その通りだ。リアルノッチは不法移民を放ったらかしに状態でノッチケアなんて意味不明な政策を取ったんだ。此れでは不法移民は楽して保険に加入して好き放題するじゃないか。然も奴等の為に今迄保険に入っていた真面目な連中は高い保険料を支払われる羽目に成るんだ……其れと同じように経済成長させるには不法移民を塞がないといけない状況下でやらんといけない。なのに蓋を開けっ放しの状態で財政政策をやらかしたんだ……そうすると全体的な富の上昇は微妙で貧困層の生活の向上に結び付かないだろうが!」
「だ、だがリアルノッチはノーベル平和賞を取る程の偉人だぞ」
「其れは大きく違う。寧ろノーベル平和賞がリアルノッチの外交政策の足を引っ張って支那に依る好き勝手を許してしまっただろうが。後はISISはリアルノッチのせいで出来たんだぞ。更には昔ヨーロッパ各地で発生したISISに依るテロは如何成った? 何でドナルドの時にすっかり聞かなく成ったのかわかっているのか!」
「う、言われてみれば!」
「そう言えばそうっすね。シリアへの五十九発のミサイル攻撃以降は彼等も大人しいっすね。此れは表向きは襟を正しているっすかね? 其れとも……ま、テロが起こって俺が旅出来なくなるのも困るんっすけどね」
「だ、だがドナルドなんて最悪の大統領だぞ。記者を気に入らんからって追い出している事実を知らんと言わせんぞ!」
「ああ、あれか。考えてみろよ、フェイクニュースばっかり発信するような……或は歪んだ状態で発信される気持ちを。ドナルドはそう言った歪んだ情報を糺す為に今後他の記者がやらかさないように締め出したんだぞ」
「そ、其れでは市民の代表として駄目だろう」
「市民の代表とかって……何すか? 世界各国のマスメディアなんて市民の代表と勝手に名乗っているだけで実際は其れ……いい迷惑っすよ」
「其の通りだ。市民の代表という肩書自体が却って市民を見下している事を示唆している事を知らないといけないぞ」
「ウギギギ」
「そ、そうやってマスコミを批判するのは独裁を招く事に成るぞ!」
 近年の所謂保守と呼ばれた者達は理論的で且つ反論の術に長けている一方でリベラルと呼ばれる者達の知的レベルは著しい劣化が起こっている。此れは日本国内のみならない。世界各国でリベラルと呼ばれた者達は既に化けの皮が剥がれ、理論に詰まると人格攻撃を展開して良い反論の術を見付けずにいる。此れは一体如何してなのか? 此れは起こるべくして起こったのか、其れともリベラルは初めから間違っていたのか? 答えが見付かるのは未だ未だ早いかも知れない……


 という訳でアメリカネタをやった。本当にリアルノッチは無能過ぎた。やるべき時にやらずにやっちゃダメな時にやらかし過ぎたからな……でもこうゆう奴でもあの勇次郎のペニスに興奮したババアよりかはマシなんだよなあ。あのババアだったら本当に支那が主導するAIIBに加入していたかも知れないからな。だからこそドナルドで良かったよ……マジで最初は南新羅が如何とかこうとかで成ったら危ないかも知れんなあ、って思っていた頃もあったよ(でもシリアへの攻撃以降は……一気にドナルドで良かったと思える感情が溢れ出したからなあ)。
 だが、リアルノッチとかクリキントンの無能共で学んだ事と言えば「リベラルって所詮は応用の一種で基本ではないんだな」とか「リベラル程、理論に詰まると人格攻撃でしか何も出来ないんだな」とか「平和平和言ってる奴が世界を壊すんだな」とか……正に合成の誤謬其の侭の事だな。社会主義者且つ共産主義者のリアルノッチの経済政策は正しい……が「移民の蓋を開けた状態で経済政策やっても意味ネエヨ」なのだよな。だからこそドナルドはそうゆうリアルノッチの間抜けな所を封鎖して国内需要を満たして支持を急速に集め始めたと言える。クリキントンの場合は既にレーガン或はパパウォーカーの戦争で稼いだ需要を基にしてグローバル化と自由主義政策を推進して経済を回したに過ぎない。だが……下半身が疎かなのか或は後先知らんのか、奴は事ある毎に意味不明な攻撃をしてはイスラム勢力のヘイトを集めた。結果、ウォーカージュニアの政権下で爆発する事と成った……911は全部ビルのふにゃちんのせいなんだけどな(言葉は下品できたねえけど、そうとしか思えん)!
 とまあこんな感じでウォーカージュニアの再評価とドナルドが正しい為政者である事を主張する自分……だが、気を付けて欲しい。あくまで二人はアメリカの為にやるのであって日本の為にやるとは限らない。なので我々日本がアメリカの国益に害するようだったら……奴等が仮に共和党であっても容赦せずに様々な攻撃を仕掛けるかも知れない。其の事を気を付けるように。
 以上でほんの少しの議論話の解説を終える。

 では第百三十五話の解説と行こう……っつっても解説するべき所は殆どないんだけどな。後は次の話でつじつまの合わない部分を出来るだけ解消して愈々ライデンの物語を終わらせに行くんだけどね。まあ言える事としたらライデンの物語の終わりは漸く主人公になるであろうレットの物語への橋渡しに成るよう……作るつもりだ。ま、勢いでやるから何時も通り辻褄が全然合わないかも知れんがね(笑)。
 では第百三十五話の解説を終える。

 そんじゃあ行ってみましょう、予定表。

 十二月二十四日~二十九日  第百三十六話 終わりの始まり ライデンの終着点は始まる       作成日間
      予定日不明    第百三十七話  新天地のレット 其れは未だ見ぬ島国         作成日間
               第百三十八話 新天地のレット 恋は突然やって来る          作成日間
               第百三十九話 新天地のレット 新たな最強の銀河連合降臨       作成日間

 此処で漸く指揮官型を超える銀河連合が登場する。其れは既に第四十九話(だったかな?)で描写されているので復習がてら読むのを……勧めるだけであって押し付ける気はないな。
 来年はモブ、ケンガン、ワンパンマン二期を楽しみに見ようと考える自分。ジョジョはまあ今年から欠かさず視聴する奴なのであれだけど他に見る奴は見たいと思った時にしか見ないのであれだけど……少しワンパンマンで気掛かりなのがやっぱガロウ編だな。ONEは如何ゆう訳かガロウに感情移入し過ぎて一方的にヒーロー批判をさせるような展開をしているからな……本家では其れが酷過ぎて結果としてガロウ編の質が酷い物に成っているそうだ(と自分は評価する)。ブログを勝手に閉鎖したり掲示板を勝手に閉鎖している理由もきっとそこに関係しているのではないかって自分は睨む。でもな、考えて欲しい……前にも言ったけど、贔屓しているキャラを無理に持ち上げる事が他の奴から見たらどれだけ酷いかを客観的に眺めないと痛い目を見るぞって自分は過去記事で書き殴った筈だぞ。其の結果がTOZ問題に繋がったのを「あれはあれ、俺は俺」で済まない話だぞ。ONEはガロウが可哀想だと思って奴を持ち上げ、活躍する展開を設けているけど……其れなあ、テロリストを持ち上げる事と変わらんぞ。其れに幾らゴチャゴチャと理論を述べても其れでガロウの評価が上がる訳じゃない事をサイタマが論破する迄気付かないのもONEの致命的な弱点にも成る。まあ、ONEは同人上がりで仕事人としての意気込みが三流なのは今の遅筆な状況かを見ても明らかだろう……だが、天才である事は誰の目にも明らか。だからこそもう少し遊びを止めて物書きの仕事に集中して欲しいと願う今日此の頃。まあ自分は自分自身を一流から三流までの評価を安易に下すつもりはないけどな(何せ他人に説教する以上は如何しても自分を最大限に下位評価しようと努力はするけど)。まあ何が言いたいかって? ガロウ編は間違いなくアニメ版でも大荒れが予想される。出来れば大荒れが来る前にONEにはガロウ編以降の本家の執筆を再開するか或は村田やとなヤンジャン編集部に展開を早めるように訴えて急ピッチでの下書きを勧めたりして欲しいもんだ。つーか村パンマンはあんだけやって災害レベル竜のバーゲンセールだけは止めて欲しかったよなあ(つーか猫の相手は誰に成る? プリズナーが相手務まるか怪しいぞ!)。ま、愚痴は此の位にしよう。つまりだ……自分が言いたいのはガロウが今一魅力と思えるような部分が一つも感じないって言ってるんだよ。だってやっている事はテロリストと変わらんじゃん。テロリスト持ち上げるのは二次元だけ許されると思っているのか? 其れだったら純粋に地球を征服する或は強い奴を倒すという明確な思想を持つボロスの方が余程悪として魅力があるぞ(強さは今だって怪人王(笑)やガロウよりも遥かに上だと自分は思っている程だし)。
 そうゆう訳で今回は此処迄。格付けの旅やった後に雑文特別編をやるぞ。流石にサボり過ぎたしな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR