FC2ブログ

特定野党共は移民政策だけを批判すれば良いんだ、其れ以外はお前等絶対に何もやらんし! 後篇

 如何もdarkvernuです。引き続き三体の方々に学校教育について説教臭く議論して貰いましょうか。

 デュアン・マイッダー、グランドマスター、そしてマイオスの三体は引き続き日本の教育に於ける問題点を抉ってゆく。
「体育は良くわかった。次は愈々社会科の問題だ。特に歴史はネオ喜一のせいで近隣諸国条項何て言う如何考えても内政干渉条項を受け入れているのが問題だろうが。何で他国の意見が採用されるんだよ!」
「ネオ喜一は神隼人の不肖の弟子だ。奴から学んだのは経済学であって政治に於ける非情の手段を悉く理解しておらん」
「ノロマな野郎だ。経済学は評価されても政のやり取りが出来ん点はシゲルの孫であるスナイパー御曹司と変わらん」
「いや、ローゼンの奴は倉山みたいな無能な餓鬼と違って……おっと失礼。保守論客を騙って……如何如何。兎に角、其処迄批判される程、無能ではない。というか奴は必死でリーマンショックの影響を抑えようとしたのに第一次サイボーグの前任があののび太野郎だったせいで十分な経済政策も行き届かない侭に思い出すのも嫌になるあの悪夢な政権交代が実現してしまったんだよ」
「ブーメラン党に於ける政治は中々阿鼻叫喚でわしは見物だったよ……ポッポとお遍路の無様な所を除けば、だが」
「マイオスよ、貴様も怒りで一杯だったのか……あの屑共に対しては!」
「いっその事わしは自らの手で奴等を始末したい……特にポッポだけは要らん事ばかりして特定アジアに多大なる迷惑を被って今にも捻り潰して此の世から抹消してやりたい物だ」
「ああ、あいつは救い難い。代弁しようとしまいがあれだけは眼を合わせただけで殴り殺して警察のお世話に成ってしまいかねない程だ……此処迄にしよう。兎に角、歴史問題はやはり国を悪い方に悪い方に教育する様な記述と更には神話を否定した変にリアルチックな歴史教科書に成っている点だ。其れじゃあ日本の興りが全然見えないだろうが」
「だな。意外とファンタジー要素を入れるのは真実を明らかにする最も重要なファクターだからな。ノロマには理解出来ないだろうが、俺が時空王と呼ばれる所以は時を操る事に長けているだけではない。此の世界を想像しかねない伝説を持つ繰り出す要素で満ちているからさ!」
「じゃがわしはジェネラルヘッドクォーターに命じて天皇の神性を取り払って歴史を習う意義を見失ったのだよ」
「其処だよ、其処。歴史教育とは本来は『俺は神に成るんだ!』という目標を持たせる事が重要なんだ。別に神でなくても『俺はスーパーサイヤ人ゴッドに成って世界に轟かせるんだ』でも良いし、『俺は野見宿禰の生まれ変わりだ』でも良い。兎に角、歴史にファンタジー要素を取り入れないと歴史ではない。真実だけの歴史なんぞ歴史の皮を被った只の暦だ。そんなの歴史を覚える意味がない!」
「神を無くす事は歴史の否定を意味する……得てして妙、か?」
「有無、だからこそ古事記或は日本書紀を歴史教科書に取り入れろ……と言うのか?」
「そうだろうが。アメリカだって建国神話を取り入れているのに何で日本だけは取り入れちゃあ駄目なんだ? つーかお隣の南新羅何て歴史が余りに短いから無理にでも可哀想な位ファンタジー取り入れ過ぎてるんだぜ……あっちの場合はファンタジーを入れ過ぎて重要な真実が抜けてしまってるんだけどな」
「では社会科は歴史以外も問題ないと言えるのか?」
「地理はまあ、地学と併せて習わないと何が何だかわからん事だらけだ。問題は公民……つまり政経の分野。此れを学校教育は疎かにし過ぎるんだよ」
「確かにそうだな。政治屋がスーパーサイヤ人だと勘違いしているのがおかしな話じゃな」
「俺達みたいに出来る訳がないだろうが。かと言って政治屋が何でも権力を行使して不祥事をもみ消す……というのも因果の上でも無理な話だ。出来たら週刊誌は今頃存在しないだろうが」
「そうなんだよ。社会科を扱う教師が全く政治の事について無知にも程があるんだ。政治屋も体力が必要で何でも権利を行使しているのも余計な体力の酷使で重要な法案や答弁に掛けるエネルギーを温存しないとやってられないという背景何かを全く無視している証拠だ。握手だって楽じゃないぞ、腱鞘炎を起こす事なんか多々だって聞くぞ!」
「ああ、肉体を鍛え上げた筈のオオニタもハセもあの体たらくだからな。如何に政治屋が体力を浪費しやすいかを物語っている」
「特に揚げ足ばかり取る野党のノロマ共や記者のイロハも知らんマスゴミの相手もしなきゃならん。俺が政治屋だったら纏めて皆殺しにしてやってるがな」
「皆殺しにするな。兎に角、そうゆう事を社会科の教師でさえも全然理解していないのが問題だ。後は経済分野もそうだ。財務省に飼い馴らされているせいで『国民一人当たりの借金』……何て詭弁を信じ切っている。国債発行先が何処かを知らんのか?」
「其処は余り俺も詳しくない。如何ゆう事だ?」
「フフフ……国民自身が債権者である事を国民自身が理解しない理由だろう?」
「ああそうだ。此れを社会科の教師は無知過ぎる。そして経済新聞でさえも此れに気付かないという余りにも致命的な事もな。後其れから現職政治屋の大半も財政再建病に罹ってやがるしな」
「ああ、其れで増税……抑々消費税なんざ消えれば良いんじゃないか?」
「小室直樹が批判していたな、あれは所得隠しの税法だって」
「そんな事を奴が言ったかな?」
「済まん、其処は詳しくないんだ。兎に角、増税を頼む経団連も腐ってやがるし更には其れを実行しようとする財務省の連中は本当に国家の事を一つも思ってねえだろうよ!」
「思わないもんだな、官僚というのは楽な事がしたい性分だからな」
「フン、ノロマの極致よ。だから必要な教育を施す事を捨てるんだ」
「後は景気が悪い時に財政再建は適切じゃない。景気が良い時に初めて財政再建は功を奏するのを教師共も経済論者も全然言わねえからな……財務省に家族を人質に取られているせいとかは邪推だ」
「結果、経済音痴が世の中に蔓延する訳だ」
「其れで財政出動とかは何だ?」
「其れについては所謂増税反対論者の中には否定的な奴等が多い。如何ゆう訳か無駄な支出一点張りで話にすら成らない」
「フフフ、そうゆう連中に限って自分達の儲けを優先するからな。財政出動される事に困る者達が居るのだろうな」
「良くわからんが、そんな財政出動否定派も財政再建論者と如何違うのだ?」
「いや、同じだろ。恐いんだよ、社会主義アレルギーが酷くてな」
「社会主義に成ると脊髄反射で言うもんだから財政出動を全否定したくて仕方がない。だから効率だの何だの主張してお金が投じられる意義を理解しない……フフフフ」
「何故社会主義アレルギーに罹るんだ?」
「要は手足の使い方を理解しないからさ。どいつも此奴も数学の用法を得ていない。故に社会主義アレルギーがフリードマンらシカゴ学派の主張するもう一つの全体主義とリンクする事を全く理解したがらねえんだ。自由主義も生き過ぎれば全体主義と変わらん。其処も教師共は教えるべきなんだよ」
「だが、ノロマ共は社会主義の走狗……社会主義アレルギー共は財政出動全否定派、か」
「社会科の話は其処迄にするべきだろう。次は理科の話は如何だ?」
「其処については……問題点とすべき事が少な過ぎるんだよな。要は米村でんじろうのやり方を授業にしろ、としか言いようがないんだ」
「フフフ、一つだけあるじゃないか」
「何だ、マイオス。若しもノロマな事なら切り刻んでやるぞ!」
「簡単に切り刻まれるわしではないわ。良いか、原発アレルギーを少しでも緩和するため、だろうて?」
「ああ、其れがあったな。如何も反原発論者共は鬱陶しくて仕方がない。原発泊めて火力発電にしたら空気汚染で死亡者が増加するという事実を無視してやがる」
「後は環境問題の嘘だな。其処を理科の教師共は温暖化真理教に罹って全然理解していなかったな」
「だよなあ。温暖化は元々原発論者が広めた嘘科学なんだぞ。つーかフロンガスもそうだけど、金になる為にフロンガス否定派共はフロン有害論を撒き散らしている事を何故教師共は知らんのだよ!」
「其れは初めて聞いたな。フロンガスはオゾン層を破壊するのではないのか?」
「実はフロンガスって……空気よりも重たいんだ。此れが意味する事は何かわかるか?」
「上昇するにも無理があるじゃないか。ノロマ共め、良くも俺を騙したな!」
「二酸化炭素有害論もそうだからな。かと言って原発を規制するのは太陽光発電利権とGTCC利権に金を渡す愚行だからな」
「ツネヤスの事だな。あいつは禿野郎と手を組んで日本中にソーラー発電で森林伐採を推進してやがる。そしてGTCCで日本中を大気汚染に染めようとしてやがるからな。幾ら原発利権が温暖化利権と結んだからって結果的に環境汚染してるようじゃ本末転倒の極だろうが……てめえは華原朋美とダンブリングダイスでもしてやがれっつーの!」
「貴様もわしらの事を言える立場か!」
「デュアンめ、何気に作者の代弁をしているじゃないか」
「言うなっての。俺は自分が絶対的に正しいと思い込む馬鹿野郎が如何にも許せん質でな……正義を主張するのは構わないが絶対たる正義なんて此の世にない。行き過ぎた正義は独善と変わらんと自覚しないと意味がねえぞ」
「まあ俺が正義だがな」
「わしの方が正義じゃ」
「だから来たくなかったんだよ。お前等悪はそうしてドヤ顔して来るからさあ!」
 此れで全てが出し尽くされた訳ではない。其れでも問題点を出さずにいられない者達が居る限りは未だ未だ議論は続いてゆく……


 フロンガスの嘘は最近知った事だ。実はフロンガス有害論って……フロンガスを知れば知る程嘘八百である事実に行き着く訳だよな。何故ならフロンガスは空気よりも重たい……あれ、如何やってオゾンホールなんて出来るんだ? 仮に浮かんでも如何やって成層圏迄届く? そして成層圏の熱はフロンガスが平穏無事で居られる程冷めた物か? まあ、付け焼刃な知識ではあるがフロンガスはオゾンホールを開きません……詳しく知りたい人はフロンガスの嘘を検索してみて下さい。
 国語の問題点はもう出し尽くした後だからあんまり詳しくは述べられない。過去記事を参照してください。数学教育の不十分さもそうだが、数学教育を理解しないとスマホの利便性が数学のお陰だとか如何して携帯の電波が届くのかを理解出来ないと考えた方が良い。後はワード、エクセル、パワーポイント等々もそうだが……あれ数学知らんとわからんだろう。つーか数学こそが必要な学問であり、体育は不要……結局自分は其れが言いたいだけだ。
 まあ体育の授業は必要だけどな。但し、ボール遊びとか応用の方を学ばせるのではなく歩き方、走り方、正しい柔軟体操……社会で必要な動きを学ばせる事が本来重点的にやらないといけないもんだ。柔軟体操何てほぼ九割方間違った奴だからな。何せ運動した後にやらないと柔軟体操の意味がない。後は柔軟すればする程柔らかくなるのではなく、間違った柔軟体操は却って筋肉を傷める事に繋がる。此れを知っている筈の体育の教師が知らずに元漁師の漫画家が知ってるって如何ゆうこっちゃねん! 此の事実を知ったのはつい最近だ……マジで体育の授業は歴史教育と並んで腐敗しているとしか言いようがない(怒)! 後は歩き方、走り方だ。然も走り方は最近は批判ばっかりされてガタついているはじめの一歩という漫画が教えてくれるぞ……だから何で体育の教師は走り方一つも漫画家の人間に軽く劣ってるんだよ(驚)! 本来、歩き方、走り方、其れから正しい柔軟体操は本職の体育の教師が把握して然るべき……なのに漫画家にも劣る知識って如何ゆうこっちゃねん! だからこそ体育は本来所謂保守論客を騙る連中は歴史教育と同様に口を酸っぱく言うべきなのに……言ってる奴そんなに居るか? 調べ方が悪いのかも知れんが、あんまり知らんぞ。
 其れから既に語りつくされる歴史教育。此れは其処迄言う必要はない。だが、社会科で当て嵌めるとやはり地理も政経も公民も問題だらけだ。地理は自分は余り詳しくないので論じていないが、政経は本来知らんと何故選挙権を行使したり政治に興味を持たないと駄目なのかが理解出来ない問題だ。政治に関しては過去記事で散々口を酸っぱくしながら書き殴ってきたテーマだ。だから敢えて述べる事はしない。だが、経済分野は別だ。経済分野に関しては最近幻滅して何を為そうが信用しなく成ったDV常習犯の人が口を酸っぱく語って来た事だ……財政出動をせずして経済理論は成立しない。だが、所謂保守論客を騙る者達は如何ゆう訳か社会主義アレルギーなのか財政出動に否定的なんだよな。ドナルドだって今は亡きマギーだって今は亡きロナルドだって財政出動を怠らなかったぞ。其れに自由主義に欠陥があったからこそケインズは財政出動の重要性を説いた。だが、財政出動は却って社会主義勢力に付け入る隙を与えると唱えて隷従への道を始めとしたあるべき経済理論を説いたのが彼のハイエク。然もハイエクは自分の理論の中で自由主義の欠点に着目している事を所謂保守論客共は知っているのかって問いたい。此れを知らんと財政出動の意味も行き過ぎた自由主義も全体主義と変わらん事も理解出来んぞ。居るんだよなあ、増税反対とかを主張しながらも財政出動に関してだけ全否定する経済のイロハも知らん奴等が……此奴等が結局、移民推進派に付け入る隙を与えている事に気付こうぜ(呆)!
 後は理科の話だろう。でんじろう先生の授業を広めようかなあという出だしだったけどよく考えると環境汚染の嘘に関する話があったと気付いて其れに着目したんだよな。理科の教師共は此れも全然教えてないからな。原発は口酸っぱく反対しておきながらも二酸化炭素元凶説の破綻性に目を向けようともしない。然もフロンガスの件もそうだし、ダイオキシンの問題もそうだ。大体の環境問題の主張は出所を詳しく調べると……必ず偽善へと行き着く。金の為に環境問題を叫ぶ事を理科の教師はもっと生徒に教えるべきなんだよ。後は太陽光発電とか自然エネルギーは反自然エネルギーであるという矛盾も教えるべきなんだ。だが、教えないんだよなあ……何故なら彼等は理科の教師ではなく環境汚染教の信者だからさ(悲)。本当の理科の教師ならば毒を薬に変える術を教えようとする筈だ……だが、出来ない。新興宗教の信者のように思考停止に陥ってるからさ。
 最後は最初に紹介した副教科についてだ。実は四つ以外にも音楽、美術、書道があってなあ……此れ等三つは多分必要だろう。特に書道は日本人に馴染みが深いから徹底して教えても良いと自分は考える。んで冒頭でも紹介した通り、家庭科と保健体育は不要。家庭科なんて野郎を益々女々しくしたいのか! 保健体育何て……自分は下ネタが大嫌いなんだよ。其れ聞く度に気分悪く成るから抹消すれば良いんだよ(怒)!
 以上で説教話の解説を此処で打ち切る。

 では第百二十九話の解説を始める。申し訳ないな、土曜迄縺れ込んで。如何も執筆する気力が安定しないのが原因かな? 特に朝起きないと中々頭が働かないと成れば大変な苦痛だからな。そうだ、此れからは出来る限り朝に書けるように努めよう!
 さて、今回ではライデンの抱えている爆弾について紹介した。そして爆弾は革仙者に覚醒する為の近道であり、全生命にとって如何しようもない話でもある。此れは遠過ぎる過去だけじゃなく現実世界でも良く聞く話だ。例えばアレルギーを解消する為に敢えてアレルギーに罹って自力で克服するという奴(そして悪化して更に体調を崩してしまうのは否めんが)。後は天然痘対策に牛の天然痘に罹って克服するという奴(因みに牛の天然痘に掛かる事で確かに克服はしたが……同時にもう一つの問題に直面した事を知らないといけない。詳しくはググってね!)さ。基本的にライデンは何時でも死と隣り合わせの状態に居る訳だ。銀河連合に乗っ取られて取り返しがつかなく成ればもう同胞に打たれるしか救われないという死と隣り合わせの状態だ。そんな事をライデン自身が知ってから話は其処で終わる。全く未だ未だ語るべき事はたくさんあったのではないかって思えるぜ。
 という訳で第百二十九話の解説を終える。

 さあ、予定と行こうぜ行こうぜ。

 十一月十二日~十七日   第百三十話  終わりの始まり キシェール最後の雄          作成日間
   十九日~二十四日   第百三十一話 終わりの始まり 急激な氷解は惑星の水位を押し上げる  作成日間
  二十六日~十二月一日  第百三十二話 終わりの始まり エリオットの記憶は流れ星の中に    作成日間
 十二月三日~八日     第百三十三話 終わりの始まり たった一人だけの五武将        作成日間

 タイトル付けただけで悲しく成ったのは只の自慰行為か何かかな? まあ良いとして、だ。どんどん終わりが近付くねえ。
 そう言えば補足だけど、GTCCは説教話で紹介したのとは違うのを後で知った。確か大気汚染物質の飛散率が少ないからデュアンが怒鳴り散らすような深刻な事には成らないそうだ……が、やっぱり原発の代替には成り得ないね。幾ら大気汚染の確率を減らした所で原発のように高効率な発電量を確保出来なければ代替エネルギーとしては……話に成らん。後は仮にGTCCに全て変換したとしても果たしてツネヤスが言ったみたいになるのか? ツネヤスは禿の件でもそうだけど、絶対に何か隠しているとしか言いようがない。こうゆう点ではツネヤスを信用しないんだよなあ(如何も反原発を主張する理由が何時も聡明な論理展開する筈の奴らしくないんだよなあ)。
 そうゆう訳で今回は此処迄。格付けの旅は夕方辺りにやる予定。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR