FC2ブログ

うまるちゃんの話題もしたいけど、税金泥棒の奴等の余りにも無駄な質疑に結局怒りを覚える自分が居る!

 如何も未だにお金様の後篇を全然やらずにトライタワーの進捗だけ進め、更にはツクールmvトリニティで作る予定のカラテカのパクリゲーム(RPG風だけど)を構想する故佐藤大輔クラスに一つの事を終わらせるのに集中しない変幻自在のクソ野郎darkvernuです……やっぱ猿先生のネーミングセンス良いわ!
 始める前に『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 早速始めたいと思うぜ。

 如何もアンチジャーナリストの土岐永智宏と申します……いい加減、僕以外のアンチジャーナリストが目立ってくれればいいと思う今日此の頃。
 さて、今回は税金泥棒とは何なのかについて紹介したいと思います。皆さんに簡単な問題を挙げたいと思います。幾つかのテーマを紹介して指定した時間でどれを重点的に論じるかを選んで貰います(結局作者が選ぶ事だけど……御容赦を)。そうですね、別に国の問題ではなく簡単なテーマを八つ紹介します。

 ①アバ茶が混入したのかしてないのか
 ②金髪君のお尻にある黒子は一体どんなダイスケなのか
 ③16*55=28に成るのか成らないのか
 ④今日の晩御飯は何にするか
 ⑤明日も家計簿が安定しているか否か
 ⑥家の耐震は今の侭で良いのか
 ⑦泥棒対策は今の侭で万全なのか
 ⑧自分の健康は健診を少し位サボっても大丈夫なのか

 此の八つですね。普通なら①~③は別段如何でも良くて一切合切無視しても構わない物だろう。重要なのが晩御飯が何かの④、今後の家計を心配する⑤、家が地震や台風などで潰れる心配を考える⑥、強盗が入ってくる可能性を憂う⑦、そして自分自身の問題である⑧だろう。三時間の質疑で在ろうとも先程紹介した④~⑧は重点的に時間が割かれる問題ばかりだ。
 ところが戦後日本では……いや、戦前もあったかも知れない。だが、如何ゆう訳か③の問題が最初に重点化される。其の政策は如何考えても28に成って880に成らないと特定野党は叫んで一向に話が進まない。其れを何とかしても今度は金髪君の黒子を指摘する②に文句が集中。黒子が彼のネットジャーナリストであるから金髪君の総辞職を促す。此れを金髪君が「シュレディンガーの猫みたいにあの大輔かも知れないし、松坂君の素顔かも知れない。僕自身が鏡を使わないとお尻を見る事が出来ないから其れを証明するのは余りにも卑猥極まるじゃないか」と答弁して何とか解決しても次に待ち受けるのが不祥事の①。アバ茶とは尿入りのお茶である。其のお茶がアバ茶の可能性があると野党は追及する。其れは紛れもなく国の問題とは全く如何でも良い話であり、然も衛生面を盾にした卑怯な質疑である。此れに関しては与党も納得のゆく答弁が難しく、時間を掛けられる。結果、④~⑧の政策に関する議論が半端な侭に時間だけが流れて採決へと至ってしまう。此れが今、特定野党が行い続ける政治の停滞手段。彼等は①~③ばかりを問うて三時間、一方の④~⑧は僅か十分という有様……此れでまともな国会運営が出来るのだろうか? 否、出来まい。
 未だ未だ戦後日本の問題はこうゆう下らない質疑を然も満面の笑みで自慢する奴等を排除しない限り、健全な民主主義も醸成しない。まともな反論あっての民主主義。少数を大事にする為にも少数はまともな質疑で与党を責め立てないと有権者の票に答えた事に繋がらない。彼等が①~③を本当に後回しに出来る事を願うばかり……


 まあ一つずつ解剖してゆくと先ず①は原発問題や環境問題だろう。公害を如何のこうのを問われると如何ゆう訳かまともに反論するのも難しい。だからこうゆうのは出されると如何ゆう訳か追及の手が止まらないんだよな。
 次は②だが、此方はモリカケ問題といったスキャンダルの事に関してだ。此奴は野党に転落していた駄目大人党は良くやっていたので余り喜ばしい事ではない。まあ、駄目大人党はあくまで日本の政党の中でマシなだけでキーシがあの教会と手を組んだ事やカクエーが支那の門を開いて後々頭がパーン党を切れない問題や支那工作員を国内中に溢れさせた問題だけ(他にもまだまだたくさんある駄目大人党の大罪)は許さんけどな。まあ兎に角、モリカケ問題を借りに追及したとしても一年も経過すればいい加減、学習しようぜ……そんな事やる度にお前等の首に掛かってある真綿の締め付けが強く成るってな。だって真宮寺是清学園はバイブの生コンと密接に関係する野田中央公園が絡むし、家計簿学園だとタマキードさんを始めとする獣医師の黒い部分が関係するもん。
 ③は財政問題だな。財務省とかマスゴミやらがやるのがそうゆうナランチャみたいな答え方だ。フーゴことまともな経済論者は今にもフォークを手にしてナランチャの頬を突き刺した挙句に「ド低能があ(クサレ脳みそ)!」と怒鳴ってテーブルにドタマ叩き付けるようなもんだ。そしてナランチャこと財務省とマスゴミは切れて「人を見下す台詞は良くないよ、殺してやる(低能とか言ったな、殺してやる)!」と言って喉元にナイフを付き付ける訳だ(要するについてない洋一を三時間も風呂に入っている事実を無視して時計窃盗の容疑で逮捕したり、愛国者である酒を泥酔させたまま会見させると言った報復)。後はやはり外交で特亜の心配ばかり唱える事だろうな。此れも正にナランチャの答案其の物だ……掛け算したら何故か6*5或は5*6が30よりも下回る数値に成る本当の理由だな。
 んで④は所謂景気対策の話だ。晩御飯を如何するかは景気対策を論じる事に等しい。ハンバーグなのかスタンダードな御飯とみそ汁かは中々に企業としては子供達の為に何が良いのかを考える上で重要な話だ。でもハンバーグばかりじゃあ子供達は偏食に成るし、或は飽きてしまう。御飯とみそ汁ばかりだと飽きないけど物足りなさを感じてしまう。故に景気対策とは何を投じても万能薬に成らない。だからこそ適材適所……黒木ネタでうんざりだろうけど、使うべき時に使うべき対策をする事こそ本来の景気対策なのではないか、と考える。こうゆうのを奴等は追及するべきなのだよ!
 ⑤は雇用問題。今日の晩御飯が食べられても明日明後日迄保障出来る訳じゃない。失業率が高いと食べていけないし、給与が少ないと長期的な計画も立てられない。となれば本末転倒だろう。本来ならばマルクス党が散々問うている事を労働組合からの熱い支持を受けているサーヴァブーメラン党共は実施するべきなのに……なのに奴等は駄目大人党よりも労働組合がやるべき事を全然実行していない。つーかマニフェストはムンがやらかして失敗した政策の丸写しだからな……こんなんが雇用問題の回復に成るか!
 ⑥は震災を含めた災害対策の話。此れは自分の家が如何なるかは自然災害次第と言ってるようなもんさ。此れは将来の家の為にも無視出来ないだろう。事実、自分も家も既に改築済みだしな。最大の理由はやはり今の侭を続ければ自然倒壊する可能性もあるからだよな。そうゆう訳で災害対策は無視したら……今年頻発した大規模な自然災害同様に復旧に大きく時間を割かれる訳さ。全く殆どが今野党やってる連中のせいだと思うと腹立たしくて仕方ない!
 ⑦は国防に関する問題だ。或は法に関する問題でもある。此れは例えば沖縄問題を隣家との畑の所有権をめぐる問題に例えるとわかりやすい(自分が説明するとわかり難くなるが)。或は北海道の問題だと水道会社をどれにするかに掛かるもんだ或は電気料金会社との契約と思えば良い。此れを誤れば闇金業者がやって来て「金返せや、オラア!」「金は命よりも重たいでっせ、お宅さん」とか言って恐い人達が大挙して来る訳だ。家の事と考えれば国防はお花畑では済まない。一歩間違うと夜逃げ同然の状態に成るもんさ。
 最後の⑧はいわば福祉の問題。或は教育に関する問題だ。此れは健康でなければ幾ら理想郷を唱えても限界が来るという話だろう。ところが野党共は此れに関しても全然何も言わない。つーか、此れを無茶苦茶にしてきた経緯があるからな……え、野党共が政権交代前に年金問題とか今やってる野党議員の関与が疑われる入試問題とかさあ……あいつらは自分達の事に成ると直ぐにひっこめようとして更には追及されるとチンみたいに「大手マスコミがやらない事を俺が知る訳ねえし」とか答えて打ち切るからな……腐っとるなあ。
 とまあこんな感じだ。要するに奴等の質疑は別段如何でも良い①~③ばかりに集約しているというのを知ってうまるもといニダールの話やってる場合じゃないと考えて此れにしたんだ。全くふざけているだろ、④~⑧をたったの十分だけとか……如何考えても重要案件だろうが(怒)!
 因みに①と③をアバ茶とナランチャの珍解答にしたのは今アニメで第五部やってるから……其れ以外にない。②はあくまで趣味だ。金髪君の設定には何でも成れるというハグキュアのテーマみたいなあれの他に尻にダイスケ型の黒子があるという。序だから其れを②に設定した。
 以上で時事ネタの解説を終える。

 第百二十八話の解説を始めるぞ。此れは正に未だ成り立てのライデンが五武将として成長を始めたお話だ。だからこそ其の壁として己でもトラウマと成る最強の百獣型にした訳だ。然も一度は敗北して再度立て直してゆく訳だな……うーん、カイジやバキみたいに何か進んでいないような気がするなあ。まあネガティブな話は其処迄にして襲名披露として前代土の将を再登場させる訳だ。そして負けてライデンにバトンを渡すのではなく、ライデンに踏み出す勇気を与えた状態で自ら百獣型を倒す様を見せ付けながら死ぬ事にした。あんまり簡単に死んでは強さの目標としては完結してしまうので敢えてそうした。目標というのは達成が困難だから目標というのが正しい目標であって何れは達成出来る目標は目標と呼べない……だからって無理難題な目標を立てろと言ってる訳じゃないぞ!
 そうゆう訳で第百二十八話の解説を終える。

 そんじゃあ予定表だぞ。

 十一月五日~十日     第百二十九話 終わりの始まり 己の中にあるもう一つの己       作成日間
   十二日~十七日    第百三十話  終わりの始まり キシェール最後の雄          作成日間
   十九日~二十四日   第百三十一話 終わりの始まり 急激な氷解は惑星の水位を押し上げる  作成日間
  二十六日~十二月一日  第百三十二話 終わりの始まり エリオットの記憶は流れ星の中に    作成日間

 一応、首都ボルティーニはエリオット・ボルティーニの名を残す為に名付けられた物だからな。そうゆう意味で百三十二話の題名は意味が深い。
 にしてもあんなしょぼい人質生活の何処が地獄なんだ? テンプレなニートと如何違うのか知りたいぜ。後は其れを話し合いで解決するとか息巻くゴーリキーの旦那に成る予定のゾゾ野郎は本当に馬鹿ですか、阿呆ですか? そりゃあマルちゃんが呟く訳だ……そしてマルちゃんに突っ込まれると「話し合いは話が出来る人とやるんです」って逃げる訳だ。話し合いを強調する奴程、自己中に走りやすい典型例だな。
 其れじゃあ今回は此処迄。にしても「諦めたら其処で試合終了」とか……監禁場所にはスラムダンク全巻置いてあったのか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR