FC2ブログ

付け焼刃な話題だが、コンビニ業界は滅ぶべくして滅ぶだろう

 如何もネタが思い付かないのでよく寄るぬこ記事でお馴染みのハム速に目を通しているとある記事を見掛けたので自分なりにコンビニ業界の何が問題なのかを語る情報の素人darkvernuで御座います。
 始める前に何時も通り『格付けの旅』が土曜日に更新されましたので読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<赤魔法の章>をクリック。
 結論から言うとコンビニ業界のやる事は蠱毒と変わりがしない。幾ら儲けた所でコンビニオーナーを始めとした店側に何の利益も齎さない。

 コンビニは現在、セブン11、ローション、家族マートの三店舗が争う時代に突入。前迄前線で競い合っていたサークルザンバーはサンキュスとの合併で自ら落とし穴に嵌って家族マートに吸収された。ミニ止まれは大した規模でもない。デイリー竜二は元々パン屋から分離した特殊なコンビニでしかない。ならばコンビニ大手は必然的に此の三社に成る。だが、三社ともにトップは儲かれどもコンビニオーナーら下っ端にとっては地獄でしかない。とあるコンビニオーナーを務める金髪君に尋ねてみた所に依るとこんな回答が漏れた。
「いやあ、まさか同じ家族マートが隣にも出来るなんて思ってもみなかったよ。普通有り得ないだろうね、同族殺しをコンビニでやるなんて。前なんかH市T元町だったかな? T高校の上側に家族マート、下っても家族マートがあるというのならまだ何とか許せるよ。でも隣同士は流石に何の得があるのかわからなかったね。寧ろ、売り上げを半減以下にする愚行じゃないかって親会社に文句言いたく成る所業だね。まあ、家族マートだけじゃないね。銭湯ある所の付近にローション、大学がある方面にもローションという配置もはっきり言って意味あるのかって問いたいね。まあ其れと同じようにセブン11もJR西日本学研都市線T駅のほぼ真ん前にあり、T駅入り口から更に真っ直ぐのローヤルホームセンター近くにセブン11も何か配置させて意味ある? 近くて便利なのは構わないけど、蠱毒みたいに同業者同士が潰し合うのは流石に人間性を疑いたく成る所業だね。ま、コンビニオーナーの僕が言える事は其れだけだよ」
 一応隣同士についてはある記事を目にして金髪君に述べさせた事。だが、其れ以外は作者のコンビニ通いから来る体験談。特にコンビニ業界の手口としてT高校を登った先に家族マート、下った先にあるH駅近くに家族マートは流石に便利ではなく安売り。コンビニを作れば良い物ではない。ほぼ万人がWIN-WINでなければ未来はない。特にコンビニオーナーを任された者達にとっては付近に同じようなコンビニが建てられたとあっては溜まった物じゃない。同じ店なのに違う商品欄で違いを見せつつも魅力ある店にするよう強いられる。そしてオーナーは壊れて行き、生活が成り立たなく成る……必然ではないか、こんなの!
 コンビニ業界に警告する。自分達だけが儲かるシステムを此れ以上押し付ければ待ち受けるのはコンビニ業界の崩壊。そして大規模なコンビニオーナーの乱の幕開けを意味する。コンビニ貴族が我が世の春を満喫するのも今年で最後かも知れない。大規模な社会的な事件に発展する前にコンビニオーナーへの救済措置を採らないとコンビニ業界は滅ぶべくして滅ぶだろう……


 全部言っちゃったような気がするが、解説をしよう。正直言ってコンビニの便利はオーナーの不幸に依って成り立つと思った方が良い。だが、オーナーに何時迄も不幸を押し付けると先程述べたように大塩平八郎の乱ならぬコンビニオーナーの乱を頻発しかねない。まあ、武力で乱が起こる訳じゃない。要はストだよ。コンビニオーナー共は近い将来、フランチャイルズ(で正しいかな?)に対して大規模なストライキを起こすんじゃないかって自分は思う。そうすると如何成るか? コンビニ業界は瞬く間に崩壊する……自分はそう予言する。というか潰し合うように配置させるとか……上の奴等には人の情が無いのかっつーの! 儲ける為なら何をしても良い筈がないだろ。此れが経営者のやる事かって言いたいぞ!
 という訳で一応時事ネタの解説を終える。

 第百二十六話の解説でもしましょう。要は第六十九話の延長線上のような話だ。こうしてレットは此の時代に留まり、一つの終わりが近付く水の惑星にて奔走する訳だ。ま、この先如何なるかはまだ決まってない。結末は決まり切っているけど、どう展開するかは正直言ってノープランのまま進んでゆく予定だ。つまりだ……今回も解説らしい解説に成らない訳だ、御免ねえ。
 という訳で第百二十六話の解説を終える。

 じゃあ予定表と行きましょうか。

 十月二十二日~二十七日  第百二十七話 終わりの始まり 五武将として             作成日間
   二十九日~十一月三日 第百二十八話 終わりの始まり 其れは正に百獣が如く         作成日間
 十一月五日~十日     第百二十九話 終わりの始まり 己の中にあるもう一つの己       作成日間
   十二日~十七日    第百三十話  終わりの始まり キシェール最後の雄          作成日間

 今回の長編はいわばあらゆる事柄を一旦グレートリセットするからな。但し、引き継がれる奴はちゃんと引き継がれるから全てがリセットされる訳じゃない。ICだってそうだし、天同家の血筋だってそうだ。リセットしてはいけない事柄だけはちゃんと引き継がれてゆく。
 コンビニは無くてはならない存在だ。しかし、便利だからって何でも建てれば良い訳じゃない。そんなのブラック企業のやり口だ。企業が第一に優先するのは確かに利益の最大化だ。だからって地元を苦しめるように何でも建てて潰し尽くした後に採算が取れない事を理由に撤退するのは鬼畜の所業だ。WIN-WINが成立しないと福沢諭吉が言う経世済民の精神が失われてしまう。其の為にも利益最大化も大事だが、良心を失わないように地元への貢献を大事にしないとな。エリート意識の行き過ぎは身を滅ぼすぞ。
 という訳で今回は此処迄。最近は二回目の雑文が多いなあ。でも、自分はあれやりたくないんだよな。なのに如何もやってしまうんだ。説教臭くてエリート意識が強く成り出した証拠かなあ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR