FC2ブログ

二回目の雑文は……自分はしょっちゅうやる人格攻撃の件について。議論の基本とは人格攻撃に非ず!

 如何も先週は二回目はやらないと宣言した癖にちゃっかりやってしまったdarkvernuです、申し訳ありません!
 自分が尊敬する学者で故小室直樹も指摘した日本人がついついやってしまう議論中の人格攻撃。だが、実際の議論とはそうではない。其れを紹介しておこう。

 如何もアンチジャーナリストの船田勝一と申します。誰と誰を? 何の事でしょうか? 今回紹介するのは議論の基本について。何が基本なのかを今から三つ紹介して一つを正しく選んで下さい。正解は一つしかありませんので。
 では議題とは『空手は手が空っぽなのか?』である。そして論者二人も其々紹介しよう。
 先ずは空っぽ派の空手検事君。普段はAVが趣味で外食中に味が不味いと一銭も払わないという如何しようもない人物。対する反対派は松尾独歩君。普段は真面目で趣味は新聞テレビ。模範的な人物である。
 其れでは三つの議論の中身を紹介しよう。一つは両方共人格攻撃を伴う議論。二つは片法人格攻撃でもう片方は中身を論じ上げる。最後は両方共真面目に議論するという物だ。では最初は此方から行きましょう。
「空手が何もない空っぽの手なのは当たり前じゃないか。新聞やテレビばっか見てるからそう成るんだ!」
「そうじゃないと言ってるのがわからんのか、君は。其れだから無銭飲食家だって罵られるんだろうが。良いか、空手とは空っぽではなく空を司る手という意味だよ」
「はあ、だから空っぽじゃないのか? 全く新聞やテレビに洗脳された奴は言う事が違うなあ!」
「何だと、君は!」
 続きましては一方が人格攻撃でもう一方は真面目な議論をする方を紹介する。
「空手が空っぽなのは当たり前だろう。何故其れを一々認めようとしないのですか、理由をお聞かせ下さい」
「無銭飲食者の分際で下劣極まるね。空手とは発祥琉球空手で当時は唐の手と書いて空手と読んでいた。だから空っぽの手じゃないんだ、わかったか変態野郎!」
「変態だの無銭飲食はあくまで俺の話であって議論すべきは空手家如何かについてだろう。其れでも殻だって辛だって有り得たじゃないか? 何故空っぽを選んだ?」
「話を聞いていたか、此の女の裸大好き野郎。もう一つ付け加えるとすれば何も持たない手と読んで空手と呼ぶ。其れで此の字が選ばれたんだよ、此の無銭飲食者め!」
 最後に両方共真面目に議論をする方から行きましょう。
「空手が空っぽの手でなければ何を意味するのですか? 如何なのですか、其れ以外の反論はありますか?」
「違います。読みは琉球空手の唐手から由来する空手。他には武器を一つも持たないから空手であって決して空っぽの手という意味ではありません」
「じゃあ何か、他にも良い文字を付けられたんじゃないか。殻手、辛手、柄手って。なのに敢えて空っぽと書いて手なんて強そうな言葉に成らないんじゃないかな?」
「徒手空拳という四字熟語から空手と名付けられた説もあります。そうすると空っぽの手でもしっくり来るじゃないですか。確かに殻手、辛手、柄手も面白そうではあります。ですが、どれも徒手空拳に良く似た四字熟語が由来にありますか?」
 如何ですか? 三つの内、議論として成立するのは果たしてどれでしょう? あくまで誰が正しいとかそうゆう意味ではありません。どの議論が議論の体を為すのかを問うているのですね。


 答えは三番目。前の二つは議論中に無関係な人格攻撃をしている段階で議論の基本が成立しない。
 さて、二回目の雑文を出した理由よりも先に議論の基本に人格攻撃がない理由を紹介しよう。例えばある工場で総司が不十分で課長が係長を叱りました。其の時、課長は次のように叱りました……「掃除も満足に出来ないボケナスめ、だからむかつくんじゃ!」と言われたとしよう。現実の係長ならば此処で反論はしません。出世したいのもあるし、生活が懸かるのもある。だが敢えて反論したとしましょう。此処で正しい反論は二つの内どれか?
 A:お言葉ですが、ボケナスで課長のストレスを溜める男でも掃除出来なかった事は重々反省し、再発防止に努めたいと存じます。其の前に気に成る事を指摘します。私は良いのです。でも他の人にもボケナスや自分のストレスを溜める事について問い詰めるのは如何かと考えます。其の言葉遣いに気を配ってみては如何でしょうか? 勿論、掃除も出来ない自分が言うのも何ですが。
 B:ボケナスとかあんたのストレスは如何でも良いだろうが、言葉が汚いんじゃ! むかつくのはこっちの方だ!
 正解はA。喧嘩腰には喧嘩腰でぶつかるのは余り良い反論ではない。却って収拾がつかなくなる。一方でAの場合は自らの至らない所を反省しつつも返し刀として相手を皮肉る訳だ。然も丁寧に。確かに何方も課長からの怒りを買うのは間違いない。けれども、Aの方がまだ心証を良くすると考えられる。何せ反省と正論の同時攻撃だから如何しようもない。
 つまりだ、何が言いたいか? 要するにゴミみたいな言い方に対してゴミみたいな反論をするべきではないって事だよ。仮にも向こうが不法物で耐え難い下劣な存在でも此方迄レベルを下げる事は議論する姿勢として余りにも余裕がない。確かに大人の対応は時として付け入る隙を与えやすいのは事実だろう。でもな……大人は大きな人だぞ。決して小さな人って意味じゃないんだぞ。つまり器が大きくないと意味がない。後は口汚く成る前にもう少し言い方も考えるのが大人の流儀だ。なのに自分を含めてみんな相手の人格攻撃をする。議論するのは其処じゃないだろ、仮に人格に問題があるとしても丁寧に諭さなくては駄目だろう。人格はあくまで如何する事も難しい部分だからな。其れよりもやはり問われるべき内容について何が問題なのかを指摘する方が議論の体を為すと自分は考える。其れでも向こうが議論しない場合は……まあ、話が通用しないと考えて諦めよう。
 えっとあれだな。こうゆう話をするのはいわばクロワーダと奧山の動画で議論に関する基本的な団塊ってのが紹介されたな。一流の論者は論点を的確に指摘する。一方で論点指摘する中で人格攻撃に踏み切る人間はアウトゾーンに属する。そして罵倒ばかりが目立つ奴を下種ゾーン……少しわかりにくい説明で済まん(悲)。兎に角、自分を含めて人格攻撃と罵倒ばかりの下種ゾーンの議論をする人間は少し丁寧な言葉遣いを学ぶべきだと考える。其れが出来て漸くアウトゾーンに入る訳だ。だが、アウトゾーンは指摘したい部分に詰まって人格攻撃を図る。要は「ただものを知らんとはあいつは糞だな」というような物だぞ。ンな事知らんのはしょうがない、なのに其れでクソ呼ばわりされる筋合いが果たしてあるのか? 此れなんだよ、人格攻撃の良くない所は。だからこそ一流の論者が目指すべきは人格攻撃ではなくおかしいと思う点を攻撃……いや指摘する事しかない。大体人格攻撃したら歴史上の全ての人間の人格攻撃だのに始まって収集付かなく成るだろう。其れ議論に成ると思うか……成らんだろう。
 とまあそんな感じで今回の話の解説を終える。

 ドナルドさんの場合は三つの内の二つ目を実践しているからな。言ってる事は正しいが、だからって存在其の物に迄攻撃するのは議論として如何かと考えるしな。まあ言った所でもう既に七十過ぎた爺さんだからな……聞く耳持つには年を摂り過ぎた。其れでもある程度の有言実行な所は前任のリアルノッチさんよりも仕事を果たしていると此処に評価する。
 以上で二回目の雑文は此処迄。はあ、グルメ哲学者も八洋も口が汚過ぎるからな。何せ八洋の爺さんは学歴が乏しいとか何とか云って詭弁を弄する人間を攻撃するし、グルメ哲学者の場合は流石にガースーやサイボーグに向かって下品な物言いは如何かと思うぞ。相手を批判する前に先ずは自分の汚い口調やらを治したら如何かなあ……例え正しくても其れだけで心証が悪化するもんだぜ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR