FC2ブログ

昔やったやらせ話をもう一度やる羽目に成るとは!

 如何もツクールに夢中のdarkvernuです。
 さ、今回は軽くやっていきましょう。

 『やらせたろう先生のそうなんだ、やらせ講座!』
 やらせ太郎--如何もフリップ通りやらせをして然も知識人みたいな発言をするやらせ太郎です……そうフリップに書いてあったんだよ。
 やらせ花子--如何もアシスタントを務めます細木数子に脅されてほいほい占い師の話をカットしそうなやらせ花子ですわ。さあ、先生……今回はどんなやらせ話でざんすか。
 やらせ太郎--フリップ君、ちゃんと台詞は書きましょう。字が下手糞だと此方も変な読み方するじゃないか……あ、此れもフリップ通りですな。
 やらせ花子--さて、本題に戻りましょう。今回のやらせ話はどんな内容に成ります。
 やらせ太郎--劇団員の皆さんを一般人枠で紹介するという内容で御座います。そうですね、総裁選の予想なんかを話し合うのです。
 やらせ花子--成程お、つまり其処でゲルショッカー候補に有利に成る様に発言を誘導する訳ですね。其れでちゃんと指定する通りの子供に発言させますか?
 やらせ太郎--そうですね。此処で注意するのがやはりやらせだと馬鹿な国民に知らせない為の手段として劇団員の子供達はみんな手を挙げます。
 やらせ花子--でもばれますわよ。如何します?
 やらせ太郎--此処で行動経済学の基本である囮行動を用います。此処で重要なのが二つ。
 やらせ花子--行動経済学? 囮行動? 良くわかりませんが、如何ゆう事ですか?
 やらせ太郎--必ず指名したい相手の両隣の間隔を均等にするように。其れと必ず二人以上が重要。後は不自然に成らないように一番前で右から二番目の子供を指名するように誘導してゆく。此れが先ず一点。
 やらせ花子--へえ、敢えて不自然に成らないように一番前か一番後ろを狙うのですかあ。じゃあ二つ目の重要な点は何ですか?
 やらせ太郎--やはり「誰にしようかな?」という素振りを見せる事ですね。馬鹿な国民にやらせだと知られないようにする為にもわざとらしいように挙手する劇団員を選ぼうと私が迷う素振りを見せる事ですね。
 やらせ花子--へえ、そうなんだあ。でも其れって行動経済学でアメリカのある大学教授アリエリーから受け取った意見でしょ?
 やらせ太郎--残念、アリエリーと作者は何の接点もないんだ。作者がアリエリーの本を読んで其れを基にやらせ話を構築したんだ。正に怠惰な作者らしい発想じゃないか!
 やらせ花子--そうなんだあ、てっきり今度もはちまん先生の意見をパクろうとしていると思っていましたあ!
 やらせ太郎--正に此れこそ自分の意見に見せ掛けたやらせ……やらせリストは今回も健在であります!


 いや、本当だよ。行動経済学は前に自分が読んだアリエリー教授の行動経済学の為に成る話を基にして如何に子供達が自然に挙手している風に見せるかを自分なりに構築した。行動経済学の全ては残念ながら英語ペラペラな状態でデューク大学(今も在籍しているかは知らんが)のアリエリーに尋ねるしかない。其の教授に教えを乞えば間違いなく自分よりも更に踏み込んだ行動経済学のテクニックが学べると思うぞ。
 兎に角、行動経済学で基本中の基本がやはり囮だろう。要はフェイクを二つ以上用意して選ばせたい相手に誘導するようにやる訳だ。例えば合コンでは三人のうちのどれかを選ぶ場合に敢えて選びたい相手以外をブスか少し劣った奴を連れてくる訳だ。ブス好きなら間違いなくブスを選ぶだろうが、大概は綺麗好きを求める。そうすると貴方は必ず綺麗な方を選ぶよう誘導される。何故か……悲しい事に貴方はベターを選びたくなる訳だ。ベストは此処に居なくともブス、綺麗、少し劣化の三つの中ならベターなのは如何考えても綺麗しか居ない。故に貴方は綺麗を選ばざる負えない。え、其れは有り得ない。中身だろう……誰も中身は問うていない。此処で重要なのがブスと少し劣った方は囮である事。綺麗な方を選ばせる為の引き立て役として存在し、其の役目を全うする訳さ。此れが行動経済学の基本にして最も恐ろしい点だからな。此れ以降は実際の行動経済学を学ぶと良いさ。
 さて、本題に戻すとして今回の時事ネタの主役は間違いなく詐欺師イケガミの化けの皮がこうして剥がれた事にあるだろう。まさかやらせの劇団員子供の仕込みがばれて更には真のリベラリズムを最近提唱するはちまん先生に依って過去にイケガミが己の意見をさも自分の意見に使い経ってしつこく求めていた事をツブヤイターがばらした事で一気に劇団員仕込みは一大やらせ事件へと発展した訳だ。はちまんめ、こうゆう所を狙って呟くとは……畏れ入った! 正にクロワーダの言う通り「イケガME TOO運動」だな……ま、知らんけど。其れにしてもあのイケガミとかいう詐欺師は正直言ってあれだと思っていたんだな。まあ何がきっかけかは知らんが、頭がパーンとかを批判したのは良かったけど……其れ以外はノーサンキュー。というか此奴は本当に評論家なのかと言いたい位に経済の話然り、政治の話然り、全然なあ……御免、思い付かん。兎に角、そんな奴がこうして化けの皮が剥がれただけでも有難い。こうゆう何ちゃって知識人を世の中から一掃されれば日本は良く成って行くと思うしな。
 不図こうして書き殴ってゆく内に思い出した事がある。其れは古畑任三郎でやってた唐沢寿明演じるクイズ王が殺人事件を起こす話を。あるクイズ王は王の座にしがみ付く為にスタッフを介して事前に何とか……忘れたけど、不特定問題を知って其れが何なのかを番組が放映する前に予習するという事を何回もやって来たそうだ。だが、スタッフの方針が途中で変わったのか事前に問題を知るという手段が封じられて焦ったクイズ王は何と違法な事をして不特定問題は何なのかを知ろうとして楽屋(だったっけ?)に入って伊集院光演じるスタッフを殺してしまった。殺した代償に不特定問題が何なのかを得る事は出来たが、楽屋(?)で読んでいた偽新聞が元で首を絞める羽目に成るそうだ……詳しくは其の回を如何ぞ。今回のイケガミの騒動は唐沢演じるクイズ王が思い出される。イケガミみたいな詐欺師がそう思われない為に行動経済学の基本中の基本である囮を使った誘導なんかを駆使。無知を知らせまいと振舞った詐欺師。だが、劇団員の子供が言ったある言葉を基に疑問に思ったネット民は調べ上げ……一体どんな方法か知らんが、劇団員である事を特定して其れからはちまん先生の呟きで更に一大問題へと発展してゆくとは。正に今のイケガミは唐沢演じるクイズ王と同じ末路を辿るかも知れないぞ。まあ其のクイズ王と違って殺人は起こしてないから牢獄にぶち込まれる事は絶対ない……が、如何するんだ? もう自分で一から調べ上げる以外に無く成ったぞ、イケガミイ(煽)! いやあ、まさか古畑のクイズ王話がこうして預言と成るなんて思いも寄らない(但しこれは自分の私見だけど)!
 さて、少し脱線するけど行動経済学に於ける囮を使った方法は推理漫画にも取り入れられる。其れが金田一少年の事件簿と名探偵コナン。剣持警部と金田一の関係、毛利のおっちゃん達やコナンら生粋の探偵との関係は正しく囮と本命の関係にある。市子ちゃん書いといて良かった。成程、こうしてみると囮の迷推理があるから金田一やコナンの推理に説得力が増すという訳か……勉強に成ったぜ!
 という訳で時事ネタの解説を終える。

 第百二十一話の解説をしよう。いやあ、タイトル回収が無理矢理過ぎる。そしていい加減タイムトラベルネタは止めい……と自分に訴える空しい自分。全く実力ないからこんな展開が生まれるんだ。ったくもう少し過去話を振り返らないと駄目だな。というかHPの方はキャラ辞典は何とか必死だけど用語辞典と銀河連合辞典はずっと更新止まったまま……再開の目途は恐らく長い休載期間に書き上げる以外にないだろうな。そして矛盾は発掘されてゆく……長い事やるとこんな感じだから一人で制作するのは余りにも空しく成って来るぜ。
 本題に戻すと要するに成長した翔和が成長が遅い相武を育てて行くというお話。二名は師弟関係を築きながら様々な悲劇を通して内面的に成長を果たしてゆく訳だ。時雨は翔和が相武を無事に育てると信じて相武の王名に翔和の名前を付ける訳だ。一方で秋雨は既に居なく、同名の秋雨が実の弟と重ねながら相武を温かく見守り、そして果ててゆく訳さ。其の死に様から色々な……御免、途中で解説を止めた。兎に角、あの秋雨が一体何なのかはまあ思い出せば色々語られるだろう。まあ語られるだろうし、すっかり忘れて語られないって事もある。そんな物だ、設定ってのは。
 という訳で第百二十一話の解説を終える。

 さあ、予定表と行きますか。

 九月十七日~二十二日   第百二十二話 天地相為す 天同相武は翔和に託された         作成日間
  二十四日~二十九日   第百二十三話 天地相為す 天同相武の革新              作成日間
 十月一日~六日      第百二十四話 天地相為す そして相武は赤き革新者と出会う      作成日間
   八日~十三日     第百二十五話 終わりの始まり 青年はまだ終わりを知らない      作成日間

 第百二十五話は二回目の長編なので少し主人公を人族にする。どんな奴が主人公に成るかはまだ詳細は明かさんが。
 やらせってのは本当に酷いな。こうして日本版フェイクニュースは形成され、国民を馬鹿にしてゆく訳だ……腹立たしいと思わないか、イケガミにしろサンモニとかにしろ!
 では今回は此処迄。多分、二回目の雑文はやるかもな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR