FC2ブログ

大塚家具の末路は詳しくは知らんが、此れだけは語れるかもしれない

 如何も今日はあの如何しようもない会長をネタにしようと思ったけど、其れ既に昨日やっちゃったので代わりに慣れないネタを引っ張って来たdarkvernuです。
 始める前に『格付けの旅』の黒魔法の章05の二ページ目が終わり、三ページ目に入りました。読まれたい方はカテゴリ欄の<格付けの旅>又は<黒魔法の章>をクリック。
 にしてもあのババアは会社に在った戦略及び戦術を考えなかったのか? いや、考える事さえも己の意地で捨てたのかもな。

 如何もイルズベル・ファマーガンじゃ。何、わしは少し話題の大塚家具の荒んだ現状について後出しじゃんけんのつもりで語るぞ。
 まあ、大塚家具というのはわしも詳しくは知らん。勿論、作者もじゃ。だが、何でも現社長は人間として如何しようもない事がわかった。理由として業績悪化の責任を部下のせいにするそうじゃ。此れだけでもわかる通り、こんな社長では社員のモチベーションが下がるだけじゃ。おまけに自分の責任を一切取らないという話もあるそうじゃ。此れで人が付いて行くか? わしが社員なら絶対に辞めるのう。此れだけで十分、業績悪化の原因は見える訳じゃ。
 さて、社長の人格面の問題は此れで分かった。では如何して業績悪化したのか? まあ、資本主義の原理に従えばあの社長の父親でも業績の悪化は避けられないというのは誰の目にも明らか……というのは結果論に過ぎん。じゃが、少なくとも前の社長の方が少しは会社の事を理解していたのではないかとも取れる。というのも元々大塚家具は高級路線且つ高かろう良いだろうの商品を前面に出して自社ブランドを確立したとされる。まあウィキの情報とかを鵜呑みにしてるような物なので詳しくは良くわからん。じゃが、此れだけは確かじゃ。会社を追い出された元社長が経営する店は小規模ながらにも好調であると良く聞く。其の理由は恐らく如何すれば生き残るかを経験のみならず己の力量をわかった上で経営している証拠と言える。何事も他人よりも先ずは自分を評価する事から始まる。此れは何処の世界だろうと共通する真理じゃ。此れはスポーツだろうと就職だろうと当たり前じゃ。自分を大きく見せる事は大事じゃが、其の前に己を理解する事を始めなければ大きく見せる方法は得られない。其の点を元社長は理解していたのじゃ。じゃがなあ、現社長は悲しい事に己を見つめるような事をしない以上に会社を見つめなかった。他者と同じ事をすれば売れるのでないか? 人気店の真似事をすれば大ヒット間違いない……そんなパクリの精神が会社を更に傾けた。流行に乗るのはあくまで時期を見極める事だけではない。会社に合うか合わないか……其れを理解する事も大事じゃ。そんな事もわからずに付け焼刃の戦略を立てるから大塚家具から更に客が離れて行く。折角の高級ブランドで売ってきた路線を安売りで然も質さえも考えずに売り込むから結果として会社が傾く。経営の素人であるわしでさえもあんな戦略は如何考えても筋違いとしか言いようがないのう。
 まあ、とある格闘漫画のある台詞を流用した一言を述べよう。強力な商品を持つ……其れだけでは不十分じゃ。売るべき時に売るべき商品展開をする。経営者は此の究極の方法に到達するべく日夜、生き残りを図るのじゃ。
 ま、以上じゃな。みんなは如何思うかな? 大塚家具の経営悪化の原因とやらは?


 まあ、あのババアは親父の経営方針の穴があると直ぐに其れについて文句を言ってたような餓鬼だったんだろうな。餓鬼は誰だって親のやり方の穴を突きたく成るのはわかる。良くわかる……けれども、其の穴を見付けたとしても仮に「こうすれば経営は上手くいく」と鼻息荒くアイデアを閃いたとしても実戦で上手くいかなければ机上の空論に過ぎない。此のババアは五十年以上歳を重ねておきながら然もいい大学を卒業しておきながらそんな真理にも気付かないとは……所詮、学歴と言う名の付け焼刃は救い難いな。
 まあ、ファマーガンに語らせた通りに大塚家具の傾きはやはりあのババアの態度の悪さも関係する。まあ其れは噂話の範疇だろうし親父側の流したデマという話もある……が、経営が傾いている現在では如何考えても噂話以上に信憑性が高いだろう。何せ、売りだった高級路線を捨てるというやってはいけない愚行に走ったからな。本来、大塚家具のバックボーンは「高かろう、良かろう」。なのにあのババアは其のバックボーンを根こそぎ捨てた……其の時点で既に死に体だと気付かなかったのかな? 元々人間の背骨は如何やったって変え難い代物。其れを捨てて新たな背骨を植え込んでも上手く動く筈がないのは誰が見てもわかる事だろう。成れない背骨を植え込んだせいで寝たきりで流動食を通さないと生きていけない植物人間状態で会社が上手くいく筈がない。其の結果があれだ……あのババアは何が会社の為に成るのかを全く理解していなかったのだな。何でも捨てれば良い物じゃないし、流行の物を取り揃えれば売れると思ったら大間違いだ。会社には会社に在った戦略及び戦術を立てるからこそ生き残れる。なのに台湾のある企業に身売りする程落ちぶれたか……最早語るまい!
 以上でやや時事ネタの解説を終える。

 さて、格付けの旅だが今回では翻訳界の悪しきレジェンドであるナツコの禄でもない翻訳やサンモニでお馴染みの老害ハリー、其れから今年亡くなった推理のタミヤに朝生の満場一致の邪魔な置物であるタハラや唐突にやって来たアマチュアボクシング界の元会長であるカリスマ山根……最後は最近亡くなった津川の爺さん、と最早本来のタイトルが何であったのか忘れる程だ。如何もセル百合子のネタは古過ぎる証拠かもな。だってあのババアの続報出てねえしなあ。時事ネタというのは時期が古いと自分でやっても面白いのかわからんからな。まあ其れでもハリーとかタハラとかは時期関係なくネタを提供するからな。まあ死んでしまえばネタに成らんとは……限らないんだよな、推理のタミヤが居る以上は(辛)。因みについ最近亡くなったヅラ知事はネタにもしないし、何も言及しない。だってネタってのは出すべきタイミングが必要だろうが。ま、其の結果が何の脈絡もなく登場した小田和正台風や蒟蒻ババア、そしてカリスマ山根……元々予定が無かった者達ばかりだ。
 以上で黒魔法の章05の二ページ目の解説を終える。

 あ、思い出したけど瀬戸内ジャクソンが居たじゃないか。クソウ、何で出そうと思わなかったか。猿先生がナチュラルに愚弄した雑魚臭満載で腸出しながら退場したキャラのモデルなのに!
 其れじゃあ今回は此処迄。また制作が泊まっているツクールMVでやってるあれに嵌っている。益々お金様の執筆が滞るじゃないか!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR