FC2ブログ

格付けの旅 セル百合子の野望 何でもゼロ 今更セル百合子との決戦!

 セル百合子……其れは簡単に纏めると元ニュースキャスター兼通訳。初の参議院選では『熊本の御殿様』でお馴染みの何とか新党で出馬し、当選。そんな理由なのか、『オザーリン』とも『ゲルショッカー』とも縁のある風見鶏。まあ、更に簡単な流れを纏めると轟盲牌政権が発足する迄は『オザーリン』の尻を追っかける様に党を転々とする政治信条の欠片もない緑のババア。其れは都知事に就任しても変わる事はない。一貫するのは師である『オザーリン』のパフォーマンスともう一人の師である『轟盲牌』のワンフレーズ戦術のみ。然も其の二人の戦術や戦略は既にネット社会が発展した現在と成っては騙せる者も年々高齢化が進んでいて時代遅れも良い所だ。というかさあ……仕事しろよ!
 デュアンとアルッパー、そしてワシズの前に現れる緑が特徴的なセル百合子。彼女は最近話題に成らない中で突然、二体と一人に襲い掛かる!
「地盤が……築地を無茶苦茶にしたというあれか!」
「良くもお、私をおおう、無能と罵ったなあ!」築地と豊洲を無茶苦茶に振り回したという空間歪曲攻撃を繰り出す。「私はあ、彼等に議論の場を用意したんだああい!」
 ってか何で巻き台詞なんだよおお--気にしたら負けだ、アルッパー。
(空間歪曲攻撃を阻止する術があったら良いがな。俺もアルッパーも金がないからあのババアの攻撃を何時迄も耐えられるかが心配だよ。後さあ、ワシズの爺さんがまだチューブの管に繋がった状態からあんまり死者の姿に慣れてないんだな。良し、こう成ったら……あれ?)
 デュアンは格付帳の一つを取り出してから気付く。今、魔法すら使えない上に裏技も禁じられた『自己破産』状態である事に。
 自己破産……詳しくはミナミの帝王を読めば良く分かる法律。要するに自己破産とは借金返済が出来ないせいで民事再生法に適用されて全財産を第三者に管理される状態である事。要するに自由が制限された状態とも取れるな。そうすると如何成るか? 自己破産者は公務員に成れない。此れはミナミの帝王に記された常識中の常識。何故って……俺からは言えないが考えてみろよ。お金の管理も碌に出来ない奴が公務員やる意味を。そんな奴に公職を任せていたら一般市民は不安に成るだろうが!
「つまり、デュアンは自己破産中で何も出来ない訳かい!」
「ああ、そうだ。だからアルッパーとワシズの爺さんに任せ--」
 俺達に本願するのが主人公のやり方カアア--怒りは最もなのがアルッパー。
 だが、他力本願では勝てる物も勝てない。結果、アルッパーとワシズはセル百合子の何でもゼロ付きカメハメハで吹っ飛ばされた!
「クソウ、起き立てで然も無一文じゃあ……ガクっ!」
「俺は噛ませ犬では……じゃなかった、グガッグ!」
「あらら、此れは大変なピンチだよな」呑気に呟いている場合か、デュアン。「此れは本格的に『黒魔法の章……完』も現実味を帯びて来たな」
「ブルウウアアアワア、『鼠みたいな糞議員共』のように責任転嫁するかあ、其れとも『老碌な夫妻』みたいに変節するか……何方か選べええい!」
 鼠みたいな糞議員共……済まないな、作者には後でお金様後篇を今週の土曜迄(現在30/08/19)に完成しろと御灸を据えておく。兎に角、言葉の汚い単語なのを作者に代わって謝罪するとして本当にそいつ等は自分達の議員食にしがみ付きたい為に政治信念関係なくあっち言ったりこっち言ったりしたからな。まあ元々、セル百合子が考えも無しに排除発言した事で奴等の性根を晒してくれた。まあ狛枝凪党の敗因は所謂都政を大事にせずに国政に首を突っ込んだセル百合子のせいだからな。まあ其れでもセル百合子と狛枝凪党を信じて移籍した癖にいざ落選が立て続けなのをセル百合子達のせいにする性根の腐った連中に対してセル百合子はあすみんに尋ねると『これがネオ・ブーメラン党だよ。セル百合子氏は此れからもっと苦労するよ』と奴は言ったそうな。其れ位に責任転嫁の酷い連中である。此奴等に国の舵取りを握れば某国にまっしぐらなのは良くわかるあすみんの発言。
 老碌な夫妻……其れはチュウザン夫妻の事を指す。保守を掲げている割には議員ポスト欲しくてセル百合子の党に移籍して然も夫の方はモリカケを口にする程に迄落ちぶれてしまった。同じ保守を掲げる存在でも決して応援しては成らない一例とも言える。作者が毛嫌いするあのワンマン経営者で未だに南京の真実第二部を製作しようとしない柔道体型もそうだし、かつては保守の重鎮とか呼ばれたある国会議員もそうである。前者の場合は奴のせいで『タモさん』は牢獄にぶち込まれ、後者の場合は行動すべき所を悉く間違えて結局は歴史上良い実績を聞く事もなく政界を去ってしまった。幾ら憂国の士と呼ばれようとも結果が伴わなければ腰抜けと呼ばれたっておかしくない。そんな夫妻に愛想尽きて『水田議員』は駄目大人党に移籍する事と成った。そりゃあ情けない姿を晒して迄議員務められないよね。
 タモさん……其れは資金問題で手錠を掛けられた前々回の都議選に出馬した元航空幕僚長。所謂論文問題で更迭され、その後はチャンネルチェリーを始めとした所謂保守勢力の支援を受けて順調に活動を熟してゆく。そしてあの都知事選で有力候補達に及ばない物の大量の得票数を示す形で影響力を広めた……が同時に其処から転落が始まったといっても過言ではない。其れが支援先のチャンネルチェリーの裏切り。あの事件について最も非があるとすればタモさん本人だろう。其れは避けて通れない。だが、仮にもタモさんが詐欺師であったとすれば如何して支援者だったチャンネルチェリーの幹部連中は見抜く事が出来なかったか? 其れにタモさんの政への適応力は杜撰な資金管理からして如何考えても素人を騙せるには嘘が下手糞。狡猾さも悪人としては届かない。そうすると二つの可能性が浮かぶ……其れは此処で熱っぽく語る物でもない。まあ兎に角、チャンネルチェリーは何がしたいんだ……と!
 そんな時、デュアンに向けられたカメハメハを受け止める男が一人!
「貴様……黒軽部!」
 知事選では惨敗だったが、此処ではそうはいかないからな--上半身半裸で然も全長三メートルを超えそうな体型で再登場を果たした黒軽部!
「貴様を選んだ東京都民は本当に馬鹿ですか……と言ったって始まらない。貴様が『関東大震災時の新羅人虐殺』の件についての対応は褒めてやる……だが、其れ以外は絶対評価しない。本物はこんな事しないが、偽物の俺が本物に代わって本物のセル百合子のアバターである貴様を葬ってくれる!」
 ロッテリアやドンキの塵箱にもおう放り込まれないぞおおう--バンクアップした黒軽部のダストスロウを瞬間移動で回避しながらサイコクラッシャー及び『Y』の文字を上空に描く斬撃で反撃して見せる。
「ウググ、腐っても『都民第一』で集金集めしているだけあって資金力は……私よりも優れているか!」
 関東大震災時の新羅人虐殺……其れは日本に於ける汚点の一つとされるデマに振り回されて日本人自警団が新羅人を虐殺して回ったとされる事件。関東大震災では十万人以上の日本人が巻き込まれて死亡した恐らく記録に残る大規模災害に依る最大の被害者数を記録した天災。其のどさくさに紛れて在日新羅人が井戸に毒を投げただの何だのを真に受けた日本人が自警団を結成して在日新羅人を虐殺し回ったという事件。ところが最近では……というよりも去年かな? 丁度此の時期に都知事であるセル百合子が新羅人虐殺の件で哀悼の意を捧げないと公式発表。此れに端を発して実はあれはデマではなく、真実ではないかとネット民の間で広まり始めた。というのも依りコアなネット調査民は既に井戸に毒を投げ込んだという話はデマではなく真実ではないかって事に気付き始めていた。そして去年に成って「デマではなかったんだ」と気付いたネット民が爆発的に増加。其れが当時の記事であり、そして当時のKY新聞地方紙……あれ? そして東日本大震災でさえも六桁にも上る犠牲者ではなかったのに関東大震災に限って六桁の犠牲者の数。実は十倍の原因は在日新羅人がどさくさに紛れて日本人虐殺に手を下したのではないかと囁かれた。其れに気付いた吉野作造を始めとしたアジテーター共は新羅半島の締め付け強化を恐れてわざとデマとして広めたのではないかと推察されてゆく。其れが新羅人の虐殺数のおかしな点である。詳しくは作者が前に出した吉野作造の大罪だったかな? 其れを読んだり、此れに詳しいネット民の記事を呼んだりして知を深めよう。兎に角、褒める所がほぼないセル百合子の偉大なる実績こそ此れを無視した事だろう。いや、其れしか褒める所が無いのが悲しいかな?
 都民第一……其れは地方政党という名の全体主義に凝り固まったカルト政党である。離党者曰く集りが横行したカルト政党で言論の自由は一切ない。然も入り続ける度にみかじめ料を払い続けなければ成らない。其れで有益な議論が変わらされるなら其れで良いだろうが、違う。只の客寄せパンダに過ぎない訳だ……其れじゃあ離党して自由に成るのが一番。そうゆう訳で去年の国政進出で明らかに成ったセル百合子の闇の一部。全く前のハゲ添えといい、都民は見る眼がないのか? 其れなら禿げではなく、チャンネルチェリーに嵌められたタモさんが都知事に成った方が数十倍マシだっただろうし、禿げの前の猪野郎の方が更に十倍マシだっただろうし、其れから黒軽部に成ってくれた方が数百倍マシだっただろうし……え、駄目大人党推薦や鳥頭? あいつらは駄目だし、特に後者何てハゲゾエ以上の時限爆弾だ。其れならセル百合子の方がまだ都民の為に働くだろう。兎に角、都民は人気よりも中身を見て票を投じろ……そして『民主主義の精神』を理解して票を投じた人間を選んだ責任を痛感しやがれっての!
 民主主義の精神……其れは本来選んだ者達が必ず理解しておかなければいけない責任の所在である。無投票を投じた人間は選んだ人間を侮辱しても良いが選ばれた人間をとやかく言う権利は一切ない。逆に投票した人間が選んだ者が悪政を敷くなら悪政を敷く人間を批判する前に先ずは自らの節穴を痛感しなければいけない。此れを無視するとしたら国民である権利はない。其れが民主主義……文句言う前に先ずは己を省みなければ意味がない。仮に選んだ人間を最後迄信じるとしたら其れは立派な国民である。だからと言って妄信するようではカルト宗教の信者の心持と変わらない。民主主義の精神に於いては悪の道に走った者を叱咤激励する権利は多少あっても良い。でなければ国民ではない。仮に少数者が居ても少数を大事にするのも民主主義の務めであろう、何故なら弾かれた者達を何とかするのも選ばれた物の使命である。だからと言って全員が全員選ばれた物の言う事に盲目的に従えとされるなら其れは民主主義の敗北を意味する。其れじゃあ全体主義と何ら変わりがない。ま、其の辺については別の機会で解説するとして民主主義とは選ばれた者よりも選んだ者の責任を痛感する精神を持たなければ成立しない。責任は最終的に国民に還るのだから其れを理解しないと愚民と変わらない。
 都知事と一弱小地方政党の資金力では開きは大きい。其れは同時に戦力にも表れる。現在、黒軽部は膝を付く。圧倒的不利は避けられない。
「オノレ、無責任知事め!」闘志は消えないが、不利は覆らない。「再来年のオリンピックという時に無責任なボランティアな上に道路交通状態の現状放置……やる気あるのか!」
「馬鹿めえい、私はあ私が楽すればどんな綺麗事も許されるウウのだあ!」何という問題発言か。「新羅人はむかつくからあんな下らん式典に参加しないし、冷たくあしらっているだけさあ!」
「何処迄も都民を馬鹿にしてえ!」
「馬鹿にされるから私を投票したんだろうがあ、全くう綺麗いぃ事一つでコロッと騙される馬鹿共で助かるよおう」
 セル百合子のカメハメハが愈々黒軽部に止めを刺しに掛かる……其の時、一つの光が黒軽部の前に降臨!
「き、貴様は……何者だ!」
「ドナルドだよおん」其れはドナルドの使いであるドナルド・マクドナルドだった。「誰か知らんけど、ドナルドマジック……ほいさ!」
 突然、『フィリピンより現れしドゥテ』がドナルド・マクドナルドの代わりにセル百合子に挑み、僅か一分間暴れ回った挙句に本国の超宇宙に戻って行く!
(外国勢は全然役に立たねえ。他力本願じゃあセル百合子に勝てないな)
 デュアンは此の状況を打破する機会を見失いつつある。既に自己破産済みでやれる事は限られる。金を得る手段であるチャンネルはBANされて使い物に成らない。一方のアルッパーも同様である。ワシズに至っては既に死人で宛に成らない。
 フィリピンより現れしドゥテ……其れは敵か味方かイマイチ定まらないフィリピンの独裁者。其の独裁者は大統領に成って薬中を即銃殺命令を出す事で小便漏らした薬物中毒者共が自首しに警察署に駆け込むという事態に陥った。マフィアを潰す為に強権を発動して国内の安定を図るという治安の悪い国では救世主のような存在。一方で現実主義者らしく支那と蜜月の関係を持つ。其のせいで米との仲は最悪の一歩手前にあって日米安保上油断成らない。だが、如何ゆう訳か日本大好きで他の国では傲岸不遜な態度で会談を望む中で日本だけは丁寧な態度で会談を望む。え、其れもポーズだって? 其れがそうとも限らないんだよな。ほら、『慰安婦像』とか言う通行や景観の邪魔になる様な鬱陶しい銅像があるじゃないか。あれをあいつは強権の名の下に叩き壊したそうだ。其の行動からして日本への愛は本物だろう。だが、現実主義者故に完全に味方とは限らないので気を付けるように。
 慰安婦像……其れは『日韓合意』後に突如として世界中に建てられるように成った通行と景観の妨げに成る烏賊臭い銅像。というか外務省仕事しろよ!
 日韓合意……其れは南新羅側が政権代わっただけで反故しようとしている国と国との間に交わされた約束。其の際に支払われた金が何故か慰安婦像建造に使われるのだから溜まった物じゃない。然もこんな合意結ばなくとも日韓基本条約で既に全ての賠償を終えている筈なのに……全く其れを知らずにまだ謝罪と賠償をしようとする馬鹿政治屋や其れをまださせようとするあの国の連中は本当に救いようがない。後は『不可逆的』って文言が記されているのに銅像が世界中に建てられるんだぜ。約束を守る気が一切ないな、向こうの野蛮人共は!
「さあ、独り言おは済んだかあ?」説明している場合ではない状況にデュアンは居た。「黒軽部はしっかり止めを刺した……次いはお前の番だあ、デュアン・マイッダー!」
「済まない、格付け野郎。私は、此処迄、だ……ガクっ!」
 確かにそうだな--デュアンは既に切り札が一つも残されていない!
(如何しようかなあ? 援軍は昔から当てに出来ない。かと言って俺は自己破産済みで金がない。後は何だ……おや、株式?)
 御都合主義があるとすれば大昔にデュアンはある男の株式を購入していた事だろう……然も十万枚も。其れを早急に売り込んでみた所……デュアンの中で強大な力が雪崩れ込む。
「何……こんなご都合主義があるかああ!」
「--ありがとよ、マイマイ……お陰でたった一回だけ此奴を使える」デュアンの代名詞の一つである固有魔法が発動。「--行くぜ……其の名もエヴォリュダー!」
「此れは緑……私のお緑いい!」セル百合子はデュアンの放つ緑色の光に内部から分解されてゆく。「こんなご都合主義が……あって堪る、かああああ!」
 セル百合子は消滅した--其処へ『三鬼神』最後の一人である『ポッポ』が姿を現す!
「貴様は……良くも『ヅラ知事』を殺したなああ!」金星のエネルギーを以てデュアンに襲い掛かる。「弔い合戦だ……何時迄も出馬を表明しない優柔不断なデニー君に代わってええ!」
(拙いな、『ポッポ』が襲撃して来たな。幾ら金が有り余っているとはいえ、一度自己破産した奴が再度強大な力を行使する事は出来ない。其の金はまんま納められてしまうのがオチだ。さて、如何やって此の馬鹿を倒すか?)
 ポッポ……其れはとある天の川銀河所属の太陽系第三惑星地球に在る日本と呼ばれた国の『大東亜戦争』以降最悪の総理大臣。いや、誇張でも何でもなく戦後最悪の総理大臣は満場一致で奴に成る。次点は確実に『お遍路』。何が戦後最悪なのか? 其れは就任早々に国同士が約束した沖縄の普天間基地移設に関する合意を無視しようとして然も優柔不断な判断で一切合切を無茶苦茶にした件だろう。国同士だぞ、個人同士ならまだしも国同士であるなら例え前の政権が違っても必ず履行しないといけない約束事だぞ。なのに不意にした上に気分次第で自分の意見を変更。右腕である官房長官が幾ら公式の見解を述べても此の馬鹿は其の時々で余計な事を口にする。こんな最悪な馬鹿が何処に居るか。後は事業仕分け、口蹄疫、其れと国家元首を勝手に当時のナンバーツーだった『キンペイ』に会わせるというやってはいけない事迄やってのけた。全く、俺は如何でも良いが当時のブラックレイピアもマイオスも手を取り合って此のクルッポーを消しに掛かったと告白した程だ。親日家である外道はもとより、反日野郎がクルッポーに頭を抱えるのだ。いや、本当に本当だからな。実際、此の馬鹿は総理を止めて肝心の自分が所属する政党が下野した挙句に分裂し続ける中で未だに身の程を弁えずに特定アジアに要らん事を述べに活動している。時には土下座までしてるんだぜ……同情するよ、当時の日本人共よ。こんな馬鹿に振り回された事を。
 こりゃあ参ったな、まさかの馬鹿ぽんが現れるとは--そう言いつつ復活したワシズは若き日の伝説の俳優のような迫力を以てポッポの前に立った!
「ネトウヨのワシズめ。如何して日本の平和活動の邪魔をするのか!」
「お前さんに言われたくない、つーかわしと一緒に地獄に落ちて貰うぞ!」
「出来ない相談だ……パイロキネシス!」
 ポッポはストVに出演中のあるキャラの上司のような技を駆使してワシズを攻撃。だが、ワシズは動じない。まるでアカギと二十年以上も対局したある七十数歳児の若き姿の状態で存分に力を振るった!
「おお、此処に来てワシズのジジイは覚醒しやがった!」
「きっと地獄もネトウヨに違いない……冗談として!」
「馬鹿な、僕が、僕が……圧されている!」
「此れぞ津川コプター、国賊め……消え失せええい!」
 日本刀二刀流津川コプターに依り、ポッポは十七分割どころか百八分割されて其の後は嫁が美味しく戴きました!
「やるな、ワシズ」
「何、わしは此奴だけはゆるせなかったからのう。じゃから見た瞬間に地獄に居る『尼子経久』から大量の借金をして此処迄来たんじゃ。じゃから」此処でワシズは旧友で己も尊敬する名俳優『尼子経久』から借金をしてポッポに挑んだ事が判明し、台詞が終わると共に姿を消してゆく。「じゃから帰ったらあのおっさんに扱き使われる毎日が始まると成ると……恐ろしくて夜も眠れん、わ!」
 オイ、お前等は天国に行けなかったのかああ--名俳優程、天国が生ぬるい歳っても……アルッパーはツッコむしかなかった!
 尼子経久……其れは今は亡き名俳優。同名の役を演じた時の衝撃とはやはり作者曰く死ぬシーンの演武だろう。幼少の元就の放つ弓矢を掴んで見せるシーンなんかも印象に残るし、兎に角此れしか思い浮かぶ物はない。詳しくは其れ以外の演技を良く知る奴に聞け……済まん!
 何とか三鬼神の撃破に成功したデュアンとアルッパー。残りのカルト四天王は果たして? R・ホウ、ゴールデンマンゴンは倒しても、パウロンタモッツ、そして『モルモンジョセフ』との戦いはまだ終わらない。
「所詮、ポッポか。ならば『タカハシ』と『ホウゲン』、『スカラー女史』のみならず『ノムタン』と『ムン工作員』を送ってデュアンとアルッパーをやっつけてやる!」
 パウロンタモッツとの決戦は……近い!


 黒魔法05 セル百合子の野望 何でもゼロ END

 NEXT PAGE 黒魔法の章 ゲルショッカーの奇妙な味方を後ろから撃つ冒険

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR