FC2ブログ

試作品 ショックドクトリンの実践 続

 如何も……三島一八よ、お前は間違っていない! あいつがBANされた事に対してヨウツベの未来に憂いを感じたdarkvernuです。
 さて、クレーマー何ぞ体育会系の粕共といっしょにこの世から滅べば良いと考えるには考える。何故なら正当化批判者迄クレーマーと同じ扱いに成る。そんなの御免だろ……そうゆう訳でモンペ共々焼き土下座の刑に……処してくれないかなあ?

 とある地区には学校中に良くわからない違法な塀がある。然も非破壊検査をすると見えて来るのは其れが中で鉄の棒でしっかり通されていないという訳だ。例えば全部で三メートルあるとしよう。其の中で一メートルは謎の塀とする。其の塀と下は本来はくっつかない。セメントで固めてもボンドでくっつける位に付け焼刃。其れが付け焼刃に成らない為にやるのはセメントの他に内部に強固な鉄の棒で通す事である。此れがくっついた塀の半分以上通っているなら多少の揺れでも離れたりはしない。ところが五分の一程度でしかないとすれば如何成る? 当然、倒壊の危険性がある。実際に起こってしまった。そして幼女が下敷きに成って死んだ。
 其れから地区長は国を訴えた。「違法建築を放置して何が国だ」と。だが、待って欲しい。此の地区長は此の違法建築を誇らしげに自慢していた。然も安全点検もデータが残っていないという致命的なずさんさを閉めて誇らしげに自慢していた。なのにいざ事故が起こると国を訴える? 其処にはショックドクトリンの精神が宿っていないか? 抑々、お前のせいで幼女が亡くなったのに何故国を訴える? 反省はしないのか? 自分がしでかした事を?
 他にもショックドクトリンの実践たる事例がある。大雨の被害だろう。大雨に依る災害に依って二百人が亡くなった。此れを受けてとある野党特に二重国籍が囁かれる彼女は怒り心頭で「国が杜撰な対応だから二百人も死んだのよ。国の借金だとかを言い訳にして!」と。此方も待って欲しい。えっと、彼女って今の野党が与党だった時に無駄削減委員会の委員長ではなかったのか? 然も埋蔵金捻出と無駄な事業の廃止を訴えて散々、パフォーマンスをして来た。特に治水事業では誇らしげに「無駄無駄無駄無駄あ」ととあるスタンド使いの親子みたいな口癖が特徴だったのに。だが、其の治水事業の撤廃が招いた結果が今に繋がったと考えないのか? いや、考えない。彼等は今しか見ていない。後で起こった事は全て当時ではなく、今の政権に罪を擦り付けるしか見ていない。いや、仮に自分達が担当した場合は二重国籍同様に子供染みた言い訳をするのが目に見える。いや、寧ろ此の災害こそが政権批判の機会だと受け止めてこんな無責任な発言をしているかも知れない。此れも正にショックドクトリンの実践……火事場泥棒の本質が垣間見える。
 皆さんも気を付けよう、ショックドクトリンを。彼等は人の不幸を飯の種にする人間の皮を被った外道であるのだから……


 という訳で『ショックドクトリンの実践(仮)』を御紹介しました。此れは現実に起こった大阪地震と西日本大雨災害に関する事柄。というかさあ……どっちもマジであいつらの血の色を見てみたい気分だ。人間の姿をして無いんじゃねえか、高槻市長とか特定野党の連中は! あいつらが自分の利益だけ考えて無責任な事をやらなければ今の政権は災害対策に追われる事もなかったしよお……つーかさあ、幾ら寄生虫からの担当大臣でも問責決議案は今やるべき事かあ? やるべきは災害対策を迅速に行う為
対案とかだろうが。大臣クビにするだけで解決するなら今頃は日本はベスト8進出してるわ……サッカー協会の腐敗から何も学ばないのかよ、あいつらは(怒)!
 と少し愚痴を零すだけの解説に成って申し訳ない。兎に角、試作品の解説は終える。という訳で今回は此処迄。さあ、ゲームでもやろっと!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:darkvernu
 どうも大阪府に住むdarkvernuです。
 自分の趣味はネットサーフィンする事と偉そうに批評する事と、たまに読書をする事。今はそれだけです!
ちなみに読む本は主に経済本や評論本、たまに数学関連や科学関連の本を読みます。歴史も好きなのか歴史関連を読んだりもします。ただし、その分野に詳しいかと言えば、ドマイナーだと自分で思います。ただし、小説関連は余り読みません。何故なら自分は三流未満とは言え小説家なので手塚治虫の言葉を応用して小説は読まないように心がけてます。神話や昔話、童話は読みます。小説というジャンルとは違うので。今度はSF界の重鎮作品も読みたい気分です。
 好きな食べ物は数えきれませんので嫌いな食べ物は基本無いです。苦手な事は就活。いや本気で。今はギリギリでいるか或はその前に貯金を使い果たすかのどちらかだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR